ホーム > タグ > Necro Butcher

Necro Butcher

月刊 ネクロ・ブッチャー vol.5


今回の月刊ネクロ・ブッチャーは、ブロディ・リーと組んでニック・ゲイジ&ネイト・ヘイトリッドのやさぐれ極悪タッグチームを迎え撃つJAPWタッグ選手権試合の模様をレビューします。


11月21日 JAPW@ニュージャージー州ラーウェイ

入場と同時に揉みくちゃになる両チーム。ざっくりと額を割られたネクロ・ブッチャーはウガー!と雄叫びを上げながら反撃を開始する。奪い取ったハサミでニック・ゲイジの額を切り刻むと、ハサミから滴る血をポタポタと口の中に入れながら怪気炎。いよいよスイッチが入ってしまったネクロはゲイジをつかまえて客席へと雪崩込んでいく。一方、ブロディ・リーとネイト・ヘイトリッドは会場の外へ。

p1040220p1040222p1040225

鉄柵を強引に取り外そうとするネクロだったが、どうやっても取り外すことができずに苛立はじめる。鉄柵に集中しすぎて隙だらけのネクロを後ろから殴りかかるゲイジ。ぱっくりと開いたネクロの額めがけてグーパンチの連打。さらにヨロヨロになったネクロへ容赦ないグーパンチの雨を降らせる。床には大量の血がポタポタと滴り落ちる。その頃、リーとヘイトリッドは会場の外で殴り合いが続いている。

p1040228p1040229p1040230

ひげ面に顔面血だらけでしかも寄り目というやさぐれ定番フェイスが出たところで一気に反撃にでるネクロ。助走をつけてゲイジを壁に叩きつけると、ゲイジの血が壁にべっとりと付着。首根っこを捕まえてひな壇の観客席へと倒れるように駆け込む二人。落ちていた空き缶を引きちぎり尖った部分でゲイジの額を殴りまくるネクロ。ゲイジ悶絶して血が吹き出す。さらに紐をゲイジの首にぐるぐる巻きにして締め上げる。ちょっとした殺人現場のようだ。

p1040232p1040233p1040235

すると会場の外でやりあっていたリーとヘイトリッドが裏口から会場内へと戻ってくる。ややヘイトリッドが劣勢。戻ってきたのを確認するとノックダウンしたゲイジを残してヘイトリッドにも股間攻撃をはじめるネクロ。グーパンチ、凶器攻撃、急所攻撃のオンパレード。この時点でプロレス的な技はひとつも出ていない。リーも負けじとヘイトリッドの背中へパイプ椅子攻撃。しかもフルパワーで思いっきりがいい。ハードコアな試合になるといつも以上の実力を発揮するブロディ・リー。ハードコア適性はかなりのものがある。

p1040237p1040239p1040242

ようやくリング上に戻った両チーム。また激しくやりあうなかネクロだけはリング下を物色する。探し物はパイプ椅子だった。リング上へパイプ椅子を投げ入れるとまたウガー!と叫んでグーパンチのポーズ。向かい合うようにパイプ椅子をセットしてゲイジにタイペイパンチ合戦を要求するネクロ。ファンから大声援が巻き起こる。グーパンチを頬にフルパワーでぶち込むだけのタイペイパンチが始まる。パチン!とゴツン!が合わさったような鈍い音が何度も場内に響く。ネクロのフルスイングパンチがゲイジのアゴに命中。ゲイジは椅子ごと後ろにぶっ倒れるとネクロがガッツポーズを決める。

p1040251p1040254p1040259

たたみ込むように得意技のタイガースープレックスで勝負に出るネクロだったがゲイジはそれをツーでキックアウト。しかし一瞬のすきにネクロが背後からゲイジを丸め込んでスリーカウント。ネクロ&ブロディ組がタッグ王座を防衛した。


