ホーム > タグ > Kaiju Big Battel

Kaiju Big Battel

怪獣ビッグバトル “Kaiju Mini Battel”


1月29日 ”Kaiju Mini Battel” @アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

IMG_3013IMG_3020

興奮のあまり眉毛が抜け落ちてしまったピーランダーZイエローさんが、怪獣ビッグバトルの物販コーナーに出現!

IMG_3037IMG_3046IMG_3050

すこし緊張した表情でリングアナウンサーのラウデン・ノクシャスがリングインすると、「ドラゴンゲートUSAの前座を務めさせてもらえてとても光栄です!」と挨拶。諸々の説明があって、どうやら今回のリング上はフィラデルフィアの街ということらしい。ドクター・キューブの仲間である一つ目タコ怪獣サイクロプトパス(股間をホタテの貝殻でカバーした武田久美子風)と、ヤースミンコが登場!続けてドクター・キューブのマスク(頭)を被った怪獣もエントランスに現れる。まさか死んだはずのドクター・キューブが生き返ったのか?と驚くラウデンだったが、マスクを脱ぐとそれは大きなカニバサミを持ったクロウだった。

IMG_3051IMG_3052IMG_3053

怪獣たちはフィラデルフィアの街を破壊しにやって来たのだ。何の前触れもなく突然バトルをはじめる怪獣たち。ラウデン逃げ惑うばかり。

IMG_3057IMG_3058IMG_3061

そこにヒーロー軍団の吸盤スチーム怪獣スチーム・パワード・テンタクル・ボウルダーが助けにやってくる。ゆっくりとドラゴンリングインするボウルダー。いつも以上に気合が入っている。

IMG_3064IMG_3066IMG_3068

吸盤のついた腕をふりまわし、サイクロプトパスの顔面に容赦ない攻撃をくわえるボウルダー。大きな一つ目にボウルダーのパンチがクリーンヒット!悪者ドクター・キューブ軍団をボコボコにやっつけてしまう。

IMG_3075IMG_3080IMG_3085

場内にTwisted Sisterの『I Wanna Rock』が流れる中、ラウデンのインタビューがはじまる。「よーし!これでもう安心だ!フィラデルフィアの治安は守った!」とボウルダーが自慢気に叫ぶ。 すると、またしてもドクター・キューブのマスクを被った怪獣が現れる。マスクを脱ぐとそれはヘル・モンキーだった!

IMG_3088IMG_3089IMG_3092

チカラプロでもお馴染みのレフェリー、ブライス・レンズバーグがリングイン。いつの間にか髭が生えていた。以前、ヘル・モンキーにヘルモンキーホットソースをかけられてしまったアメリカンビートル。その後遺症でいまも目が見えないまま。そこで、ヘル・モンキーは公平を期すために、目の見えないアメリカンビートルと目隠しをして戦ってやろうじゃないかと自ら提案。余裕のヘル・モンキーは「アメリカンビートル出てこいや!」と呼びこむ。

IMG_3094IMG_3096IMG_3101

目が見えなくなったアメリカンビートル登場。相手がどこにいるのかすらも分からないアメリカンビートルは、誰もいない方向へフラフラと歩いていくが、目隠し状態のヘル・モンキーもあっちフラフラこっちフラフラ。なんだか分からんが、目隠しした怪獣たちがリングの上でフラフラしているのである。しかも会場内には『特攻野郎Aチーム』のテーマ曲が鳴りひびく。なんとも言えない脱力感におそわれる。シュールすぎてお客さんの口もポカーン状態。

IMG_3104IMG_3106IMG_3113

ヘル・モンキーの尻尾をつかんだアメリカンビートルが、チャンスとばかりに怒涛のラッシュを仕掛ける。しかし、ズルしていただきのヘル・モンキーは、アメリカンビートルを返り討ちにしてしまう。よーく見るとヘル・モンキーの腕には金色に光る腕時計がはめられているではないか!とそこに、サミ・キャラハン登場。

