ホーム > タグ > ROH

ROH

ナイジェル・マッギネスvs潮崎豪 (ROHヘビー級王座戦)

 

2008年6月7日 ROHフィラデルフィア大会

入場してくる潮崎豪のカラダが大きく見えるのは気のせいなのか。もちっとした感じで日本人特有のゴツさ。もちゴツ。ヒールチャンピオンのナイジェル・マッギネスに観客からの容赦ないブーイングが飛ぶ。あそこまでブーイングされるとヒール冥利に尽きるなと思った。とても柄の良いとはいえないフィラデルフィアの観客を見事にコントロールしているナイジェルはさすがだなと。

しかし、ナイジェルを応援するファンもいるので、両方のファンから「レッツゴー・ナイジェル!」と「レッツゴー・ゴー!」コールが交互に大合唱される。ここで注目して欲しいのは、「レッツゴー」と「ゴー(豪)!」がかぶっていること。かぶっているというか偶然か。にしても「豪」という名前は英語圏では呼びやすくていいなと思った。

序盤から飛ばしぎみの潮崎にたいして、冷静にヒール的なムーブをくりかえすナイジェルは、ファンからのブーイングを浴びてさらに煽る。徐々にヒートアップしていく。起き上がり小坊師式の逆水平チョップの音が「ビシッ!ビシッ!」と場内にひびく。ナイジェルの胸板が真っ赤。一度あの逆水平チョップをマジパワーで受けてみたいのだけれども、あの内出血した真っ赤な胸板を見ると萎える。痛みがわかりやすいという点において逆水平チョップは最強な技だと思った。

中盤、ナイジェルが場外へのタワーオブロンドンを仕掛けるがタイミングが合わずに失敗。その後は潮崎の左腕を執拗に攻めまくる。ガクッと膝をついて左腕をかばう潮崎。すかさず流れるようなナイジェルのキャッチレスリングで休む暇を与えない。緩急がついた動きが見ていて飽きないし、こういったヨーロピアンレスリングもハイフライヤー主体のアメリカインディー団体にも必要なスタイルなんだなと思った。

相変わらずブーイングを浴びまくるナイジェルはヨーロピアンエルボーで潮崎をさらに追い込む。それに対し逆水平チョップで反撃する潮崎。エルボー対逆水平チョップの乱打戦がはじまる。乱打戦を制したナイジェルが潮崎をコーナーポストに乗せ雪崩式のブレーンバスターを決める。しかし「ブワァー!」と叫びながら立ち上がる潮崎はトラースキックを放ちナイジェルをコーナーポストにバックドロップ。逆にナイジェルをコーナーから雪崩式ブレーンバスターで投げつけラッシュをかける。

終盤、潮崎の豪腕ラリアットが決まるがツーでキックアウト。続けて逆水平チョップでフォールするがツーでキックアウト。さらにムーンサルトプレスを放つがまたしてもツーでキックアウト。場内は「ゴー!ゴー!ゴー!」コール一色。休むことなくノーザンライトボムを決めるがツーでかえすナイジェル。張り手合戦で盛り上がる会場内。最後は、潮崎のトラースキックを食らったナイジェルがジョー・ブレーカー・ラリアットを決め、ナイジェルのロンドンダンジョン(キャメルクラッチの体勢でうつ伏せになっている相手の片腕を後方ににそり曲げて固める固め技)で潮崎がタップアウト。

どうしてもナイジェルの巧さが印象に残ってしまうけれども、潮崎の持ち味も十分発揮できたし、痛みが伝わってくるいい試合だった。試合後にナイジェル緊急インタビューしましたので後日掲載します。お楽しみに。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

永源遙

 

2008_06080010.jpg

きのう、ROHフィラデルフィア大会の会場に、ROHのTシャツを着たツバ攻撃でお馴染みの永源遙さんの姿が!

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ロドリック・ストロング(王者)vsエリック・スティーブンスvs潮崎豪

 

2008年5月10日 ROHニューヨーク大会

記念すべきハマースタイン公演の第一試合。昨年末からこのFIP王座を巡って激しい攻防を続けるロドリック・ストロングとエリック・スティーブンスの二人に、潮崎がどう絡んでいくのかが見物…というか、チョップの得意な3人が試合をするとなったら、激しいチョップ合戦を期待するしかないでしょう!ご存知の方もいるかもしれませんが、ロドリックのチョップはとにかく音が凄いんです。よくもまあ、ここまでの音が出せるな、と感心するほどバチーンッ!!との強烈な音と共に相手の胸にチョップが炸裂します。またロドリックはパワーも凄いんです。なんとあのアビスをも軽々と担ぎ上げるパワーの持ち主。そしてエリック・スティーブンスですが彼はロドリックにプロレスを師事していたこともあって、師匠直伝の”必殺”チョップはスティーブンスの得意技の一つでもあります。そしてこの二人に日本のファンにもおなじみの潮崎選手が加わっての3ウェイ。厳密にはまったく違うタイプの3人ですが、チョップを得意とするという部分は似ています。

010_dr.jpg

王者のロドリックは一番最後にベルトを肩に掛けて登場したものの、リング下で待ちかまえていたスティーブンスからいきなり襲撃。それを見守るリング上の潮崎。リング下でかなりの乱闘になるかと思いきや、すぐにロドリックをリング上にあげるスティーブンス。この3人のレスリングスタイルから考えると、あまり早い展開になるとは考えられなかったものの、予想に反して息をもつかせぬめまぐるしい展開に。チョップ合戦はまだかと待つこと約5分、ロドリック→スティーブンス→潮崎→ロドリックと待ちに待ったチョップ合戦が開始!お互いの胸にチョップを叩きこんでいく最中、誰の胸が一番赤くなるかと観察していたのですが、スティーブンスの胸が一番赤くなっていました。ということはロドリックのチョップが一番威力があるのかと一瞬考えたのですが、まあ肌質とかもあるしねー、赤くなったから一番威力があるってわけじゃないでしょう?と冷静に考える私。

