ホーム > Koneta | Pro Wrestling > キング・オブ・トリオス2010 参加選手(Part.3)

キング・オブ・トリオス2010 参加選手(Part.3)


4月23日、24日、25日の三日間で開催されるチカラプロ主催のキング・オブ・トリオス2010。Part.1Part.2、に引き続いき、選手紹介Part.3はこの4チーム。


team9

“BRUDERSCHAFT DES KREUZES”からもう1チームがエントリー。リンス・ドラド、ティム・ドンスト、ピンキー・サンチェスの若手ルードストリオ。プエルトリコ出身のリンス・ドラド(黄金の山猫仮面)はメンバー唯一のKOT優勝経験者。ルードスに寝返ってしまったティム・ドンストは、若手の登竜門としても知られるチカラ・ヤングライオンズ・カップで優勝。ピンク・アントことピンキー・サンチェスは、去年10月のトルネオ・シベルネティコ(8人対8人のイリミネーションマッチ)にカーペンター・アントとして出場し、勝利をおさめている。この飛ぶ鳥を落とす勢いで今年のキング・オブ・トリオスも制してしまうのか。ピンキー・サンチェスの弾けっぷりに要注目。


team10

本場メキシコのルチャドールがキング・オブ・トリオスにやってくる。その名も、“TEAM MEXICO”。そのまんま捻り無し。なんと言っても芸術的な飛び技の持ち主で、チカラプロ初見参のバリエンテ(CMLL)が、このチームのカギとなることは間違いない。そして現在チカラプロのトレーナーも努めるホルヘ・“スカイダ”・リベラ先生の、変幻自在なジャベ(メキシカンストレッチ)も見どころの一つ。それに飛び技ではチカラのレスラーにも負けないターボの存在も忘れてはならない。


team11

“FIRST FAMILY”は、ライアン・クルスとダーリン・コービンのタッグチーム“ノース・スター・エクスプレス”に、IWA-MSやEVOLVEにも参戦しているアリック・キャノンが加わった常連トリオ。いずれもミネソタ州出身で今回が3度目のエントリーとなる。モヒカン頭がトレードマークのアリック・キャノンは、コミックな動きも難なくこなす隠れた実力派レスラー。ノース・スター・エクスプレスの二人は典型的なアメリカのバカ外人。しかしながら息のあった連携攻撃の破壊力は、参加トリオの中でトップクラス。ダーリン・コービンの愛すべきキャラクターはジワジワとくるものがある。バカ外人最高。


team12

エル・アレブリヘ、クイヘ、エル・オリエンタルの“TEAM PERROS DEL MAL”。ド派手なコスチュームに小太りのエル・アレブリヘ。相棒のクイヘは身長約109㎝体重32㎏という驚愕のミニレスラー。それにAAAやプロレスリング・ノアにも参戦経験のあるエル・オリエンタルが加わって見事な凸凹マスクマントリオが誕生。体格的にはかなり分が悪いが、驚異的な逃げ足の速さを持つクイヘならなんとかなるはず。逃げて逃げて逃げまくれ!


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.m-drop.com/archives/2762/trackback
トラックバックの送信元リスト
キング・オブ・トリオス2010 参加選手(Part.3) - MANHATTAN DROP より

ホーム > Koneta | Pro Wrestling > キング・オブ・トリオス2010 参加選手(Part.3)

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る