ホーム > タグ > Daisuke Sekimoto

Daisuke Sekimoto

CZW Best of the Best X on April 9th!


YouTube Preview Image

CZW presents
Best of the Best X

April 9th 2011 @ 8PM
@ Asylum Arena • South Philadelphia
7 W. Ritner Street
Phila, PA 19148

Preceded by wXw’s Kreuzzug ZXI part 1
@ 2:30PM. Doors open @ 2:00.
Checkout wXw-Wrestling.com for more information.


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

CZW Best of the Best X 参戦選手


botbx

今年で10回目を迎えるCZW Best of the Bestに、日本から関本大介(大日本プロレス)の参戦が決定した。大本命の関本大介と、いま一番波にのっているサミ・キャラハンとの対戦は実現するのか。去年3月、ドイツのwXwで澤宗紀を破っているザック・セイバーJr.が、勢いある若手レスラー達を退け、決勝ラウンドまで進出することが果たしてできるのかなど、見どころ満載である。

CZW Best of the Best X

  • グラン・アクマ
  • サミ・キャラハン
  • チャック・テイラー
  • ザック・セイバーJr.
  • ジョニー・ガルガーノ
  • 関本大介
  • ジェイク・クリスト
  • カイル・オライリー
  • ブランドン・ガットソン
  • ジョナサン・グレシャム
  • アダム・コール
  • ARフォックス

同じく4月9日のCZWでは、ドリームデスマッチとして葛西純vs.ダニー・ハボックの試合も予定されている。ヘラデルヘア出身の葛西純にとって、久しぶりとなる地元での試合ということで、いつも以上にクレイジーなデスマッチが予想される。

又、同日の昼には、ドイツの団体wXwの興行も予定されている。注目はやはり、関本大介vs.クリス・ヒーローと、葛西純vs.ドレイク・ヤンガーのノーロープ有刺鉄線デスマッチだろう。

そして、翌日10日のCZWニュージャージー大会では、葛西純vs.ネクロ・ブッチャーが決定!葛西純のマッチメイクに関しては一切出し惜しみ無し。いま組める最高のカードといえる。時は来た!それだけだ。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

Daisuke Sekimoto Interview/関本大介 インタビュー

 

p1010249.jpg

Name: Daisuke Sekimoto
Birthday : February 9, 1981
Birthplace : Osaka
Height/Weight : 5’9”, 240lbs
Signature moves : German Suplex Hold, Lariat, Spear, Argentine Back Breaker
Championships and Accomplishments : BJW World Heavyweight Championship, BJW World Tag Team Championship, NWA United National Heavyweight Championship

Sekimoto debuted on August 10, 1999 for BJW (opponent was Ryuji Ito) in his hometown Osaka. He also entered into death match world from 2005. He teamed up with Abdullah Kobayashi and retained BJW World Tag Team Championship over Jun Kasai & Jaki Numazawa by 250 fluorescent bulb death match. Later, he retained the title by team up with Mammoth Sasaki, Yoshihito Sasaki etc. He also wrestles for major promotions and received Technical Award from Tokyo Sports Pro-wrestling Award in 2007. He is considered to be one of the future of pro-wrestling in Japan.

 

Sekimoto came to US to wrestle for Chikara for 2 days in October. We had a quick interview with him as we would like you to know him better! He is the future of wrestling. Really.

– How many years are you in pro-wrestling?

(Sekimoto) 10 years in next year

–10 years?! Actually we’ve been watching you since your debut.

(Sekimoto) Really? Thank you very much.

–Please tell us how you got into pro-wrestling.

(Sekimoto) I went to see All Japan Pro Wrestling to Osaka Furitsu Gym when I was in junior high school as it was very close to my home, then I got hooked by wrestling at once. I wanted to be a wrestler since then, and I was introduced to Mr.Uwai (who was in NJPW then) from my father’s connection when I was in high school but he told me to train at Animal Hamaguchi Gym for 3 years as I was not tall enough to be a wrestler. I thought I couldn’t wait for that long as I really wanted to be a wrestler as soon as possible. Incidentally I was in a baseball team in high school but the manager was a friend of Great Kojika (who is a president of Big Japan Pro Wrestling). My manager told me “If you want to be a pro-wrestler, I will introduce Great Kojika” so I met him and talked about my passion to be a wrestler. Then he told me to come to BJW right after I graduated from high school. I said yes to him but I thought it was just a courtesy invitation as I was not tall enough to be a wrestler. Anyway I joined BJW after I graduated from high school and became a pro-wrestler.

