ホーム > タグ > Sami Callihan

Sami Callihan

葛西純 vs. サミ・キャラハン


4月10日 wXw @エースアリーナ ニュージャージー州ユニオンシティ

フリーダムズでは惜しくも叶わなかった葛西純対サミ・キャラハンのカードが、ドイツの団体wXwのアメリカツアーで実現した。二ヶ月も前のことなのだが、レビューを書いてみる。

IMG_3893IMG_3895IMG_3897

ゴングが鳴ると観客から「クレイジー!モンキー!」チャント。あっはっはーと半笑いで殴り合う両者。葛西は「ユア、クレイジー!」と叫んで引っかき攻撃。どっちがクレイジーかを競い合っている様子。

IMG_3900IMG_3901IMG_3902

ゴツンゴツンと鈍い音をさせながら両者頭突き合戦。ローキックから逆水平チョップの応酬がつづく。

IMG_3903IMG_3905IMG_3907

葛西はサミを場外へ放り投げる。サミを固いガードレールに叩きつけると、観客のペプシを口に含んでサミの顔面へ噴射。サミはたまらずリングに戻る。

IMG_3908IMG_3913IMG_3917

葛西は観客から靴を借りて、サミの顔面にぐりぐりと押し付けオドイーター攻撃。サミをコーナーに投げてから、サミの顔面に靴の底でポコポコヘッド攻撃。サミは靴を奪って葛西の顔面に押し付けて逆オドイーター攻撃。葛西は「オエー!」とえずきながら靴を観客席にぶん投げる。そして自分で借りときながら何故か観客に中指を立てる葛西。

IMG_3918IMG_3919IMG_3923

葛西はサミをブレーンバスター。カウントツーでキックアウト。また観客から「クレイジー!モンキー!」チャントが起きると、葛西はサミの袖なしGジャンを盗んで着はじめる。しかしサイズが合わずに「スモール!」と叫んで投げ捨てる。完璧なカタカナ発音に日韓レフェリーも苦笑い。葛西はサミにチョーク攻撃。サミは目潰し攻撃で葛西をはね返す。

IMG_3926IMG_3931IMG_3932

葛西はサミをコーナーに投げてエルボーを狙うが、見事にかわされてしまいハイキックを食らう。続けて葛西に顔面ウォッシュ。フォールに入るが葛西がツーでキックアウト。ねばる葛西を強引にバックドロップ。すると葛西は、「マサ・サイトー!」と叫んでヘソで投げるバックドロップ炸裂。さらに「ダイナマイト・キッド!」と叫んでから高速のブレーンバスター。そして「ハーリー・レイス!」と叫んでコーナートップからダイビング・ヘッドバット。レスラーの名前を叫んでから技を出しますよシリーズ完成!しかし調子にのってしまったのか「ウィーー!」と叫んでテキサスロングホーンばりのラリアットを狙うがかわされて失敗。

IMG_3933IMG_3937IMG_3939

葛西は急所攻撃からコーナーにフェイスバスターそしてラリアット。サミがカウントツーでキックアウト。葛西はリバース・タイガードライバーをきめるが、またツーでキックアウト。バズソーキックから二度目のリバース・タイガードライバーをきめるも、またまたツーでキックアウト。すると葛西はボディスラムで寝かしといて、サミの顔面に手鼻をかんでからコーナートップヘ。「シュワッチ!シェーー!」と叫んでパールハーバー・スプラシュを狙うが自爆。サミが強烈なランニングエルボーからフォールに入るがツーでキックアウト。と、そこでサミは何を思ったのか、葛西のゴーグルを手に取りコーナーポストに登ると、オキテ破りの逆パールハーバー・スプラシュ!しかしサミも自爆!自爆合戦!

IMG_3942IMG_3944IMG_3946

すると葛西は三度目のリバース・タイガードライバーを狙いにいくが、それをサミが上手くかわしてストレッチマフラー。そのままグランドに持ち込む。葛西はロープにエスケープしようとするが耐えきれずタップアウト。サミ・キャラハンの勝利。

IMG_3947IMG_3948IMG_3951

勝ったことが信じられないサミ。ふらふらと葛西に近寄りゴーグルを返そうとすると、葛西が突然クレイジー同士の熱いキッス!ツバを吐いて嫌がっていたサミだが、まんざらでもない様子だった。

日米クレイジー対決は、サミ・キャラハンに軍配が上がった。ハードコアマッチでもデスマッチでもなかったが、両者の持ち味が十分に発揮できて、しかもクレイジーで笑えた試合だった。普段ゴツゴツとしてハードヒットな試合スタイルのサミ・キャラハンが、葛西のコミックな動きに対応していたのも興味深かった。サミもコミックいけるのかと思ったが、やはり次はもっとハイテンションで最狂な試合が観たみたい。そんなサミ・キャラハンの来日を願って止まないのだ。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

