ホーム > タグ > Josh Prohibition

Josh Prohibition

ジョシュ・プロヒビション インタビュー(後編) / Josh Prohibition Interview

 

――対戦したい大物レスラーっている?

(ジョシュ)  「アレックス・シェリーともう一度試合したいな。」

――奥さんのアマンダは元気?

(ジョシュ)  「元気だよ!」奥さんのどこが好き?「彼女は本当にやさしい人なんだ。常に自分の事よりも他人の事を考えて行動するんだ。」それだけ?「あとは可愛いところかな。」はい、正解。

――奥さんはジョシュがレッスルする事をどう思ってる?

(ジョシュ)  「俺が彼女と出会った時にはもうレッスルしてたから止めろとは言われないけど、、。」けど?「やっぱり心配みたいだよ。試合が終わって家に帰ると必ずTシャツをめくられて、胸がチョップの跡で赤くなってないかチェックされるんだ。怪我とかするのが嫌みたいだね。」まーそりゃ心配するよね。「まーね。」

――バックヤードレスリング(BYW)について教えてくれる?

(ジョシュ)  「肩を壊して野球を止めてからは本当に抜け殻みたいになって落ち込んでいたんだ。野球はアノ頃の俺の全てだったからね、。でもエナジーっていうかパワーは体の中にあるんだよ。野球以外で発散できる何かは無いか?って自分達の裏庭でレスリングごっこを始めたのがBYW。ひまつぶしに始めたようなもんだよ、本当に。ハチャメチャな事やって、ソレをビデオで撮影してみんなで見て大笑いしたり、ウェブ上にアップしたりして遊んでたんだ。Just for Fun、それだけさ。そんな事をしてたらカルフォルニアのTVプロデューサーから「今すぐカルフォルニアに来てくれ!」って連絡があって、ソレからは全てがあっという間に進んで行ったよ。ローリングストーンやスピン(アメリカの超メジャー雑誌)にも載ったし、ビデオも300万本以上売れた。プレイステーション2のゲームにもなったしね。」本当にあのヒット振りはすごかったよね、、。僕もジョシュ達と知り合う前からBYWの事は知ってたしね。「でも俺達には一切お金が入ってこなかったんだ、、。」え?まじで?「いろんな細かい契約とかあって気付いた時にはもう遅かったよ。当時の俺達はただのカレッジステューデントだったからね。」もったいねー!「だろ?ま、しょうがないよ、ははは。」ははは、ってアンタ、、。「BYWはとにかくデンジャラスだったよ。いろいろ無茶な事もやった。でも真剣にレスリングを学び始めてからは一切やらなくなったんだ。本当のレスリングを知れば知るほど遊びでやるもんじゃないって分かってきたんだ。今思うとレスリングに対してディスリスペクトな行為だったかもしれないな、、。」でも楽しかったでしょ?「イエス!最高におもしろかったよ!」

josh-002.jpg

――現在地元のクリーブランドで「PWO」って団体を主宰してるって聞いたけど?

(ジョシュ)  「そう、俺の師匠、CAPWのJ.T.ライトニングが引退したからPWO(プロレスリングオハイオ)を立ち上げたんだ。J.T.ライトニングが一線を退くっていうから新しく始めたのに、PWOを立ち上げた途端にカムバックして来たんだ。それでいろいろ文句つけて来るんだよ「裏切った!」とかさー、、ぶつぶつ、、。」まーまー、、。PWOの説明を続けて、、。「そうだったな。ビッグネームはまだいないけどオハイオのローカルレスラーを集めてがんばりながらやってるよ。もちろんマットも参加してくれてる。ケーブルテレビ局のDirect TV と契約してるから毎週全米に放送もされてるよ。ファンも確実に増えてきてるし、小さいけど会場も毎回満員さ。今はスターを育ててる最中ってトコかな。今年の4月からチャンピオンシップを決めるトーナメントを行う予定。」

――ジョシュは出るの?

