ホーム > タグ > DDT

DDT

2010年最優秀試合賞受賞のケニー・オメガ


IMG_2630IMG_2631

2010年度、東スポプロレス大賞の最優秀試合賞(飯伏&ケニー vs. 田口&デヴィット 新日本プロレス両国大会 IWGPジュニアタッグ選手権)を受賞したケニー・オメガに、その感想を聞いてみた。

ケニー :ホントーに嬉しいよ!あのIWGPジュニアタッグの試合は自分にとって特別な試合だったんだ。人生には色々なハイライトがあると思うんだけど、例えば最愛の人と出会ったりとか、赤ちゃんが生まれたりとか。そういった意味で今回の受賞はプロレスラーとしての最高のハイライトだよ。それくらい自分にとってベストモーメントなんだ。そうそう、それとね、この受賞とは関係ないかもしれないけどこれだけは言わせて欲しい、またnkwに出たいっ!!



  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Campsite Pro-wrestling 2009 (DDT)


Main Event – Anywhere Fall 3 Way Tag Match (09/06/2009)
Sanshiro Takagi & HARASHIMA VS Kota Ibushi & Kenny Omega VS Michael Nakazawa & Gota Ihashi

This is the last “Golden Lovers” tag match in summer as Kenny is leaving Japan soon. Ibushi holds OPG-heavy weight belt on his shoulder and throw away KO-D Championship belt. Michael and Ihashi come in together. Meanwhile Takagi and HARASHIMA dancing along with Japanese drum beat.

090906025-1090906029-2090906044-3

Ibushi’s elbow-slapping-low kick and sobut. Michael parries high kick. Kenny’s Kotaro Face Crusher onto Ihashi and Michael. They are laid together and got double-moonsault press from Golden Lovers (and synchronized perfectly). Takagi cut the fall and grabs Kenny and said “Go to Jusco!”. This is a start to wrestle all over the camping ground.

090906083-4090906091-51090906092-61090906093-71

Kenny and Takagi walked down the slope and kicked Kenny falls down the slope to the brook. They came to the field kitchen.

090906099-81090906103-91090906111-101

Kenny holds Takagi and Ibushi kicks hard. Then Kenny’s brainbuster to half Boston crab. Ref.Matsui’s count is 2. Takagi injured his leg.

090906114-111090906117-12090906119-13

Ibushi tries to push Ihashi from the bridge and they broke the bridge. Ibushi ran away from the bridge. Kenny arrived to bathroom area but he is apparently overwhelmed by this situation. Kenny got Michael and camel clutch.

090906120-14090906126-15090906132-16

Kenny hold brush and rub Michael’s face. Then groin. Kenny hold Michael by head and drag to the river.

090906134-17090906134-18090906144-19

Kenny arrives river. Then walks to the upstream. Ibushi follows. Others also follow. Michael’s mist to Kenny (did he sip from the river?)

090906148-20090906154-21090906158-22

Kenny falls down to the small falls. He tries to stop but Michael kicks in. Ibushi worries Kenny and runs to him but Kenny seems his leg hurts. Then Ibushi says “Kenny, fireworks!” and Kenny follows Ibushi with limping his leg. Kenny waits for Ibushi as he’s way behind.

090906152-23090906163-24090906170-25

Ibushi and Kenny are ready at the open space. Ibushi bought lots of fireworks on his own (and paid buy him!). Ihashi and Michael arrive so Golden Lovers start lit the fireworks. Ihashi and Michael use umbrella to block fireworks.

090906175-26090906197-27090906198-28

Ibushi is attacked by fireworks. Ibushi, Kenny and HARASHIMA climb the hill. Then there are swings. Ibushi launches Frankensteiner from the swing!

090906201-29090906219-30090906224-31

However Takagi gets up and drag him to the wooden stage. Meanwhile HARASHIMA’s Soumatou from log-swing smashes Kenny. Ihashi and Michael grab Ibushi and hit him to the stage. Then Ibushi’s overhead kick to both Ihashi and Michael, and then moonsault attack from the stage.

090906227-32090906241-33090906242-34

HARASHIMA and Kenny get on the stage. HARASHIMA’s brainbuster to Kenny. Then Kenny’s full nelson but HARASHIMA’s return. Kenny’s sobut is parries by HARASHIMA and kick in the head. Then reverse Frankensteiner to Kenny. HARASHIMA covers but count 2. Kenny bangs his head.