IMG_3117IMG_3119IMG_3122

「オイッ!ちょっと待て!そこのヘルモンキー!お前オレの腕時計を取ってねえか?!」とサミがマイクで叫ぶと、ヘル・モンキーがソワソワしはじめる。金の腕時計を見つけたサミは、気が触れたようにリングへ駆け上り、ヘルモンキーの脚を取ってぶん投げる。ヘルモンキーはリング上で大の字。倒れていたアメリカンビートルを起こして、ヘルモンキーの上にのせフォール。そのままスリーカウントが入ってアメリカンビートルの勝ち。

IMG_3125IMG_3134IMG_3138

再びラウデンがマイクを持つと、「あの憎いドクター・キューブはもう居ません!もうこの世は平和だ!それを記念してこれから怪獣ヒーローの殿堂セレモニーをはじめます!」とアナウンス。ヒーロー軍のダスト・バニーが呼び込まれ、殿堂入りを果たす。

IMG_3143IMG_3147IMG_3150

嬉しさのあまり踊りだしてしまうダスト・バニー。腰をくクネクネさせるたびに体から白いホコリが立ち込める。大好きなダンスパーティーがはじまるが、流れてきた曲はダンスではなかった。それはドクター・キューブの入場曲。と、そこにドクター・キューブのマスクを被ったテュコールが登場。続けてグルーディンもやってくる。

IMG_3152IMG_3153IMG_3159

もう騙されねえと余裕のラウデンだったが、なんとそこに本物のドクター・キューブが登場!「ギャハハハハ!戻ってきたぜ!」と叫ぶドクター・キューブ。去年6月に行われた“The Halls Of Danger”で、死んだかと思われたドクター・キューブだったが、なななんと生きていたのだ!テュコールとグルーディンそしてドクター・キューブが、ダスト・バニーを取り囲んでボコボコに…。

IMG_3165IMG_3166IMG_3169

しかし、そこに頭にバルブが付いた吸盤スチーム怪獣テンタクル・ボウルダーが助けに入る。圧倒的なパワーでグルーディンとトゥコールを蹴散らすと、ドクター・キューブはすたこらさっさと逃亡。最後はボウルダーとダストバニーが両手を挙げて勝ち名乗りを受ける。ラウデン「信じられない!あのドクター・キューブが、か、帰ってきたー?!」

IMG_3171

つづく。

MONSTERS are REAL… and DANGER CAN HAPPEN!


なんとドラゴンゲートUSAのリングに怪獣ビッグバトルが登場するという、数年前までは考えられない露出度の高さに、プレショーだとはいえ正直戸惑ってしまった。なんとも言えないソワソワ感が止まらなかった。まあ、これは完全なるアウェーであることは間違いなかった。観客からの容赦ないブーイングも出るかと思いきや、準備のためリング上にミニチュアのビルが設置されると、怪獣ビッグバトルのコアなファンなのか「イエーイ!」という歓声がわきおこったのにはビックリした。わっ、怪獣を知ってる人がいたんだと。ショーの最中、ほとんどの観客が笑顔で、残りはなんじゃこりゃという顔だった。でも、なんじゃこりゃの人、もしくは初めて観た人には頭の中に大きなクエスチョンマークを残せたのではないか。一体これは何なのか?と思わせることが、いまは大切だなと思った。通常よりも短い時間だったが、いつもながらに狂った内容で素晴らしいショーだった。にしてもドクター・キューブが生きていたとはねー。悪者とはいえドクター・キューブのファンとしては今後の展開が楽しみである。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

澤宗紀×怪獣ビッグバトル ニューヨークSOS


YouTube Preview Image


ブライアン・ダニエルソンとの試合を終えて、ニューヨークの街をパトロール中の澤宗紀に、突然怪獣達が襲いかかる!ワーオ!デンジャラス!ニューヨークは危険がいっぱい!


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

怪獣ビッグバトル “Save The Kaiju!”


10月15日 Kaiju Big Battel @ワーソー ニューヨーク州ブルックリン

グッズコーナーでは、「Save The Kaiju!」Tシャツや、イブシ怪獣大戦闘Tシャツなども販売。

今までのDr.キューブの悪行によって怪獣ビッグバトルの経営状態は悲惨なことに…。資金を集めるために現れたヒーロー軍のサンバスター。それを阻止しようと海底怪獣サイクロプトパスと吸盤スチーム怪獣テンタクル・ボウルダーがリングイン。圧倒的なパワーでボウルダーが勝利。ひとまず資金集めを阻止することに成功!