(ジョシュ)  「モチロン俺も参加するよ。」

――PWOのレスラーを教えて。

(ジョシュ)  「OK!まずは俺の一押し、Johny Gargano(ジョニー・ガルガノ)コイツはまだ20歳で若いんだけどスターになる素質を持ってる。あとはBaine (ベイン)とCronus (クローナス)。ベインはでかいぜー!クローナスもまだ21歳と若いけどコイツの筋肉はすごいよ!」みんな地元のレスラー?「イエス!全員クリーブランド出身だよ。応援してやってくれよ。」

――さて、みんなのアイドルことネクロ・ブッチャーについて聞きたいんだけど、、。

(ジョシュ)  「(突然吹きだす)ネクロ?、、いいよ、、くっくっくっ、、。(でもすぐに真顔になって)ネクロについてだな?ネクロはそーだなー、、たまにレスリングの事をフェイクだっていう人達がいるけどネクロはマジだ。あの人は常にマジだ。殴れば殴り返してくるし、蹴れば本気で蹴り返してくる。他の人はわかんないけど、俺にはブルーザー・ブロディを彷彿させるよ。怖いな、あぁ本当に怖い。Just a Wildman、奴は本当のワイルドマンだよ。」

――他のレスラーはネクロの事をどう言ってる?

(ジョシュ)  「試合をしたくないって言ってるよ。」わはは、やっぱり。「みんな怖がってる。でもソコにはちゃんとリスペクトもあるんだ。怖さとリスペクト、もしネクロとレッスルしなきゃならなくなったら、その日は本当にタフな夜になるよ。」

――カナダでウルティモ・ドラゴン選手や獣神サンダーライガー選手といっしょのイベントに参加した事があるよね?誰と対戦したの?

(ジョシュ)  「ウルティモのところの若手選手、オカダと試合をしたよ。いい選手だったな。試合後にウルティモとライガー、それにプロモーターとマットと俺で中華料理を食べに行ったんだけど、ウルティモがサメのヒレのスープを頼んで俺達にも勧めてくれたんだけど、、」あーフカヒレのスープね。さすが高いモン注文するなー。「そうそう、すごい高いスープだったよ。でもサメなんか食べた事なかったし、しかもサメのヒレだろ?すごく食べたくなかったんだけど断ったら失礼だと思ってがんばって食べたよ。」おいしかったでしょ?日本や中国じゃ超高級食材だよ。「うん、うまかった。」彼らの素顔見た?「見たよ。」どうだった?「ノーコメント!ははは。」正解。

――じゃ最後の質問。人生最後の食事には何を食べたい?

(ジョシュ)  「寿司!ビッグビッグプレートの寿司とサッポロだね!」わはは、本当に好きなんだね。

――今日はありがとう。楽しい話がたくさん聞けたよ。

(ジョシュ)  「こちらこそありがとう。ライブ楽しみにしてるよ!」

普段はどちらかというと物静かなタイプのジョシュなんだけど、やっぱりレスリングの事になるとかなり饒舌に。BYWを始めてから10年が経ち、今では自分で団体を立ち上げ後進の指導もするジョシュ。がんばって欲しいなー。日本にも来て欲しいし。関係者の皆さん、クリーブランドに一押しのレスラーがいますよ!   【文・カズキ】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

ジョシュ・プロヒビション インタビュー(前編)/ Josh Prohibition Interview

 

かつてアメリカで爆発的なブームになり社会現象にまでなったバックヤードレスリング(BYW)。そのBYWの2大巨頭、オハイオ州クリーブランド出身のJosh Prohibition (以下ジョシュ)とMatt Cross(前名M Dogg 20, 以下マット)。現在はバックヤードレスリング自体はもう存在していないけど(実際のトコロ、各地でいろんな集団が活動してるとは思うんだけど、ジョシュとマットがオリジナルのバックヤードレスリングという意味で)2人ともプロレスラーとして大活躍中です。彼らとの出会いは、えーと、、いつだっけ、、?2004年?2005年?うーん、、数年前!詳しは覚えてない!オハイオ州で、今が旬のパンクバンドAGAINST ME! と一緒にライブをした時に、そのAGAINST ME!のツアーにくっ付いて旅をしていたのがこの2人。「レスラーだ」と紹介され一気にテンションが上がったのを覚えています。毎回彼らの地元、オハイオ州のクリーブランドでライブがある時は必ず見に来てくれるナイスガイ達。彼らの家にも何度も泊めてもらったなー、、。

