ホーム > タグ > Green Ant

Green Ant

Chikara “Martyr Yourself to Caution”


9月18日 Chikara ”Martyr Yourself to Caution” @ハイライン・ボールルーム ニューヨーク州マンハッタン

1. 12 Large Summit (Aブロック) ○サラ・デル・レイ vs. オフィーディアン×

IMG_8429IMG_8433IMG_8435IMG_8443IMG_8448IMG_8451IMG_8462

はじめに怪獣ビッグバトルの司会者でもお馴染みのギャヴィン・ラウドスピーカーと、シニア・オフィシャル・レフェリーのブライスが入場。ラウドスピーカーは怪獣ビッグバトル仕様の髪の毛ツンツンスタイル。12ラージ・サミットで勝ち点6を狙うサラ・デル・レイは、コブラ男のオフィーディアンと対戦。オープニングマッチとは思えない激しい試合となった。最後はサラがロイヤル・バタフライをきめて貫禄の勝利。サラの勢いが止まらない。

2. ○ダッシャー・ハットフィールド&シュガー・ダンカートン vs. ソルジャー・アント&グリーン・アント×

IMG_8468IMG_8469IMG_8473IMG_8474IMG_8475IMG_8479IMG_8485IMG_8486IMG_8487IMG_8488IMG_8491IMG_8493

人気タッグどうしの対戦となったこの試合。アリ軍団のソルジャー・アントとグリーン・アントが、息のあったツープラトン攻撃をきめるなど試合を優位に進めていく。シュガー・ダンカートンとベースボール男爵ことダッシャー・ハットフィールドのチーム・スローバックスは、コミカルな動きで観客の心をがっちりと掴んみ、試合中盤では欽ちゃんジャンプまで飛び出すはっちゃけぶり。最後はダッシャーがスモール・パッケージ・ホールドでグリーン・アントをうまく丸め込みチーム・スローバックスの勝利。これでスローバックスがチカラ世界タッグ王座への挑戦権をゲットした。

3. ○グレゴリー・アイアン vs. イカルス×

IMG_8497IMG_8501IMG_8506IMG_8509IMG_8512IMG_8513IMG_8514

新しくチカラプロのロースター入りを果たしたグレゴリー・アイアンは、背中のタトゥーがアレでお馴染みのイカルスと対戦。イカルスがジャージを脱ごうとチャックを下ろしただけで観客から大ブーイング。どうしても背中のタトゥーが見たくない観客の反応が素晴らしい。のらりくらりとヒールに徹するイカルスは、アイアンの喉元をロープに押しこむ。結局ジャージを脱ぐが、それを機にアイアンの反撃がはじまる。最後はアイアンがフライング・サンセット・フリップをきめて勝利。いまグレゴリー・アイアンの人気が急上昇中。

4. ○マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン vs. ティム・ドンスト&トゥルサス×

IMG_8518IMG_8522IMG_8527IMG_8530IMG_8532IMG_8534IMG_8540IMG_8543IMG_8544IMG_8550IMG_8553

ヤングバックスの二人は技の完成度がすべて高かった。さらに弟のニック・ジャクソンは巨漢トゥルサスを担ぎ上げるという驚きの身体力をみせた。最後はヤングバックスがモア・バング・フォー・バック(ファイヤーマンズ・キャリー・スラムからの450スプラッシュとムーンサルトの連続技)でトゥルサスから勝利。

5. ×マーシェ・ロケット vs. アレス○

IMG_8557IMG_8558IMG_8562IMG_8563IMG_8570IMG_8571

ひと回りカラダが大きくなって逆水平チョップの威力が増したマーシェ・ロケット。対するアレスはデリリアスの首をチェーンで引っ張りながら入場。デリリアスの乱入により試合は荒れ模様となった。最後はアレスがタイガードライバーをきめてピン。FCWへ行ってしまったクロウディオの代わりに、今後のヒールチームBDKを牽引していくのは一体誰なのか。アレスか、ティム・ドンストか、それともデリリアスなのか。