–So you really wanted to be a wrestler in any way?

(Sekimoto) Yes. I couldn’t think of anything else but to be a pro-wrestler.

–But you were in a very strong baseball team (his high school team was considered to be one of the best in high school baseball). Have you ever thought about going to college for baseball?

(Sekimoto) Actually I didn’t practice baseball that much!!

–But you liked baseball so that you were in baseball team, correct?

(Sekimoto) I didn’t like it very much at that time! It was just a pain LOL

–We heard you did not practice for baseball but did weight training all the time. Is it true?

(Sekimoto) Yes, it’s true LOL. Current sumo wrestler champion, Asashoryu, was in my high school and we always got along together and trained together most of the time.

–You mentioned you are interested in American pro-wrestling. Why are you into it?

(Sekimoto) The first wrestlers I was impressed was American wrestlers so I have an image American wrestlers are very strong. I was a huge fan of Terry Gordy and Steve Williams Tag team. When I played prowrestling video game, I played Gordy & Williams and beat my friends so badly at that time!

–We heard you are also interested in ROH but please tell us how you felt you watched them for the first time.

(Sekimoto) First time I watched was early ROH like Low-Ki and Bryan Danielson. I was so impressed and just said “Wow! This is amazing!” I thought their style is very similar to Japanese style and that’s the reason why I was into their wrestling.

Then I wrestled for Wrestle Jam, Mochizuki (from DragonGate) told me that he respects ROH wrestlers so much as they wrestle for themselves, and not to get a deal for WWE. When I heard it,  I was also impressed very much of their attitude as well. So I think ROH is the place to wrestle and it is one of my goal to wrestle at ROH.

–We hope to see you here in the State more often.

(Sekimoto) Thank you. I hope it will come true.

 

We think Sekimoto is one of the power wrestlers who can compete in the States. Many wrestling fans expect high-flying, quick moves from Japanese wrestlers but he is different. His style is very orthodox Japanese style with power. We believe he can impress American fans with his wrestling so we really would like to see him more often in the States!

【writer: Shiori】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

チカラプロ vs 大日本プロレス (2)

 

(1)からのつづき

2008年10月19日 CHIKARAペンシルバニア州フィラデルフィア(旧ECWアリーナ)大会 “The Global Gauntlet – Night 2″

チカラプロと大日本プロレスとの対抗戦最終日は、フィラデルフィアにある旧ECWアリーナで開催された。満員の会場には普段どこで着るんだろうというグロ系のTシャツを着たコアなデスマッチファンや、小さな子供用のミル・マスカラスのマスクを被ってキャーキャーと応援する子供達の姿も見られる。この統一感の無さがたまらなく、いい。

p1010195.jpgp1010203.jpg

この日は、7対7のグローバル・ガントレット・マッチと銘打たれメインイベントに行われた。と、そのまえに、いまマンハッタンドロップで注目しているプレイヤー・ウノとプレイヤー・ドスのタッグチーム(Super Smash Bros.)が、タッグチームチャンピオンベルトをかけてオシリアン・ポータルと対戦した試合がこれまた素晴らしかった。笑いあり華麗な飛び技あり、そして頓智の効いたフィニッシュには思わず吹き出した。チカラプロのやりたいことはこれなんだ、というような試合だった。しかもプレイヤー・ウノは昇龍拳の使い手だったことが判明!

p1010212.jpgp1010215.jpgp1010216.jpg

インターミッションの後にメインのガントレット・マッチが開始される。レフェリーの李日韓が客席に手を振りながらリングインするとファンからは大きな声援が送られる。いよいよ試合開始のゴングが鳴り、沼澤邪鬼から入場。チカラプロからはグラン・アクマという冗談みたいなリングネームの選手が鼻息荒く入場。にしてもアクマて…。気むずかしいバス・ルッテンみたいな風貌のアクマは蹴り技を得意とした選手らしい。が、あっけなく沼澤のデスバレー・ドライバーにアクマ敗れる。

つづく2番手はマスクマンのファイヤー・アント。見たまんまのアリ覆面。しかしこれがまた機敏な動きをするアリで、リングインと同時に沼澤を一気に攻め込んでいく。すると沼澤は自分の肘パットを投げ捨て、レフェリーがそれに気を取られている隙に反則のローブロー。場内からは大ブーイング。また沼澤ペースに持ち込んだところで再びズルしていただき戦法をしようと肘パットを投げ捨てるが、日韓レフェリーはひっかからずローブローの反則を取られ沼澤失格。お約束だが笑った。

