ホーム > アーカイブ > 2009年6月のアーカイブ

2009年6月のアーカイブ

ROH ニューヨーク大会(09年6月13日)

 

6月13日 ROH@ニューヨーク州マンハッタン

ザ・ヤングバックス VS ケニー・キング & レット・タイタス
現PWG世界タッグ王者組のヤングバックス(マット&ニック・ジャクソン兄弟)が、息のあった連携技でケニー・キング&レット・タイタス組に勝利。

p1030217.jpgp1030220.jpgp1030225.jpg

ネクロ・ブッチャー VS ジミー・レイヴ
ジミー・レイヴがリングインすると同時に、観客からトイレットペーパーが投げ入れられる。「だから投げんじゃねーよ!」と叫ぶマネージャーのプリンス・ナナにも、ブーイングと大量のトイレットペーパーが投げつけられる。現在、ジミー・レイヴと抗争中のネクロさんは、いつものように腕をぐるぐる回して「ウガー!」と叫びながらドシドシと走って入場。観客からは割れんばかりの「ネクロ!ネクロ!」コールで迎えられる。

p1030229.jpgp1030241.jpgp1030242.jpg

いきなり場外乱闘が始まり、強引に引っこ抜いた客の椅子でジミー・レイヴを襲おうとするネクロさん。しかし、レイヴにその椅子を取られてしまい、ネクロさんの右膝にクリーンヒット。執拗に右膝を攻めまくるレイヴだったが、一瞬のすきにスモールパッケージホールドで丸め込み、ネクロさんの逆転勝ち。試合終了後、身動きが取れなくなったネクロさんにジ・エンバシーがストンピングの雨あられ。そこへコルト・カバーナが助けに入ってくる。足を引きずりながらバックステージへと帰って行くネクロさん。観客からは大拍手。

p1030244.jpgp1030253.jpgp1030263.jpg

ここでリック・フレアーが登場。リングサイドでメインのタイトル戦に立ち会う予定だったが、このスピーチを最後に会場を後にした。ちなみに試合開始前には同会場の地下でサイン会が開かれていた。

p1030264.jpgp1030270.jpg

ロドリック・ストロング VS サンジェイ・ダット
ロドリック・ストロングがギブソン・ドライバーでサンジェイ・ダットに勝利。ネクロさんとは違い、両者共にグッドシェイプされたカラダで、終始スピーディーな好試合。

p1030278.jpgp1030282.jpg

タイラー・ブラック VS ジミー・ジェイコブス
最初に流血した方が負けのファーストブラッドマッチ。ジミー・ジェイコブスがありえないほど長いドライバーでタイラー・ブラックの額に凶器攻撃。これであっさりとタイラー・ブラックは流血してしまい、ジミー・ジェイコブスの勝利。試合後、タイラー・ブラックは王者挑戦権を行使するとマイクで宣言。これでメインのROHタイトルマッチはタイラー・ブラック、ジェリー・リン、オースティン・エリーズのスリーウェイで行われることが決定した。

p1030293.jpgp1030300.jpg

ディーロ・ブラウン VS ブライアン・ダニエルソン VS クラウディオ・キャスタニョーリ VS コルト・カバーナ
コルト・カバーナがシカゴクラブ(ビリー・ゴーツ・カース)を決めてディーロ・ブラウンから勝利。

p1030302.jpgp1030305.jpgp1030308.jpg

p1030314.jpgp1030320.jpg

(C)ジ・アメリカン・ウルブス VS ケビン・スティーン & エル・ジェネリコ
因縁深い両タッグチームがROHタッグベルトをかけてサブミッションルール(最後はサブミッションで極めなければ勝てないルール)で激突。膝の怪我から復帰したばかりでいつもの動きに精彩を欠くエル・ジェネリコ。膝にはスティーブ・オースティンのようなプロテクターを装着している。その痛めている方の膝へ、リチャーズがチャンピオンベルトで容赦ない反則攻撃。最後はエドワーズがハーフ・ボストンクラブをジェネリコに決めタップアウト勝ち。スティーン&ジェネリコ組はあともう少しのところで惜しくもベルトを逃した。

p1030345.jpgp1030347.jpg

ジェイ・ブリスコ VS リトル・グイドー・マリタート
かつてUWFインターナショナルにも所属していたヌンジオことリトル・グイドー・マリタートにジェイ・ブリスコが必殺のジェイ・ドリラーを決め勝利。

p1030359.jpg

(C)ジェリー・リン VS オースティン・エリーズ VS タイラー・ブラック
オースティン・エリーズはリック・フレアーの入場曲でゆっくりと入場。立会人のリック・フレアーはリングサイドに来ることが出来なくなったとマイクで説明するオースティン。すると片手にレフェリーシャツを握ったままのナイジェル・マッギネスが登場。オレが立会人になってやると言ってレフェリーシャツに着替えリングサイドに陣取るマッギネス。試合は序盤、タイラー・ブラックへの脚攻めでオースティン有利の展開。

