ホーム > タグ > Atsushi Kotoge

Atsushi Kotoge

F.I.S.T. vs. チーム・大阪プロレス


4月16日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 (二回戦)
@アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

F.I.S.T. (イカルス&チャック・テイラー&ジョニー・ガルガーノ) vs. チーム・大阪プロレス(小峠篤司&原田大輔&アルティメット・スパイダーJr.)

IMG_4546IMG_4547IMG_4549IMG_4553IMG_4555IMG_4559IMG_4560IMG_4568IMG_4572IMG_4575IMG_4577IMG_4578IMG_4583IMG_4584IMG_4585IMG_4587IMG_4591IMG_4592IMG_4595IMG_4598IMG_4599IMG_4600IMG_4602IMG_4603IMG_4605IMG_4606IMG_4609

キング・オブ・トリオス2011の二日目。二回戦に進出したチーム・大阪プロレスは、すっかり観客からの支持を得ていた。入場時から大きな拍手が送られた。対するF.I.S.T.には大ブーイング。一回戦でザ・スローバックスとコミカルな試合で観客を魅了したチーム・大阪プロレスだが、この二回戦はややシリアス。スピードを活かした小峠と、確実でパワーのある原田の合体技が冴えていた。そして何と言ってもアルティメット・スパイダーJr.(USJ)の動きが素晴らしかった。USJはかなりアメリカ向きの選手だと思う。

最近ではBDKの勢いに押されがちのF.I.S.T.だが、このキング・オブ・トリオスでは三人の個性がうまく表現され機能していた。小憎らしいジョニー・ガルガーノ、ヒールが板についてきたチャック・テイラー。そして最近じわじわと駄目駄目な(良い意味での)味が出てきているイカルス。彼のノラリクラリしたヒールキャラクターは、チカラプロのファンからリアルに嫌われている節がある。

そんな両チームの試合は熱戦となった。小峠と原田のダブル延髄斬りや、USJのスワントーンボムで一気に攻めこむ場面もあったが、F.I.S.T.の連携技はその勢いを上回るものがあった。最後はテイラーがUSJをスクールボーイで丸め込んでスリーカウント。F.I.S.T.の勝利となった。フォールの時にタイツを引っ張ったと反則を主張するチーム・大阪プロレスだったが、レフェリーは認めず。最後の最後でヒールチームの本領が発揮された試合だった。

チーム・大阪プロレスは二回戦敗退。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

チーム・大阪プロレス vs. ザ・スローバックス


4月15日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 (一回戦)
@アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

チーム・大阪プロレス(小峠篤司&原田大輔&アルティメット・スパイダーJr.) vs. ザ・スローバックス(ダッシャー・ハットフィールド&シュガー・ダンカートン&マット・クラシック)

IMG_4186IMG_4192IMG_4203IMG_4205IMG_4209IMG_4214IMG_4216IMG_4218IMG_4220IMG_4221IMG_4223IMG_4224IMG_4225IMG_4226IMG_4227IMG_4230IMG_4232IMG_4234IMG_4235IMG_4242IMG_4246IMG_4250IMG_4259IMG_4260IMG_4275IMG_4276IMG_4279IMG_4280IMG_4282IMG_4284IMG_4285IMG_4286IMG_4287IMG_4289IMG_4290IMG_4291IMG_4294IMG_4295IMG_4296IMG_4298IMG_4301IMG_4304IMG_4307IMG_4308IMG_4309IMG_4311

マット・クラシックはリングインすると直ぐにブリッジをしはじめる。同じチームのシュガー・ダンカートンとダッシャー・ハットフィールドにも腕立て伏せをするように怒鳴りつける。ゴングが鳴るとダンカートンと小峠が先発。観客を煽ってばかりいてなかなか試合をしようとしないダンカートンに、「いいから早くレスリングしろよ!」と厳しいツッコミを入れるクラシック。

ダンカートンがロープに振ると、小峠は高速ロープワークを披露。負けず嫌いのダンカートンは、ロープワークでどっちが速いか競争しようと提案する。結果、途中コケそうになりながらも小峠の圧勝。観客からは大歓声。懲りないダンカートンは、次はシュート対決だと提案する。すると手本を見せてやると何故かクラシックがシュート。オールドスクールな投げ方で見事シュートを成功させる。小峠もトライすると一発で成功。いやいやもう一度やってみろと再度シュートさせると、ボールはダンカートンの頭に直撃。観客はドリフばりに大爆笑。

アルティメット・スパイダーJr.(USJ)にタッチ。USJはダンカートンとハットフィールドをスパイダーネットで捕獲。二人を引き寄せ正面衝突させる。観客にはスパイダーネットが完全に見えている。USJはクラシックにもスパイダーネットを放つが効き目なし。お前は一体何をやってるのか?とクラシック。いにしえのプロレスラーにはスパイダーネットは通用しなかった。クラシックはUSJにベアハッグ。カットに入ってきた原田にアイアンクロー。がっちりと決まって抜け出せない。するとクラシックは原田をコーナーに追い込んでアンドレばりのヒッププッシュ連発。

クラシックは小峠と原田を一度にブレーンバスター。ダンカートンとハットフィールドがUSJにツープラトン攻撃。原田と小峠が場外へダイヴする間、クラシックは踏み台昇降。試合中もトレーニングを欠かさない。するとクラシックがコーナーポストに登りはじめる。場外へダイヴしようとするクラシックに観客から「危ないから止めてくれ!」とコール。足をがくがくさせながらトップロープからセカンドロープへと降りてくるクラシック。最後はエプロンから超スローのダイヴを決行。観客から「ホーリー!プー!」の大チャント発生。

リングに戻ってダンカートン、ハットフィールド、小峠、原田の逆水平チョップ合戦。ハットフィールドはUSJにジャックハマー。続けてクラシックがUSJにブレーンバスター。クラシックはコーナーからUSJにダイビングボディープレスを狙うが見事に失敗。フラフラになったクラシックをUSJが丸め込んでスリーカウント。チーム・大阪プロレスの勝利。

チーム・大阪プロレスは二回戦進出。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 1 of 11

ホーム > タグ > Atsushi Kotoge

検索
Calendar
« 2017 年 12月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る