大日本の2番手は機敏な動きを見せる大橋篤。ローブローのダメージが残っているのかファイヤー・アントの動きがおかしい。大橋に押されるファイヤー・アント。アリだからって舐めるなよ!とばかりに触角を震わせながら反撃するも、最後は大橋のサンセットフリップ・パワーボムに惜しくも敗れる。チカラプロ3番手は同じくアリ軍団の一員ソルジャー・アント。兵隊アリね。分かり易すぎてまた笑った。敬礼をしながらヘッドバットや、敬礼をした手で相手の攻撃を避けるといった敬礼ムーブが炸裂。兵隊アリのアリパワーで大橋敗れる。

p1010217.jpg

大日本の3番手は若作りリーダーの井上勝正。地味ながらもグラウンドの攻めで優位に立つ井上は、疲れの見えるソルジャー・アントを逆水平チョップや関節技のコンビネーションで一気に攻め込む。最後はタイガー・スープレックスで兵隊アリ敗れる。チカラプロ4番手はアリ軍団の働きアリことワーカー・アント。どこまでアリが好きなんだよと。見た目だけでもドリフ的な条件反射で笑ってしまう。アリ軍団最高。そのワーカー・アントはラ・マヒストラルで井上をピン。

大日本の4番手は普段デスメタルしか聴かないという石川晋也。なんでも練習の時もデスメタルばかり聴いているという筋金入りのメタラー。そのデスメタル石川が、基本に忠実な動きでワーカー・アントを攻め、ローリング・エルボーであっさりと勝つ。しかしチカラプロ5番手は極悪野郎エディ・キングストン。キングストンの強烈な裏拳が石川のアゴにヒット。ここで石川退場。ここまでかなり目まぐるしい展開。

p1010224.jpgp1010222.jpg

ここでなんと伊東竜二が入場してくる。昨日と同様、伊東が大日魂Tシャツを脱ぐとオォーというどよめきが起きる。キングストンのラフ殺法にキックで対抗する伊東。防戦一方になったキングストンをドラゴンスプラッシュで仕留める。チカラプロ6番手はクワックことマイク・クワッケンブッシュ。派手さはないものの、小刻みなエルボーと素早いロープワークで伊東を翻弄していく。負けじと伊東もキャッチレスリングで対抗するも、クワックのテクニックの方が一枚も二枚も上手。最後は必殺技の固め技チカラスペシャルで伊東がタップアウト。大日本6番手の岡林裕二が猛ダッシュでリングへ。

アメリカ人レスラーに引けを取らない体格の岡林は、持ち前のパワーレスリングでクワックに猛然とアタック。いくら試合巧者のクワックとはいえ、岡林のパワーには苦戦。しかし、チカラプロ代表としての意地を見せたクワックが必殺のアリゲーター・クラッチ(フェイスロックの状態でキャメルクラッチ)を決め2連勝。もうあとがない大日本。大将の関本大介が入場。

p1010226.jpgp1010231.jpgp1010238.jpg

勢いにのるクワックだったが、日本人離れした関本の強烈なラリアットを食らってグロッキー状態に。関本のパワーは異常。一瞬にしてその場の雰囲気を変えてしまう威力がある。関本の逆水平チョップで何度もクワックがのけぞり、堪らなくマットに膝をつく。クワックへの容赦ない攻撃にホームのチカラプロファンから悲鳴のような声援が飛ぶ。しかし最後はスローモーションになったかのようなぶっこ抜きジャーマンスープレックスでクワックからスリーカウント奪取。

p1010244.jpgp1010247.jpgp1010248.jpg

チカラプロ最後の砦はROHでも活躍中のクラウディオ・キャスタニョーリ。ロープを使ってのぶつかり合いから、キャスタニョーリのヨーロピナン・アッパーカッターと関本の逆水平チョップの攻防へと展開。両者一歩も引かない緊迫した状況でファンも一段とヒートアップ。関本が飛び技を見せるが、負けじとキャスタニョーリも持ち前のパワーで対抗する。チカラとチカラの勝負。関本の表情がキラーの顔に変わっている。何発もラリアットと叩き込む関本。そのラリアットをすべて受けきるキャスタニョーリ。観ていて気持ちいい。最後はキャスタニョーリの必殺技リコラ・ボムで関本からピン。かなりの僅差だった。一時間近い熱戦はチカラプロに軍配が上がった。