オースティンが鉄柱を使った変形足四の字固めをタイラーに決めるが、立会人の権限でナイジェルがカットに入る。と、ここでタイラーがリンをスモールパッケージに丸め込んでスリーカウント。チャンピオンだったリンがここで退場。突然の出来事に場内がざわめく中、ここからタイラーとオースティンの一騎打ちとなる。

この日、すでに一試合を消化しているタイラーは徐々に疲れが見えはじめ、オースティンのねちっこい攻撃に足が止まる場面も。最後は顔面への蹴りから垂直落下式ブレーンバスターをタイラーに決めて、オースティン・エリーズが史上初の二度目のROH世界ヘビー級王座を奪取。観客からは歓声と落胆の声とが入り乱れての大盛り上がり。

p1030362.jpgp1030364.jpgp1030365.jpgp1030367.jpg

p1030383.jpgp1030389.jpgp1030390.jpg

 

正直びっくりした。かつて(2005年~06年あたり)の盛り上がりが蘇ったかのような素晴らしい内容だった。どの試合もテンポが良く、興行全体をコンパクトに集中して見ることができた。定期的に開催されているTVテーピング(HDNet)でも、これくらいの盛り上がりを期待したいところだが、オースティン・エリーズの王者交代によって今後どういう展開を見せていくのか期待していきたい。

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

訃報

 

6月13日、プロレスリングノアの三沢光晴選手がお亡くなりになりました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ケニー・オメガとアイスリボン

 

p1030036.jpgp1030037.jpg

TVテーピング(5/30)終了後、Tシャツにウインドブレーカー、下は短パンにサンダルという、これからジャンプ買いにコンビニ行ってきますみたいなラフな格好で現れたケニー・オメガ。胸元から『ICE RIBBON』ロゴが見え隠れしていたので指摘すると、聞いてもいないのにアイスリボンがいかに素晴らしいかを熱弁しはじめる。

とにかくもの凄いスピードで話すもんだから、「りほ」や「真琴」といった固有名詞だけはなんとか理解できた。ブレーキの壊れたダンプカーのように、顔が変形してまで熱弁するのは何故か。まるで飯伏幸太が怪獣ビッグバトルの話しをするときの、あのすこし気がふれたような表情にも似ていた。ROHで現王者のジェリー・リンとタッグを組み、アイスリボン生え抜きのりほともタッグを組むカナダ人レスラー。言葉の意味はよく解らんが、とにかくたいした自信だった。

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ケニー・オメガ in ROH(09年5月30日)

 

5月30日 ROH@ペンシルベニア州フィラデルフィア

ジェリー・リン & ケニー・オメガ & エリック・スティーブンス VS オースティン・エリーズ & ケニー・キング & レット・タイタス

すっかりTVテーピングの常連になりつつあるケニー・オメガ。入場と同時に「オメガ!オメガ!」チャントが発生。対するオースティン・エリーズには強烈なブーイングが浴びせられる。試合が始まるとグラウンドの攻防を優位に進めていくオースティン。攻め込まれながらも機敏な動きを見せるケニー。コミック要素は控えめに大技を的確にヒットさせていく。体調は良さそう。

p1030009.jpgp1030012.jpgp1030013.jpg

今月13日にニューヨーク大会でタイトルマッチが控えている為か、オースティンとリンがお互いを牽制し合っている。観客からは、ヒールのオースティンへブーイング、ベビーのジェリー・リンにもブーイングが発生。依然として現王者への不満をぶつけるファンがいるようだ。見た目は派手でプレイボーイなのに実はチェリーボーイというキャラのレット・タイタスと、身体能力の高さを小出しに披露するケニー・キング。この若いヒールタッグが地味ながらに良い動きを見せていた。

p1030017.jpgp1030020.jpgp1030027.jpg

中盤になるとケニーが捕まりエリーズチームが一方的に攻めまくる展開に。小刻みなタッチワークでケニーがコーナーポストに釘付け状態。一瞬の隙にケニーのストップ延髄斬りが決まるとジェリー・リンへのタッチに成功。オースティンは逃げまくり、残ったレット・タイタスとケニー・キングがリンのハイスパートな攻撃でボコボコ状態に。ケニーは場外にいるレット・タイタスにムーンサルト。一気に攻守が逆転する。

p1030029.jpgp1030030.jpgp1030031.jpgp1030035.jpg

最後はエリック・スティーブンスが豪快なチョークスラムをレット・タイタスに決めてスリーカウント。ジェリー・リン&ケニー・オメガ&エリック・スティーブンス組の勝利。

 