6. ○ウルトラマンティス・ブラック&ハローウィキッド&フライトメア&クロスボーンズ vs. シン・ボディ&オバリオン&コダマ&コバルド×

IMG_8572IMG_8574IMG_8580IMG_8584IMG_8589IMG_8590IMG_8591IMG_8594IMG_8596IMG_8603

前試合のアレスに突然襲いかかったウルトラマンティス・ブラック。次々と選手がリングインしてくるとその流れで試合がはじまる。そしてシークレットとされていたザ・スペクトラル・エンボイの選手は久々の登場となるクロスボーンズだった。因縁浅からぬこの両チーム、試合開始からいきなり場外戦となった。最後はウルトラマンティス・ブラックがコズミック・ドゥームをきめてコバルドから勝利。観客からは「This Is Awesome!!」チャント発生。

7. チカラ・カンペオナトス・デ・パレハス(チカラ世界タッグ王座戦)  ×マイク・クワッケンブッシュ&ジグソー vs. チャック・テイラー&ジョニー・ガルガーノ○

IMG_8611IMG_8612IMG_8614IMG_8616IMG_8618IMG_8620IMG_8621IMG_8624IMG_8626IMG_8627IMG_8628IMG_8629IMG_8633IMG_8635IMG_8640IMG_8647IMG_8651

三本勝負で行われたこの試合、開始早々わずか1分45秒でマイク・クワッケンブッシュ&ジグソー組が連携技をきめてジョニー・ガルガーノから一本先取。二本目、チャック・テイラーがレフェリーの死角をついて急所攻撃をされたと主張すると、レフェリーはそれをあっさり認めF.I.S.T.が勝利。なんと卑怯な!そして運命の三本目、ガルガーノがジグソーにガルガーノ・エスケープ(フェイスロック)をきめてタップアウト勝利。これによりF.I.S.T.が新タッグ王者となった。いま一番波に乗っているチームとはいえ、まさかタッグ王座を奪取してしまうとは驚いた。

8. 12 Large Summit (Bブロック) ○エディ・キングストン vs. ファイヤー・アント×

IMG_8655IMG_8667IMG_8671IMG_8673IMG_8675IMG_8681IMG_8682IMG_8684IMG_8687IMG_8688IMG_8692IMG_8694IMG_8700IMG_8701IMG_8702IMG_8703IMG_8704IMG_8711IMG_8715IMG_8717IMG_8719IMG_8724

シングル初対決となったこの両者。翌日に来日を控えていつもよりどこか気合が入っているようにも見えた。パンチとキックを力任せにぶつけていくエディ。序盤は押され気味だったファイヤー・アントだったが、場外へのトペがジャストミートすると一気に逆転。思いっきりの良い飛び技を連発させる。しかし、そこへヴィン・ジェラルドが突如乱入。ジェラルドはエディをボコボコに踏みつけると一目散に帰っていく。

リングへ戻りグロッキー状態のエディだがここで根性を見せる。顔面キック、後頭部へのラリアット、投げっぱなしジャーマンを連発。そしてエルボー合戦から裏拳を食らったファイヤー・アントは意識朦朧。最後はエディがスライディングD(後頭部へのスライディングエルボー)をきめて勝利。これでBブロックのダントツ首位となったエディ。この勢いなら12ラージ・サミット優勝は十分ありえる。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

大阪プロレス参戦のチカラプロ3選手紹介


IMG_8731

【名前】エディ・キングストン 【レスラー歴】8年 【身長】180㎝ 【体重】103㎏ 【得意技】ヤクザキック、バックドロップ・ドライバー、裏拳 【タイトル歴】CZW世界ヘビー、IWAミッドサウスヘビー 【好きなお酒】ウォッカ 【好きなレスラー】蝶野正洋


IMG_8740

【名前】ファイヤー・アント 【レスラー歴】6年 【身長】170㎝ 【体重】75㎏ 【得意技】ファイヤーマンズ・キャリービーチ・ブレイク、ヒート・オブ・ザ・モーメント(ダイビング延髄斬り) 【タイトル歴】ヤングライオンズカップ6優勝、キング・オブ・トリオス2011優勝、CHIKARAタッグ王座(withソルジャー・アント) 【好きなお酒】ノーコメント 【好きなレスラー】ノーコメント