 

何を今更というかもしれないが、プロレスに国境は無いと改めて実感した。言葉が通じなくても感動しあえるモノがある。良いコンテンツというものは、それを受け止めてくれる場所で然るべき評価を受けるべきだし、日本だけでなくもっと色々な嗜好のプロレスファンにも観てもらうべきだと思った。今回のチカラプロと大日本プロレスの合同興行は必ず次のステップへと繋がるに違いないと、最後の集合写真を撮りながら思った。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

チカラプロ vs 大日本プロレス (1)

 

ルチャ主体のチカラプロが、デスマッチ主体の大日本プロレスと対抗戦をすると聞いたとき、それは何かの間違いでは、と思った。しかも大日本からは伊東竜二、関本大介、沼澤邪鬼、井上勝正、大橋篤、石川晋也、岡林裕二の7選手がエントリーされている。えらく大所帯だ。いままでにミラノ・コレクションAT、西村修、男色ディーノ、矢郷良明といった良くいえば「多種多様な」、悪く言えば「統一感のない」、そんな人選をしてきているチカラプロだけに、これはきっとボスであるマイク・クワッケンブッシュなりの思惑があるのだろう。何とも想像がつきにくいのだが、この2団体のコラボはいろんな意味で楽しみでもある。

 

2008年10月18日 CHIKARAペンシルバニア州イーストン大会 “The Global Gauntlet – Night 1″

いきなり第一試合から活きのいいタッグチーム”オシリアン・ポータル”が登場。対する大日本からは大橋篤と石川晋也が先発。そして去年デビューしたばかりの森島孝浩がレフェリーを務めた。冷静に試合を進めていく石川に対して、気迫を表に出していく大橋は「よっしゃー!いくぞー!」と日本語でアピール。あとすこしのところでオシリアン・ポータルの古代エジプト攻撃に敗れてしまう。しかしその後の岡林裕二とウルティモ・ブレックファーストの試合、そして沼澤邪鬼とウルトラマンティス・ブラックの試合は共に大日本の勝利。そのまま波に乗れるかと思われたが、ハローウィキッドのヤクザキックで井上勝正が惜しくも負けてしまう。これで勝敗は2勝2敗。

p1010159.jpgp1010162.jpg

そして、関本大介と2メートルの大男ブロディ・リーとの試合がまた盛り上がった。パワーで押しまくる関本に巨体のブロディも防戦一方。場外での逆水平チョップ連打。一発一発が重そう。こうして見ると関本のカラダはすごいことになっている。キン肉マン消しゴムかというくらいムキムキの筋肉だ。こうなるとアメリカ人と日本人の体格差とかいう心配なんて消えてしまう。逆に相手のアメリカ人を壊してしまうのではないかなと心配になるほどだ。最後は完璧なぶっこ抜きジャーマンスープレックスで関本の勝ち。これにはファンも口あんぐり状態。

p1010166.jpg2008_10220002.jpg

最後は大将の伊東竜二とマイク・クワッケンブッシュ(通称クワック)の試合。リング上の伊東の表情からは緊張がうかがえる。大日魂と書かれたTシャツを脱ぐと、最前列のファンからどよめきが起きる。伊東のカラダにはデスマッチの勲章ともいえる無数の傷が残っているからだ。無言の圧力。しかし序盤からクワックのペースで試合がすすむ。ロープを使った飛び技や複雑なジャベを使いつつ伊東のスタミナを減らしていく戦法だ。なかなかの試合巧者。クワックに対する見方がすこし変わった。勝ち越しを狙う大日本のエース伊東は、キック主体の攻めで徐々にクワックを追い詰めていく。ふんばるクワック。体格的には互角だが、気迫で上回った伊東がドラゴンスプラッシュでクワックから勝利をもぎ取った。全試合終了後には大日本勢がリング上を占拠して全員で勝ち名乗りをする。翌日へのアピールだ。

恐らくチカラプロの固定ファンにしてみれば「大日本プロレスって何者?」といった認識だったかもしれないが、選手の動きが良ければ盛り上がるし、失敗すればブーイングをするというアメリカ人のプロレスに対する楽しみ方はメジャーでもインディーでも基本的には変わりはないので、心配していたよりもファンから声が上がったと言うことは、まずまずの結果だったと思う。というか想像以上に反応があったのには正直驚いた。

(2)へ続く

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 1 of 11

ホーム > タグ > Daisuke Sekimoto

検索
Calendar
« 2017 年 4月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る