ホーム > アーカイブ > 2010年9月のアーカイブ

2010年9月のアーカイブ

Manami Toyota Interview


MD) How do you feel now after wrestled 2 shows in US?
I feel so good!! Now I really want to come back here again.

MD) What do you think about American fans?
I like them a lot. They were totally different from Japanese fans. They are very honest and respond directly to wrestling itself, so I was very happy to be in the ring and wrestled in front of them. Japanese fans are very picky and stick to negative points and tend to criticize wrestling. On the contrary, American fans stick to good points and try to enjoy wrestling. They get excited more and more as matches go so I tried to respond to their cheers.

MD) What is your impression on CHIKARA?
The atmosphere was very good and I was so impressed at them. I was also very impressed at Mike Quackenbush’s  leadership. All the wrestlers and staff at CHIKARA were very nice and I trust them a lot. I was very comfortable working with them.

MD) Did you notice any differences from Japanese promotions?
Actually I don’t know well about Japanese promotions (LOL)

MD) Your original moves are very unique but how do you create those moves?
I don’t make new moves recently but basically I just think of new moves. And try those moves several times during practices, and make it to the final version. I don’t watch other promotions, so I always ask other people if someone else uses those moves,  and make it as my original if no one uses it. Actually some moves were already used by others so I dropped those moves and never used again.

MD) So you don’t watch men’s wrestling?
No. I don’t even watch WWE either.

MD) What is the reason you don’t watch other promotions?
If I see it, then I would like some of the moves and try to use them. But I think to be the best wrestler, you must be a wrestler that other wrestlers want to copy you, and not you copy other wrestlers. I don’t want to copy others that’s why I don’t watch other wrestling.

MD) That’s very interesting! What made you to be a pro-wrestler?
When I was in middle school, I saw AJW live which featured Crush Girls, then interested in wrestling.  However, I know I’m a bit different from others but Crush Girls were not my main reason. At that time, wrestlers joined AJW right after they graduated from middle school. I saw young wrestler whose name was Kazue Nagahori, and she was almost as same age as mine. She was still a student so she had lots of work at the show but she looked so energetic and happy. I was very curious why such young girl with so much tough work looked very happy. I kept watching AJW since then to find out the reason. Then I was getting into AJW because it was very attractive and gorgeous in any ways – they were like celebrity stars to me. I liked sports as well, so I thought this is what I have to be. Also I was just a student in rural area so I wanted to go to Tokyo and become famous. So I took the audition and luckily I passed the audition.

MD) Was AJW gorgeous place as you expected?
No! (LOL)  If you see them from outside, it looked very attractive and gorgeous world. Inside was not. Every morning I woke up, I thought I would quit today. I expected training was very tough, so it was not a big deal although it was really hard. The most hardest part was, it was girls’ world so there were lots of tensions going on among here and there and that was really tough. But I am not sensitive person, so I didn’t feel that much if someone was very tough on me.

MD) Do you know how many people was in for audition?
I heard around 2,500 people. Then 7 people passed in the end. I was one of the last person to be debuted among those seven. I was very upset and disappointed as I was the last one, so I decided to be the best among seven of us. I am very competitive and don’t like to lose.

MD) Do you have any bad memories from AJW days?
I had a lot of bad experiences but I believe I needed those experiences for me to grown up. I really didn’t care bad things and I forget them when I sleep overnight. I am very positive person.

MD) What does AJW mean to you?
It was a root of my life. I love AJW. I don’t exist today if I didn’t go through AJW.

MD) Who do you respect?
Itsuki Yamazaki.

MD) Why? Can you describe what type of person she is?
She is like god to me! She was my first trainer at AJW. She was very quiet and independent person so I felt she was not an accommodating. Also she didn’t teach other people that much. So I was following her all the time and asked her to teach me drop kicks and stuff, then she became very friendly to me and taught me many things. Maybe she tested me in that way.

