ホーム > タグ > Mike Quackenbush

Mike Quackenbush

チーム・みちのくプロレス vs. クワック&ジグソー&豊田


4月16日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 (二回戦)
@アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

ザ・グレート・サスケ&ディック東郷&新崎人生 vs. マイク・クワッケンブッシュ&ジグソー&豊田真奈美

IMG_4629IMG_4631IMG_4637IMG_4638IMG_4642IMG_4643IMG_4645IMG_4647IMG_4648IMG_4649IMG_4652IMG_4653IMG_4654IMG_4655IMG_4656IMG_4657IMG_4664IMG_4668IMG_4671IMG_4673IMG_4674IMG_4675IMG_4677IMG_4678IMG_4679IMG_4682IMG_4684IMG_4692IMG_4694IMG_4697IMG_4700IMG_4703IMG_4704IMG_4705IMG_4706IMG_4711IMG_4714IMG_4718IMG_4721IMG_4722IMG_4724IMG_4725IMG_4726IMG_4728IMG_4731IMG_4733IMG_4735IMG_4737IMG_4744IMG_4745IMG_4748IMG_4749IMG_4754IMG_4763IMG_4767IMG_4771IMG_4773IMG_4777IMG_4778IMG_4780IMG_4784IMG_4789IMG_4794IMG_4797IMG_4798IMG_4799IMG_4801IMG_4803IMG_4805IMG_4812IMG_4815IMG_4818

この日のメインイベントとなるトーナメント二回戦。チーム・みちのくプロレスは新崎人生のテーマ曲で入場。対する豊田真奈美は赤いガウンでリングイン。リング上で対峙する両チーム、観客たちは早くもスタンディング状態。ゴングが鳴らされサスケとジグソーがロックアップ。サスケはジグソーをキャメルクラッチで締め上げる。両者タッチで、新崎とマイク・クワッケンブッシュ(クワック)が腕の取り合い。

ディック東郷と豊田が入る。睨み合う二人に観客から「ホーリー!プー!」の大チャント。東郷が強烈な逆水平チョップ。豊田も負けじとコーナーからミサイル・ドロップキック。「ト・ヨ・タ!ト・ヨ・タ!」の大チャント。新崎とジグソーが入る。新崎はジグソーの腕を取り、拝み渡りから手刀を落とす。

東郷とマイクが入る。東郷はロープに振ろうとするが、マイクがその場に座り込んで阻止。東郷、クワック、ジグソーが連携技を決めると、まさかの欽ちゃんジャンプ!そしてサスケを残して他全員が場外へ。サスケは場外へ逆トペ。続けざまに豊田がコーナーポストから場外へダイヴ。観客からは「CHIKARA!CHIKARA!」チャント。

ジグソーがチーム・みちのくプロレスに捕まってしまう。新崎がジグソーにボディープレスを決めると、今度はサスケがストンピングの雨あられ、東郷がシルバーブレットとやりたい放題。ジグソーは東郷を場外に落とすとトペ・スイシーダ。東郷のカラダがぐちゃりと仰け反る。クワックと豊田はサスケをコーナーに振り、「ショー!テー!」と叫んでダブルの掌底。豊田はサスケにローリングクレイドル!ぐわんぐわんと回りすぎ!カウントツーでサスケがキックアウト。

すると、サスケはまたしても場外から椅子を持みリング上にセットする。椅子の角に豊田を寝かせ、コーナーポストへ登るサスケ。勢いよくセントーン・アトミコを狙うが華麗に自爆。「あいたたたー!」と叫びながら悶絶。「オー!ノー!」という声と共に場内爆笑の渦。豊田はサスケにセントーンを決めるものの、東郷がカット。そこにジグソーが入り東郷と睨み合い。

ジグソーが東郷に急角度のブレーンバスター、トラースキックと攻め立てる。東郷はジグソーをクロスフェイスでがっちりと固めギブアップを狙いにいく。ジグソーは東郷をコーナーに吊るしミサイルキック。新崎とクワックがリングに入る。新崎はクワックに念仏ショルダータックル。念仏パワーボムを決めようとするが、豊田が入って阻止。新崎は豊田に曼陀羅捻り(逆回転式ドラゴンスクリュー)を決め、続けて念仏パワーボムを狙おうとするが、クワックが入って阻止。クワックはサスケにコーナー上段からハリケーンラナを決める。

