ホーム > タグ > Necro Butcher

Necro Butcher

月刊 ネクロ・ブッチャー vol.3

 

p1020025.jpg

アカデミー賞授賞式にちらっと出演した(『ザ・レスラー』のワンシーンが流れた)マンハッタンドロップの顧問ネクロ・ブッチャー(何度も書きますが本人はボンヤリと顧問であることを容認)がまた一段とだらしないカラダになってまいりました。3月1日のROHフィラデルフィア大会では巨大ホッチキスを片手に裸足で大暴れ。ビール腹なのに大人気です。

さてそのネクロさん、去年ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞した『ザ・レスラー』を自分が出演しているにも関わらず、ほとんど内容を知らない(というか映画自体を観てない)ありさま。まさかまだ…とおもい尋ねてみると…。

――おひさしぶりです。
ネクロ: (何故かピースサインで)ハーイ!

――なんかまた腹が出てきたような気がするんですが。
ネクロ: (腹をさすりながら)ガハハッ。全部ビールだよ。

――さすがムービースターは違いますねえ。貫禄が出てきたっていうか…。
ネクロ: やめてくれよムービースターだなんて。

――ところで、『ザ・レスラー』はまだ観てないんですか?
ネクロ: あー観た観た。DVDで観たよ。

――はあ?映画館じゃなくて?
ネクロ: ああ。友達がくれたDVDでね。映画だと金がかかるだろ。あとほらうちは田舎だからさ、映画館まで遠いんだ。

ということで今ごろ観たそうですが惜しくも感想は聞けずじまい。試合後だったので早くビールが飲みたいらしく急いでいたのが原因という…。どんだけビールが好きなのかと。ちなみに『ザ・レスラー』のDVD発売は4月21日予定です。

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

キング・オブ・トリオスにDDT勢が参戦

 

kot_team161.jpg

先日もお伝えしました、チカラプロ主催によるキング・オブ・トリオス(6人タッグマッチトーナメント)に、飯伏幸太・KUDO・中澤マイケルからなる『TEAM DDT』の参戦が決定した模様です。開催日は3月27~29日の3日間。場所はいずれもフィラデルフィア(旧ECWアリーナ)。

ということで全ての出場トリオが決定しました。統一感のない人選がかえって妄想の入った想像力をかき立てられてしまいまう。もしかしたら、今年の日本人枠として選ばれた『TEAM DDT』が、デスマッチやさぐれ三人組ことネクロ・ブッチャー、トビー・クライン、ブレイン・ダメージの『THE DEATH MATCH KINGS』と対戦してしまうかもしれない。飯伏とネクロが同じリングに立ってしまうというこの不条理な空間。 時空が歪んでしまう可能性大です。

他にもジョニー・セイント、アル・スノー、デリリアス、オシリアン・ポータルズ、エル・ジェネリコ、オースティン・エリーズ、ブロディ・リー、といったキーとなるレスラーが数多く出場するこのトーナメント、目が離せません。マンハッタン・ドロップではこのキング・オブ・トリオスの模様を、現地からリポートする予定です。どうかお楽しみに。

 

- CHIKARA “King of Trios 2009″
March 27, 28 & 29, 2009 ~ The Arena, Philadelphia, PA

FEATURING:
1. The Masters of a Thousand Holds (Mike Quackenbush, Jorge “Skayde” Rivera & Johnny Saint)
2. The Osirian Portal (Ophidian, Amasis & Escorpion Egipcio)
3. Incoherence (Hallowicked, Delirious & Frightmare)
4. Team PWG (El Generico, Matt Jackson & Nick Jackson)
5. The Future Is Now (Lince Dorado, Helios & Jimmy “Equinox” Olsen)
6. The Death Match Kings (Necro Butcher, Toby Klein & Brain Damage)
7. The F1RST Family (Arik Cannon, Darin Corbin & Ryan Cruz)
8. Da Soul Touchaz (Willie Richardson, Trauma & Marshe Rockett)
9. Team CZW (Beef Wellington, Pinkie Sanchez & Greg Excellent)
10. The Cold Front (Al Snow, Iceberg & Glacier)
11. F.I.S.T. (Gran Akuma, Chuck Taylor & Icarus)
12. The Roughnecks (Brodie Lee, Eddie Kingston & Grizzly Redwood)
13. Team Uppercut (Claudio Castagnoli, Dave Taylor & X)
14. Team EPIC WAR (Austin Aries, Tony Kozina & Ryan Drago)
15. The UnStable (Vin Gerard, STIGMA & Colin Delaney)
16. Team DDT (Kota Ibushi, KUDO & Michael Nakazawa)