090906245-35090906247-36090906248-37

Ibushi and Takagi go back to the stage. Ibushi brings fireworks secretly and lit. Fireworks hit Takagi. Kenny’s Hadouken to Takagi and Ibushi’s German suplex to hold but Michael comes back and interferes the count.

090906251-38090906260-39090906263-40

However, Takagi is already back to the space and wears Gandam suits, practice fire radiation with candle lighter and roach spray. He murmurs like “this is not pro-wrestling at all” but apparently what HE does is not wrestling!

090906268-41090906279-42090906290-43

Ibushi prepares fireworks again. Ibushi and HARASHIMA get on a pickup truck. Kenny hold Michael. HARASHIMA hit Michael and Takagi.

090906307-44090906309-45090906305-46

They walk to the pond. HARASHIMA wears Gandam suits now and Kenny dropkicks HARASHIMA. Ibushi and Kenny lit a big fireworks calling it as “real Hadouken” and aim to Michael. Ibushi’s backdrop to Ihashi. Kenny joined and double-power bomb to Ihashi. Now he’s really groggy.

090906331-47090906339-48090906348-49

Kenny laid Michael next to Ihashi. Ibushi’s moonsault press from the bank. Kenny joined and hold together.

Winner – Ibuishi and Kenny (58’25”, Moonsault press) Michael and Ihashi.

090906355-50090906356-51090906349-52

*Comment after the match

Kenny : I feel great to wrestle this year as I missed this last year.

Ibushi : In June,  I wrestled at New Japan. Then in July at NOAH. August was Ryogoku Sumo Hall. But I was really looking forward to wrestle today so I enjoyed today’s match very much. Now I don’t have any goal. Let me know your new ideas on wrestling. I’ll take it if I think it’s fascinating.


*This review is based on Extreme Party. Please visit this page to see more pictures.



  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

キング・オブ・トリオス2009 (3日目)

 

3月29日 チカラプロ キング・オブ・トリオス2009@フィラデルフィア The (ECW) Arena

1.    キング・オブ・トリオス準決勝 : ジ・アンステイブル(ヴィン・ジェラルド、スティグマ、コリン・デカニー) 対 チーム・アッパーカット(クローディオ・キャスタニョーリ、デイヴ・テイラー、ブライアン・ダニエルソン)
完全にベビー対ヒールの戦い。Chikaraは基本的に極悪ヒールは存在しないため、ジ・アンステイブルはヒールとは言っても、ファンからいじられたりする程度のヒール。先にリングインしたクローディオにも弱虫!と言ってバカにされる始末。実力者揃いのチーム・アッパーカットにやられまくったジ・アンステイブルはここでトーナメント敗退。

p1020502.jpgp1020506.jpgp1020507.jpg

2.    キング・オブ・トリオス準決勝 : チームF.I.S.T.(グラン・アクマ、イカルス、チャック・テイラー) 対 ザ・フューチャー・イズ・ナウ(ジミー“イクイノックス”オルセン、リンス・ドラド、ヘリオス
いまいち盛り上がりの弱い試合。チャック・テイラーのタイツがズルズルずり落ちてきたり、リンス・ドラドのマスクの耳が昨日に続いてまたもや引きちぎられたりという余計な事ばかりが気になって仕方がない。但しルチャの動きを多く取り入れたヘリオスの動きが良く、客席からもヘリオスへの歓声は多い。コーナーから対角線側のコーナーへ助走を付けて走っていき、そのままコーナーを飛び越えて回転式のトペをしたり、孤軍奮闘といった感じ。最後はチャック・テイラーの変型パイルドライバーでチームF.I.S.T.が決勝進出。

p1020509.jpgp1020516.jpgp1020518.jpg

3.    アリク・キャノン 対 エル・ジェネリコ
ちょっとレベルが違い過ぎるのでは?という心配もあったけれども、ラフファイト気味のキャノンに合わせてジェネリコもグーパンチで応戦したり、思いっきり技を受けまくったりと、いつもと違ったジェネリコの試合運び。昨日の飯伏も含めた4ウェイとは全く違う試合展開。最後は予想を裏切ってキャノンをジェネリコからフォールを奪う。