クワックはサスケにコーナートップからスワントーンボムを狙うが自爆。サスケはクワックをボディスラムで寝かせ、コーナーに登ってセントーン・アトミコを狙うがまたまた自爆!見事なまでの自爆合戦。クワックはブラック・トルネード・スラムを狙うがサスケが持ちこたえて失敗。今度はみちのくドライバーを決めるが、サスケがツーでキックアウト。

クワックはサスケに必殺のチカラ・スペシャルを仕掛ける。すると新崎がカットに入りクワックに地獄突き。しかしクワックは鬼の形相で持ちこたえて見せる。しかし新崎はクワックの首に手をかけそのままチョークスラム。東郷がクワックにペディグリー。のびているクワックにサスケのセグウェイが決まる。新崎は、カットに入ろうとする豊田に極楽固め。東郷は、同じくカットに入ろうとしたジグソーをフェイスロックでがっちりと決めると、サスケがクワックにサンダーファイヤー・パワーボム。そのままスリーカウントが入りチーム・みちのくプロレスの勝利。

観客はスタンディングオベーション。「ミー!チー!ノー!クー!」の大きなチャントが止まらない。敗れたマイク・クワッケンブッシュ、ジグソー、豊田真奈美にも大きな拍手が送られた。

チーム・みちのくプロレスが準決勝進出。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

クワック & ジグソー & 豊田 vs. アメージング・レッド& ザ・マキシモズ


4月15日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 (一回戦)
@アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

マイク・クワッケンブッシュ&ジグソー&豊田真奈美 vs. アメージング・レッド&ザ・マキシモズ

IMG_4036IMG_4037IMG_4039IMG_4041IMG_4045IMG_4047IMG_4053IMG_4057IMG_4058IMG_4059IMG_4064IMG_4065IMG_4066IMG_4068IMG_4069IMG_4070IMG_4072IMG_4074IMG_4076IMG_4077IMG_4079IMG_4081IMG_4082IMG_4084IMG_4088IMG_4090IMG_4094IMG_4099IMG_4100IMG_4101IMG_4102IMG_4103IMG_4104IMG_4105IMG_4106IMG_4107IMG_4111IMG_4113IMG_4115IMG_4121IMG_4122

キング・オブ・トリオスには初出場となる豊田真奈美は、マイク・クワッケンブッシュ&ジグソーの現タッグ王者と組んで、今大会の中でも最も優勝に近いトリオとなった。TNAスターのアメージング・レッドと組むザ・マキシモズはオリジナルメンバーではなく、去年リタイアしたホセに代わってウィル・マキシモが加入。

ジグソーがトペ・スイシーダ、豊田がコーナーからのミサイル・ドロップキックと、立ち上がりから空中戦の様相。クワックと豊田のツープラトン掌底が決まるなど、息のあった攻撃を見せる。しかし中盤からジグソーが捕まりローンバトルを強いられる。無駄な動きが一切無いアメージング・レッド。体調の良さをうかがわせた。ようやくジグソーからクワックにタッチ。クワックのスワントーンボム、豊田のムーンサルト・プレスと怒涛の攻め。

そして最後は、ジグソーが大親友だったという故ラリー・スウィーニーのダイビング・エルボー・ドロップを決めてスリーカウント。場内は「Sweet ‘n’ Sour」の大チャント。ラリー・スウィーニーに捧げる勝利となった。

マイク・クワッケンブッシュ&ジグソー&豊田真奈美が二回戦進出。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

King of Trios 2011 starts tomorrow!


YouTube Preview Image


King of Trios 2011

April 15 – 16 – 17, 2011
The Asylum Arena
7 West Ritner Street in South Philadelphia, PA

Friday & Saturday belltime = 7:30 pm
Sunday belltime = 4:00PM

Buy Tickets Now
Get Directions
4th Annual Fan Conclave
Travel/Arena Info


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

マイク・クワッケンブッシュのカニ歩き


IMG_2538IMG_2540

11月21日に行われたチカラプロのフィラデルフィア大会で、チカラプロ代表のマイク・クワッケンブッシュは、先日亡くなられた愚乱・浪花選手の追悼の意味を込め、「ナー!ニー!ワー!」と叫びながらカニ歩きを披露した。愚乱・浪花選手の大ファンだというマイク・クワッケンブッシュ。訃報の知らせを聞いた際にはショックを隠しきれない様子だった。他にも同団体にはクロウディオ・キャスタニョーリがカニ歩きエルボーを時折使うなど、愚乱・浪花ファンのレスラーはアメリカでも少なくない。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

