ホーム > Pro Wrestling | Review > 葛西純 vs. ダニー・ハボック

葛西純 vs. ダニー・ハボック


4月9日 CZW @アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

<CZWウルトラバイオレントアンダーグラウンド王座戦> 葛西純(C) vs. ダニー・ハボック

IMG_3675IMG_3682IMG_3685

対角線上のコーナーにガラスボードが2枚。リングサイドにも有刺鉄線が巻きつけられたガラスボードが椅子にセットされてある。先にダニー・ハボックが入場。すこし緊張した表情。次にこの日デスマッチ2試合目の葛西は、ココバットの「DEVIL」で入場。レフェリーは李日韓。

IMG_3686IMG_3692IMG_3696

ゴングが鳴るとロックアップ。ハボックが葛西をガラスボードに投げようとするがこらえる。葛西がリバースしてハボックをガラスボードに投げる。「バッコーン!」という音と同時にガラスの破片が客席まで飛び散る。ハボックは背中から腰にかけて流血。葛西は硝子の破片を手にとってハボックの額にこすりつける非道攻撃。観客から「You Sick F***!」チャント。

IMG_3702IMG_3705IMG_3706

リング中央に椅子を置いてハボックをボディスラム。カウントツーでキックアウト。再びガラスを手にしてハボックの額にグリグリ。観客から悲鳴が上がる。葛西はハボックの脚を取り、粉々になった硝子の破片の上をずるずると引きずる。ハボックが「ウガー!」と悲鳴を上げる。

IMG_3712IMG_3713IMG_3714

ハボックは葛西をガラスの破片の上にブレーンバスター。葛西は何事も無かったかのようにスクッと立つ。葛西はハボックをコーナーに詰めてスーパプレックスを狙いにいくが失敗。逆に葛西を持ち上げ、そのまま対角コーナーのガラスボードめがけランニングパワーボム。ガラスが粉々に砕けてあたりは血だらけ。軽い殺人現場。

IMG_3716IMG_3719IMG_3720

たまらず葛西は場外へエスケープ。赤いランニングシャツを着ているかのような葛西の背中。このあたりから顔面蒼白になっていく。

IMG_3722IMG_3727IMG_3729

場外の葛西を追いかけるハボック。葛西を捕らえると、リングサイドに設置してあるガラスボードの下に寝かせ、リング上からダイブ。葛西はガラスシャワーを浴びる。リングに戻ると、コーナーの葛西にランニングエルボー。ノーザンライトスープレックスが綺麗にきまるが葛西はそれをツーでキックアウト。

IMG_3732IMG_3736IMG_3738

逆に葛西はバックドロップ、DDTと怒涛の攻め。続けて場外にセットしてあるガラスボードをコーナーに置いてハボックをバックドロップ。角度は浅めだが地味に痛そう。すると突然葛西がズボンを脱ぎはじめる。

IMG_3739IMG_3744IMG_3747

股間に「猿」の文字が現れる。満面の笑みをうかべる葛西。。完全に狂っている。「オーイェー!」と叫びながらリック・ルードばりに腰をくねらすと観客は大爆笑。

IMG_3748IMG_3757IMG_3758

葛西のリバースタイガードライバーはツーでキックアウト。セクシーに食い込んだ葛西のケツからも血が流れる。葛西がゴーグルを手にコーナーに登ると「シェー!」のあとパールハーバー・スプラッシュ。

IMG_3760IMG_3762IMG_3763

しかしハボックがツーでキックアウト。すると葛西はリング上に椅子を置いてその上にガラスをセット。手鼻攻撃。ハボックをガラスの下に寝かせると葛西へコーナーポストへ登る。

IMG_3764IMG_3766IMG_3768

葛西がもたついている間にハボックが脱出する。葛西を下におろすとハボックは捻りの入ったムーンサルト。粉々になったガラスが血の色で染まっていく。両者大の字。

IMG_3769IMG_3771IMG_3773

フラフラになりながらも必至で立ち上がる両者。エルボーの打ち合いは五分と五分。葛西の背中がまた一段と赤い。

IMG_3775IMG_3778IMG_3780

葛西のリバースタイガードライバーはツーでキックアウト。ここで会場から「This Is Awesome!!」の大チャント発生。そして有刺鉄線が巻かれたガラスボードを葛西がセットする。葛西はコーナーに登ってまたリバースタイガードライバーを狙うが失敗。

IMG_3783IMG_3786IMG_3788

逆にハボックが雪崩式のデスバレードライバー。カバーに入るハボックだったが、なんと葛西がカウントワンでキックアウト!観客が一斉に立ち上がり大拍手。狂猿最後の粘りを見せる。

IMG_3791IMG_3799IMG_3805

信じられないといった表情のハボック。最後はハボックが、血で染まったガラスの破片にデスバレードライバーをきめてスリーカウント。ハボックがCZWウルトラバイオレントアンダーグラウンド新王座に就いた。

IMG_3801IMG_3803

観客はスタンディングオベーション。しばらく拍手が鳴り止まない。葛西はフラフラになりながらロープに掴まり立ち上がる。意識が朦朧としているのか足に力が入らずよろけてしまう。まだ信じられないといった表情でUVUベルトを受け取るハボック。するとコーナーポストに登りベルトを高々とあげる。まだ拍手は鳴り止まない。葛西は手を差し出しながらヨロヨロとハボックのところへ歩み寄る。ハボックもそれに応えようと近寄る。すると突然葛西がキス!ハボックをキ●ガイと認めた瞬間である。葛西がリングを降りて花道を帰ろうとすると、観客から「Please Come Back! Please Come Back!」の大チャントが送られた。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.m-drop.com/archives/6845/trackback
トラックバックの送信元リスト
葛西純 vs. ダニー・ハボック - MANHATTAN DROP より

ホーム > Pro Wrestling | Review > 葛西純 vs. ダニー・ハボック

検索
Calendar
« 2019 年 10月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る