司会者のラウデン・ノクシャスが、今夜のショーは「怪獣を救え!」をテーマにチャリティー仕様になります!と、絶叫しながら説明する。目がマジ。

フレンチトーストがいつものように手こずりながら入場。無事リングインしただけで観客から大きな拍手が。

続いてダストバニーが入場。フレンチトースト対ダストバニー!ヒーロー対ヒーローのクリーンな試合が実現か、と思いきや亡霊怪獣シーボーズにも似たヤースミンコが突如乱入。

巨大なビルを頭からすっぽり被せられるダストバニー。ヤースミンコのハチャメチャな攻撃にさすがのダストバニーも防戦一方。

そこにバナナ怪獣パコ・プランテインが助けに入る。ロードウォリアーズばりの連携でヤースミンコを撃破。

するとここでヒーロー軍の女戦士パワ・ランジュルを迎えてのオークションタイム開始。私物のキャンディをオークションにかけると、観客から「$50!」、「$60!」とドンドン値が上がっていく。

ここで巨大キノコ怪獣シャルーマ・タンゴがオーディションを妨害しようと乱入。邪魔をされたパワ・ランジュルは、失神から覚めたスタン・ハンセンのように怒り狂う。

さらに何故かダイノカングJr.が助けに入ってくる。図体がデカイうえに口を開けてピョンピョンと跳び回るだけで特に攻撃するわけでもない。そんなゆるキャラ具合がたまらない。

武藤敬司のスペースローリングエルボーを彷彿とさせるバク転からのボディアタックがシャルーマ・タンゴのキノコ部分にヒット!弱点だったのかピクリとも動かなくなるシャルーマ・タンゴ。パワ・ランジュルをキレさしたら大したもんですよ。

ここで本日のスペシャルゲスト、怪獣ヲタクコメンテーターとして数々の試合を実況解説してきたビーブが操り人形として現れる。ところがそこにDr.キューブの姿をした謎の怪獣が登場。誰かと思えば一つ目の悪魔猿ことヘルモンキー。

ヘルモンキーの好きなようにはさせまいと、ヒーロー軍のアメリカン・ビートルが登場。星条旗の短パンが今にもずり落ちそうになりながらも、がりがりのカラダからは想像もつかないパワフルな攻撃でヘルモンキーを撃破。

観客から寄付を募り、集まったお金を高性能マシーンに入れる。すると目標の半分まで達成!というシグナルが。お礼に怪獣ビッグバトルTシャツやポスターをプレゼント。

みんな大好きカンフー・チキンヌードルが登場。資金集めのためにいくらでも敵と戦ってやると息巻く。観客からは無謀だとの声も。続けてテュコールも登場。するとDr.キューブがゴリラとアンコウのDNAから造りだしたグルーディンまでもが姿をあらわす。

カンフー・チキンヌードルは一人で戦い抜く。

次々と謎の怪獣が現れる。

アイアン・ブラザーがチェーンを振り回しながら襲いかかる。得意のカンフーアクションでアイアン・ブラザーを攻めまくるカンフー・チキンヌードル。そこにヒーロー軍のサンバスターが現れる!

が、しかーし!コーナーに登ったサンバスターは、何をトチ狂ってしまったのかいきなりカンフー・チキンヌードルめがけてフライング・ボディプレス!会場からは悲鳴が…。何故にサンバスターが仲間のはずのカンフー・チキンヌードルを襲ったのか?

怪獣ビッグバトルで一番デカいセクメットが登場。息を吹き返したカンフー・チキンヌードルがドロップキックでセクメットをリング下に落とす。セクメットは文字通り出オチ。

最後はグルーディンを押さえ込んだカンフー・チキンヌードルが辛勝。ものすごい数の怪獣に勝利したことにより、観客から資金も集められ、今夜のテーマだった「怪獣を救え!」は見事に達成。カンフー・チキンヌードルの決めポーズがカッコ良すぎる。