IMG_8741

【名前】グリーン・アント 【レスラー歴】2年 【身長】188㎝ 【体重】84㎏ 【得意技】テキサス・クローバーホールド、トペ・スイシーダ、フライング・スプラッシュ、サブミッションホールド 【タイトル歴】キング・オブ・トリオス2011優勝 【好きなお酒】アリが好む飲み物ならなんでも 【好きなレスラー】桜庭和志


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

F.I.S.T. vs. ザ・コロニー キング・オブ・トリオス2011決勝戦


4月17日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 (決勝戦)
@アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

F.I.S.T. (イカルス&チャック・テイラー&ジョニー・ガルガーノ) vs. ザ・コロニー(ファイヤー・アント&グリーン・アント&ソルジャー・アント)

IMG_5016IMG_5024IMG_5025IMG_5027IMG_5030IMG_5032IMG_5034IMG_5038IMG_5040IMG_5042IMG_5043IMG_5044IMG_5045IMG_5047IMG_5048IMG_5052IMG_5054IMG_5056IMG_5057IMG_5060IMG_5062IMG_5064IMG_5066IMG_5067IMG_5068IMG_5069IMG_5072IMG_5073IMG_5074IMG_5076IMG_5078IMG_5080IMG_5082IMG_5083IMG_5086IMG_5087IMG_5089IMG_5091IMG_5095IMG_5099

二回戦で宿敵BDKを破り、準決勝ではオシリアン・ポータルから勝ちをもぎ取ったザ・コロニー。一方、二回戦でチーム・大阪プロレス、準決勝ではあのチーム・みちのくプロレスをズルすぎる勝利で決勝まで進んだF.I.S.T.。遂にこの両チームが決勝で対決するときが来た。

立ち上がりからグリーン・アントが捕まってしまう。F.I.S.T.は、去年ヤングライオンズカップの矢野啓太戦で骨折したグリーン・アントの左腕を集中攻撃。ファイヤー・アントは場外のチャック・テイラーにトペ・コンヒーロ。そしてマスクの上に迷彩ペイントをするほど気合の入ったソルジャー・アントは、場外のイカルスにトペ・スイシーダ。ザ・コロニーが反撃の狼煙を上げる。

ソルジャー・アントはリング中央のジョニー・ガルガーノにコーナーからのダイビングヘッドバット。ザ・コロニーがガルガーノにトリプルのドロップキック。ファイヤー・アントとグリーン・アントが、ソルジャー・アントを担ぎ上げ、そのままガルガーノにボディプレスで落とす合体技。アリ軍団の息がピッタリと合ってきた。

するとF.I.S.T.も合体技をきめる。イカルスに「プリーズ!リタイヤー!(お願いだからプロレス辞めていくれ!)」という非情なチャント発生。ソルジャー・アントはイカルスをコーナーポスト上で担ぎ上げようとするが失敗。テイラーはコーナーのソルジャー・アントを持ち上げ、場外にセットされたテーブルに投げようとする。しかしソルジャー・アントがそれをカット。

ソルジャー・アントはテイラーにチカラスペシャルをきめる。タップしそうになるテイラー。そこにイカルスが入ってくるとソルジャー・アントを担ぎ上げそのままコーナーに叩きつける。イカルスはグリーン・アントにペディグリー。いやな角度から落ちるグリーン・アント。続けてF.I.S.T.の合体技が綺麗に決まる。

F.I.S.T.は、準決勝のみちのくプロレス戦のように、白い粉を投げてズルしていたたき攻撃を狙うが誤爆。同士討ちを誘ってしまう。グリーン・アントとソルジャー・アントがイカルスの腕と脚をおさえると、そこへファイヤー・アントがボディプレス。するとファイヤー・アントとソルジャー・アントがコーナのセカンドロープに立ち、両方の肩をおさえてヤグラを組みはじめる。場内がざわめく中、巨大な蟻の山のようなやぐらの上から、グリーン・アントがスーパーフライングボディプレス!そのままカウントスリーが入りザ・コロニーの勝ち!

