ホーム > タグ > NOAH

NOAH

ROH日本公演詳細・その4 / ROH Japan tour 2008#4

 

ROH日本へ再上陸
http://www.rohwrestling.com/news/article.aspx?id=2202

9月13日、14日にROHが再び日本へ上陸します。各日共にディファ有明にて開催。初日はドラゴンゲート所属選手、そして2日目はプロレスリング・ノア、健介オフィス、そしてDDT所属選手がゲストとして登場いたします。初日のカードは先週発表しましたが、2日のカードは下記の通りとなります。

 

ROH日本公演 於:ディファ有明
9月14日 16時試合開始

■ROH世界王座戦(王者が当日まで防衛していた場合)
ナイジェル・マクギネス(王者)対 ジミー・ジェイコブス(挑戦者)

■GHCジュニアヘビー級王座戦
金丸 義信 対 ブライアン・ダニエルソン

■ドリームタッグチームマッチ
丸藤 正道 & 中島 勝彦 対 KENTA & 飯伏 幸太

■健介オフィス 対 ROH
佐々木 健介 対 ロドリック・ストロング

■ROH遺恨マッチ
オースティン・エリーズ 対 タイラー・ブラック

■スペシャルタッグチームマッチ
ジェイ & マーク・ブリスコ 対 森嶋 猛 & デイヴィー・リチャーズ

■NOAH 対 ROH
石森 太二 対 エル・ジェネリコ

■ボーナスマッチ
エディ・エドワーズ 対 宮本 和志

今後もROHwrestling.comにて順次ニュースをアップしていきますので、お楽しみに!

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

ROH日本公演詳細・その2 / ROH Japan tour 2008#2

 

ROH Returns To Japan

Saturday, June 14, 2008

Ring Of Honor will return to Japan this year for two events in Tokyo at Differ Ariake on September 13th and 14th. The first card will feature Dragon Gate wrestlers. The second show will have cooperation from Pro Wrestling NOAH. There will also be some other independent Japanese wrestlers on the event.

These will be authentic ROH events. Signed to be there on 9/13 & 14 are:
-ROH World Champion Nigel McGuinness
-ROH World Tag Team Champions Jimmy Jacobs & Tyler Black
-FIP World Heavyweight Champion Roderick Strong
-Bryan Danielson
-Jay & Mark Briscoe
-Austin Aries
-Davey Richards & Eddie Edwards from Sweet & Sour Inc.

Last year’s “Live In Tokyo” and “Live In Osaka” events were a success with the live crowd in Japan and DVD buying audience. ROH officials want to thank all the fans for making another tour possible. We will have more news on the Japanese participants in the upcoming months. ROH is set to return to Japan with title bouts, grudge contests and dream matches. This tour will be bigger than ever!!!

 

ROHは9月13日及び14日の2日間、ディファ有明において日本公演を行います。初日はドラゴンゲートの選手、そして2日目はプロレスリング・ノアの選手を迎えての公演となります。また両日共に日本のインディー団体所属選手の出場も予定されています。

これらの公演はアメリカで行われているものと変わらない従来のROHの公演です。現在決定している参加選手は下記の通りとなっております。
-ROH世界王者、ナイジェル・マッギネス
-ROH世界タッグ王者、ジミー・ジェイコブス & タイラー・ブラック
-FIP世界ヘビー級王者、ロドリック・ストロング
-ブライアン・ダニエルソン
-ジェイ & マーク・ブリスコ
-オースティン・エリーズ
-デイヴィー・リチャーズ & エディ・エドワーズ(スウィート&サワー・インク)

昨年の“ライブ・イン・トーキョー”と“ライブ・イン・オーサカ”公演は、会場に足を運んで頂いたファン、そしてDVDを購入して頂いたファンの皆様のおかげで成功を収めることができました。今回再び日本に戻って来ることができ、ファンの皆様には本当に感謝しております。日本公演の詳細に関しては、今後逐次発表していきますので詳細をお待ち下さい。日本公演ではタイトル戦、遺恨試合、ドリームマッチ等を予定しております。昨年よりもさらにパワーアップしたROH日本公演に是非ご期待下さい!

