ホーム > Pro Wrestling | Review > ケニー・オメガ vs クラウディオ・キャスタニョーリ

ケニー・オメガ vs クラウディオ・キャスタニョーリ


9月26日 ROH@グラウンドボールルーム ニューヨーク州マンハッタン

クラウディオの入場と同時に会場のファンから大ブーイング。いつものロックマン2ミックスではない曲がかかるとエントランスにケニーが現れる。とそこでいきなり波動拳ポーズ。クラウディオが脱いだ手袋でケニーの頬を叩くと、こんどはケニーがショートタイツのちょうど股間の辺りをまさぐり始める。手品師のように取り出したのは同じく手袋。それでクラウディオの頬をペシッと叩きかえすケニー。

p1030978p1030981p1030982

そんな拍子抜けな流れで試合がスタート。ストップ延髄斬り、ダイビングボディーアタック、跳び箱式フェイスクラッシャー、とストリートファイターのハメ技のように次々と技が決まる。クラウディオが攻めるとブーイング、ケニーが反撃すると大歓声、といったわかりやすい客の反応がつづく。

p1030984p1030992p1030994

フランケンシュタイナーも決めて更に勢いづくケニー。ガッツポーズを披露する。クルクル具合(髪の毛)と調子の良さは比例するのかこの日のクルクル度はかなりのもの。

p1030998p1040001p1040003

しかし勢いづいたのも束の間、すきを突かれて軽々と担ぎ上げられてしまうケニー。そのまま豪快なエアプレーンスピンを仕掛けるクラウディオ。しかも最後はホールドしていた手をはなし、ケニーを肩だけで支えたままクルクルクルーと回すという怪力っぷりを披露する。平衡感覚を狂わされマットに叩きつけられるケニー。クラウディオがカバーに入るがカウント2.89でキックアウト。

p1040004p1040005p1040006p1040009

フラフラになりながらも必殺の波動拳を発射するケニーは、すかさずクラウディオを肩に担ぎ上げてクロイツ・ラスを狙いにいく。がしかし、肩車させられた状態のクラウディオは、投げられまいとレフェリーの胸ぐらを掴んで必死に抵抗する。体勢が崩れクロイツ・ラス失敗。レフェリーが倒れているすきに、ケニーの股間へローブローをぶち込むクラウディオ。悶絶するケニーを押さえ込んでそのままスリーカウント。クラウディオ・キャスタニョーリの勝利。

p1040010p1040011p1040012


いつでもどこでも全力で戦うのがプロレスに対するポリシーだというケニー・オメガは、この日もトリッキーかつ機敏な動きでニューヨークのファンから大声援を浴びていた。この日のケニーは、ジャンプ力の高さ、技のキレ、波動拳の時のアー顔、どれを取っても素晴らしかった。そして改めて感じたのは、アスリート揃いのROHの中でもケニーの身体能力はずば抜けているということ。日本で見せているいつものファイトスタイルと全く変わらないのもケニーらしいと思った。ヒールスタイルのクラウディオは、試合内容にむらがあるものの、この日はオーソドックスなヒールらしさが光っていた。あともう一歩のところで負けてしまったが、ケニーにはメイン級のレスラーに食ってかかるような貪欲なところをもっとアピールして欲しい。いつの日かROHのメインでケニーのアー顔が見てみたいなと。


【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.m-drop.com/archives/1313/trackback
トラックバックの送信元リスト
ケニー・オメガ vs クラウディオ・キャスタニョーリ - MANHATTAN DROP より

ホーム > Pro Wrestling | Review > ケニー・オメガ vs クラウディオ・キャスタニョーリ

検索
Calendar
« 2019 年 6月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る