p1020522.jpgp1020523.jpgp1020525.jpg

4.    12タッグチーム勝ち抜き戦
タイトルの通り、12タッグチームによる勝ち抜き戦。入場順及び勝敗は下記の通り:
1)    インコーヒアレンス(ハロウウィキッド&フライトメア)対 チーム・エピック・ウォー(ライアン・ドラゴ&トニー・コジナ)(勝者)
2)    チーム・エピック・ウォー(ライアン・ドラゴ、トニー・コジナ)対 シー・ドンスターズ(ティム・ドンスト&ハイドラ)(勝者)
3)    シー・ドンスターズ(ティム・ドンスト&ハイドラ) 対 ジ・オーダー・オブ・ザ・ネオ・ソーラー・テンプル(ウルトラマンティス・ブラック&クロスボーンズ)(勝者)
4)    ジ・オーダー・オブ・ザ・ネオ・ソーラー・テンプル(ウルトラマンティス・ブラック&クロスボーンズ)(勝者) 対 アニマル・ハウス(ビーフ・ウェリントン&スティーヴン・ワイナー)
5)    ジ・オーダー・オブ・ザ・ネオ・ソーラー・テンプル(ウルトラマンティス・ブラック&クロスボーンズ)対 サタデーナイト・スラム・マスターズ(プレイヤー・ウノ&クリエイト・ア・レスラー)(勝者)
6)    サタデーナイト・スラム・マスターズ(プレイヤー・ウノ&クリエイト・ア・レスラー) 対 ミッチ・ライダー&ピンキー・サンチェス(勝者)
7)    ミッチ・ライダー&ピンキー・サンチェス 対 ダ・ソウル・タッチャズ(マーシ・ロケット&ウィリー・リチャードソン)(勝者)
8)    ダ・ソウル・タッチャズ(マーシ・ロケット&ウィリー・リチャードソン) 対 ヤング・バックス(マット&ニック・ジャクソン)(勝者)
9)    ヤング・バックス(マット&ニック・ジャクソン) 対 チーチ&クラウディ(勝者)*この勝ち抜き戦一番盛り上がった試合
10)    チーチ&クラウディ 対  ザ・ラフネックス(ブロディ・リー&グリズリー・レッドウッド)(勝者)
11)    ザ・ラフネックス(ブロディ・リー&グリズリー・レッドウッド) 対 ジグソー&マイク・クワッケンブッシュ(勝者)

p1020527.jpgp1020529.jpgp1020530.jpg

p1020537.jpgp1020540.jpgp1020547.jpgp1020549.jpg

p1020558.jpgp1020565.jpgp1020573.jpgp1020575.jpg

(休憩)

5.    オフィディアン、アマシス、KUDO、中澤マイケル 対 ファイアーアント、ソルジャーアント、ライアン・クルズ、ダリン・コルビン)
入場時からオイルを片手に不気味な笑みを見せる黒光りの男、中澤マイケル。ファンにアピールをしながらリング下を徘徊し、嫌がる観客に無理矢理オイルを渡して背中にかけてもらうと大満足の様子。そんなやる気満々の中澤をコーナーへと戻し、まずはオフィディアンが先発を買って出る。その後中澤にタッチをするとリング上にオイルを撒き散らし、まずはファイアーアントを滑らせることに成功!

アントが滑る→客がウケる→滑る→ウケる、と一通りウケたところでKUDOにタッチ。その後再び中澤にタッチすると、今度は口にオイルを含み、リング上に横たわるファイアーアントにオイルを吐き出す。これはあまり客にはウケず。というのも、やはりChikara Proはファミリー向けなので下品なことはあまり受け入れられないのです!!しかしそんな観客の雰囲気を察することもせず、フィニッシュ!と叫びオイルを手当たり次第に撒き散らしたあげく自爆の中澤。転んだ隙にファイアーアントにオイルを取られ、味方までもがオイルまみれになる始末。

その後肌の色が全く一緒であることが判明したオフィディアン(ちなみに黒人)と意気投合し連係プレーに勤しむ。その後オイルを取り返した中澤は相手チームの面々にオイルを掛けまくって攻撃。その隙にKUDOがコーナーに上り、ダブルニーから3カウントを奪い見事に勝利。

p1020578.jpgp1020584.jpgp1020590.jpgp1020595.jpg

p1020601.jpgp1020602.jpgp1020603.jpgp1020605.jpg

p1020613.jpgp1020615.jpgp1020616.jpg

6.    オースティン・エリーズ 対 エディ・キングストン
この日は完璧にヒールモードのオースティン。エディ・キングストンへの声援の方が遙かに多い。最近のオースティンのプロレススタイルである「のらりくらり戦法」が炸裂し、あまり噛み合わないままエディ・キングストンの勝利。

p1020618.jpgp1020619.jpgp1020620.jpg

7.    レイ・デ・ヴォラドレス決勝戦:飯伏幸太 対 プレイヤー・ドス
昨日行われた4ウェイ戦の勝者である飯伏とドスで行われる決勝戦。レイ・デ・ヴォラドレスというのは、“ベスト・オブ・ハイフライヤー”という意味らしい。