 

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

ナイジェル・マッギネスvs潮崎豪 (ROHヘビー級王座戦)

 

2008年6月7日 ROHフィラデルフィア大会

入場してくる潮崎豪のカラダが大きく見えるのは気のせいなのか。もちっとした感じで日本人特有のゴツさ。もちゴツ。ヒールチャンピオンのナイジェル・マッギネスに観客からの容赦ないブーイングが飛ぶ。あそこまでブーイングされるとヒール冥利に尽きるなと思った。とても柄の良いとはいえないフィラデルフィアの観客を見事にコントロールしているナイジェルはさすがだなと。

しかし、ナイジェルを応援するファンもいるので、両方のファンから「レッツゴー・ナイジェル!」と「レッツゴー・ゴー!」コールが交互に大合唱される。ここで注目して欲しいのは、「レッツゴー」と「ゴー(豪)!」がかぶっていること。かぶっているというか偶然か。にしても「豪」という名前は英語圏では呼びやすくていいなと思った。

序盤から飛ばしぎみの潮崎にたいして、冷静にヒール的なムーブをくりかえすナイジェルは、ファンからのブーイングを浴びてさらに煽る。徐々にヒートアップしていく。起き上がり小坊師式の逆水平チョップの音が「ビシッ!ビシッ!」と場内にひびく。ナイジェルの胸板が真っ赤。一度あの逆水平チョップをマジパワーで受けてみたいのだけれども、あの内出血した真っ赤な胸板を見ると萎える。痛みがわかりやすいという点において逆水平チョップは最強な技だと思った。

中盤、ナイジェルが場外へのタワーオブロンドンを仕掛けるがタイミングが合わずに失敗。その後は潮崎の左腕を執拗に攻めまくる。ガクッと膝をついて左腕をかばう潮崎。すかさず流れるようなナイジェルのキャッチレスリングで休む暇を与えない。緩急がついた動きが見ていて飽きないし、こういったヨーロピアンレスリングもハイフライヤー主体のアメリカインディー団体にも必要なスタイルなんだなと思った。

相変わらずブーイングを浴びまくるナイジェルはヨーロピアンエルボーで潮崎をさらに追い込む。それに対し逆水平チョップで反撃する潮崎。エルボー対逆水平チョップの乱打戦がはじまる。乱打戦を制したナイジェルが潮崎をコーナーポストに乗せ雪崩式のブレーンバスターを決める。しかし「ブワァー!」と叫びながら立ち上がる潮崎はトラースキックを放ちナイジェルをコーナーポストにバックドロップ。逆にナイジェルをコーナーから雪崩式ブレーンバスターで投げつけラッシュをかける。

終盤、潮崎の豪腕ラリアットが決まるがツーでキックアウト。続けて逆水平チョップでフォールするがツーでキックアウト。さらにムーンサルトプレスを放つがまたしてもツーでキックアウト。場内は「ゴー!ゴー!ゴー!」コール一色。休むことなくノーザンライトボムを決めるがツーでかえすナイジェル。張り手合戦で盛り上がる会場内。最後は、潮崎のトラースキックを食らったナイジェルがジョー・ブレーカー・ラリアットを決め、ナイジェルのロンドンダンジョン(キャメルクラッチの体勢でうつ伏せになっている相手の片腕を後方ににそり曲げて固める固め技)で潮崎がタップアウト。

どうしてもナイジェルの巧さが印象に残ってしまうけれども、潮崎の持ち味も十分発揮できたし、痛みが伝わってくるいい試合だった。試合後にナイジェル緊急インタビューしましたので後日掲載します。お楽しみに。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

永源遙

 

2008_06080010.jpg

きのう、ROHフィラデルフィア大会の会場に、ROHのTシャツを着たツバ攻撃でお馴染みの永源遙さんの姿が!

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

ネクロ・ブッチャーvs森嶋猛 / Necro Butcher vs Morishima

 

2008年5月10日 ROHニューヨーク大会

まずネクロの入場曲がトム・ペティの「I Won’t Back Down」で笑った。ゆるい。ゆるすぎる。きっとなにかの手違いなんだろうけれども、それに相反してネクロときたら、いかりや長介ばりに下唇を突きだし「フガー!」とか叫びながら入場。泣けてくる。会場内からは自然発生的に大ネクロコール。手をグルグル回しながらそれにこたえるネクロはどこか緊張しているようにも見えた。

