ホーム > アーカイブ > 2010年10月のアーカイブ

2010年10月のアーカイブ

ダッシャー・ハットフィールドのユニフォーム


10月23日に行われたチカラプロのイーストン大会。その休憩中、どこかで見たようなユニフォームを着用したマスクマンが、グッズコーナーにいるではないか。近づいてみると大阪プロレス出場を控えたダッシャー・ハットフィールドだった。

どこで入手したのか千葉ロッテマリーンズのユニフォーム。マスク越しのドヤ顔である。10月27日の大阪プロレスではブラック・バッファローと、10月31日にはタイガースマスクと6人タッグマッチが決定しているダッシャー。「大阪にはこのユニフォームで乗り込むよ」鼻息を荒くしながら語っていた。チカラプロではテクニコス(ベビー)の一員として絶大な人気を誇っているダッシャーは、ザ・スローバックス(直訳すると先祖返り)というチームにも所属しているベースボール男爵キャラ。なおかつ現代のベースボールにはないオールドスクールな動きを取り入れた一風変わったキャラクターだけに、ハマるとかなり癖になるレスラーである。

他にも、10月29日には、リンセ・ドラド&ティム・ドンスト対フライトメア&ダッシャー・ハットフィールドというチカラプロ純正のカードが決定している。ルチャスタイル主体のチカラプロで、ヘリオス(リコシェ)と並ぶハイフライヤーのリンセ・ドラドと、今年のヤングライオンズ杯優勝者フライトメアが対戦するとあって注目のカードとなっている。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

怪獣ビッグバトル “Save The Kaiju!”


10月15日 Kaiju Big Battel @ワーソー ニューヨーク州ブルックリン

グッズコーナーでは、「Save The Kaiju!」Tシャツや、イブシ怪獣大戦闘Tシャツなども販売。

今までのDr.キューブの悪行によって怪獣ビッグバトルの経営状態は悲惨なことに…。資金を集めるために現れたヒーロー軍のサンバスター。それを阻止しようと海底怪獣サイクロプトパスと吸盤スチーム怪獣テンタクル・ボウルダーがリングイン。圧倒的なパワーでボウルダーが勝利。ひとまず資金集めを阻止することに成功!

司会者のラウデン・ノクシャスが、今夜のショーは「怪獣を救え!」をテーマにチャリティー仕様になります!と、絶叫しながら説明する。目がマジ。

フレンチトーストがいつものように手こずりながら入場。無事リングインしただけで観客から大きな拍手が。

続いてダストバニーが入場。フレンチトースト対ダストバニー!ヒーロー対ヒーローのクリーンな試合が実現か、と思いきや亡霊怪獣シーボーズにも似たヤースミンコが突如乱入。

巨大なビルを頭からすっぽり被せられるダストバニー。ヤースミンコのハチャメチャな攻撃にさすがのダストバニーも防戦一方。

そこにバナナ怪獣パコ・プランテインが助けに入る。ロードウォリアーズばりの連携でヤースミンコを撃破。

するとここでヒーロー軍の女戦士パワ・ランジュルを迎えてのオークションタイム開始。私物のキャンディをオークションにかけると、観客から「$50!」、「$60!」とドンドン値が上がっていく。

ここで巨大キノコ怪獣シャルーマ・タンゴがオーディションを妨害しようと乱入。邪魔をされたパワ・ランジュルは、失神から覚めたスタン・ハンセンのように怒り狂う。

さらに何故かダイノカングJr.が助けに入ってくる。図体がデカイうえに口を開けてピョンピョンと跳び回るだけで特に攻撃するわけでもない。そんなゆるキャラ具合がたまらない。

武藤敬司のスペースローリングエルボーを彷彿とさせるバク転からのボディアタックがシャルーマ・タンゴのキノコ部分にヒット!弱点だったのかピクリとも動かなくなるシャルーマ・タンゴ。パワ・ランジュルをキレさしたら大したもんですよ。