まずは両者ロックアップ。そして下段の蹴り合い。初めて二人が対戦することになって気がついたのだけど、もしかしてドスの憧れのレスラーって飯伏?って思うほど、ドスの使う技は飯伏と似ている物が多い。飯伏の蹴りを避ける際にはドスもマトリックスを使用。そして観客からはドス!ドス!のドスコール。

飯伏がトップロープからドロップキックを決めるも、ドスはカウント2で返す。その後ドスのDDTが飯伏に炸裂。そして飯伏をマットに寝かせたところでコーナーに上るも、起き上がった飯伏が側転→バック転からドスの頭部にバックキックを浴びせて場外に落とすと、トップロープからリング下のドスにムーンソルト。

その後リング上に戻った二人だが、二人とも最初から動きがなんだかおかしい。飯伏もドスも動きに精彩が掛けているし、危ない落ち方もしているし何でだろう?と思っていたら、どうやら2試合前のオイルがまだ残っている模様。マットやロープの質が日本とは違うからなのか、オイルの影響がもろに出ているようで明らかに滑りまくりで、ハイフライヤーにとっては危険きわまりない状態になっている…。隣にいたファンは“New Move!”なんて言って笑ってたけど、笑い事じゃないぞ、これは。

そんなことに気付いてしまっては、リング上の二人の動きに気が気でない私。飯伏のムーンソルト・ムーンソルトは、一度目のムーンソルトを避けたドスが「やった!」とアピールをした所に2発目のムーンソルトが炸裂。但しこれはカウント2。その後飯伏がムーンソルト、そして顔面に蹴りをお見舞いするが、ドスは回転式のマトリックスで蹴りを避ける。

飯伏を場外へ落としたドスが今度はコーナーへ上り、リング下の飯伏へムーンソルト・コークスクリュー530をお見舞いすると客席からはどよめきの声が!再び両者リング上に戻り、ドスのフェニックス→自爆、飯伏のフロッグスプラッシュ→ドス、膝を立てて回避、飯伏のパンチラッシュ→ドス、まだそんなのじゃ効かないとアピール、飯伏「フェニックス!」と叫びコーナーから完璧なフェニックス・スプラッシュを決めてドスからフォール勝ち。

この瞬間会場は大盛り上がり。まずはコータ!コータ!コールが炸裂。その後プレイヤー・ドス!プレイヤー・ドス!コール。レイ・デ・ヴォラドレス2009王者の飯伏は優勝の盾を授与され、ファンからは“Please come back!”“DDT!DDT!”と熱いコールを受けながらリングを後にしたのでした。

p1020626.jpgp1020629.jpgp1020632.jpgp1020634.jpg

p1020636.jpgp1020637.jpgp1020647.jpg

p1020648.jpgp1020656.jpgp1020657.jpg

8.    キング・オブ・トリオス決勝戦 : チーム・アッパーカット(クローディオ・キャスタニョーリ、デイヴ・テイラー、ブライアン・ダニエルソン) 対 チームF.I.S.T.(グラン・アクマ、イカルス、チャック・テイラー)
チーム・アッパーカットはアメドラさんの入場曲“ファイナル・カウントダウン”で入場。しかしその入場時にチームF.I.S.T.が奇襲を仕掛け、ファンからは大ブーイング。これでヒール対ベビーが完璧に出来上がり。

普段からこのチームで試合をしているF.I.S.T.の連携はさすがに素晴らしく、リング上でアメドラを捕らえてほとんど離さずに執拗に攻撃を続ける。一瞬の隙を見てクローディオにタッチし、クローディオがアクマへリコラボムをお見舞いするも、イカルスがレフェリーの邪魔をしてカウントを阻止。チーム力が上回ったF.I.S.T.が上手い連携を見せて、最後はチャック・テイラーがアメドラからシングル・レッグ・クラブでタップアウトを奪い勝利。

