ホーム > Pro Wrestling | Review > チカラプロ vs 大日本プロレス (2)

チカラプロ vs 大日本プロレス (2)

 

(1)からのつづき

2008年10月19日 CHIKARAペンシルバニア州フィラデルフィア(旧ECWアリーナ)大会 “The Global Gauntlet – Night 2″

チカラプロと大日本プロレスとの対抗戦最終日は、フィラデルフィアにある旧ECWアリーナで開催された。満員の会場には普段どこで着るんだろうというグロ系のTシャツを着たコアなデスマッチファンや、小さな子供用のミル・マスカラスのマスクを被ってキャーキャーと応援する子供達の姿も見られる。この統一感の無さがたまらなく、いい。

p1010195.jpgp1010203.jpg

この日は、7対7のグローバル・ガントレット・マッチと銘打たれメインイベントに行われた。と、そのまえに、いまマンハッタンドロップで注目しているプレイヤー・ウノとプレイヤー・ドスのタッグチーム(Super Smash Bros.)が、タッグチームチャンピオンベルトをかけてオシリアン・ポータルと対戦した試合がこれまた素晴らしかった。笑いあり華麗な飛び技あり、そして頓智の効いたフィニッシュには思わず吹き出した。チカラプロのやりたいことはこれなんだ、というような試合だった。しかもプレイヤー・ウノは昇龍拳の使い手だったことが判明!

p1010212.jpgp1010215.jpgp1010216.jpg

インターミッションの後にメインのガントレット・マッチが開始される。レフェリーの李日韓が客席に手を振りながらリングインするとファンからは大きな声援が送られる。いよいよ試合開始のゴングが鳴り、沼澤邪鬼から入場。チカラプロからはグラン・アクマという冗談みたいなリングネームの選手が鼻息荒く入場。にしてもアクマて…。気むずかしいバス・ルッテンみたいな風貌のアクマは蹴り技を得意とした選手らしい。が、あっけなく沼澤のデスバレー・ドライバーにアクマ敗れる。

つづく2番手はマスクマンのファイヤー・アント。見たまんまのアリ覆面。しかしこれがまた機敏な動きをするアリで、リングインと同時に沼澤を一気に攻め込んでいく。すると沼澤は自分の肘パットを投げ捨て、レフェリーがそれに気を取られている隙に反則のローブロー。場内からは大ブーイング。また沼澤ペースに持ち込んだところで再びズルしていただき戦法をしようと肘パットを投げ捨てるが、日韓レフェリーはひっかからずローブローの反則を取られ沼澤失格。お約束だが笑った。

大日本の2番手は機敏な動きを見せる大橋篤。ローブローのダメージが残っているのかファイヤー・アントの動きがおかしい。大橋に押されるファイヤー・アント。アリだからって舐めるなよ!とばかりに触角を震わせながら反撃するも、最後は大橋のサンセットフリップ・パワーボムに惜しくも敗れる。チカラプロ3番手は同じくアリ軍団の一員ソルジャー・アント。兵隊アリね。分かり易すぎてまた笑った。敬礼をしながらヘッドバットや、敬礼をした手で相手の攻撃を避けるといった敬礼ムーブが炸裂。兵隊アリのアリパワーで大橋敗れる。

p1010217.jpg

大日本の3番手は若作りリーダーの井上勝正。地味ながらもグラウンドの攻めで優位に立つ井上は、疲れの見えるソルジャー・アントを逆水平チョップや関節技のコンビネーションで一気に攻め込む。最後はタイガー・スープレックスで兵隊アリ敗れる。チカラプロ4番手はアリ軍団の働きアリことワーカー・アント。どこまでアリが好きなんだよと。見た目だけでもドリフ的な条件反射で笑ってしまう。アリ軍団最高。そのワーカー・アントはラ・マヒストラルで井上をピン。

大日本の4番手は普段デスメタルしか聴かないという石川晋也。なんでも練習の時もデスメタルばかり聴いているという筋金入りのメタラー。そのデスメタル石川が、基本に忠実な動きでワーカー・アントを攻め、ローリング・エルボーであっさりと勝つ。しかしチカラプロ5番手は極悪野郎エディ・キングストン。キングストンの強烈な裏拳が石川のアゴにヒット。ここで石川退場。ここまでかなり目まぐるしい展開。

p1010224.jpgp1010222.jpg

ここでなんと伊東竜二が入場してくる。昨日と同様、伊東が大日魂Tシャツを脱ぐとオォーというどよめきが起きる。キングストンのラフ殺法にキックで対抗する伊東。防戦一方になったキングストンをドラゴンスプラッシュで仕留める。チカラプロ6番手はクワックことマイク・クワッケンブッシュ。派手さはないものの、小刻みなエルボーと素早いロープワークで伊東を翻弄していく。負けじと伊東もキャッチレスリングで対抗するも、クワックのテクニックの方が一枚も二枚も上手。最後は必殺技の固め技チカラスペシャルで伊東がタップアウト。大日本6番手の岡林裕二が猛ダッシュでリングへ。

アメリカ人レスラーに引けを取らない体格の岡林は、持ち前のパワーレスリングでクワックに猛然とアタック。いくら試合巧者のクワックとはいえ、岡林のパワーには苦戦。しかし、チカラプロ代表としての意地を見せたクワックが必殺のアリゲーター・クラッチ(フェイスロックの状態でキャメルクラッチ)を決め2連勝。もうあとがない大日本。大将の関本大介が入場。

p1010226.jpgp1010231.jpgp1010238.jpg

勢いにのるクワックだったが、日本人離れした関本の強烈なラリアットを食らってグロッキー状態に。関本のパワーは異常。一瞬にしてその場の雰囲気を変えてしまう威力がある。関本の逆水平チョップで何度もクワックがのけぞり、堪らなくマットに膝をつく。クワックへの容赦ない攻撃にホームのチカラプロファンから悲鳴のような声援が飛ぶ。しかし最後はスローモーションになったかのようなぶっこ抜きジャーマンスープレックスでクワックからスリーカウント奪取。

p1010244.jpgp1010247.jpgp1010248.jpg

チカラプロ最後の砦はROHでも活躍中のクラウディオ・キャスタニョーリ。ロープを使ってのぶつかり合いから、キャスタニョーリのヨーロピナン・アッパーカッターと関本の逆水平チョップの攻防へと展開。両者一歩も引かない緊迫した状況でファンも一段とヒートアップ。関本が飛び技を見せるが、負けじとキャスタニョーリも持ち前のパワーで対抗する。チカラとチカラの勝負。関本の表情がキラーの顔に変わっている。何発もラリアットと叩き込む関本。そのラリアットをすべて受けきるキャスタニョーリ。観ていて気持ちいい。最後はキャスタニョーリの必殺技リコラ・ボムで関本からピン。かなりの僅差だった。一時間近い熱戦はチカラプロに軍配が上がった。

 

何を今更というかもしれないが、プロレスに国境は無いと改めて実感した。言葉が通じなくても感動しあえるモノがある。良いコンテンツというものは、それを受け止めてくれる場所で然るべき評価を受けるべきだし、日本だけでなくもっと色々な嗜好のプロレスファンにも観てもらうべきだと思った。今回のチカラプロと大日本プロレスの合同興行は必ず次のステップへと繋がるに違いないと、最後の集合写真を撮りながら思った。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.m-drop.com/archives/351/trackback
トラックバックの送信元リスト
チカラプロ vs 大日本プロレス (2) - MANHATTAN DROP より

ホーム > Pro Wrestling | Review > チカラプロ vs 大日本プロレス (2)

検索
Calendar
« 2019 年 4月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る