ホーム > タグ > PWS

PWS

PWS ニューヨーク大会


5月8日 PWS @ステピナック・ハイスクール体育館 ニューヨーク州ホワイトプレインズ

事前発表と当日のカードが毎回しれっと変わっていることでおなじみのプロレスリング・シンジケート(PWS)のレビューを今回は写真中心でお届けします。

p1060313p1060314

会場はニューヨーク郊外にあるハイスクールの体育館。昼間に選手達のサイン会が開かれ夜にプロレスという二部構成。およそ八割の入りでほとんどがファミリー客が中心。そしてなんと一般客としてチカラプロにも出場しているピンキー・サンチェスの姿もあった。いきなり前チャンピオンのバター・ビーンがリングイン。どこから首でどこからが肩なのか判断がつかないほどにまた一段と丸くなっていた。ビジュアル的にはかなりのインパクトがあって怪しさ満点。レスリングの内容としてはこれといって特筆すべきことは無し。

p1060323p1060325p1060329

レジェンドマッチと銘打たれたハクソー・ジム・ドゥガン対ドインク・ザ・イービル・クラウンことマット・オズボーンの試合が、入場の時点から何やら不穏な雰囲気を漂わせていた。ゴングが鳴らされても微動だにしない二人。ちょっと接触しただけでリングの外にエスケープするドインク。ものすごい形相で追っかけるジム・ドゥガン。観客は何のことか分からずにポカーン状態のまま試合は続く。するとドインクがストリートファイトをしようとジム・ドゥガンを場外へ誘って小競り合い。椅子で威嚇しながらジム・ドゥガンを迎え撃つドインクだったが、そのまま場外カウントが進んで両者リングアウト。完全にシュートマッチだった。後から聞いた話しによると二人はプライベートでとても仲が悪いとのこと。それを知ってわざとマッチメイクしたとしたらPWS恐るべしなのだがPWSかぎってそれはあり得ない、と思う。

p1060334p1060338

物販ブースにドッカリと腰をおろして試合を眺めるグレッグ・バレンタイン。分厚い胸板とたなびく金髪がなんともセクシーだった。元ROHのデズモンド・ウルフ(ナイジェル・マッギネス)はダン・マフを相手に卒のない試合を披露。インターミッション中に声をかけると「コンバンワ!」と甲高い声で挨拶してくれた。ROH最終戦で会ったとき以来のナイジェルは相変わらずいい人だった。

p1060339p1060344p1060349

新人レスラーのマネージャーとしてほぼ毎回出場しているオックス・ベイカー。肌の質感といい釣り上がった眉毛といいモンスターそのものだ。この日もムチを持ちながらリングの周りをゆっくりと歩くだけだったが、全出場選手の中でもその存在感はダントツで一番。ただし観るたびに顔色が悪くなっているのが気がかりでならない。ぶっちゃけオックス・ベイカーのためにPWSを観続けているようなものなので、なんとか体調を戻してまたムチくわえて子供達を追いかけていただきたい。TNAのベルベット・スカイもマネージャーとして登場。テレビで観るより化粧が濃くなかった。

p1060351p1060354p1060356

ダニー・デマントがバルコニーダイブして相手選手を病院送りにしてしまった。落ちた場所が胸部だったらしくピクリとも動かない。それを心配そうに見つめるバター・ビーン。岩みたいだ。

p1060357p1060362p1060371

インターミッション中には選手たちによるサイン会が開催され、バター・ビーンとAJスタイルズが並んでサインするという貴重なツーショット。やっぱり岩みたいだ。ネイチャーボーイ継承キャラのAJスタイルズはポール・バーチルと対戦。ものすごいブーイングと罵声を受けながらもJAスタイルズが勝利。アメージング・レッドはジェネレーション・ミー(元ヤングバックス)と対戦。ちょっと体重が増えたようにも見えたが華麗な空中技は健在だった。

p1060373p1060378p1060380

容姿が変わりすぎて誰だか分からなかったバンピーロと、メタル大好きジェリー・リンとの対戦。バンピーロがほとんど動けていなかった。ジェリー・リンの動きが良かっただけに非常に残念。長時間興行で客はダレダレだし特に盛り上がりもなくジェリー・リンが勝利。色んな意味で目が覚めた試合だった。


ユルい、長い、無駄に豪華、この三つがPWSの基本コンセプトだと思った。というかそれが一番しっくりくるしそれ以上のものは何もない。ただしオックス・ベイカーは飛び抜けて素晴らしいことになっているので、この際だからオックス・ベイカーをエースにすべき。ダメもとで。いや無理か。無理だよな。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ピンキー・サンチェス インタビュー/Pinkie Sanchez Interview


ど派手なコスチュームと人を食ったようなレスリングスタイルで試合会場を一気に明るくしてくれるピンク色のニクイ奴。今回は、マンハッタン・ドロップ注目の若手インディーレスラー、ピンキー・サンチェスにいろいろと話を聞いてみました。


