ホーム > タグ > Roderick Strong

Roderick Strong

ニック・メイベリー インタビュー/Nick Mayberry Interview

 

フロリダと聞いて思い浮かべるのはカール・ゴッチにドリー・ファンクJr.。最近ならTNAの本拠地として有名。さらに現役のWWEスーパースターも数多く住んでると聞きます。そんな気候もプロレスも熱いここフロリダにHCW(ハードコアチャンピオンシップレスリング)なるインディー団体があります。いや「インディー」じゃないな、、、。「どインディー」です、「ど」が付きます、頭に。このHCWは2002年から活動をしている団体で、HCWヘビーとHCWハードコアがメインの2大タイトルで、更にインクレディブル8なるトーナメントが不定期に開催されている様子。「どインディー」なので、物凄いビッグネームは参戦してませんが、ドラゴンゲートに参戦経験のあるジミー・レイブ、ROHのロドリック・ストロングス、初期TNAで活躍していたシャークボーイくらいが参戦経験のある選手の中では有名どころでしょうか。そういえば何年か前に佐々木健介や全日本の武藤敬司とかが絡んだハワイの団体もHCWって名前だったような、、。それとこのフロリダのHCWは全く関係無いようです。

前途のHCWハードコアチャンピオンシップ。突然なんですがオレ、実はHCWハードコアチャンピオンなんです。第19代目(多分)のHCWハードコアチャンピオンなんです、オレってば!このタイトルは日本で言うDDTのアイアンマンの様なタイトルでして、24時間ドコでも誰とでもって奴。以前フロリダでライブをした時にですね、当時チャンピオンだったニック・メイベリーがステージに乱入。すったもんだの挙句ライブ中にステージ上でウチのベーシストと二人がかりでニックから3カウント取っちゃたんです。2007年の6月なんで調度一年前の出来事ですね。HCWのホームページ(http://www.incredible8.com/)にも歴代チャンピオンとしてPeelander-Blue&Peelander-Red(ステージネーム)の名前がしっかりと載ってますんでお暇な人は是非ご確認を!

しかもこの我々のタイトル奪取劇の後、全くイベントを開催してないっぽいんですこの団体、、。いいのかな、オレ達がチャンピオンのままで、、?

ま、久し振りのフロリダへのツアー。ニックも奥さんと一緒に遊びに来てくれたし、インタビューでもしますか、という事でHCWの看板選手ニック・メイベリー選手へのインタビューをどうぞー。日本のプロレスマスコミの皆さんも知らないでしょこんな選手。

hcw-001.jpg

――わはー!久し振りニック!元気だった?

(ニック) 「久し振り!これ持って来たんだよ、スタジオにでも飾ってよ。」
(と前回みんなで撮った記念写真を紙袋から取り出すニック。物凄く立派な額に入ってました。)

――ありがとう!大事にするよ。さて今日はインタビューよろしくねー。

(ニック) 「こちらこそ。」

――年齢とデビュー戦について教えて。

(ニック) 「年齢は23歳で、、」

――え?23歳なの?若っ!

(ニック) 「えへへ。デビュー戦は2001年にフロリダのFuture of Wrestlingって団体でそこのプロモーター兼選手のバディー・ロジャースと。」

――そのFuture of Wrestlingってのも聞いたこと無いんだけど、、

(ニック) 「もう潰れちゃってるよ。でもかつてはダスティー・ローデスやケビン・サリバン、それにアブドーラ・ザ・ブッチャーも参戦した事あるんだ。」

――得意技を教えて。

(ニック) 「テーブルを使った技各種!」

――わははー!さすがハードコア団体の看板選手!タイトル歴は?

(ニック) 「HCWヘビーとHCWハードコア。」

――なるほど、なるほど、、。そのまんまと言えばそのまんまだ、、。じゃ次の質問。一番好きなレスラーは?

(ニック) 「ブレット・ハートかなー、やっぱり。」

――子供の頃に憧れたのは?

(ニック) 「ハルク・ホーガン!(即答!)」

――じゃ好きな日本人レスラーっている?

(ニック) 「グレート・ムタと小島聡が好きだね。」

――対戦してみたいレスラーは?

(ニック) 「ミック・フォーリーにテリー・ファンク。」

(ココで同席していた奥さんが「もう一人いるでしょ、言いなさいよ!」とニックに一言)

(ニック) 「(照れながら)、、、ハルク・ホーガンと試合をするのが夢なんだ、、。」

――コイツとだけは試合したくない!ってのは?

(ニック) 「ニュージャックは怖いなー、、。アブドーラ・ザ・ブッチャーも怖いなー、、。」

――レスリングを始めたきっかけは?

