ホーム > タグ > Ibushi

Ibushi

キング・オブ・トリオスにDDT勢が参戦

 

kot_team161.jpg

先日もお伝えしました、チカラプロ主催によるキング・オブ・トリオス(6人タッグマッチトーナメント)に、飯伏幸太・KUDO・中澤マイケルからなる『TEAM DDT』の参戦が決定した模様です。開催日は3月27~29日の3日間。場所はいずれもフィラデルフィア(旧ECWアリーナ)。

ということで全ての出場トリオが決定しました。統一感のない人選がかえって妄想の入った想像力をかき立てられてしまいまう。もしかしたら、今年の日本人枠として選ばれた『TEAM DDT』が、デスマッチやさぐれ三人組ことネクロ・ブッチャー、トビー・クライン、ブレイン・ダメージの『THE DEATH MATCH KINGS』と対戦してしまうかもしれない。飯伏とネクロが同じリングに立ってしまうというこの不条理な空間。 時空が歪んでしまう可能性大です。

他にもジョニー・セイント、アル・スノー、デリリアス、オシリアン・ポータルズ、エル・ジェネリコ、オースティン・エリーズ、ブロディ・リー、といったキーとなるレスラーが数多く出場するこのトーナメント、目が離せません。マンハッタン・ドロップではこのキング・オブ・トリオスの模様を、現地からリポートする予定です。どうかお楽しみに。

 

- CHIKARA “King of Trios 2009″
March 27, 28 & 29, 2009 ~ The Arena, Philadelphia, PA

FEATURING:
1. The Masters of a Thousand Holds (Mike Quackenbush, Jorge “Skayde” Rivera & Johnny Saint)
2. The Osirian Portal (Ophidian, Amasis & Escorpion Egipcio)
3. Incoherence (Hallowicked, Delirious & Frightmare)
4. Team PWG (El Generico, Matt Jackson & Nick Jackson)
5. The Future Is Now (Lince Dorado, Helios & Jimmy “Equinox” Olsen)
6. The Death Match Kings (Necro Butcher, Toby Klein & Brain Damage)
7. The F1RST Family (Arik Cannon, Darin Corbin & Ryan Cruz)
8. Da Soul Touchaz (Willie Richardson, Trauma & Marshe Rockett)
9. Team CZW (Beef Wellington, Pinkie Sanchez & Greg Excellent)
10. The Cold Front (Al Snow, Iceberg & Glacier)
11. F.I.S.T. (Gran Akuma, Chuck Taylor & Icarus)
12. The Roughnecks (Brodie Lee, Eddie Kingston & Grizzly Redwood)
13. Team Uppercut (Claudio Castagnoli, Dave Taylor & X)
14. Team EPIC WAR (Austin Aries, Tony Kozina & Ryan Drago)
15. The UnStable (Vin Gerard, STIGMA & Colin Delaney)
16. Team DDT (Kota Ibushi, KUDO & Michael Nakazawa)

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Ibushi Kota & Kenny Omega (Jan.24) – DDT KO-D Tag Team Championship result & details

 

KOD Tag Championship : Harashima & Toru Ohwashi VS Kota Ibushi & Kenny Omega

Kenny Omega wrestles for DDT this month. Kota Ibushi chose Kenny for his partner to challenge KOD Tag championship. Here’s the details of the match:

Kenny vs HARASHIMA first. Lock up each other then try to take each other’s back, arms and legs – typical match-start moves. Then HARASHIMA headlock to Kenny and Kenny throws HARASHIMA to the ropes. Then HARASHIMA’s shoulderblock, Kenny’s spin-kick (but HARASHIMA dodged), HARASHIMA’s highkick (but Kenny dodged), and Kenny’s middlekick (but HARASHIMA dodged) and they posed.
Then Ibushi ring-in. Ibushi’s missile kick to HARASHIMA, then double leapfrog by Ibushi and Kenny.

kod1.jpgkod2.jpgkod3.jpg

Then Ibishi’s middlekick and Kenny’s Kotaro Face Crusher. Kenny’s FrankenSteiner to HARASHIMA. After HARASHIMA stood up, he shoulder-threw Kenny and Kenny fell off out of the ring. Ohwashi was waiting there and he threw Kenny and Ibishi to the audience. Then back to the ring, Ohwashi chop many times to Ibushi but Ibushi gave elbow to Ohwashi. HARASHIMA ring-in and bodyslam, camel-cratch to Ibishi. Kenny tried to help but HARASHIMA didn’t release Ibushi and Ibushi crawl to the rope and escaped. Ibushi dropkick to HARASHIMA and touched Kenny.