――よろしくお願いします。では先ず、あなたのプロレスの師匠を教えてください?
僕は、ACE(American Championship Entertainment)という団体のスクールで3年ほどトレーニングしていたんだ。師匠はアズリエル(Azrieal)。他にもグリム・リーファーとか何人かに教わってはいるけど、主に師事していたのはアズリエルだよ。プロになってからは2年になる。

――小さい頃からプロレスが好きでしたか?
もちろん!小さい頃はよくプロレスを観ていたよ。ハルク・ホーガンが好きだった。4歳の時にプエルトリコに行ってからはプエルトリカンのプロレスやルチャリブレも観るようになったんだ。パソコンを使うようになってからは、日本のプロレスも観るようになったんだ。

――あなたはいままでCZWやPWS、それにCHIKARAなど、東海岸の様々なインディー団体に出場していますよね。デスマッチであったりルチャスタイルであったりとその団体のスタイルに違和感なく対応してるように見えるんですが、あなた自身では自分はどのようなファイトスタイルだと思いますか?
自分自身ではドラゴンゲートのCIMAだったり、TAKAみちのく、獣神サンダーライガーを混ぜたようなスタイルを目指してるんだけど、自分のファイティ ングスピリットの根本にあるのはエンターテインメント。リング上でダスティン・ローデスやハルク・ホーガンのような動きをするのもそのせいなんだ。

――いわゆる“コミック”と云われるスタイルのキャラクターで、ウルトラバイオレンスなデスマッチもこなしてしまうわけですが。
CZWには上がっていたけど、実際にそこまでのデスマッチはやっていないんだよ。でもデスマッチは好きだよ。まず情熱がないとあそこまでのものって出来ないでしょ?本格的なデスマッチをやるとしたら、まだまだ何年も先の話!僕は、ホミサイドのようなハードヒットなスタイルと、コミックをごちゃ混ぜにしたよ うなスタイルを目指しているんだ。ストロングスタイルというには、僕はまだまだ弱すぎるからね。

――日本のプロレスが好きということですが、対戦してみたい日本の選手はいますか?
うーん、難しい質問だなぁ。まず、いつの時代の誰でも良いって言うなら、大仁田かな。手にチェーン巻いてさ、電流爆破マッチをやる!あれはすごいよ…。そ れか、武藤か小橋。あのチョップを何度も胸で受けて、まだまだー!ってやりたい!今の選手なら、飯伏幸太。このまえチカラプロでの試合を目の前で観たけど、 彼は凄いよね。彼と思いっきり試合をしてみたいなぁ。

――で、また何でピンク色を基調にしたコスチュームを選んだのですか?
それはー、みんなが僕のことを「ピンキー!ピンキー!」と呼ぶようになって、それでピンクしかないなと。

p1030005.jpg

――話題を変えて、好きなテレビ番組は?
メタロカリプス(Metalocalypse)は大好きだよ。あのアニメ番組は狂ってて最高。アダルト・スイムも。ああいう狂ったアニメが大好き。

――好きな音楽は?
メタル大好き!ドラゴンフォース!(メロイックサインを振り上げたまま)オーイエー!あっ、でもマイケル・ジャクソンも好きかなあ。プリンスとかクリス・ブラウンとかも。あー、でも彼がやったことは評価できないけどねー(恋人のリアーナに対する暴行で話題になった)。メタル好きでダンスミュージックも好きってことかな。ドラゴンフォースとかのメタルは、トレーニングする時にすごく良いんだよ!腕立てとかする時に聞くでしょ?そうするとガンガンできるんだよ(笑)自分の限界を超えてもトレーニングを続けることができるってわけ。よし、まだまだ!って(笑)

p1030006.jpg

――あなたの入場曲(Toni Basilの「Hey Mickie」)といい、マイコー風のコスチュームといい、全て80年代テイストっていうのは何か理由があるんですか?
おーイエス。お母さんが80年代の人だからね。その影響でマイケル・ジャクソンとかよく聴くようになったんだ。それでかな。

――そういえばこれは是非お聞きしたかったのですが、このまえチカラプロの試合会場で子猫を連れていたのを見かけたんですがー、あれは?。
あーあれは僕の猫だよ。まだ3ヶ月で可愛いのなんの。いつも肩に乗っけて連れて歩いてるんだ。僕の初めてのペットなんだ。

――では最後に、日本のプロレスファンへメッセージを。
日本のプロレスファンはとても熱狂的だから、そんなファンの前で試合をしてみたい。どこでも誰とでも良いから、もし日本で試合をする機会に恵まれたらとても光栄だよ。