今回のストリートマッチは本来のネクロさんムーブが随所に炸裂したせいもあってか大会一の盛り上がりだった。対戦相手のニック・ゲイジ&ネイト・ヘイトリッド組も大量の血を流し大量の椅子を壊してなかなかの活躍ぶり。最近ではここまで激しい流血戦というのも珍しくなってしまったネクロ。やはり通常ルールの試合よりも流血戦の方が数倍も輝いて見えた。これからも凶器片手に顔面を血で染めて変な方向に口を曲げながら寄り目のネクロが見てみたい。ネクロが一番輝ける場所はハードコアでありデスマッチなんだと思った。


【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

月刊 ネクロ・ブッチャー vol.4

本当に一部のファンだけに好評の、ネクロさん好きのネクロさん好きによるネクロさん好きのための『月刊ネクロ・ブッチャー』。今回は“ネクロさんの最新スケジュール”についてお送りします。前回のIGFが不参加ということで、生のネクロさんを見られる数少ない機会が絶たれてしまい、悔しい思いをしているネクロさんファンもいると思いますが、当の本人から話しを聞いたところによると、誰でもいいからぶちのめしたい、まだまだ日本で暴れ足りない、またIGFで試合がしたい、ビールが飲みたい、とにかくビールが飲みたい、ビール無しにはやってられない等、かなり鬱憤が堪りまくっている様子。もし今後のIGFに参戦したときには、かなりの狂乱ファイトが見られるかもしれない。

そんなネクロさんは来週のJAPWでタッグタイトルマッチが控えている。さりげなくJAWP世界タッグ王者だったりするネクロさんのパートナーは微妙にキャラのかぶるブロディ・リー。そして対戦相手はニック・ゲイジとネイト・ヘイトリッドのThe H8 Club。こちらもイイ感じにやさぐれたタッグということで一部のファンには大変楽しみな好カードとなっている。しかもストリートファイトルール。これはもう観客席を練り歩いてグッチャグチャにしてから椅子に座ってグーパンチ合戦モードが期待できるかもしれない。時は来た。IGFに呼ばれなかった鬱憤を一気に吐きだしてしまえネクロさん!

JAPW  November 21st (Rahway, NJ) http://www.japw.net/events/event.php?a=253


【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ROH ニューヨーク大会(09年6月13日)

 

6月13日 ROH@ニューヨーク州マンハッタン

ザ・ヤングバックス VS ケニー・キング & レット・タイタス
現PWG世界タッグ王者組のヤングバックス(マット&ニック・ジャクソン兄弟)が、息のあった連携技でケニー・キング&レット・タイタス組に勝利。

p1030217.jpgp1030220.jpgp1030225.jpg

ネクロ・ブッチャー VS ジミー・レイヴ
ジミー・レイヴがリングインすると同時に、観客からトイレットペーパーが投げ入れられる。「だから投げんじゃねーよ!」と叫ぶマネージャーのプリンス・ナナにも、ブーイングと大量のトイレットペーパーが投げつけられる。現在、ジミー・レイヴと抗争中のネクロさんは、いつものように腕をぐるぐる回して「ウガー!」と叫びながらドシドシと走って入場。観客からは割れんばかりの「ネクロ!ネクロ!」コールで迎えられる。

p1030229.jpgp1030241.jpgp1030242.jpg

いきなり場外乱闘が始まり、強引に引っこ抜いた客の椅子でジミー・レイヴを襲おうとするネクロさん。しかし、レイヴにその椅子を取られてしまい、ネクロさんの右膝にクリーンヒット。執拗に右膝を攻めまくるレイヴだったが、一瞬のすきにスモールパッケージホールドで丸め込み、ネクロさんの逆転勝ち。試合終了後、身動きが取れなくなったネクロさんにジ・エンバシーがストンピングの雨あられ。そこへコルト・カバーナが助けに入ってくる。足を引きずりながらバックステージへと帰って行くネクロさん。観客からは大拍手。

p1030244.jpgp1030253.jpgp1030263.jpg

ここでリック・フレアーが登場。リングサイドでメインのタイトル戦に立ち会う予定だったが、このスピーチを最後に会場を後にした。ちなみに試合開始前には同会場の地下でサイン会が開かれていた。