ここで本日のスペシャルゲスト、怪獣ヲタクコメンテーターとして数々の試合を実況解説してきたビーブが操り人形として現れる。ところがそこにDr.キューブの姿をした謎の怪獣が登場。誰かと思えば一つ目の悪魔猿ことヘルモンキー。

ヘルモンキーの好きなようにはさせまいと、ヒーロー軍のアメリカン・ビートルが登場。星条旗の短パンが今にもずり落ちそうになりながらも、がりがりのカラダからは想像もつかないパワフルな攻撃でヘルモンキーを撃破。

観客から寄付を募り、集まったお金を高性能マシーンに入れる。すると目標の半分まで達成!というシグナルが。お礼に怪獣ビッグバトルTシャツやポスターをプレゼント。

みんな大好きカンフー・チキンヌードルが登場。資金集めのためにいくらでも敵と戦ってやると息巻く。観客からは無謀だとの声も。続けてテュコールも登場。するとDr.キューブがゴリラとアンコウのDNAから造りだしたグルーディンまでもが姿をあらわす。

カンフー・チキンヌードルは一人で戦い抜く。

次々と謎の怪獣が現れる。

アイアン・ブラザーがチェーンを振り回しながら襲いかかる。得意のカンフーアクションでアイアン・ブラザーを攻めまくるカンフー・チキンヌードル。そこにヒーロー軍のサンバスターが現れる!

が、しかーし!コーナーに登ったサンバスターは、何をトチ狂ってしまったのかいきなりカンフー・チキンヌードルめがけてフライング・ボディプレス!会場からは悲鳴が…。何故にサンバスターが仲間のはずのカンフー・チキンヌードルを襲ったのか?

怪獣ビッグバトルで一番デカいセクメットが登場。息を吹き返したカンフー・チキンヌードルがドロップキックでセクメットをリング下に落とす。セクメットは文字通り出オチ。

最後はグルーディンを押さえ込んだカンフー・チキンヌードルが辛勝。ものすごい数の怪獣に勝利したことにより、観客から資金も集められ、今夜のテーマだった「怪獣を救え!」は見事に達成。カンフー・チキンヌードルの決めポーズがカッコ良すぎる。

「サンキュー!」と叫びながら四方にお辞儀をするラウデン・ノクシャス。この男なくして怪獣ビッグバトルは成り立たない。


正直こんなにお客さんが入って盛り上がるとは思っていなかった。オールスタンディングの会場がほぼ埋まっていた。定期的にショーが開催されることが難しくなり、公式ホームページの更新もままならない状態でこれだけの客入り。やはりマニアというか怪獣ビッグバトルが好きなファンは確実にいる。運営資金が足りないことをプロレス的に、そして怪獣テイストを上手く織りまぜ昇華させた今回のショー。文句なしに大成功だと言っていいと思う。

この先はあるのかと思わせぶりな部分は確かにあった。本当にDr.キューブは死んだのか?サンバスターの裏切りの意味は…。大きな流れを持たせることで今まで以上に話題性が生まれてくる。これはとても良い変化だと思った。新しい試みとしてリング上だけに留まらず、ミュージックビデオやライブ会場などでも怪獣の魅力を伝えていって欲しい。ただし、怪獣ビッグバトル独特のライブ感を味わうにはやはり生のショーに限るだろう。もしそれが日本で実現したらと想像しただけでニヤニヤしてしまう。

そんな色々な可能性が秘められた怪獣ビッグバトル。これだけのニーズがあるわけだからもっと続けるべきだし続けないと駄目だと思った。次回はいつになるか分からないが、とことん追っかけていこうと心に決めたのであった。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

チカラプロ来日選手紹介


The UnStable/アンステイブル
(向かって左: STIGMA/スティグマ 右: Vin Gerard/ヴィン・ジェラルド)
今回来日する選手の中で、チームとして一番安定している二人。“ずるいヒール”のヴィン・ジェラルドと、彼の後を追ってヒール軍団に入ったスティグマのチームワークに、大阪プロレスがどのように対応するのか?