(ニック) 「小さい頃からテレビで見てたってのもあるんだけど、じいさんの知り合いがラスティー・ブルックスってレスラーで、その人から大分影響を受けたよ。」

――じゃあ師匠もそのラスティー・ブルックス?

(ニック) 「そうだね。彼はレスリングスクールをやってて、そこでマンツーマンでレスリングを教わったんだ。WWEのMVPも彼に習ってるはずだよ。情熱的な良いティーチャーだったよ。」

――今までで印象に残ってる試合は?

(ニック) 「もとECWのハック・メイヤースにイスでぶん殴られて7針縫った試合かなー、、。」

――一番強いと思うのは誰?

(ニック) 「うーん、、難しいな、、。全盛期のケン・シャムロック、、。いや、ダン・スバーンも強いな、、。」

――今までで受けた中で一番痛かった技は?

(ニック) 「画鋲だよ、画鋲!画鋲がいっちばん痛いよ!」

――わはは!そりゃ痛い!じゃ最後にもうヒトツ。となりに奥さんがいるけど、奥さんをデートに連れて行くならどんなデートにする?

(ニック) 「(激テレで)え?え?何その質問?やー参ったなー、、。」

(奥さん) 「はやく答えなさいよ。どこに連れてってくれるの?」

(ニック) 「え?いやー、、えーと、、。」

(奥さん) 「(ボクに向かって)ごめんなさいね、照れ屋なのよこの人。じゃーこの間の結婚記念日の事でも話したらいいじゃない。」

(ニック) 「わかったよ、、。えーと、何したっけ、、?あ、そうだ、二人でコーヒーカップを手作り出来るところへ行って、レッドロブスター(アメリカのファミレスチェーン店)でランチだったよね。その後は、、えーと、、。」
(奥さん)「ショッピング!」

(ニック) 「そ、そうそう、ショッピング!で夜はスパニッシュレストランでディナー。テーブルに花や風船をたくさん並べたんだ。」

(奥さん) 「ロマンチックな人なのよ、うふふ。」

hcw-002.jpg

――いやー、今日はありがとう!

(ニック) 「こちらこそありがとう。」
(奥さん) 「本当にロマンチックなのよ、この人。うふふ。」

 

また近いうちに日本やメキシコからもレスラーを招聘してインクレディブル8トーナメントを開催したいと語るニック。それよりハードコアのベルトは取り戻さなくていいのかな、、?

【文・カズキ】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

ロドリック・ストロング(王者)vsエリック・スティーブンスvs潮崎豪

 

2008年5月10日 ROHニューヨーク大会

記念すべきハマースタイン公演の第一試合。昨年末からこのFIP王座を巡って激しい攻防を続けるロドリック・ストロングとエリック・スティーブンスの二人に、潮崎がどう絡んでいくのかが見物…というか、チョップの得意な3人が試合をするとなったら、激しいチョップ合戦を期待するしかないでしょう!ご存知の方もいるかもしれませんが、ロドリックのチョップはとにかく音が凄いんです。よくもまあ、ここまでの音が出せるな、と感心するほどバチーンッ!!との強烈な音と共に相手の胸にチョップが炸裂します。またロドリックはパワーも凄いんです。なんとあのアビスをも軽々と担ぎ上げるパワーの持ち主。そしてエリック・スティーブンスですが彼はロドリックにプロレスを師事していたこともあって、師匠直伝の”必殺”チョップはスティーブンスの得意技の一つでもあります。そしてこの二人に日本のファンにもおなじみの潮崎選手が加わっての3ウェイ。厳密にはまったく違うタイプの3人ですが、チョップを得意とするという部分は似ています。

010_dr.jpg

王者のロドリックは一番最後にベルトを肩に掛けて登場したものの、リング下で待ちかまえていたスティーブンスからいきなり襲撃。それを見守るリング上の潮崎。リング下でかなりの乱闘になるかと思いきや、すぐにロドリックをリング上にあげるスティーブンス。この3人のレスリングスタイルから考えると、あまり早い展開になるとは考えられなかったものの、予想に反して息をもつかせぬめまぐるしい展開に。チョップ合戦はまだかと待つこと約5分、ロドリック→スティーブンス→潮崎→ロドリックと待ちに待ったチョップ合戦が開始!お互いの胸にチョップを叩きこんでいく最中、誰の胸が一番赤くなるかと観察していたのですが、スティーブンスの胸が一番赤くなっていました。ということはロドリックのチョップが一番威力があるのかと一瞬考えたのですが、まあ肌質とかもあるしねー、赤くなったから一番威力があるってわけじゃないでしょう?と冷静に考える私。