p1030264.jpgp1030270.jpg

ロドリック・ストロング VS サンジェイ・ダット
ロドリック・ストロングがギブソン・ドライバーでサンジェイ・ダットに勝利。ネクロさんとは違い、両者共にグッドシェイプされたカラダで、終始スピーディーな好試合。

p1030278.jpgp1030282.jpg

タイラー・ブラック VS ジミー・ジェイコブス
最初に流血した方が負けのファーストブラッドマッチ。ジミー・ジェイコブスがありえないほど長いドライバーでタイラー・ブラックの額に凶器攻撃。これであっさりとタイラー・ブラックは流血してしまい、ジミー・ジェイコブスの勝利。試合後、タイラー・ブラックは王者挑戦権を行使するとマイクで宣言。これでメインのROHタイトルマッチはタイラー・ブラック、ジェリー・リン、オースティン・エリーズのスリーウェイで行われることが決定した。

p1030293.jpgp1030300.jpg

ディーロ・ブラウン VS ブライアン・ダニエルソン VS クラウディオ・キャスタニョーリ VS コルト・カバーナ
コルト・カバーナがシカゴクラブ(ビリー・ゴーツ・カース)を決めてディーロ・ブラウンから勝利。

p1030302.jpgp1030305.jpgp1030308.jpg

p1030314.jpgp1030320.jpg

(C)ジ・アメリカン・ウルブス VS ケビン・スティーン & エル・ジェネリコ
因縁深い両タッグチームがROHタッグベルトをかけてサブミッションルール(最後はサブミッションで極めなければ勝てないルール)で激突。膝の怪我から復帰したばかりでいつもの動きに精彩を欠くエル・ジェネリコ。膝にはスティーブ・オースティンのようなプロテクターを装着している。その痛めている方の膝へ、リチャーズがチャンピオンベルトで容赦ない反則攻撃。最後はエドワーズがハーフ・ボストンクラブをジェネリコに決めタップアウト勝ち。スティーン&ジェネリコ組はあともう少しのところで惜しくもベルトを逃した。

p1030345.jpgp1030347.jpg

ジェイ・ブリスコ VS リトル・グイドー・マリタート
かつてUWFインターナショナルにも所属していたヌンジオことリトル・グイドー・マリタートにジェイ・ブリスコが必殺のジェイ・ドリラーを決め勝利。

p1030359.jpg

(C)ジェリー・リン VS オースティン・エリーズ VS タイラー・ブラック
オースティン・エリーズはリック・フレアーの入場曲でゆっくりと入場。立会人のリック・フレアーはリングサイドに来ることが出来なくなったとマイクで説明するオースティン。すると片手にレフェリーシャツを握ったままのナイジェル・マッギネスが登場。オレが立会人になってやると言ってレフェリーシャツに着替えリングサイドに陣取るマッギネス。試合は序盤、タイラー・ブラックへの脚攻めでオースティン有利の展開。

オースティンが鉄柱を使った変形足四の字固めをタイラーに決めるが、立会人の権限でナイジェルがカットに入る。と、ここでタイラーがリンをスモールパッケージに丸め込んでスリーカウント。チャンピオンだったリンがここで退場。突然の出来事に場内がざわめく中、ここからタイラーとオースティンの一騎打ちとなる。

この日、すでに一試合を消化しているタイラーは徐々に疲れが見えはじめ、オースティンのねちっこい攻撃に足が止まる場面も。最後は顔面への蹴りから垂直落下式ブレーンバスターをタイラーに決めて、オースティン・エリーズが史上初の二度目のROH世界ヘビー級王座を奪取。観客からは歓声と落胆の声とが入り乱れての大盛り上がり。

p1030362.jpgp1030364.jpgp1030365.jpgp1030367.jpg

p1030383.jpgp1030389.jpgp1030390.jpg

 

正直びっくりした。かつて(2005年~06年あたり)の盛り上がりが蘇ったかのような素晴らしい内容だった。どの試合もテンポが良く、興行全体をコンパクトに集中して見ることができた。定期的に開催されているTVテーピング(HDNet)でも、これくらいの盛り上がりを期待したいところだが、オースティン・エリーズの王者交代によって今後どういう展開を見せていくのか期待していきたい。