キング・オブ・トリオスの名前の通り、トリオの連携&チームワークで勝利したチームF.I.S.T.が見事に2009年度の王者に君臨。

p1020661.jpgp1020665.jpgp1020671.jpgp1020675.jpg

【文:Shiori】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

キング・オブ・トリオス2009 (2日目) 

 

3月28日 チカラプロ キング・オブ・トリオス2009@フィラデルフィア The (ECW) Arena

1. 4ウェイ・エリミネーション:オースティン・エリーズ 対 ファイアーアント 対 プレイヤー・ドス 対 マット・ジャクソン
チカラプロは基本的にルチャスタイルなので、交替する時にはタッチをしなくても良いため、4ウェイではかなり速い展開の試合運びが見られるのが特徴。オースティンは昨日とは違い、いつものショートタイツを着用。そして昨日はあんなにご機嫌だったオースティンは、今日はなんだかヒールモード。

メンツ的にオースティンが中心となって試合を進める。まずはファイアーアントがマットから3カウント奪取。次にプレイヤー・ドスがファイアーアントにフロッグスプラッシュ敢行でフォール。ドスがコーナーから回転式のネックブリーカーを決め、見事に勝利。ちなみにプレイヤー・ドスについてはこちらを参照。http://www.m-drop.com/archives/366

p1020376.jpgp1020387.jpg

2. キング・オブ・トリオス 2回戦:ファースト・ファミリー(アリク・キャノン、ライアン・クルズ、ダリン・コルビン) 対 チームF.I.S.T.(グラン・アクマ、イカルス、チャック・テイラー)
チームとしてのまとまりがあるのがF.I.S.T.の方。レフェリーを巻き込んでカバー合戦(お約束通り一番活躍するのはレフェリー)、6人全員が輪となりサブミッション、全員が次々に場外トペ敢行、最後に飛んだチャック・テイラーだけ皆に避けられ自爆等ほんわかムード炸裂の試合。最後にはイカルスがコルビンを仕留めF.I.S.T.が準決勝に進出。

p1020391.jpgp1020392.jpg

3. リーサル・レスリング・アライアンス提供試合:ピエール・アバーナシー&イヴァン・ジェリスティコ(ザ・サブミッション・スクウォッド) 対 デイヴィー・ヴェガ&ゲイリー・バーン・アウル
これぞ“どインディー”といった試合。勝者はサブミッション・スクウォッド

p1020394.jpg

4. キング・オブ・トリオス 2回戦:オシリアン・ポータル(アマシス、オフィディアン、エジプシオ)ザ・フューチャー・イズ・ナウ(ジミー“イクイノックス”オルセン、リンス・ドラド、ヘリオス
チカラの若手チーム同士の対戦。まずはヘリオスとオフィディアンがダンスをしたりほんわかムードで試合が進む。その後エジプシオがドラドのマスクを剥がそうとしたり、マスクの耳を引きちぎったりと、オシリアン・ポータルがラフファイトに転じる。後半少々だれるも、ヘリオスがオフィディアンを急落下式のボムで仕留めてザ・フューチャー・イズ・ナウが準決勝進出を決める。

p1020396.jpgp1020400.jpgp1020403.jpg

5. 4ウェイ・エリミネーション:飯伏幸太 対 エル・ジェネリコ 対 ニック・ジャクソン 対 ジグソー
ジグソーと飯伏が先発。軽く様子を探った後にジグソーがジェネリコとタッチ。速い攻防を一通り見せた後、ジェネリコとニックが同じPWG同士協力しようと申し合わせる。協力して飯伏をフォールしようとするが、どちらがフォールするかで揉めて、結局すぐに仲間割れ。

ジェネリコがコーナーポストに上ったところを、飯伏が側転→バック転→頭部へのキックで場外へ落とすと大“コータ!”コール。すると今度は場外にいたニックへ向けて三角跳びケブラーダを敢行すると観客総立ちの“This is Awesome!!”チャント。

試合の中心となっているのが飯伏とジェネリコの二人。かなりのハイスピードで技を出しまくる。ジェネリコはセカンドロープをスルーしてのコーナー越しのトペを出し、これで会場はますます熱狂の渦に。

そしてリング上で飯伏とジェネリコが睨み合い、ジェネリコのビッグブーツをマトリックスで避けるとコータ!コータ!と大騒ぎ。次に飯伏がコーナーに上りムーンソルト・ムーンソルトを仕掛けるが上手くジェネリコに避けられる。その次にはジェネリコのブレインバスタア!を仕掛けられそうになるが、うまくエスケープ。そのまま上手く切り返し、ジェネリコから3カウントを奪う。