その後コーナーポストから潮崎がムーンソルトをしたものの、スティーブンスがすかさず避けてスモールパッケージで丸め込み、3カウントを狙います。が、ここで横からロドリックが入り、スティーブンスを丸め込んで3カウント奪取。ロドリックがFIP王座を防衛し、ベルトを手にとって早々とバックステージへと戻っていきました。試合終了後、潮崎に握手を求めたスティーブンス。観客は握手しろー!と騒いでいましたが、期待通りがっちりと握手をしてお互いの健闘を称えていました。もしかしたら今後、二人で組んで打倒ロドリック路線でいくのかな?   【文・Shiori】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ROHからのお知らせ予告 / News from ROH

 

2008_04130006.jpg

このたびROHから、この『マンハッタンドロップ』を通して、正式に日本のROHファンの方々へお知らせしたいことがある、とのことですので情報が入り次第いち早くお伝えする予定です。乞うご期待。  【文・ジュードーチョップ】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ネクロ・ブッチャー夫人 ミニインタビュー / Mrs.Necro Butcher Interview

 

2008年5月10日 ROHニューヨーク大会の後。

ネクロVS森嶋という、響きも絵面もトンデモナイ一戦に度肝をぶっこ抜かれたこの日の大会も無事終了。お客さんもみんな引いた会場のロビーで待つ事数分。来ました!出て来ました!おじさん!いや、みんなのアイドル。ネクロ・ブッチャー!おつかれさんです、顧問っ!今日もいつものネクロファッション決まってま…あっ!今日はアロハじゃない!Tシャツじゃん!ネクロといえばアロハというイメージがインプットされているボクにとってTシャツ姿のネクロなんてネクロじゃない!…ん?でもちょっと待って‥。そのTシャツにプリントされている文字をよく読んでみれば「Keep it Green」。「緑を守ろう」ってなんて素敵なメッセージ!さすがだ‥ネクロさすがだ‥。声を大にして叫ぼう!「だからネクロが好きなんだーッ!」

「森嶋に喰らわしてやったよ、ははは。」的な会話をボクらとしつつも、すぐソコに座っているROHの副社長が気になる様子のネクロ。そうかそうか、そうだよね、すんませんでした。そうです、ネクロはココからビジネスの時間。ライターという立場にありながらボールペンを無くしてしまい「今日のレポートは全て記憶のみに頼るか?」と無謀な考えが頭をかすめ始めたボクに、快くペンを貸してくれたROHの副社長。彼の元に今日のファイトマネーを貰いに行かなきゃなんです、顧問は。前回は副社長の財布から直接現金を手渡しされているところを目撃。「え?とっぱらい!?」って軽くビビりましたけど。

副社長にも「森嶋に喰らわしてやったよ、ははは。」と身振り手振りを交え話すネクロのそばを離れ、会場の外に。入り口付近にネクロ夫人を発見!「行くか!?突撃インタビュー行くか!?」という事で「エクスキューズミー‥。ネクロの奥様ですよねー‥?」と近づく怪しい日本人約一名。

おまっとさんです、ミセス・ネクロへのミニインタビューです!

2008_05110006.jpg

――まずはお名前を教えてください。

(夫人) 「バージニアよ。みんなからはジニーって呼ばれてるわ。」

――ネクロは日本のインディーシーンではカリスマ的な人気を誇っているんですが、その事についてどう思いますか?

(夫人) 「文化も習慣も違う国で、しかもアメリカと違ってまずレスリングありきの日本のプロレス界でアレだけみんなに認めてもらってるなんて本当に誇りに思うわ。」

――ネクロとの出会いを教えてください。

(夫人) 「彼がテキサス州のデントンのXCWっていう団体でレッスルしてた頃に出会ったの。私の元カレが『凄いレスラーがいるから見に来い。』って言うから試合を見に行ったんだけど、初めて見たその試合で彼の事を好きになっちゃったの。それから一緒に良く遊ぶようになって付き合うようになったの。」

――お腹に赤ちゃんいるんですね。おめでとうございます!

(夫人) 「ありがとう。」

――男の子ですか?女の子ですか?

(夫人) 「女の子よ。」

――名前はもう決まってるんですか?

(夫人) 「エイミーよ。」

――もし差し支えなければネクロがどんなプロポーズしたか教えてもらえますか?

(夫人) 「全然OKよ。あるプロレス会場で試合を終えた彼がリングの上からマイクを使ってこう言ったの。”オレには今好きな人がいる。バージニア、オレと結婚してくれ!”ってね。もうビックリしたわよ。」

――うおー!マジですか?リング上からプロポーズ!?あのネクロがなんてロマンチックな!

(夫人) 「うふふ、そうなの。客席にいた私はそのまま彼に抱えられてロッカールームに連れて行かれちゃったの。」

――わはーっ!やるなーネクロ!すごい!

(夫人) 「うふふ。」

と、ネクロのプロポーズ話で盛り上がっているところに、ビジネストークを終えた顧問が登場。「やばっ。奥さんに勝手にインタビューしてるの見つかった‥。」と軽くビビるも特にお咎めは無し。今回のインタビューはココまでになりましたがまた機会が会ったら是非インタビューの続きをお願いしたいと思います。

そしてネクロ顧問に「日本のファンに一言!」とお願いしたところ「また行くからな。」とのお言葉。
行くってさ、また行くってさ。

【文・カズキ】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 11 of 16« First...910111213...Last »

ホーム > タグ > ROH

検索
Calendar
« 2020 年 4月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る