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ジプシー・ジョー トリビュート/Gypsy Joe Tribute Show

 

gypsy-joe.jpg

ネクロさんからの告知です。

ハードコアプロレスのパイオニア、ジプシー・ジョーのトリビュートショーを開催します。詳細は以下の通り。

開催日:2009年4月1日
会場:サウスチャールストン・コミュニティーセンター@ウェストバージニア州サウスチャールストン
チケット代:リングサイド15ドル/当日券10ドル

<対戦予定カード>

IWA East Coast Title Match – Trik Nasty (c) VS Roderick Strong
Shiima Xion VS Carter Grey
Necro Butcher, Madman Pondo, & X VS Juggulator, Sam Hain, & X
Ian Rotten VS Elkview Adam
Ricky Morton VS Jimmy Jacobs
Super Crazy VS Jay Briscoe
Daizee Haze & Sara Lynn VS Mickie Knuckles & Reina Fire
American Kickboxer & The Soul Shooters VS Delirious, Andy Ridge, & X

 

 

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ROH ニューヨーク大会(09年3月21日)

 

3月21日 ROH@ニューヨーク 7周年記念大会

ロドリック・ストロング & エリック・スティーブンス VS レット・タイタス & ケニー・キング
ROHレスリングスクール卒業生の中で一番の出世頭と言っていいレット・タイタス。キャラも定着してきて安心して試合が観られる。モヒカンヘアーに戻したエリック・スティーブンスと減量をして更に逆水平チョップのスピードが速くなったロドリック・ストロングのタッグは技の一つ一つに破壊力があって見ているだけで痛さがこちらまで伝わってくる。最後はレット・タイタスにドクター・ボムを決めたスティーブンス組の勝利。オープニングマッチとしては最適の試合だった。

p1020029.jpgp1020030.jpg

ブレント・オーブライト VS クロウディオ・キャスタニョーリ
ここ最近何度目の対戦なのか。新鮮味に欠けるカード。お互いにパワー系の共通したスタイルということもあって何度対戦しても結局は同じような印象しか残らない。それはファンにも伝わっているはず。現に「Boring!」チャントも聞こえた。15分時間切れ引き分けから5分延長になったにもかかわらずクロウディオ・キャスタニョーリのローブロー反則負けという終わり方も解せない。一気にヒートダウンの試合。

p1020040.jpg

ボビー・デンプシー VS アダム・ピアース
大人気のボビー・デンプシーがアダム・ピアースをデスバレー・ドライバーで秒殺。正直レスラーとしての優れた資質を持ってるでもなくデブでいじめられキャラというだけでここまできたボビー・デンプシー。これからが本当の勝負どころ。

p1020047.jpg

ジェリー・リン VS マイク・クワッケンブッシュ
両者の無駄のない動きに見とれてしまう。取っては取り返し取られては取り返すという目まぐるしい展開。ジェリー・リンがジャイアントスイングでクワックを場外の鉄板ボードにぶん投げつけるという元ECWチャンプらしいラフファイトも披露。最後はリンがクレイドル・パイルドライバー(ゴッチ式パイルドライバー)でクワックを決めて勝利。

p1020049.jpgp1020053.jpgp1020058.jpg

ネクロ・ブッチャー & タイラー・ブラック & デリリアス VS ジミー・ジェイコブス & オースティン・エリーズ & ブロディ・リー
基本イリミネーションルールで退場者がでるたびにルールが変わっていくという題して「レボリューション・ルール」。案の定、ルールが複雑すぎてファンがついていけないといった置いてけぼり感たっぷりの試合だった。で、ネクロさんが青いバンダナで「ウガー!」と叫びながら入場。いきなりブロディ・リーとグーパンチ合戦がはじまる。かなりえぐい角度でネクロさんのグーパンチがブロディ・リーのアゴに炸裂。リーもやりかえすが一歩も引かないネクロさん。ことグーパンチに関してはネクロさんの方が一枚も二枚も上手だった。

p1020063.jpgp1020069.jpgp1020070.jpgp1020072.jpg

まずオースティン・エリーズがデリリアスに垂直落下式ブレーンバスターを決めてデリリアス退場。ネクロさんがコーナーポストから場外へトペアトミコ(というか単に下に落っこちた捨て身技)を決めるも左足のかかとをザックリと切ってしまう。かかとから皮膚みたいなものがぷらぷらと…。急遽テーピングで補強してブロディ・リーとネクロさんが場外乱闘になり何故かそのままバックステージへ消えてしまう。そこに「両者失格!」とアナウンスが入ってファンから大ブーイングが飛ぶ。

