ホーム > Pro Wrestling | Review > 澤宗紀 vs TJP

澤宗紀 vs TJP


1月16日 EVOLVE1 @ラーウェイ・レックセンター ニュージャージー州ラーウェイ

アメリカマット初上陸となる澤宗紀(格闘探偵団バトラーツ)の対戦相手はテクニシャンのTJパーキンスことTJP。

p1040413p1040414p1040417

先ずは不敵な笑みを浮かべながらTJPが入場。そして気合を入れるように自ら頬をはりながら澤宗紀が入場してくる。しかしいつもの『リボルバージャンキーズ』ではなくアブストラクトな音楽で。開始のゴングが鳴ると「SAWA! SAWA!」チャントが発生。いきなり張り手合戦から澤のジャマンスープレックスが炸裂する。ど頭からピリピリとした雰囲気。そしてロックアップせずに打撃の攻防がはじまる。TJPの打撃に対する対応力が高いこともあって一進一退の互角。

澤のお卍固めがすっぽりと決まるとTJPがそれをタイミングよく腕ひしぎ十字固めへと切り返す。澤が膝十字を決めにかかるとTJPがクルッと回転して上になったり、また逆に澤が関節を取り返すといった目まぐるしいグラウンドの攻防が続く。そしてノーガードでの張り手合戦から両者ともノックダウン。ここで観客から「THIS IS AWESOME!!」チャントが発生。またも張り手合戦から一発TJPのイイのが入ると澤が気持ちよさそうに日本語で「いいねえ~!」。

p1040430p1040437p1040439

そしてグーパンチの連打や伊良部パンチまで繰り出すとシャイニングウィザードがTJPの顔面に炸裂。最後は澤のお卍固めがガッチリと決まりロープに逃げようとするがTJPがたまらずタップアウト。澤はEVOLVEで初勝利をもぎ取った。


先ず驚いたのはTJPがバチバチスタイルに対応できたことだった。打撃やグラウンドそして立ち振る舞いなども含め全てが無駄の無いキレのあるグッドコンデションだったように見えた。この二人ならもっとすごいバチバチが観られるのではと思えるほど。これからのTJPはかなり要チェック。そしてアメリカ初上陸の澤宗紀はコアなアメリカのファンの間でもあまり知られていないのが現状。その澤がバチバチスタイルを引っさげてアメリカに乗り込み観客から大きな拍手と歓声につつまれ勝利をおさめた。この一勝は澤にとって実に大きい。しかしランジェリー的な側面も持ち合わせる澤にとってまだまだこれは始まりに過ぎない。とんでもない引き出しがまだ隠されているはずなので、これからもっともっと澤のプロレスをアメリカのプヲタに見せつけて欲しいと思った。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】



  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.m-drop.com/archives/2047/trackback
トラックバックの送信元リスト
澤宗紀 vs TJP - MANHATTAN DROP より

ホーム > Pro Wrestling | Review > 澤宗紀 vs TJP

検索
Calendar
« 2019 年 12月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る