Bruderschaft Des Kreuzes(BDK)/ブルーダーシャフト・デス・クロイツェス(BDK)
(向かって左: Lince Dorado/リンセ・ドラド 右: Tim Donst/ティム・ドンスト)
現在チカラプロを恐怖に陥れる冷血ヒール軍団BDK。彼らが大阪プロレスへと送りこむ若手がこの二人。ティムはレスリング&パワー、リンセはハイフライヤータイプの実力者。異国の日本ではBDKはどのように受け止められるのか?


Frightmare/フライトメア
今年のチカラプロ主催ヤングライオンズカップ優勝者。プロフィールは過去の記事へ。

http://www.m-drop.com/archives/2332


Dasher Hatfield/ダッシャー・ハットフィールド
ベースボールプレイヤーのダッシャー。野球が人気の大阪で、野球ファンの心を掴むことができるのか?プロフィールは過去の記事へ。

http://www.m-drop.com/archives/2732


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Kaiju Big Battel Presents: Save the Kaiju!


On October 15th, Kaiju Big Battel will invade the Warsaw for another night of high flying monster mayhem and urban destruction as Kaiju Big Battel presents Save the Kaiju! As some of you might know, Kaiju shows at the Warsaw are always packed not only with people, but excitement as well! What do the Kaiju Heroes have in mind to protect the people? What will Dr. Cubes Posse do without there leader? All these questions and more will be answered this October 15th!

- www.kaiju.com/

Kaiju Big Battel: Save the Kaiju
Friday October 15th, 7PM ALL AGES!
Warsaw, 261 Driggs Ave, Brooklyn NY
Tickets: $18 online $20 at the Door.

Buy Online


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

怪獣を救え!Save The Kaiju!


97年にアメリカン怪獣博士ことランド・ボーデンが立ち上げたハチャメチャパフォーマンス集団の怪獣ビッグバトルが、いま消滅の危機だという。怪獣ビッグバトルの情報サイト『怪獣大戦闘同盟』によると、低コストで制作するためグッズなどを中国へ発注していたのだが、団体のコミッショナーだった悪の科学者Dr.キューブが、なんとそれを制御してしまったとのこと。それによって怪獣ビッグバトルの経営は危機的状況に陥ってしまったという内容。

全盛期には地元ボストンだけでなく、西海岸やサンディエゴで開催される全米最大規模のコミックコン(コミケ)などでもショーを開催していた怪獣ビックバトル。2007年には、イギリスのロックバンドBloc Partyのシングル、『Flux』のミュージックビデオを制作するなど、新世代怪獣クリエーターとして活躍していた。ところが、活動の拠点をボストンからニューヨークへと移した頃からショーの回数が激減。公式サイトの更新もままならない状況にまでなってしまった。

当ブログでもショーの模様を何度か紹介しているが、前回のフィラデルフィア大会では、その経営危機に追い込んだ張本人のDr.キューブが最後の最後で死んじゃった?、という意味深な終わり方をしている。これじゃあ断罪しようにも無理な状況。そこで、『怪獣を救え!』キャンペーンを実施することになった。その一つとしてオンラインショップによるグッズ販売。これまでに怪獣のショーで使用したビニール製のバナー(広告旗)をリサイクルして作った、ビニールバッグなどが目玉商品となっている。小さなことからコツコツと。怪獣ビッグバトルの存続の為にお一つどうぞ。というか買って下さいお願いします!


そして、10月15日には怪獣ビッグバトルのショーがニューヨーク州ブルックリンで開催されることが決定している。タイトル名は『Save The Kaiju! 』。そのまんまである。果たして、ファンの疑問や今後の展望などが明らかとなるのだろうか。怪獣達にも不況の風は吹き荒れているのだろうか。怪獣リストラなのか…。この目で確かめたいと思う。

写真はチカラプロ会場でグッズを売るランド・ボーデン。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 1 of 212

ホーム > アーカイブ > 2010年10月のアーカイブ

検索
カレンダー
« 2010 年 10月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る