kod4.jpgkod5.jpgkod6.jpg

Kenny’s elbow, dropkick to HARASHIMA and covered but count 2. HARASHIMA stood up and punched Kenny to his stomach, then touched to Ohwashi. He delivered knee lift, chop, bodyslam and body press to Kenny and cover but it was count 2.

kod7.jpgkod8.jpgkod9.jpg

Kenny punched several times in Ohwashi’s belly but Ohwashi gave one heavy kick to Kenny and touched to HARASHIMA. HARASHIMA stomping to Kenny at the corner, bodyslam and several kicks and cover but it was count 1. After various moves on both ends, HARASHIMA touched to Ohwashi, and he shouted “Finish!” and tried to deliver brainbuster but Kenny blocked and did brainbuster to Ohwashi. Ibushi ring-in and middle kick to both HARASHIMA and Ohwashi. After several moves, Ibushi & Kenny’s double Stop! Enzui-giri to double drop kick to Ohwashi.

kod10.jpgkod11.jpgkod12.jpg

Ibushi’s middlekick to Moonsalt Press but count 2. Ibushi then delivered Moonsalt again (from the corner post this time) and covered but it was count 2 again. After several moves, both touched to their partners. HARASHIMA’s swandive elbow to Kenny but this was count 2. Both delivered elbows, then HARASHIMA’s bigboots to highkick. Kenny dodged but HARASHIMA tried highkick again.

kod13.jpgkod14.jpgkod15.jpg

Ohwashi’s guillotine drop and HARASHIMA’s swandive press to Kenny. Ibushi interfered and it was not count 3. Ohwashi’s runnig chockslam to Kenny and then diving body press from the corner but it was count 2. Ohwashi tried to deliver powerbomb but Kenny reversed. Ohwashi touched to HARASHIMA and Yamaori to Kenny.

kod16.jpgkod17.jpgkod18.jpg

Owashi entered in the ring while HARASHIMA was still there, both delivered highkick to Kenny, then HARASHIMA’s buzz saw kick to Kenny. HARASHIMA tried to deliver Soumatou but Kenny delivered Hadouken and touched to Ibushi. Bother delivered middlekick, then bigboots. Kenny entered the ring and delivered Hadouken. HARASHIMA was blown away so Ibushi tried to catch him and launch German Suplex but HARASHIMA blocked. Then HARASHIMA’s reverse Frankensteiner to Ibushi.

kod19.jpgkod20.jpgkod21.jpg

HARASHIMA’s Soumatou to Ibushi, then Kenny tried to deliver Aoi Shoudou but HARASHIMA kicked in Kenny’s head. Then Kenny delivered Croyte’s Wrath.

kod22.jpgkod23.jpgkod24.jpg

Then Ibushi entered the ring and deliver dragon suplex to HARASHIMA. This was cut by Ohwashi. Then Ibushi and Kenny Hi-5 each other and climbed the corner post, delivered double 450 splash (called ‘Golden Shower’). Kenny covered HARASHIMA and take 3 count.

Kenny Omega Defeated HARASHIMA by Golden Shower at 23’13″

kod25.jpgkod26.jpgkod27.jpg

After the match, Ibushi and Kenny showed double Hadouken.

kod28.jpgkod29.jpgkod30.jpg

*This review is based on Extreme Party. Please visit this page to see more pictures.

【writer: Shiori】

 

HARASHIMA & Ohwashi Toru vs Ibushi Kota & Kenny Omega (Digest)

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ケニー・オメガ インタビュー Vol.2/Kenny Omega Interview Vol.2

 

11月15日のジャージーオールプロに出場するためカナダから渡米してきたケニー・オメガ。試合前に近況など聞いてみました。

2008_11150007.jpg

――お久しぶり。ちょっと痩せたみたいですけど。

(オメガ) そう。プロレスでヨーロッパへ行ったりアメリカ西海岸へ行ったりと忙しくしていたら痩せちゃったみたい。

――現在の膝の具合は?

