ホーム > タグ > Pierrothito

Pierrothito

マスカリータ・ドラーダ vs ピエローシート

 

8月15日 チカラプロ@ペンシルバニア州イーストン

ときに日本からヌルヌルは世界共通を唱える中澤マイケルやゴールデンスター飯伏幸太を招集したかと思えば、キャッチ・アズ・キャッチ・キャンを得意とする魔術師ジョニー・セイントをイギリスから招集するなど、チカラプロの多岐にわたった(個人的にはツボすぎる)ブッキングにはいつも驚かされる。で、今回はミゼット界のリビングレジェンドことマスカリータ・ドラーダ(マスカリータ・サグラーダ)というまさかのチョイス。毎年恒例のチカラプロ主催ヤングライオンズカップの合間に行われた特別試合の模様をリポートします。

p1030644.jpgp1030645.jpgp1030647.jpg

小学生の感想みたいで恐縮だけれどもびっくりするほどに小さかった。想像以上だった。しかしリビングレジェンドのオーラが出まくりで、入場と同時に客(主に筆者)の心を鷲づかみ。対するピエローシートもメキシコマット界では有名なルチャドール。プエルトリコ国旗を掲げながらスペイン語混じりの英語で抜群のヒールっぷりをアピールする。

p1030648.jpgp1030650.jpgp1030651.jpg

序盤は手の取り合いやジャベを使いつつクラシカルなルチャスタイル。無駄な動きがないうえに流れるような攻防がお客さんの意識をぐいぐいとリング上へ引きつけていく。マスカリータの常人離れしたスピードもさることながらピエローシートの柔軟な受けの技術もすごかった。この二人でしかできない特別なルチャスタイルといった印象。そして技が決まると見得を切るようにスパッと手を挙げるマスカリータが戦隊モノのワンシーンのようで格好良すぎた。

p1030654.jpgp1030660.jpgp1030664.jpg

終盤に差し掛かると一気にスピードアップしていく二人。マスカリータがコーナーポストから場外へプランチャ・スイシーダを決める。飛ぶと言うよりもフワッと浮いて着地したみたいな大きめの白いムササビのようなだった。完全にマスカリータの押せ押せムード。しかし高速の回転式ヘッドシザースをかわしてマスカリータをグラウンドへともちこみ、最後はコブラストレッチを決めたピエローシートの勝利。パターン化された動きの中にも殺気を感じさせてくれる試合だった。

 

本場ミニエストレージャの試合が目の前で観ることができたというアタシのおかしなテンションとは裏腹に、会場にいたお客さんの薄い反応が気になった。ハッキリ言ってチカラプロが呼んでくるチカラ以外のレスラーは玄人好みすぎる。どうだこのレスラー知ってるか?みたいな、ある意味プロレスヲタク度を試されているかのような挑戦状にも似たレスラーチョイス。個人的には悪くないと思った。このままこの路線を突き進んで欲しいし、世界にはまだ見ぬ強豪が沢山いるはずなので、チカラプロにはどんどん招集していただきたい。そういえば日本にも映画のキャラクターに感化されて肉まん屋でバイトするレスラーもいるんだ。チカラプロさんどうかひとつ。

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 1 of 11

ホーム > タグ > Pierrothito

検索
Calendar
« 2017 年 6月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る