MD) What do you think about New York? Do you like it here?
I was very worried before I came here because I can’t speak English. But I walked around town and I really enjoyed NYC. Now I even want to live here! ( LOL)

MD) What does pro-wrestling mean to you?
To be honest, I felt I didn’t have any goals or purpose in wrestling recently, and I didn’t know if I like pro-wrestling or not. That is my concern but since I didn’t have any goals, I just wrestled as my routine work. However, as I wrestled here in US for the first time in my career, seeing audience at CHIKARA enjoyed shows and cheering for wrestlers including me, I realized I LOVE wrestling. I had a great experience thru my matches at CHIKARA. Everybody gave me lots of power and energy and this was precious experience for me. I guess you won’t feel as same as me unless you’re wrestler, but wrestling here in the US was much fun experience than what I expected.

MD) Lastly, can you give some message to American fans?
Thank you very much for your support this time. You are awesome. I wish to come back here again to see all of you sometime in the near future!


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

豊田真奈美&マイク・クワッケンブッシュ vs. サラ・デル・レイ&クロウディオ・キャスタニョーリ


9月19日 CHIKARA “Through Savage Progress Cuts the Jungle Line ” @ザ・ワーソー ニューヨーク州ブルックリン

場内にメインイベントのアナウンスが流れると、観客から一斉に「トヨタ!トヨタ!トヨタ!」の大チャントが発生。先ずクロウディオ・キャスタニョーリとサラ・デル・レイが入場。次にマイク・クワッケンブッシュ。そして最後に豊田真奈美が全女時代の曲『Mystic Eyes』で入場。観客は総立ち。

異常な雰囲気のなかゴングが鳴らされる。先発はマイクとクロウディオ。マイクから豊田へタッチするとまた「トヨタ!トヨタ!」チャント。日本で一度だけ対戦経験があるというサラ・デル・レイ。体格的には五分と五分。

顔面への鋭い蹴りが豊田にヒット。今度は豊田がインディアンデスロックからの鎌固めがガッチリときまる。

豊田がサラをキャメルクラッチで動けなくすると、鼻の穴に指を突っ込んで羞恥プレイ。クロウディオが堪らずカットに入る。

場外のクロウディオ&サラへ豊田がフライングボディプレス。

コーナーから豊田のミサイルキック。サラの喉元にヒット。

ヒール軍団BDKの2人は息のあったチームプレーが目立つ。技のキレと重さでは豊田に引けを取らないサラ。いつも以上に気迫がこもっている。

サラのパワーボムを食らった豊田はノックダウン状態。するとクロウディオが十八番のジャイアントスイング。回すたびに観客が「1! 2! 3! 4! ……」と数えはじめる。

ツーで返した豊田はお返しに十八番のローリングクレイドル!クロウディオの大きなカラダがぐるぐると回転する。カウントツーでサラがカットに入る。観客から「マナミ!マナミ!」チャント。

サラが急角度のパイルドライバーをきめる。クロウディオが再度ジャイアントスイング。回される豊田へサラのミサイルキック。

マイクがクロウディオにチカラスペシャルをきめる。

グロッキー状態のサラにムーンサルトプレス。

豊田がサラを担ぎ上げると、コーナーからマイクが掌底をヒットさせ、その勢いのままジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス。続けざまにジャパニーズ・オーシャン・クインビー・ボム。

そのままフォールにはいかず、チカラプロの象徴とも言える必殺技チカラスペシャルをきめる豊田。サラが堪らずタップ。

o 豊田真奈美 & マイク・クワッケンブッシュ (23:02 ~ チカラスペシャル) クロウディオ・キャスタニョーリ & サラ・デル・レイ x

試合終了後、「トヨタ!トヨタ!」そして「チカラ!チカラ!」の大チャントが発生。場内は歓声で地響きがするほどの盛り上がり。会場のキャパオーバーで入場規制がかかるほどの盛況ぶりだったチカラプロのニューヨーク初進出は、大成功に終わった。