「サンキュー!」と叫びながら四方にお辞儀をするラウデン・ノクシャス。この男なくして怪獣ビッグバトルは成り立たない。


正直こんなにお客さんが入って盛り上がるとは思っていなかった。オールスタンディングの会場がほぼ埋まっていた。定期的にショーが開催されることが難しくなり、公式ホームページの更新もままならない状態でこれだけの客入り。やはりマニアというか怪獣ビッグバトルが好きなファンは確実にいる。運営資金が足りないことをプロレス的に、そして怪獣テイストを上手く織りまぜ昇華させた今回のショー。文句なしに大成功だと言っていいと思う。

この先はあるのかと思わせぶりな部分は確かにあった。本当にDr.キューブは死んだのか?サンバスターの裏切りの意味は…。大きな流れを持たせることで今まで以上に話題性が生まれてくる。これはとても良い変化だと思った。新しい試みとしてリング上だけに留まらず、ミュージックビデオやライブ会場などでも怪獣の魅力を伝えていって欲しい。ただし、怪獣ビッグバトル独特のライブ感を味わうにはやはり生のショーに限るだろう。もしそれが日本で実現したらと想像しただけでニヤニヤしてしまう。

そんな色々な可能性が秘められた怪獣ビッグバトル。これだけのニーズがあるわけだからもっと続けるべきだし続けないと駄目だと思った。次回はいつになるか分からないが、とことん追っかけていこうと心に決めたのであった。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Kaiju Big Battel Presents: Save the Kaiju!


On October 15th, Kaiju Big Battel will invade the Warsaw for another night of high flying monster mayhem and urban destruction as Kaiju Big Battel presents Save the Kaiju! As some of you might know, Kaiju shows at the Warsaw are always packed not only with people, but excitement as well! What do the Kaiju Heroes have in mind to protect the people? What will Dr. Cubes Posse do without there leader? All these questions and more will be answered this October 15th!

- www.kaiju.com/

Kaiju Big Battel: Save the Kaiju
Friday October 15th, 7PM ALL AGES!
Warsaw, 261 Driggs Ave, Brooklyn NY
Tickets: $18 online $20 at the Door.

Buy Online


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

怪獣を救え!Save The Kaiju!


97年にアメリカン怪獣博士ことランド・ボーデンが立ち上げたハチャメチャパフォーマンス集団の怪獣ビッグバトルが、いま消滅の危機だという。怪獣ビッグバトルの情報サイト『怪獣大戦闘同盟』によると、低コストで制作するためグッズなどを中国へ発注していたのだが、団体のコミッショナーだった悪の科学者Dr.キューブが、なんとそれを制御してしまったとのこと。それによって怪獣ビッグバトルの経営は危機的状況に陥ってしまったという内容。

全盛期には地元ボストンだけでなく、西海岸やサンディエゴで開催される全米最大規模のコミックコン(コミケ)などでもショーを開催していた怪獣ビックバトル。2007年には、イギリスのロックバンドBloc Partyのシングル、『Flux』のミュージックビデオを制作するなど、新世代怪獣クリエーターとして活躍していた。ところが、活動の拠点をボストンからニューヨークへと移した頃からショーの回数が激減。公式サイトの更新もままならない状況にまでなってしまった。

当ブログでもショーの模様を何度か紹介しているが、前回のフィラデルフィア大会では、その経営危機に追い込んだ張本人のDr.キューブが最後の最後で死んじゃった?、という意味深な終わり方をしている。これじゃあ断罪しようにも無理な状況。そこで、『怪獣を救え!』キャンペーンを実施することになった。その一つとしてオンラインショップによるグッズ販売。これまでに怪獣のショーで使用したビニール製のバナー(広告旗)をリサイクルして作った、ビニールバッグなどが目玉商品となっている。小さなことからコツコツと。怪獣ビッグバトルの存続の為にお一つどうぞ。というか買って下さいお願いします!


そして、10月15日には怪獣ビッグバトルのショーがニューヨーク州ブルックリンで開催されることが決定している。タイトル名は『Save The Kaiju! 』。そのまんまである。果たして、ファンの疑問や今後の展望などが明らかとなるのだろうか。怪獣達にも不況の風は吹き荒れているのだろうか。怪獣リストラなのか…。この目で確かめたいと思う。

写真はチカラプロ会場でグッズを売るランド・ボーデン。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 3 of 612345...Last »

ホーム > タグ > Kaiju Big Battel

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る