その瞬間、観客は総立ちになり大きな声でスリーカウントを叫んでいた。そして「CHIKARA! CHIKARA!」の大チャント。2011年のキング・オブ・トリオスは、ザ・コロニーの優勝で幕を閉じた。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

矢野啓太 vs. グリーンアント


8月29日 チカラプロ ”Young Lions Cup VIII – Night 3″ @ペンシルバニア州リーディング

ゴッサムシティから抜けだしたジョーカーのようなメイクで入場の矢野啓太。どういった経緯でこういう顔になったかは一切不明。関わると面倒なことになりそうな人オーラがでまくりで、そのサイコな雰囲気に観客の反応はかなり引き気味だった。

ゴング前に握手をする両者。あまり表情がかわらず冷静なところを見せる矢野に比べて、グリーンアントはかなりナーバスになっているのがそのマスク越しからもハッキリと見て取れた。

矢野がグリーンアントの首を取り、そのまま上になって今度は腕を極めようとするがロープエスケープ。矢野がすかさずマウントを取って流れるような動きでグリーンアントの左足を極めにいく。するとグリーンアントも矢野の左足を取って極めにかかる。グラウンドのまま2人はしばらく膠着状態に。

グリーンアントがヒールホールドを仕掛けると矢野はすかさずガード。STFから抜け出したグリーンアント。チョークスリーパーで矢野の首を締め上げていく。この時点で飛び技やロープワークは一切なし。柔術を習っていたということは聞いていたがグリーンアントがここまでグラウンドに対応できるレスラーだとは正直意外。今まで(ルチャスタイルの)チカラプロでは観ることの出来なかったプロレスが展開されていく。

中盤をすぎると徐々にグリーンアントに疲れが見せはじめる。グリーンアントの触覚を掴んでアントンばりに顔面をマウントパンチしそうになる矢野だったが、レフェリーから触覚はダメと注意が入る。

笑いながら腕を極めにいく矢野。不気味すぎる。観客も、え?何で笑ってんの?といった反応。矢野ワールド全開である。エルボーでグリーンアントの脇腹あたりをグリグリする矢野。いやらしい技で執拗に攻めつづける。このあたりから矢野の一方的な攻めが目立つようになる。

しかしフィニッシュは突然やってくる。矢野がグリーンアントをコーナーにつめると、そのままカーフブランディング(仔牛の焼印押し)が見事にヒット。すると、グリーンアントがピクリとも動かなくなり、矢野がカバーに入ってスリーカウント。

左腕を押さえながら悶絶するグリーンアント。それを見かねたセコンドのファイアーアントとソルジャーアントがリングに入ってくる。グリーンアントの左腕がぼっこりと腫れているのが見える。どうみてもアクシデント。会場がただ事ではない雰囲気になって静まり返ると、矢野が上を見上げて両手を合わせるボーズ。恐ろしいレスラーだと思った。この状況でもなおヒールに徹するプロレスラー矢野のプロ根性。状況判断が問われるアクシデントで、キャリア3年の矢野がとった行動は、いつもの「まァ!」だった。これには是非が当然あると思うが、とても難しいところだろう。

試合を振り返ってみて、グリーンアントの敵に食らいついていくハートの強さが印象に残った。力の差はあったにせよ、グリーンアントのプロレスに対する姿勢みたいなものが前面に出ていた試合だった。しかし最後がアクシデントで終わってしまったことに関しては正直残念でならない。試合後の診査の結果、左上腕の骨折ということでグリーンアントはしばらく離脱するだろう。これをステップにまた一つ大きくなって欲しいし、真の決着という意味でも両者がまたどこかで戦うべきだと思う。にしても矢野啓太、恐ろしいレスラーである。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 1 of 11

ホーム > タグ > Green Ant

検索
Calendar
« 2017 年 12月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る