日本でKO-Dタッグ王座からは陥落してしまったものの、持っているチカラを十分に発揮できるだけのコンディションは維持しているように見えた。この勢いなら、あのヨシヒコをまるでダッチワイフのように動けなくした究極のコンボ技、アルティメット・アトミック・バスターを生身?の人間に決めてくれる日も近いだろう。あとは胸毛とモヒカンだけだ。祖国のために!

 

 【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

PWS ニュージャージー大会(09年5月29日)

 

5月29日 PWS@ニュージャージー州ガーフィールド

ぐだぐだな進行、ゆるキャラ混じりのレトロな人選、トンデモなマッチメイク、どれをとっても抜群なプロレスリング・シンジケート。今回は、会場全体を覆いつくすユルユルな雰囲気を、写真と共にレポートしていきたいと思います。

 

まず開場時間を過ぎても会場内に入ることが出来ない。しかも何で入れないのか説明が一切ない。いきなりPWSクオリティに振り回されるお客さん達。仕方ないので入り口付近で待つことに。

p1020948.jpg

会場がニュージャージーにも関わらず、リングアナウンサーが「ニューヨークのみなさん元気ですかー!」と豪快に大ミスをぶちかましてから試合がスタート。するとオックス・ベイカーが無名サモア人レスラーのマネージャーとして登場。まるで作り物のような質感がたまらない。特に何をするというわけでもなく、杖をつきながらのっそのっそとリングサイドを一周しているうちに試合が終了。「バー!」とか叫びながらバックステージへ消えていった。

p1020958.jpg

ZERO1にも出場経験のあるショックウェーブ・ザ・ロボットがバトルロイヤルに登場。ちびっこファンからの声援は一切無し。お約束のロボットダンスのあと、よっこらしょと普通にロボットマスクを脱ぐのがなんともユルい。

p1020971.jpgp1020976.jpg

元ECW(WWE)のザ・ゾンビが走って入場してくると、血だらけの口で「ウガー!」と叫びながらファンを追っかけ始める。ロボットの次はゾンビである。素晴らしく出オチな感じ。

p1020981.jpgp1020983.jpg

同じくバトルロイヤルにサブゥーが登場。いつの間にか頭が丸坊主に。ハードコアなことは一切せず、気が付くとバトルロイヤルに優勝していた。この大会で一番の盛り上がり。

p1020985.jpgp1020989.jpg

かつて大日本プロレスでジョニー・カジミアと共にバックシート・ボーイズを結成していたトレント・アシッド。デッドプールなるマスクマンとして登場するも試合途中でマスクを剥がされてしまう。で、しかもPWSの王者に。しかし昔の面影はなかった。

p1020997.jpgp1020999.jpg

何がどうなっているのか全く理解できないまま、気が付いたらバター・ビーンがPWSの王者になっていた。一応しっかりと試合は観ていたのにだ。不思議だ。というか、「いつの間にか」とか、「気が付いたら」という展開が多すぎる。これぞPWSマジックか。とにかく今回分かったことは、試合内容や今後の展開はこの際どうでもよくて、見た目のインパクトを重視する。これぞPWS流なのだろう。「考えるな、感じろ!」的なプロレスの見方を再確認できた。

p1030003.jpgp1030004.jpg

 

PWSを観に来るたびにプロレスの奥深さを思い知らされる。このようなプロレスの源流とも言える見せ物小屋のような興行こそ、プロレスインポになりそうなときのカンフル剤として年に一度は観るべきだと思った(楽しめるかどうかは別として)。にしても、リングに上がるだけで汗だくで、しかも受け身をとるのも微妙なバター・ビーンがチャンピオンて。PWS恐るべし。

 

 【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 1 of 11

ホーム > アーカイブ > 2009年6月のアーカイブ

検索
カレンダー
« 2009 年 6月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る