一見してとてもレスラーとは思えない細身のカラダだけれども、それを補ってあまりある強烈な個性とプロレスに対する情熱は生半可ではないピンキー・サンチェス。ドリフのもしもシリーズで例えるなら、『もしも、人を笑わせようと頼んでもいないのに面白アクションを連発してしまうクラスに必ず一人は居るひょうきんな奴がそのまんまプロレスラーになったら』、みたいなキャラクター。インディーならではと言ってしまえばそれまでだが、若干19歳にして自分のスタイルを掴んでいるように見えるから、末恐ろしい。マンハッタンドロップはこれからも彼のことを注目していくつもりです。


【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

PWS ニュージャージー大会(09年5月29日)

 

5月29日 PWS@ニュージャージー州ガーフィールド

ぐだぐだな進行、ゆるキャラ混じりのレトロな人選、トンデモなマッチメイク、どれをとっても抜群なプロレスリング・シンジケート。今回は、会場全体を覆いつくすユルユルな雰囲気を、写真と共にレポートしていきたいと思います。

 

まず開場時間を過ぎても会場内に入ることが出来ない。しかも何で入れないのか説明が一切ない。いきなりPWSクオリティに振り回されるお客さん達。仕方ないので入り口付近で待つことに。

p1020948.jpg

会場がニュージャージーにも関わらず、リングアナウンサーが「ニューヨークのみなさん元気ですかー!」と豪快に大ミスをぶちかましてから試合がスタート。するとオックス・ベイカーが無名サモア人レスラーのマネージャーとして登場。まるで作り物のような質感がたまらない。特に何をするというわけでもなく、杖をつきながらのっそのっそとリングサイドを一周しているうちに試合が終了。「バー!」とか叫びながらバックステージへ消えていった。

p1020958.jpg

ZERO1にも出場経験のあるショックウェーブ・ザ・ロボットがバトルロイヤルに登場。ちびっこファンからの声援は一切無し。お約束のロボットダンスのあと、よっこらしょと普通にロボットマスクを脱ぐのがなんともユルい。

p1020971.jpgp1020976.jpg

元ECW(WWE)のザ・ゾンビが走って入場してくると、血だらけの口で「ウガー!」と叫びながらファンを追っかけ始める。ロボットの次はゾンビである。素晴らしく出オチな感じ。

p1020981.jpgp1020983.jpg

同じくバトルロイヤルにサブゥーが登場。いつの間にか頭が丸坊主に。ハードコアなことは一切せず、気が付くとバトルロイヤルに優勝していた。この大会で一番の盛り上がり。

p1020985.jpgp1020989.jpg

かつて大日本プロレスでジョニー・カジミアと共にバックシート・ボーイズを結成していたトレント・アシッド。デッドプールなるマスクマンとして登場するも試合途中でマスクを剥がされてしまう。で、しかもPWSの王者に。しかし昔の面影はなかった。

p1020997.jpgp1020999.jpg

何がどうなっているのか全く理解できないまま、気が付いたらバター・ビーンがPWSの王者になっていた。一応しっかりと試合は観ていたのにだ。不思議だ。というか、「いつの間にか」とか、「気が付いたら」という展開が多すぎる。これぞPWSマジックか。とにかく今回分かったことは、試合内容や今後の展開はこの際どうでもよくて、見た目のインパクトを重視する。これぞPWS流なのだろう。「考えるな、感じろ!」的なプロレスの見方を再確認できた。

p1030003.jpgp1030004.jpg

 

PWSを観に来るたびにプロレスの奥深さを思い知らされる。このようなプロレスの源流とも言える見せ物小屋のような興行こそ、プロレスインポになりそうなときのカンフル剤として年に一度は観るべきだと思った(楽しめるかどうかは別として)。にしても、リングに上がるだけで汗だくで、しかも受け身をとるのも微妙なバター・ビーンがチャンピオンて。PWS恐るべし。

 

 【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

初代ジャイアント・キマラ写真館

 

先日お伝えした初代ジャイアント・キマラ(カマラ)が出場するPWSのショーを、思いっきり見逃してしまいました。ですが去年5月、偶然にも撮影に成功した初代ジャイアント・キマラの勇姿がコレです。髭に裸足、お決まりの全身ペイント、そしてヒョウ柄の腰みの一丁という出で立ち。印象としては無駄にとにかくデカい。そしてかっこいい。2009年は初代ジャイアント・キマラの年にしたいです。

2007_05180003.jpg 2007_05180008.jpg

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

初代ジャイアント・キマラ情報

 

全国のカマラファンに朗報です。初代ジャイアント・キマラこと、カマラ(“The Ugandan Giant” Kamala)が、12月6日に行われるPWS(Pro Wrestling Syndicate)ニューヨーク州ヨンカース大会で、エディ・キングストンとの試合が予定されています。気になる人だけ震えて待て!

WWF Wrestling – Kamala & Sika promo

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 1 of 212

ホーム > タグ > PWS

検索
Calendar
« 2017 年 12月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る