残ったジミー・ジェイコブスとオースティン・エリーズは1人になったタイラー・ブラックをタコ殴りにするがすぐに仲間割れ。オースティンのドロップキックがジェイコブスに誤爆。すかさずタイラーがエンド・タイムを決めてオースティン退場。タイラーとジェイコブスの一騎打ちに。最後はタイラーがジェイコブスにゴッズ・ラスト・ギフト(スモールパッケージ・ドライバー)を決めて勝利。ネクロさんの一人舞台といった印象。この大会で一番のがっかり試合。

p1020075.jpgp1020077.jpgp1020078.jpgp1020081.jpg

ブライアン・ダニエルソン & “X” VS バイソン・スミス & “X” (with プリンス・ナナ)
バイソン・スミスのマネージャーでガーナ王子のプリンス・ナナが「X」だった今夜のパートナーを呼び込む。その正体はジミー・レイヴ。ブーイングと歓声がごちゃ混ぜ状態。対するブライアン・ダニエルソンのパートナーとしてグリズリー・レッドウッドが入場してくるとファンは一斉にブーイング。すぐにバイソン・スミスに蹴散らされるレッドウッド。代わりに入場してきたのがコルト・カバーナ。会場が割れんばかりの大歓声。「Welcome Back !!」の大合唱。

p1020089.jpgp1020092.jpgp1020093.jpgp1020102.jpg

序盤はコルトとダニエルソンの小刻みなタッチワークでレイヴを孤立させていく。変形のボーアンドアローでタップ寸前のレイヴ。復帰戦でいきなり手厚い洗礼を受ける。やっと交代したバイソン・スミスはパワーレスリングで押しまくる。ダニエルソンがバイソンを客席へと投げ捨ててそのままニューヨーク恒例のトペ・スイシーダを決める。

スミスとダニエルソンが場外でやりあっているすきにレイヴがヒール・フックを狙いにいくがコルトがそれをかわしてレイヴを丸め込んでピン。コルト&ダニエルソン組の勝利。試合後マイクを取ったコルトは「もう俺の入場曲はかかったから残ってるのはー」とダニエルソンを指さす。すると場内にヨーロッパの「ファイナル・カウントダウン」がかかりファンが大合唱。この日一番の盛り上がり。

p1020109.jpgp1020114.jpgp1020117.jpgp1020119.jpg

ジェイ・ブリスコ VS ディーロ・ブラウン
小さな子供が「Let’s Go D-Lo !!」と声援している。彼はそうとうマニアックなファンだ。ちらほらと「Boring!」チャントがあるなかジェイがコーナーポストからギロチンを狙うもディーロにかわされ自爆。それをすかさず丸め込んでディーロの勝利。一瞬なにが起きたのか狐に摘まれたようなフィニッシュだった。

p1020122.jpg

(C)ケヴィン・スティーン & エル・ジェネリコ VS デイヴィー・リチャーズ & エディ・エドワーズ(with サラ・デル・レイ & シェイン・ハガドーン)
セミファイナルはROH世界タッグ王座戦。椅子をリングに投げ込んだエル・ジェネリコがいつも以上にヒートアップしている。No DQだけに椅子を使ってかなりのラフファイト。アメリカン・ウルヴスは痛めていたスティーンの膝に集中攻撃をはじめる。

p1020125.jpgp1020130.jpgp1020131.jpg

スティーンがラダーを持ち込んで反撃にでる。アメリカン・ウルヴスをコーナーに座らせスティーンの飛び込み式セントーン。ノックアウトしているウルヴスにラダーを持たせエル・ジェネリコがコーナーポストからサマーソルト・ドロップを決めるがカウントツーでキックアウト。スティーンがエドワーズを椅子めがけてフィッシャーマンス・バスターで投げつけるもまたカウントツーでキックアウト。椅子がぐんにゃり。