今年のベストバウトに選出されてもおかしくないほどの素晴らしい試合だった。ニューヨーカーのクレイジーな声援とリアクション。そして23分があっという間に感じられたマッチオブジイヤー級の試合内容。こんなにパッピーエンドな大会は久しぶりだったように思う。ミックスドマッチにありがちなお笑い要素が殆ど無く、むしろほとんどの技がブルータルで男子顔負けの内容だったのが印象的だった。それとマイク・クワッケンブッシュの上手さが光っていた。そしてやはり今回は豊田真奈美に対するファンのリスペクトっぷりが想像を遥かに超えていた。まさにリビングレジェンドである。試合後のコメントで「試合がすごく楽しかった」と語っているように、豊田にとって今回のアメリカマット初進出ツアーは満足のいく内容だったに違いない。なにより豊田に対する会場全体を包みこむようなあの大声援が全てだったと思う。ともあれこのニューヨーク大会でチカラプロは新たなステップを踏み出した。次はどんな面白いことをやってくれるのか、いまから楽しみである。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

豊田真奈美 vs. デイジー・ヘイズ


9月18日 CHIKARA “Eye To Eye” @ドゥ・バーンズ・アリーナ メリーランド州バルティモア

セミファイナル o 豊田真奈美 (13:47 ~ ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス)  デイジー・ヘイズ x

豊田真奈美のアメリカデビュー戦となるチカラプロのボルティモア大会。豊田は常勝軍団のBDKに所属するデイジー・ヘイズと対戦。体格差をいかした攻めでデイジーに圧勝。豊田への「プリーズ・カム・バック!」チャントが会場内に鳴り響いた。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

澤宗紀オフショット写真


時間がないので駐車場裏でコスチュームに着替える澤宗紀。これぞジャパニーズインディー魂!

試合後にはアメリカのファンからサイン攻め。

試合が終わればノーサイドの2人。スティーヴン・セガール沈黙の鉄拳TシャツとイルカTシャツ。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

澤宗紀 vs. ブライアン・ダニエルソン


9月11日 EVOLVE 5 @ラーウェイ・レックセンター ニュージャージー州ラーウェイ

先に澤宗紀が入場。リングサイドの観客はスタンディングで澤を迎える。次にブライアン・ダニエルソンが入場すると一段と大きい声援が上がる。コールされる前に両者がにらみ合い。会場の盛り上がりが頂点に達する。

澤がブライアンをコーナーに詰めて蹴りの連打。一歩も引かないブライアンは、体勢を変えて澤に蹴りをぶち込んでいく。ロックアップはせずグラウンドに引き込もうとする澤。足首を極めようとするがブライアンが必至で抵抗する。両者の気迫は五分五分。

グラウンドから抜けだしたブライアンは澤の背中に蹴り。もっと来いとばかりにブライアンを睨みつける澤。

えぐい角度でエルボーをぶち込んでいくブライアン。観客から「オー!」というどよめきが起きる。エルボーを連続で食らってしまった澤はコーナーでダウン。

ダウンした澤を強引に立たせて今度はヨーロピアンエルボーの連打。「レッツゴー!サーワー!」チャント発生。徐々に澤が攻めこまれていく。プエルト・リコから帰国したその足で試合にのぞんだブライアンだったが、そんな疲れなどまったく感じさせない鬼のような攻め。これがメジャーの凄さなのかタフネスすぎる。

先程のお返しとばかり足首をがっちりと極めるブライアン。両脚をロックしたまま寝ている澤へ渾身のエルボーを振り下ろしていく。これがまたエグい。明らかにブライアンのファイトスタイルが従来のものと違うのが分かる。無駄なムーブを一切排除したストイックなプロレスが目の前で展開されていく。ブライアンの中に流れる“キラー”の血がそうさせたのだろうか。これがブライアンのやりたかったプロレス、そしてもう見ることの出来ないスタイルなのかと思うと、複雑な気持ちになった。