その後コーナーポストから潮崎がムーンソルトをしたものの、スティーブンスがすかさず避けてスモールパッケージで丸め込み、3カウントを狙います。が、ここで横からロドリックが入り、スティーブンスを丸め込んで3カウント奪取。ロドリックがFIP王座を防衛し、ベルトを手にとって早々とバックステージへと戻っていきました。試合終了後、潮崎に握手を求めたスティーブンス。観客は握手しろー!と騒いでいましたが、期待通りがっちりと握手をしてお互いの健闘を称えていました。もしかしたら今後、二人で組んで打倒ロドリック路線でいくのかな?   【文・Shiori】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

ROH @Hammerstein Ballroom, NYの対戦カード発表

 

今週末、マジソンスクエアガーデンの目と鼻の先にあるハマースタイン・ボールルームで、ROHが初めて興行をうつ。正直、思い切ったことをするなと思った。ちょっと会場としてはでかすぎじゃないのかなと。いままでマンハッタンの場合、ハマースタインの上階にあるグランド・ボールルームという会場を使っていた。かつては「マンデーナイト・ロウ」の収録にも使われていたところでキャパは1200程度。大きすぎず小さすぎずインディーっぽさが残るという意味で規模的にはギリのところ。

で、今回のハマースタインは、WWEのPPV「ECWワンナイト・スタンド」や大物ミュージシャンのライブにも使われる会場でキャパは2500。単純に倍なわけで、遂にここまで来たかという気持ちと、おいおい大丈夫かという不安とで複雑なんだけれども、PPVは別にしてテレビ放映を持たないインディー団体としてはこれはかなりの賭け。きっといまが攻め時なのか。逆にこの場所で成功したらグンと弾みが付いて更に盛り上がっていくこと間違いなしなので、今週末のハマースタイン・ボールルームは見逃せない興行なのです。

 

そこで、もう一週間を切ったハマースタイン興行の主要カードが発表になりましたので、簡単な予想コメントと一緒にお伝えしたいと思います。

1) FIP World Heavyweight Title Match – One Fall – No Time Limit
ロドリック・ストロング(王者)
vs.
エリック・スティーブンス
vs.
潮崎豪

現在、王者ロドリックとエリック・スティーブンスはFIPベルトを巡って抗争中。そこへプロレスリング・ノアの潮崎豪がどう絡んでいくのか。潮崎とロドリックの強烈な逆水平チョップ合戦も注目の一つ。

2) Special Tag Team Attraction – One Fall – 20 Minute Time Limit
デイビー・リチャーズ & ロッキー・ロメロ
vs.
ケビン・スティーン & エル・ジェネリコ

前ROHタッグ王者組のデイビー&ロメロが、いま上り調子のスティーン&ジェネリコを迎え撃つ。ここ大一番で繰り出すエル・ジェネリコの必殺技「Brainbustaaaaahhhhh!!!!!」が炸裂するのか。

3) Tag Team Scramble – One Fall – 20 Minute Time Limit
デリリアス & ペレ・プリモ
vs.
ブレント・オーブライト & クリス・ヒーロー with ラリー・スウィーニー & reality TV star ジョニー・フェアプレイ
vs.
ジャック・エバンス & ジグソー with ジュリアス・スモークス

ラリー・スウィーニーとジュリアス・スモークスの個性派マネージャー対決に期待。

4) Best In The World Collide – One Fall – 45 Minute Time Limit
ブライアン・ダニエルソン
vs.
丸藤正道

この一戦を観るために遠方からやってくるアメリカのプオタもいるはず。45分フルタイムもありえるか。

5) Battle Of The Brawlers – One Fall – 30 Minute Time Limit – Non-Title
森嶋猛(GHCヘビー級王者)
vs.
ネクロ・ブッチャー

このサイトの顧問でもある我らがネクロさん。ネクロさんだからこそ成しえる超人的な技の受けを初見のノアファンにも堪能していただきたい一戦。ある意味これが裏メインとなること間違いなし。

6) ROH World Tag Team Title Match – No Disqualification – One Fall – 45 Minute Time Limit
ジェイ・ブリスコ & オースティン・エリーズ(ROHタッグ王者)
vs.
ジミー・ジェイコブス & タイラー・ブラック

負傷のマークに代わってオースティン・エリーズが入ったことで因縁のジミー・ジェイコブス相手にかなりのラフファイトが予想される。急成長のタイラー・ブラックがどこまで王者タッグに食らいついていけるかも見どころ。

7) ROH World Title Match – One Fall – 60 Minute Time Limit
ナイジェル・マッギネス(王者)
vs.
クラウディオ・カスタニョーリ

ヨーロピアンどうしの王座戦。クラウディオがヒールチャンピオンのナイジェルとの抗争に決着をつけることができるのか。時は来た!