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ROH コネチカット大会(2月27日)

 

2月27日 ROH@コネチカット大会

ボビー・フィッシュ VS パパドン
ボビー・フィッシュの勝利

ケニー・キング & レット・タイタス VS エリック・スティーブンス & ボビー・デンプシー
この4人の中で、唯一キャリアがあるのがエリック・スティーブンスのため、彼を中心に試合を展開。レット・タイタスとボビー・デンプシーはコミックタイプのレスラー(ROHレスリングスクール出身)。ケニー・キングはずる賢いことをするレスラー。そのため試合内容はややコミック気味。ケニー・キングが、スティーブンスのドクターボムを切り返し、ロープ下段に足をかけて3カウント奪取。

クロウディオ・キャスタニョーリ VS ブレント・オーブライト
入場してきたオーブライトを見て、今までよりも随分と体を絞ったと感じていたら、次に出てきたクロウディオの体も今までよりも絞られていた。試合はオーブライトが大技連発。実力のある二人なだけにもっと噛み合った試合ができるはずなのに、サブミッションをし掛けているオーブライトの両肩がマットについているためレフェリーが3カウントを取ったと同時に、クロウディオがタップアウトをしてドローという何とも不透明な結果に。オーブライトが5分の延長を要求するもクロウディオは無視してバックステージへ退散。ブッカーが変わってからこのような不透明な決着→後日再戦という流れが多いのは気のせいか?

クリス・ヒーロー & エディ・エドワーズ VS ケヴィン・スティーン & ジェイ・ブリスコ
ヒーロー&エドワーズは、ご存じラリー・スウィーニー率いるスウィート&サワー・インクのメンバーなのだが、なぜか今日は肝心のスウィーニーが不在。試合は場外乱闘から始まり、途中でスティーンが集中攻撃に遭ったりジェイが鼻血を出すも、ジェイがヒーローを肩車をし、スティーンがダブルインパクトで3カウント奪取。試合終了後、スウィート&サワー・インクが総出でジェイ&スティーンを攻撃するも、怪我で欠場中のマークが救出に入り終了。

p1010782.jpgp1010789.jpgp1010800.jpg

~休憩~

デリリアス VS ブライアン・ダニエルソン
先日もお伝えしたようにテレビ放送が決定したため、よくある権利の問題のために入場曲を変更せざるを得なくなったROH。ここまで出てきた選手は全員新しい曲で入場してきたにもかかわらず、ブライアン・ダニエルソンだけは今までと同じファイナル・カウントダウンで登場。アメリカン・ドラゴン=ファイナル・カウントダウンという図式が出来上がっているため、変更することはできないとROHが考えたらしい。試合中にはリング下からジミー・ジェイコブスが常にデリリアスに指示を出すも、スモールパッケージホールドでブライアンの勝利。試合終了後にはジミーとデリリアスが口論をし、仲間割れしそうになるも最後には仲直り。

p1010820.jpgp1010826.jpgp1010841.jpg

オースティン・エリーズ VS サミ・カラハン
サミ・カラハンはここ最近あちこちで名前が聞かれるようになった注目株。客席からはCZWコールも。オースティンは、年末に行われた“ファイナル・バトル”でヒールターンしたため、それに合わせてレスリングスタイルも変わった印象。ヒールと言っても完全悪なヒールではなく、ちょっと笑われるヒールという感じで、試合運びものらりくらり戦法といった感じ。正直、オースティンには合っていない。垂直落下式ブレーンバスターからの体固めでオースティンの勝利。