ブライアンがブリッジをして極めていた両脚をさらに締め上げていく。たまらず澤がロープ際へエスケープ。ロープに貼付けにした澤の胸板へ蹴りを連打するブライアン。「ドスン!」という音があたりに響く。澤ぐったり。

しかしロープの反動を利用して澤が起死回生のドラゴンスクリュー。息を吹き返した澤は、「ハイハーイ!」という掛け声と共に、ブライアンの顔面へ張り手張り手張り手の乱れ打ち。そのままブライアンをコーナーに押しこんで百烈拳。これが本物のバチバチだとばかりに、張り手キック張り手キック張り手キックキックキック張り手の猛攻。

シャイニングウィザードにいこうとするその右足をがっちりとキャッチしてくるっと回転するとハーフボストンクラブで切り返すブライアン。こんなシャイニングウィザードの切り返し方は初めて見た。

なおも攻めまくるブライアン。頭突きをぶちかますとバックを取って強引にジャーマンスープレックス。澤も負けじと蹴りで応戦。気合を入れなおしたのか澤の顔に精悍さが戻ってきた。

フラフラになってリングに倒れこむ両者。ブライアンが澤の頬をフルスイングで張る。「パッーン!」というイイ音。勢いよく後ろへのけ反る澤。すると澤が「LETS GO バチバチ!!」と叫ぶと速射砲のような張り手をブライアンへと放っていく。

澤の右ミドルキックを脇で抱えるようにキャッチするブライアン。そのままの状態でミドルキックを放つが、今度は澤がそれをキャッチ。両者片足のまま空いている右手で張り手合戦。そのまま円を書くようにして「バチッ!バチッ!」と音を立てながら回転する両者。観客は大ヒートアップ!

ふらついたブライアンへ渾身の伊良部パンチ!これが見事にヒットするとブライアンがダウン。

しかし澤も力尽きたのかその場にダウンしてしまう。すると観客がスタンディンオベーションで大声援。先に立った澤がシャイニングウィザード!そして最後の力を振りしぼるようにお卍固めがガッチリと決まる。タップしそうになるブライアンだがかろうじてロープエスケープに逃れる。

ブライアンのローリングエルボーが澤の肩口にスマッシュヒット。そして膝をついて崩れ落ちる澤にバズソーキック。ブライアンがカバーに入るがツーで返す。休むことなくもう一度バズソーキックを放つと澤はその場にダウン。俯せになった澤の左腕を足で固めたままフェイスロックがガッチリと決まる。すると堪らず澤がタップアウト。ブライアン・ダニエルソンの勝利。

いつもの人差し指を突き上げるポーズをするブライアン。「Best In The World!!」チャントが発生する。負けてしまった澤にも「サーワ!サーワ!」と大声援が送られる。

握手した後、抱き合う両者。会場は大きな拍手で包まれた。


WWEとバトラーツの戦いとも言える両者の戦いは、僅差でブライアン・ダニエルソンの勝利に終わった。技術的なこともさることながら、両者の気迫が痛いくらい伝わってくる素晴らしい試合だった。この試合にかける両者の意気込みがそのまま試合内容にでていたように思う。試合後のコメントでは手加減なしに真正面から戦ってきてくれたのが嬉しかったと語る澤宗紀。ブライアンのバチバチ性感帯をたっぷりと刺激できた喜びからか、澤の顔には満面笑みがあふれていた。日本のインディー界でいま一番忙しいレスラーと、WWEでいま一番話題のレスラーの対決。バチバチは決して言葉じゃ説明できない、感じるのものだということを分からせてくれた。こんなとんでもない試合を見せてくれた2人のレスラーに、感謝の気持ちでいっぱいである。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 1 of 212

ホーム > アーカイブ > 2010年9月のアーカイブ

検索
Calendar
« 2010 年 9月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る