最後はスティーンがシャープシューターを決めてリチャーズがタップアウト。スティーン&ジェネリコ組が王座防衛。しかし試合後も気が収まらないアメリカン・ウルヴスはスティーンをロープに貼り付けにして椅子で膝を殴り続ける。負けたはずのアメリカン・ウルヴスが王座ベルトを持ってバックステージへと帰っていく。技を受けるだけ受けつつも気迫のこもった攻撃を見せたエディ・エドワーズが一番輝いていた試合だった。

p1020133.jpgp1020134.jpgp1020142.jpgp1020147.jpg

(C)ナイジェル・マッギネス VS KENTA
ナイジェルは左肩と腕にがっちりとテーピングをしている。KENTAはそこを容赦なく攻撃。キック主体のKENTAに対してナイジェルはロープに逃げて防戦一方。序盤は膠着した場面もみられたせいか会場からは「Boring!」チャントもちらほら。

p1020148.jpgp1020150.jpgp1020157.jpg

ナイジェルがタワー・オブ・ロンドンでKENTAをノックダウンさせると反撃開始。しかしまた腕責めを食らってしまいKENTAペースに。ナイジェルが場外の鉄板ボードにKENTAを投げようとするとKENTAが切り返して逆に叩きつけられてしまう。すかさずKENTAがコーナーから場外へニードロップ。カウント19で両者同時にリングイン。またも腕へ容赦ないキックを浴びせるKENTA。フィッシャーマンズ・バスターを決めるがナイジェルがカウントツーでキックアウト。

KENTAがフライング・ラリアットを決めるがまたしてもナイジェルがカウントツーでキックアウト。フォールの取り合いからナイジェルの固め技ロンドン・ダンジョン。ロープに逃げるKENTA。更にトップロープにKENTAを担ぎ上げタワー・オブ・ロンドンを決めるがこれもカウントツーでキックアウト。場内プチカオス状態に。

p1020159.jpgp1020163.jpgp1020166.jpg

もう一度タワー・オブ・ロンドンを狙いにいくがKENTAがかわして雪崩式ファルコンアローを決める。またもカウントツー。更にKENTAがジャーマンスープレックス・ホールドを決めるがこれも駄目。決めにかかるKENTAはGo 2 sleepをぶち込むもナイジェルがロープブレイク。息を吹き返したマッギネスは場外へタワー・オブ・ロンドンを決める。

リングに戻ってジョーブレイカー・ラリアットを狙うがKENTAにかわされる。またまたGo 2 sleepを狙うKENTAだったがうまくかわしたナイジェルが逆にGo 2 sleepを決める。KENTAがツーでキックアウト。たため込むようにナイジェルがロンドン・ダンジョンを決めると堪らずKENTAがタップアウト。ナイジェル・マッギネスが王座防衛。

p1020173.jpgp1020179.jpgp1020180.jpg

 

いままで観てきたニューヨークのショーの中では一番盛り上がりに欠ける大会となった。新体制になってテレビ放送などで新しいファンを開拓しているように見えるがニューヨークという比較的ヒートアップしやすい場所でこのような内容ではすこし不安が残るといった印象。もしジミー・レイヴとコルト・カバーナの復帰がなければどうなっていたか…。ディーロ・ブラウンやバイソン・スミスのようなレスリングスタイルというのは今までのROHには無かったものでこれをどうやってストーリーラインに乗せていくのかブッカーであるアダム・ピアースの腕の見せどころだろう。8年目を迎えたROHにとっていまが一番の転換期。いま言えることはファンのニーズにもっと耳を傾けて欲しい、それだけだ。

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 4 of 10« First...2345610...Last »

ホーム > タグ > Necro Butcher

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る