p1010842.jpgp1010848.jpg

ネクロ・ブッチャー VS ブロディ・リー
ブロディ・リーもここ最近色んな団体で注目を浴びるレスラーの一人。体もとても大きく、ランニングにジーンズ姿なところも我らの顧問とちょっと被る。試合はキャリアの差を見せつけ我らがネクロの勝利。

p1010857.jpgp1010861.jpgp1010867.jpg

p1010871.jpgp1010870.jpgp1010873.jpgp1010874.jpg

p1010875.jpgp1010881.jpgp1010883.jpgp1010887.jpg

ジミー・ジェイコブス VS ジェリー・リン VS タイラー・ブラック VS ナイジェル・マッギネス
ナイジェルの持つROH世界王座のベルトを巡っての4ウェイ戦。試合開始早々はタッチしてばかりでなかなかスタートメンバーが決まらず、ようやくジェリー・リンとタイラー・ブラックの二人に落ち着く。最初からずっとジェリー・リンが出っぱなしで、どう考えても不利な状態。まずはナイジェルがリンをフォールして、リン脱落。すかさずブラックがリングインし、なんとかナイジェルを仕留めようとするも、場外乱闘から場外カウントアウトで脱落(カウント18でリングに戻ろうとしたところでジミーに足を引っ張られ戻ることができず)。その後すぐにナイジェルがジョウブレイカーからジミーをフォールし、3カウント奪取で王座防衛。

p1010891.jpg

 

 

【文・Shiori

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

キング・オブ・トリオスに顧問が参戦

 

チカラプロ主催によるキング・オブ・トリオス(6人タッグマッチトーナメント)に、我らがマンハッタンドロップ顧問ネクロ・ブッチャーの参戦が決定しました。

しかも他のパートナーが凄い。ネクロ・ブッチャーとデスマッチ界最強のタッグチーム(タフ・クレイジー・バスターズ)を結成し、CZWタッグチャンピオンにも就いた“ミスター・インサニティ”ことトビー・クラインと、現CZWアイアンマンチャンピオンでウルトラバイオレンスでお馴染みCZWトーナメント・オブ・デスにも常連のブレイン・ダメージという最狂の人選。でまたトリオ名も“ザ・デスマッチ・キングス”とそのまんま。どう考えてもこの人選は狂ってる(もちろん良い意味で)。

ということは、もしかしたらですよ、このやさぐれ3人組が、イギリスの魔術師ジョニー・セイントのトリオと対戦するかもしれない。ネクロが60歳をこえたジョニー・セイントに、グーパンチをお見舞いするというザッツ・プロレスな光景というのもありえる。というか、あってはいけないことなんだけれども、もう想像するだけでお腹いっぱい夢いっぱいの闘いのワンダーランド状態。

ジョニー・セイント、スカイダ、ネクロ顧問、トビー・クラインにブレイン・ダメージて…。まだこれに日本勢も加わるとあってこのトーナメント、目が離せません。

 

まだ抗争していた頃のネクロとクラインの試合(PCモニターをぶん投げるシーンが素晴らしい)

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

月刊 ネクロ・ブッチャー vol.2

 

2008_12280013.jpg2008_12280014.jpg2008_12280015.jpg

ヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞を受賞した映画” The Wrestler “で、あのミッキー・ロークとも共演している国際的ムービースターこと我がマンハッタンドロップ顧問(本人ぼんやりと承認済み)のネクロさん。ROHニューヨーク大会終了後、会場前でファンからのサイン攻めに会い、プロレス会場へ行くときはしっかりとした服装を着るのがオレのポリシーという言葉通り、全体に鳥居のデザインをあしらったへんてこな和風柄のアロハに赤いバンダナという出で立ちで快くサインに応じる姿は、ムービースターそのもの。泣けてくる。いろんな意味で。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 5 of 10« First...3456710...Last »

ホーム > タグ > Necro Butcher

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る