(オメガ) 細かく言えば、HARASHIMA戦で負った怪我は治ってはいるんだけど、怪我をした部分の周りの筋肉や腱にはまだ疲労というか怪我の後遺症みたいなものは残っているんだ。これは完全に休養しないと取れない痛み。

――ということは、いままでどおりプロレスはできるということですね?

(オメガ) 全く問題ない。いつでも日本へ行けるよ。

――では、ROHに参戦してみての印象は?

(オメガ) 各団体にはトップレスラーと言われるレスラーがいるけど、ROHはそのトップレスラーが集まっている場所だと思う。しかも、どインディーとかではなくしっかりとした技術を持った団体のトップレスラー達なんだ。僕はその中でもトップに入れるように頑張っている。ROHはシリアスな団体だから僕自身もっとシリアスにならないといけないと思う。例えば、このまえ参戦したPWGはファンも面白いものを求めていて、僕のコミカルな部分を出すことができたんだ。それぞれの団体によってカラーもあるしファンの求めているものも違う。ただしROHはよりシリアスに、より真剣なものを求めている団体だと思うから、僕もそれに合わせていきたい。

――これまで、ROHのファンからは「プリーズ・カムバック!」コールをもらったり、かなりの高評価を受けているみたいですけど、その点についてはどう思う?

(オメガ) あまり特別視しないようにはしている。ただトップレスラーと試合をするという点では、緊張したり怪我の心配をしたりするけれども、なるべく特別なことだとは考えずに、いつもと同じように試合をすることを心掛けているよ。

――ヨーロッパやROHそれにPWGのBOLAにも参戦したりといま引っ張りだこですよね。そのなかでもやはり日本は特別なところですか?

(オメガ) イエス!もちろん日本は僕にとって特別な場所だよ。そう、ちょっと聞きたいことがあるんだけど、いい?

――ええ、なんでしょう。

(オメガ) DDTのゴージャス松野さんが倒れて一時心肺停止になったって本当?

――本当ですよ。 でも今は奇跡的に復活してライブイベントにも出演しているみたい。というか何でそんなこと知ってるんですか?

(オメガ)  インターネットで日本のプロレス事情はチェックしてるからね(笑)

――あーだから田中安全プロレスドラゴンソルジャーLAW(DSL)のような専門誌にも載らない話しをよくしてるんですね。

(オメガ)  イエス!あとDSLには是非とも伝えて欲しいことがあるんだ。僕は彼の大ファンなんだけれども、もし次回来日した時に都合が合えばDSLと試合がしたいんだ。駄目かな?

――いやいや駄目じゃないですけど、ついこのまえROHでブライアン・ダニエルソンとタイラー・ブラックとで素晴らしいスリーウェイマッチを戦った人から、DSLと戦いたいだなんて聞けるとは(笑)さ、さすがです。

(オメガ) それと、田中安全プロレスがカラオケボックスでプロレスしたって凄いよね(笑)いやー参戦したかったあ。マジで悔しい。

――凄いの意味がちょっと違う気がしますけど、ここで話しを戻しますね。今年DDTに初参戦してみてDDTという団体はあなたが想像していたようなところでしたか?

(オメガ) 想像以上だったよ!例えばイギリスに行く前は緊張したけれども、ファンがとても喜んでくれた。ドイツでもそう。日本の場合は、ファンがもっと熱狂的でまるで家族のように接してくれる。アメリカでは娯楽の一環としてプロレスを見に来る人が多いけど、日本の場合は僕個人を応援するために来てくれる人が沢山いたし、平日でも毎日来てくれた。それがとても嬉しかったよ。