さて今回、我々の恒例春のツアー「Green Green ツアー2008」で、オハイオ州クリーブランド「Beachland Tavern」というハコでのライブにジョシュとマットが遊びに来てくれました。本当は2人にインタビューをしたかったんだけど、ライブ直前に到着したマットは時間的に無理!という事で今回は2004年に大日本プロレスに来日予定だったものの怪我の為中止、それ以降未知なる強豪として来日が待たれるジョシュへのインタビューをお届けします。

 

――正式なレスラーとしてのデビューとバックグラウンドについて教えて。

(ジョシュ)  「2001年4月21日、オハイオ州クリーブランドのCAPW(クリーブランドオールプロレスリング)でのタッグマッチがデビュー戦だよ。パートナーはジャッジ・クラッシュで対戦相手はG・フォース&ジョー・ボクサー。」
うーん、、初めて聞く名前だ、、。「ローカルレスラーだよ。」

「バックグラウンドはベースボール。ずーっと野球をやっててプロを目指してたよ。でも肩を壊してボールを投げれなくなって野球は諦めた。ポジションはキャッチャー。一番球を受け続けなきゃならないしアグレッシブなポジションだよ。乱闘もよくやったなー、ははは。」

――主なタイトル歴は?

(ジョシュ)  「今持ってるのはUWAハードコアレスリングカナディアンチャンピオン。これは1年以上保持してる。あとはマットと組んでXPWタッグチャンピオンのベルトも持ってる。あとはそーだなー、、小さい団代でいっぱいベルト奪ったけど、、うーん、、忘れちゃったよ、、。」

*ちなみにマットとのチーム名は「Youthanazia」で、タイトルダッシュの相手はハロウィーンとダミアン666のMexico’s Most Wanted。更にXPWタッグの歴代王者はこの2チームのみ!この2チームでタイトルを取ったり取られたりしてるみたいです。

――得意技は?

(ジョシュ)  「サブミッションだったらSTF。あとはドランケンドライバー(変形のパイルドライバー)だね。」おー!名前がカッコいい!ドランケンドライバー!

――好きなレスラーは?

(ジョシュ)  「子供のときはハルク・ホーガンやリック・フレアー。ベイダーやキャクタス・ジャックも好きだったな。ECWが出来てからはタズ、ロブ・ヴァン・ダム、クリス・ベノワだな。クリス・ベノワの事件はショックだったよ、、。今はアレックス・シェリー、A・J・スタイルズ、カート・アングル、この3人の試合がテレビで見てて面白いと思う。」

――じゃ好きな日本人レスラーは?

(ジョシュ)  「マサトタナカ(即答)。ECWで活躍してたからね。あとハヤブサも。」完全にFMWジェネレーションだね。「そういう事。でも初代タイガーマスクも好きだよ。ダイナマイト・キッドとの試合のビデオはよく見たよ。」

――試合をしたくないレスラーっている?

(ジョシュ)  「ネクロ・ブッチャー!」わはは、やっぱり!期待通りの答えありがとう!何で?「怖いから。」わはは!まんまだ。「あとニュージャックも怖いからやりたくないな。特に機嫌の悪い時のニュージャックとだけは絶対嫌だね。2人とも知り合いなんだけどそれでも怖い。もっとも怖い2人だよ。」

josh-001.jpg

――印象に残ってる自分の試合は?

(ジョシュ)  「2007年の6月にUWAハードコアレスリングカナディアンチャンピオンシップでサンジェイ・ダッドを挑戦者に迎えた防衛戦かな、、。父親が初めて見に来てくれた試合で、お客さんの数も多くてすごく盛り上がったんだ。自分でもやっててすごく楽しかったしね。」

――じゃテレビを含め自分以外の試合で印象に残っているのは?