すぐにジグソーとニックがリングインし、ここでジグソーが変形パイルドライバーでニックをフォール。リング上では飯伏とジグソーの一騎打ち。飯伏の足をコーナーにかけたまま強烈なDDTをかけるが、飯伏はすぐに返す。そのままコーナーに上りファイアーバードをジグソーにお見舞いし、そのままフォール。

観客は皆スタンディング・オベーション&コータ!コータ!コールで飯伏を称える。正直言って、こんなに客が盛り上がったのはチカラ史上初では?間違いなくチカラ史上に残る名勝負。

p1020406.jpgp1020410.jpgp1020413.jpgp1020415.jpg

p1020420.jpgp1020429.jpgp1020430.jpgp1020432.jpg

p1020440.jpgp1020441.jpgp1020442.jpgp1020444.jpg

p1020446.jpgp1020453.jpgp1020456.jpgp1020463.jpg

p1020466.jpg

6. キング・オブ・トリオス 2回戦:ダ・ソウル・タッチャズ(マーシ・ロケット、トラウマ、ウィリー・リチャードソン) 対 ジ・アンステイブル(ヴィン・ジェラルド、スティグマ、コリン・デカニー)
あんな盛り上がった試合の後では、普通の試合を見せても盛り上がるわけもなく…。ヴィン・ジェラルドがウィリーをフォールして準決勝進出。

p1020472.jpgp1020473.jpgp1020474.jpg

7. インター・スピーシーズ・レスリング提供試合 – ISW王座戦:プレイヤー・ウノ(王者) 対 トゥイギー
ISWはカナダ・モントリオールをベースとする団体でプレイヤー・ウノはこの団体の現王者。トゥイギーは以前チカラに参戦していたこともあり、久々のチカラ登場となるためファンから大声援で迎えられる。最後にたたみ掛けるように技を繰り出し、ウノが王座を防衛。

p1020479.jpg

8. キング・オブ・トリオス 2回戦:チーム・アッパーカット(クローディオ・キャスタニョーリ、デイヴ・テイラー、ブライアン・ダニエルソン) 対 ザ・マスターズ・オブ・サウザンド・ホールズ(マイク・クワッケンブッシュ、ホルヘ“スカイダ”リベラ、ジョニー・セイント)
なんと平均年齢の高い試合(笑)昨日も見ているファンが多いため、メインイベントにふさわしい期待度。まずはセイント対テイラー。テイラーもかなりのベテランなのに、セイントと対戦していると若手のように見えるから不思議。太刀打ちできないと判断したテイラーはアメドラさんにタッチ。昨日バックステージからセイントの試合をじっくり見ていたアメドラさんは対戦できて嬉しそう。セイントはアメドラ相手にも一通りの技を繰り出し、クワックとタッチ。その後ホルヘ先生とタッチ。トップロープ越し颯爽とリングインする姿はとても格好いい!その後先生は場外へのトペも敢行。見事なジャベも披露。

但し本日の主役はジョニー・セイント。大丈夫かというくらいリングに出ずっぱりで、笑顔で関節を取りまくると、会場からは“This is Wrestling!!”の大チャント。まさにレスリングの真髄を見せられております。

試合時間を30分超えても笑顔のままのセイントとホルヘ先生。一体試合はどうなるのだろうと思っていたところで、クローディオのコーナー上段からのリコラボムでクワックがフォールされ、チーム・アッパーカットが準決勝進出。試合時間は33分35秒。フォールされたクワックは息も絶え絶え辛い表情をしているが、セイントとホルヘ先生は観客からの声援に笑顔で手を振って応える。うーん、凄い。凄すぎる!!

p1020484.jpgp1020485.jpgp1020491.jpgp1020494.jpg

 

トーナメント最終日となる日曜は、本日のエリミネーション戦で勝利した飯伏がプレイヤー・ドスとシングル対決。真のゲーム好き同士のシングル対決を乞うご期待!

【文:Shiori】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

一回戦敗退のチームDDT

 

p1020365.jpgp1020366.jpg
キング・オブ・トリオス2009トーナメントの一回戦でいきなり敗退してしまったチームDDTの3人。今後もトーナメント以外の試合に出場することが決定。残り二日間は気を取り直して暴れまくってもらいたいです。

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 1 of 612345...Last »

ホーム > タグ > DDT

検索
Calendar
« 2017 年 12月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る