ホーム > Pro Wrestling | Review > Kaiju Big Battel ニューヨーク大会(09年4月3日)

Kaiju Big Battel ニューヨーク大会(09年4月3日)

 

4月3日 Kaiju Big Battel @Brooklyn, NY

「怪獣と戦いたい」と言ったのは飯伏ですが、飯伏の指すところの“怪獣”とは○○マンとかに出てくる一般的な怪獣を指しているのではなく、アメリカはボストンを拠点とするパフォーマンス軍団“怪獣ビッグバトル”のことなのですよー!って、皆さん、もう知ってました?今までにも何度か怪獣ビッグバトルのショーについては触れてきましたが、今回行われたショーはこんな感じです。まず、この団体、“怪獣ビッグバトル”ですからね。怪獣達の大戦闘なわけです。つまり出てくるのは基本的に怪獣オンリー。

カンフー・チキンヌードルが、この日がちょうど満一歳の誕生日のベイビー・スカイデビラーを子連れ狼さながらの乳母車に乗せて登場すると、観客が誕生日を盛大にお祝い。この団体にはコミッショナーがいて試合の査定もするのですが、現在コミッショナーは行方不明のため、この日はロボックスがコミッショナー代行。

そしてシニアレフェリーのジンギ(仁義)も同じく行方不明のため、ジュニアレフェリーのニクマンが本日のレフェリングを担当と発表される。但しニクマンは一試合目に失神してしまい、担架で運び出される羽目に…。そして観客からは“We Want Jingi!!”のジンギコールが。この辺非常にノリが良い。

p1020688.jpgp1020695.jpgp1020708.jpgp1020715.jpg

そんなこんなしてる内に、悪の親玉ドクター・キューブが登場。そして「コミッショナーは既に殺された」と衝撃の告白。会場からは「No~!!」と悲鳴にも 近い絶叫が。続いてキューブが「私は誰が殺したかも知っている」と言うと、ジンギの笛を取り出して観客に見せつける。え?ジンギが人殺し?だってジンギは 仁義の名前通り、正義の男だし。人殺しなんてするわけないよ!と思っていたら観客は「You Suck!! You Suck!!」とキューブにありとあらゆる罵倒の言葉を浴びせる。この辺、本当にノリが良い。皆の罵倒に耐えられなくなったキューブは逃げるように帰る。

と、ここで次の試合“ミーン13”の開始。コミッショナーのロボックスが搭載されているコンピューターで次々にレスラーをピックアップしていく、つまりはロイヤルランブル。そして13頭の怪獣の登場。

では怪獣ビッグバトルの特徴について説明しましょう。まず、この日は不在だけど、レフェリーのジンギは常に笛を口にくわえ、反則行為をした場合、また膠着 状態が続いた場合など、要所要所でかならず笛を吹く。なので何が起こっているのか見ている側としては非常にわかりやすい。

p1020720.jpgp1020727.jpgp1020740.jpgp1020741.jpg

次にアナウンサーのラウデン・ノクシャス。彼は試合の間、と言うかショーの間ずっと話しまくり。試合の最中は実況を行い、試合の合間にはショーの進行を行う。彼がいるから何が起こっているのかが完全に理解できると言っても過言ではない。

そして音楽。試合の最中、その場面に合った音楽がずっと流れている。効果音的な扱いと考えてもらえればわかりやすいかも。例えばヒールがベビーに攻撃している時にはスラッシュメタル、ベビーが試合に勝った時には陽気なポップス等が流れる。

最後に通常のプロレスと一番異なる点は、リング上にビルなどの建築物(の模型)が所狭しと置かれているところ。怪獣達がプロレスをしている最中に、こういうビルを破壊していくのが、怪獣ビッグバトルの醍醐味であるとも言えます。

次の試合はフランス対USAチャレンジマッチ。フランスが勝った場合には、観客全員残りの試合の間ずっとベレー帽を被らないといけないとのこと。逆にアメリカが勝った場合には、何でも自由、Yes, We Can!!とここでも観客盛り上がる。何度も言いますけど、観客は非常にノリが良い。ちなみにフランス代表はワッフル・フレンチトースト。対するアメリカ代表はアメリカン・ビートル。繰り返しますが、彼らもまた怪獣です。レフェリー不在のため、観客全員でカウントを数えるのですが、観客は本当にノリが良い。試合はアメリカン・ビートルの勝利で観客からはお決まりのUSAコール。

p1020743.jpgp1020745.jpgp1020750.jpgp1020751.jpg

観客は、プロレスファンとは打って変わり、ちょいオシャレ系&サブカル系が多いのも特徴。

次にスクリーンに会場外の様子が映し出されると、ドクター・キューブがベイビー・スカイデビラーを誘拐している場面が映し出される。と、観客は大ブーイング。そう、ドクター・キューブは本当に悪いヤツなのです。コミッショナーの行方が知りたければ、その居場所を探し当ててみろ、ということで、秘密の地図を探し出すことに。

するとコーナーそれぞれに“古代エジプトの墓”“古代アマゾンの石碑”“古代ギリシャの遺跡”“古代中国の塔”が設置され、どこかに隠させている地図を探す“地図探しマッチ”が急遽開始。D.W.サイクロプトパスIIIが古代エジプトの墓から地図を見つけ、地図を持ち逃げする。

p1020756.jpgp1020757.jpgp1020760.jpgp1020767.jpg

さて本日のメインイベント。ネオ・テッペンの持つ怪獣王座にウチュウチュウ(宇宙虫)が挑戦。ネオ・テッペンの入場時、様子がおかしいと思ったら、どうやらドクター・キューブに毒のついた吹き矢で攻撃されていた模様。退場したテッペンの代わりにリングインしてきたのは、カンフー・チキンヌードル!我が子(?)を誘拐されたチキンヌードルはなんとか取り戻そうと必死に頑張る。観客はチキンヌードルに大声援。何度も言いますが、客は本当にノリが良い。

p1020768.jpgp1020769.jpgp1020772.jpg

ピンチを迎えたドクター・キューブが笛を吹くと、総勢13人もの偽者キューブが登場!すると正義の味方、パワー・ランジュルちゃんが登場して、偽者達をあっという間に片付けると観客は拍手喝采!そして復活してきたネオ・テッペンがウチュウチュウからカウント3を奪取し、見事王座防衛。

p1020776.jpgp1020778.jpg

但し行方不明のコミッショナー及びジンギの居場所は未だ不明のまま。次のフィラデルフィア大会に続く!とのこと。

p1020781.jpgp1020784.jpgp1020785.jpg

1時間40分の間、ずっと音楽が鳴りっぱなし、ラウデンが実況しっぱなし、総勢40頭弱の怪獣(プラス13人の偽キューブ)が入れ替わり立ち替わり出っぱなし、ビルが壊されっぱなし、とかなりハチャメチャなのが怪獣ビッグバトルの特徴です。実際に生で見ないとこのハチャメチャ感は伝わりにくいかも?

p1020788.jpgp1020789.jpg

 

さてさて飯伏の熱烈ラブコールに対する怪獣側からの返答はまだ無いけれども、今後の展開に目が離せないことに間違いはないでしょう。何か続報をキャッチしだいすぐに報告したいと思います。乞うご期待!

【文:Shiori】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.m-drop.com/archives/794/trackback
トラックバックの送信元リスト
Kaiju Big Battel ニューヨーク大会(09年4月3日) - MANHATTAN DROP より

ホーム > Pro Wrestling | Review > Kaiju Big Battel ニューヨーク大会(09年4月3日)

検索
Calendar
« 2019 年 2月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る