豊田真奈美&マイク・クワッケンブッシュ vs. サラ・デル・レイ&クロウディオ・キャスタニョーリ


9月19日 CHIKARA “Through Savage Progress Cuts the Jungle Line ” @ザ・ワーソー ニューヨーク州ブルックリン

場内にメインイベントのアナウンスが流れると、観客から一斉に「トヨタ!トヨタ!トヨタ!」の大チャントが発生。先ずクロウディオ・キャスタニョーリとサラ・デル・レイが入場。次にマイク・クワッケンブッシュ。そして最後に豊田真奈美が全女時代の曲『Mystic Eyes』で入場。観客は総立ち。

異常な雰囲気のなかゴングが鳴らされる。先発はマイクとクロウディオ。マイクから豊田へタッチするとまた「トヨタ!トヨタ!」チャント。日本で一度だけ対戦経験があるというサラ・デル・レイ。体格的には五分と五分。

顔面への鋭い蹴りが豊田にヒット。今度は豊田がインディアンデスロックからの鎌固めがガッチリときまる。

豊田がサラをキャメルクラッチで動けなくすると、鼻の穴に指を突っ込んで羞恥プレイ。クロウディオが堪らずカットに入る。

場外のクロウディオ&サラへ豊田がフライングボディプレス。

コーナーから豊田のミサイルキック。サラの喉元にヒット。

ヒール軍団BDKの2人は息のあったチームプレーが目立つ。技のキレと重さでは豊田に引けを取らないサラ。いつも以上に気迫がこもっている。

サラのパワーボムを食らった豊田はノックダウン状態。するとクロウディオが十八番のジャイアントスイング。回すたびに観客が「1! 2! 3! 4! ……」と数えはじめる。

ツーで返した豊田はお返しに十八番のローリングクレイドル!クロウディオの大きなカラダがぐるぐると回転する。カウントツーでサラがカットに入る。観客から「マナミ!マナミ!」チャント。

サラが急角度のパイルドライバーをきめる。クロウディオが再度ジャイアントスイング。回される豊田へサラのミサイルキック。

マイクがクロウディオにチカラスペシャルをきめる。

グロッキー状態のサラにムーンサルトプレス。

豊田がサラを担ぎ上げると、コーナーからマイクが掌底をヒットさせ、その勢いのままジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス。続けざまにジャパニーズ・オーシャン・クインビー・ボム。

そのままフォールにはいかず、チカラプロの象徴とも言える必殺技チカラスペシャルをきめる豊田。サラが堪らずタップ。

o 豊田真奈美 & マイク・クワッケンブッシュ (23:02 ~ チカラスペシャル) クロウディオ・キャスタニョーリ & サラ・デル・レイ x

試合終了後、「トヨタ!トヨタ!」そして「チカラ!チカラ!」の大チャントが発生。場内は歓声で地響きがするほどの盛り上がり。会場のキャパオーバーで入場規制がかかるほどの盛況ぶりだったチカラプロのニューヨーク初進出は、大成功に終わった。


今年のベストバウトに選出されてもおかしくないほどの素晴らしい試合だった。ニューヨーカーのクレイジーな声援とリアクション。そして23分があっという間に感じられたマッチオブジイヤー級の試合内容。こんなにパッピーエンドな大会は久しぶりだったように思う。ミックスドマッチにありがちなお笑い要素が殆ど無く、むしろほとんどの技がブルータルで男子顔負けの内容だったのが印象的だった。それとマイク・クワッケンブッシュの上手さが光っていた。そしてやはり今回は豊田真奈美に対するファンのリスペクトっぷりが想像を遥かに超えていた。まさにリビングレジェンドである。試合後のコメントで「試合がすごく楽しかった」と語っているように、豊田にとって今回のアメリカマット初進出ツアーは満足のいく内容だったに違いない。なにより豊田に対する会場全体を包みこむようなあの大声援が全てだったと思う。ともあれこのニューヨーク大会でチカラプロは新たなステップを踏み出した。次はどんな面白いことをやってくれるのか、いまから楽しみである。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 1 of 212

ホーム > タグ > Mike Quackenbush

検索
Calendar
« 2017 年 11月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る