つづいて森嶋が入場すると軽いブーイングと「モロシマ!」という間違ったチャントが起きる。「モり」の発音が駄目らしい。俺のカラダはビールで作られていると公言し、デスマッチ一筋に生きてきたやさぐれプロゴルファー猿ことネクロ・ブッチャーと、プロレスリング・ノアの現役チャンピオンの森嶋が対峙する絵面がありえなさすぎる。にらみ合う両者が漫画のようで、こういう状況を実際に見てしまうと人間ていうのは思わず笑ってしまうらしく、興奮しながら笑うという経験をはじめて味わった。

開始のゴングが鳴るやいなや、いきなり森嶋の顔面にグーパンチをぶち込むネクロ。ロックアップから腕を取ったり、ヘッドロックで相手の体力を消耗させるとか、そういった試合の駆け引きなんて一切する気配なし。そのままグーパンチと足蹴りと頭突きの連続攻撃で序盤からラッシュをけかる。森嶋を場外へと追いやりリング脇のテーブルに森嶋の頭を叩きつけ、ゴングで殴りかかるネクロ。さらに森嶋の口の中に木槌を押し込む無駄ムーブ。やることなすこと無計画な感じがひしひしと伝わってくる。場外マットをはがしてパイルドライバーを狙おうとするが案の定あっさりと返されるネクロは森嶋の強烈なラリアットを食らって大の字。ここから森嶋の反撃がはじまる。というかここからがネクロの本領発揮。

場外でダウンするネクロへ森嶋のボディアタックが炸裂。フーラフラのネクロをリングにあげてコーナーに座らせてランニングヒッププッシュ。しかしここでまたしても大ネクロコール発生。やられればやられるほどネクロコールが大きくなっていく。そしてなんと森嶋に向かって中指を立てるクレイジーなニューヨークの客が続出。会場の声援に奮起したネクロが森嶋をボディスラムで投げようとするが、さすがに重いのかヨタヨタとよろけてしまい完璧には投げきれない。会場からは軽く失笑が。またもや森嶋の一方的な攻撃がはじまる。無意味な側転からのボディアタックで完全にのびてしまうネクロ。新宿駅の裏手にいるその日暮らしの方々のような見事なのびっぷりが目に焼きつく。泣ける。

しかしネクロにチャンスがおとずれる。コーナーポストからドロップキックを狙った森嶋が自爆。森嶋を立ち上げグーパンチで殴りまくると、コーナーポストから不格好にボディアタックを決めるネクロ。リング下にあったパイプ椅子を持ち込みそれめがけて森嶋をDDTに決める。さらにパイプ椅子で殴りかかろうとするが森嶋に取られてしまい逆に殴られてしまうネクロ。あー。やっぱしな。しかしツーカウントでキックアウト。やられてもやられても起き上がるネクロにまたもや大ネクロコール発生。するとリング中央に椅子をセットした森嶋が、ネクロをコーナーポストへと担ぎ上げて雪崩式バックドロップを狙おうとする。パイプ椅子めがけて雪崩式バックドロップはきつすぎる。ネクロ大ピンチ。ファンからの「ネクロが死ぬから止めてくれ」という悲鳴もむなしく、森嶋の太い腕にロックされたネクロのカラダが宙を舞う。パイプ椅子の背もたれ部分に後頭部から落ちるネクロ。まるで漫画。もう駄目かと思ったそのときネクロのスタンドであるデスマッチジーザスが降臨。またしてもカウントツーでかえす。ものすごい大ネクロコール。しかし一瞬のすきに森嶋の豪快なバックドロップが決まりスリーカウントが入ってしまう。森嶋の勝利。

リングをあとにした森嶋には大ブーイング。リング上でうずくまるネクロには大ネクロコール。あまりにも対照的だった。そして拍手に送られてリングを降りるネクロはふらふらと最前列にいた奥さんに近寄ってハグ&キスをしていた。泣ける。ネクロが引き上げたあと、こんどはネクロの奥さんに「ミセスネクロ!」の大合唱。それにペコリとお辞儀をしてこたえる奥さんがかわいらしかった。

いやー負けた。ネクロは試合に負けたが勝負には勝った、と思う。ぶっちゃけて言うと森嶋にはもっと攻めて欲しかったしもっと滅茶苦茶にして欲しかった。いままでの血みどろなデスマッチからしたら確かにゆるい試合だったかもしれないが、ネクロらしさが十分に伝わってきた試合だった。試合後にネクロの奥さんへインタビューを決行。また後日掲載します。お楽しみに。

【文・ジュードーチョップ】

2008_05110002.jpg

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 1 of 212

ホーム > タグ > NOAH

検索
Calendar
« 2017 年 5月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る