【文・ジュードーチョップ】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

ネクロ・ブッチャーvsロドリック・ストロング / Necro Butcher vs Roderick Strong

 

2008年4月12日 ROHニュージャージー大会

今日のネクロはトランプ柄のアロハで登場。クラウディオに「ナイスシャツ。」と言われ嬉しそうです。今日も前日同様全くウォームアップする気配無し。各選手がリングの上で試合前の調整をする中、アロハ姿のままポケットをぱんぱん叩き「ケータイが無くなっちゃた、、。」と呟きながら会場内をウロウロしています。

もうすっかりネクロとも顔なじみになりました。「昨日はありがとう。」とインタビューのお礼を言うと「ノープロブレム。今日も楽しんで行けよ。」とピース。そういえばネクロってオレより2歳年上なだけなんだよなー、、。貫禄あるなー、、。

さて試合の事書きますか。ネクロの入場と同時にに大ネクロコール発生!さすが!リングインした後は紙テープがそこそこ飛んできます。本日の対戦相手はロドリック・ストロング。ゴングが鳴ったのかどうかも分かんないまま、いきなりの場外戦。おおっ!グッズ売り場が危ない!やる気か?グッズ売り場ぐちゃぐちゃにする気か?うう、しない、、。

2008_04130032.jpg

それにしても今日のロドリックはなーんか殺気立ってる感じがするんですけど気のせいでしょうか?「ドゴッ!ドゴッ!」ってかなりマジナックルをネクロに喰らわしてるし、、。本当に「ドゴッ!ドゴッ!」って音が聞こえてきます。ネクロも負けずにゴミ箱で反撃。しかしすぐにロドリックの倍返しwithパイプイス!「バガンッ!」フルスイングのイス攻撃を脳天に喰らったネクロは流血&昇天。わわわ、、大丈夫かネクロ、、?今のはちょっと凄すぎる、、。てかロドリック目がヤバい、、。「殺らなきゃオレが殺られちまう、、。」てな心境なんでしょうか?ネクロがぶっ倒れてる間にリング下に大量のイスを積み上げるロドリック。ふらっふらのネクロを無理矢理エプロンに引っ張り上げ断崖式の川津掛け!技のチョイスしぶっ!自分も痛い!もちろん会場「どっかん!」

その後も場外戦が延々と続きます。二人が移動する度に一緒にお客さんも民族大移動(含むオレ)。

やっとリングに戻り、コーナーにロドリックを追いつめたネクロは天龍ばりにグーパンチ(マジ)と逆水平の乱れ打ち、肩車から前方回転エビ固め、タイガードライバーなどを繰り出しフル回転!会場「どっかん!」&大ネクロコール!コーナーポストにロドリックを座らせてパイプイスで一撃!出るか?出るのか?出ました!雪崩式フランケンシュタイナー!、、、いや失敗してる!グダグダ!

再びしばしの場外乱闘後、リング下から引っ張り出したテーブルをリング上に設置するロドリック。そこへ突然ロドリックと絶賛抗争中のエリック・スティーブンスが乱入。テーブルに思いっきり叩き付けられるロドリック。もちろんテーブルが真っ二つ!そして「ここぞ!」とばかりにグッタリしているロドリックに覆い被さるネクロ。カウントを入れるレフェリー。「1、2、3!」ネクロ勝利!会場「どっかん!」

血まみれで客席に向かい投げキッス&ピースをキメるネクロ。かっこいい、、。今日は画鋲も有刺鉄線も無かったけど充分です。お腹いっぱい、、.

試合後オレンジのアロハに着替えて出て来たネクロ。試合前と試合後の服が違う、、。結構おしゃれなのかも、、。「アロハいくつ持ってるの?」と聞くと「わからん。とにかく一杯持ってる。」との事。更に「そんなに高いモンじゃない。」という追加情報も頂きました。

2008_04130085.jpg

更にその後大事件発生!
帰ろうとしていたネクロを捕まえ「是非マンハッタンドロップの顧問(スーパーバイザー)になって欲しい。」と無理を承知でお願いした所「あーいいよ。」と快諾!ネクロ顧問、これからもヒトツよろしくおねがいします!「5月のニューヨーク大会終ったら飲みに行こうぜー。」だって。もちろんです、顧問!是非お共させて頂きます!   【文・カズキ】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 1 of 11

ホーム > タグ > Roderick Strong

検索
Calendar
« 2017 年 8月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る