――では、DDTでの思い出などあれば。

(オメガ) 思い出はたくさんあって難しいなあ。一つあげるならイブシとの激辛ソースチャレンジかな。名古屋でレストランへ行ったんだけど、その店にロシアンルーレットピザというのがあって、6ピースのピザのうち一つだけ激辛ソースが掛かっていたんだ。僕とイブシは辛いものが苦手で全く食べられないんだけど、面白いから挑戦することにした。僕たちと名古屋の新人とで食べたんだけど、まずは新人が食べても何ともなかった。で、次に僕たちが食べたけど何ともなかった。なんで?って思ってたら「実は僕のが当たりだった」って新人が白状して、このロシアンルーレットピザはおしまい。でもそれじゃ面白くないでしょ?だからナカザワがイブシに激辛ソースを渡して、イブシが僕のピザにそのソースをかけたんだ。お返しに僕がイブシのピザにソースをかけたんだけど、うっかりかけすぎちゃったんだよね(笑)でも、とりあえずそれをイブシに渡して、そのピザを早食いしようってことになって。そうしたらもう辛いの何のって!二人で水を何杯も飲んで、氷を口の中に入れて、それでもまだ水を飲むって感じだったんだけど、途中であまりの辛さにイブシが涙を流したんだ。で、イブシが手で涙をぬぐったらその手に実はホットソースがついていて、ますます涙が流れてきたんだよ。で、二人ともまだ舌がヒリヒリしていて、アイスクリームを頼んで食べたんだけどまだ舌がヒリヒリして、その後にもまだ水を飲み続けて、収まるまでにかなり時間が掛かったんだ。あれはいい思い出だったなあ。

――日本では飯伏選手と一緒にアーケード版サイレントヒルをクリアするまで遊び倒したそうですけど、いま一番やってみたいゲームなどありますか?

(オメガ) かなり古いゲームなんだけど、『メタルギア』シリーズが好きな僕としては小島秀夫の『スナッチャー』と『ポリスノーツ』かな。あと、今度DSで発売になる『クロノ・トリガー』も良くできたゲームだけど、僕は『クロノ・クロス』の方が断然に好きだね。あの世界観は本当に素晴らしいものがあるんだ。あークロノ・クロスがやりたくなってきた。

――セガサターンに初代プレイステーションのゲームですか。古いゲームが好きというところがまた飯伏選手と似てますね。

(オメガ) またイブシとゲーセンに行きたいよ。ゲーセン!ゲーセン!

――次回、日本へ行くことになったら何がやりたいですか?

(オメガ) もっとクレイジーマッチがやりたい(即答で)。誰もが忘れられないようなやつ。渋谷スクランブル交差点とか。でも前回は観光とかもあまりしていないし日本をよく見ていないから、正直なところ何があるのかよく分からないんだ。でも、なにかクレイジーな試合をしたいよ。

――では最後に日本のファンにメッセージを。

(オメガ) シニタイ…

―― はあ?!どこでそんな日本語を覚えたんですか?!

(オメガ) だはははは。ジョークだよジョーク。では真面目に。たとえ僕がどこにいようとも、DDTが一番大事。だから必ずまた戻るよ。

 

ゲームとインディープロレスの話しになると目の輝きが一段と増してくるケニー・オメガ。久しぶりに話してみて感じたのは、彼のプロレスに対するピュアハートな姿勢でした。しかしそのピュアハートの奥底にはまだ何をやらかすか分からない狂った影みたいものが見え隠れしているようにも見えるから、このレスラーは怖い。ROHのレギュラー参戦が現実味を帯びてきたいまでも、彼の中では日本でクレイジーな試合がしたいという考えがあるという。つかみ所がないレスラー。何をやらかすか分からないレスラー。これからが楽しみです。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

飯伏がドイツ遠征をキャンセル

 

11月8日と9日に、ドイツのオーバーハウゼンで行われるチカラプロ主催の“Tag World Grand Prix 2008”へ出場予定だったDDTの飯伏幸太は、怪我のために出場をキャンセルすることになりました。これでPACとのドリームタッグも実現せず…ということになりますが、ここはしっかりと休養して万全の体調で再チャレンジして欲しいものです。

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

飯伏幸太(海外の)情報

 

2008_04130097.jpg

11月8日と9日、ドイツのオーバーハウゼンで行われるチカラプロ主催の“Tag World Grand Prix 2008”に、DDTの飯伏幸太が出場する予定です。しかも注目すべきは、飯伏幸太のタッグパートナーにドラゴンゲートでも活躍したイギリス人レスラーのPACが決定しました。かつて飯伏はPWGでのエル・ジェネリコ対PACの試合をDVDで観て、かなり衝撃を受けたといいます。果たしてこの異次元ハイフライヤーの二人がどのようなパフォーマンスを披露するのか、要注目です。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 3 of 101234510...Last »

ホーム > タグ > Ibushi

検索
Calendar
« 2020 年 2月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る