(ジョシュ)  「小さい時に見たレッスルマニア3でのホーガンvsアンドレ・ザ・ジャイアント戦。すごく興奮しながら見てたのを覚えてるよ。ホーガンがアンドレをボディスラムで投げたシーンの衝撃は未だに忘れられない。」おー、名シーンだね。「テレビで見てたんだけどそれでも最高にエキサイティングだったな。」

――好きな食べ物は?

(ジョシュ)  「寿司!トロ!」おぉっ!ビックリするほど即答だ、、。 日本向けの答えじゃないの?「いやいや、とにかく寿司が好きなんだよ。ウニ以外だったら何でも食べれるよ。毎日3食寿司でも良いくらいだよ。いや冗談じゃなくて本当に好きなんだ。パシフィックイーストってレストランがクリーブランドのベスト寿司レストランだ。」

――好きなアイスクリームのフレーバーは?

(ジョシュ)  「実はオレ乳製品食べちゃいけないんだ。でもソイミルクのアイスクリームは食べるよ。クッキー&クリームのアイスが最高だね。」分かる分かる、悪くないチョイスだね。

――好きな映画は?

(ジョシュ)  (しばらく考えて)『Good Will Hunting』

――好きな飲み物は?

(ジョシュ)  「ココナッツアイスティー。」あれ?お酒飲まなかったっけ?「ファンにはお酒は飲まないって言ってるんだけど、、」このインタビューは完全に日本語で掲載されるけど、、、どうする?「日本語オンリーなの?じゃ、いーや、サッポロビールの大瓶!」わはは!サッポロでしかも大瓶!あとはパシフィックイーストで寿司でしょ?「そうそう!パシフィックイーストでビッグプレートの寿司とわかめサラダとサッポロの大瓶でオレはハッピーガイだよ!」

――好きな音楽は?

(ジョシュ)  「パンクロックが好きだね。最初のきっかけはRANCIDだったよ。今はUS BombsやFifteenをよく聞くな。もちろんピーランダーZも大好きだよ。」ははは、ありがとね。僕らが初めて出会った時もAGAINST ME!と一緒だったもんね。「そうそう、アノ頃のAGAINST ME!はまだ売れてなくて、俺とマットが見に行ったショウも客が5~6人しかいなくてさ。ライブの後にアイツらと話してる内に仲良くなってその後5本か6本のショウに一緒にくっ付いて行ったんだ。」その途中で僕らに出会ったと。「そうそう。今でもアイツらとは連絡取ってるよ。」

――好きな言葉は?

(ジョシュ)  「Hot Water Musicってバンドの曲の中で”Throw caution to the wind”って歌詞があるんだけど、この言葉が好きだね。」直訳すると「慎重さを捨てろ」って意味になるけど「何事も恐れずにやれ」って事かな?「そうだね。特にリングに上がる時は恐れていては何も出来ないよ。ノーフィアーだよ。」

――ジョシュにとってのヒーローって誰?

(ジョシュ)  「身近な人だったらやっぱり父親かな。いろんな事を教えてもらったよ。本当のグレートストロングマンだよ。あとはジョニー・キャッシュ。曲も詞も大好きだよ。」

――今までいくつの団体、プロモーションに参戦した?

(ジョシュ)  「4,5年前に一度数えた事があるんだけど、その時で約70だから、今だったら100近いんじゃないかな?3.4回だけ大会を組んで潰れちゃうトコもいっぱいあるしね。海外はイングランドとカナダ。日本ではプロモーションオンリーでまだ試合はしてない。メキシコでもまだ試合はしたことないな。」はやく日本に来てくれ!「Zero One Maxに行きたいね。」

後編へ続く

【文・カズキ】

 

[amazon]076154464X[/amazon][amazon]B0002JEM0S[/amazon]

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 1 of 11

ホーム > タグ > Josh Prohibition

検索
Calendar
« 2017 年 4月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る