EVOLVE 8 Style Battle


5月20日 EVOLVE 8: Style Battle @エースアリーナ ニュージャージー州ユニオンシティ

IMG_5594IMG_5601IMG_5602

スタイルバトル・トーナメント 一回戦
○ARフォックス(ハイ・フライング) vs. リッチ・スワン(リッチ・スワン・スタイル)×

IMG_5604IMG_5609IMG_5611

スタイルバトル・トーナメント 一回戦
○ジョン・デイビス(パワー) vs. トニー・ニース(スタンディング・コンバット)×

IMG_5620IMG_5625IMG_5639IMG_5646

スタイルバトル・トーナメント 一回戦
○サミ・キャラハン(ハードヒッティング) vs. ブロディ・リー(スーパーヘビー)×

IMG_5653IMG_5659IMG_5665IMG_5668IMG_5671

スタイルバトル・トーナメント 一回戦
○ボビー・フィッシュ(プロレス・ジュニア・ウエイト) vs. オースティン・エリーズ(ハイブリッド)×

IMG_5680IMG_5681IMG_5686

スタイルバトル・トーナメント 準決勝
○ARフォックス vs. ジョン・デイビス×

IMG_5689IMG_5691IMG_5692

スタイルバトル・トーナメント 準決勝
○サミ・キャラハン vs. ボビー・フィッシュ×

IMG_5699IMG_5704IMG_5707IMG_5714IMG_5716IMG_5717IMG_5719IMG_5720IMG_5721IMG_5731

スタイルバトル・トーナメント 決勝戦
○ARフォックス vs. サミ・キャラハン×

優勝 ARフォックス(ハイ・フライング)


レスラー独自のファイトスタイルをカテゴライズしてトーナメント戦を行うという、EVOLVE:スタイルバトル・トーナメント。初代優勝者は、ハイ・フライングを代表する若手のホープとして今後が期待されている、ARフォックスだった。一回戦ではオースティン・エリーズが、ボビー・フィッシュを相手にマッチョマンばりのダイビング・エルボー・ドロップを披露。観客からは「マッチョマン!」チャントが発生した。そして、決勝まで駒を進めたサミ・キャラハンの勢いも、まだまだ止まらない。ともあれリッチ・スワンがリッチ・スワン・スタイルだったり、トニー・ニースがスタンディング・コンバット?だったりと、どのレスラーがどんなカテゴライズされるのかという面白さも加わって、なかなか興味深い試みだったと思う。次回は是非とも、裸足代表かビールっ腹代表でネクロさんのエントリーを希望したい。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

サミ・キャラハン vs. ザック・セイバーJr.


4月19日 EVOLVE 7  @BBキング・ブルース・クラブ・アンド・グリル ニューヨーク州マンハッタン

IMG_5101

今回のEVOLVEは、42丁目のブロードウェイと8番街の間にある会場ということで、平日にもかかわらず会場内はほぼ満員。そして初の試みとして、iPPV(インターネットペーパービュー)で全世界に生中継された。

IMG_5104IMG_5106IMG_5116

ザック・セイバーJr.はイギリス出身の現在23歳。イギリスを中心にヨーロッパで活躍中。一方、いまやアメリカインディー界で人気急上昇中のサミ・キャラハン。この二人のシングルマッチ、ファンの間では注目のカードとなっていた。ゴングと同時にバチバチファイトの両者。殴られたらその倍で殴り返す勢い。

IMG_5117IMG_5128IMG_5129

キャラハンは逆水平チョップを連発。体重を乗せたチョップがびしびし決まる。場外戦でも両者は一歩も引かないゴツゴツとした攻防。キャラハンがセイバーの脚にローキック。セイバーが飛びつき三角絞めを決めると、キャラハンはストレッチ・マフラーでお返し。

IMG_5139IMG_5143IMG_5146

セイバーも後ろ回し蹴りで応戦。更にキャラハンの腕を取って関節技。そして膝をマットに何度も叩きつける。打撃技のコンビネーションや鋭さはセイバーに分がある。気が触れたように両者がヘッドバット合戦になると観客は大興奮。キャラハンの顔がみるみる赤くなっていく。セイバーはキャラハンにパワーボムを決めるがツーでキックアウト。

IMG_5150IMG_5152IMG_5157

キャラハンはセイバーをコーナに詰めて延髄斬り。バックドロップを決めると、鶴見五郎ではなくタズを意識しているというタイツの吊り部分を脱いで気合を入れる。続けてコーナーのセイバーにランニングエルボー。カバーに入るがセイバーがツーでキックアウト。

IMG_5162IMG_5164IMG_5166

キャラハンがドラゴンスープレックスを決めるとセイバーの後頭部に膝蹴り。キャラハンはストレッチ・マフラーを狙いにいくがセイバーが上手く丸め込んでフォール。キャラハンがツーでキックアウト。セイバーが切れ味鋭いバズソーキックを決めるがツーでキックアウト。

IMG_5172IMG_5175IMG_5179

セイバーの蹴りをキャッチしたキャラハンが、そのままストレッチ・マフラーに決めて絞り上げる。なかなか参ったしないセイバー。するとキャラハンは、グラウンドのストレッチ・マフラーに移行して、セイバーの後頭部を容赦なく蹴りまくる。バコッバコッという鈍い音。セイバーの意識が飛んだのを確認したレフェリーは試合をストップ。サミ・キャラハンの勝利。

IMG_5184IMG_5189

試合が終わるとキャラハンは、「2011年は、俺の年になる!」と宣言。いまアメリカインディー界で飛ぶ鳥を落とす勢いのサミ・キャラハンが、ニューヨークのど真ん中で怪気炎を上げた。


勢いの差なのか、この二人には想像していたよりも実力差があった。セイバーはカラダの線がまだ細いが、独特なサブミッションや打撃技の鋭さは目を見張るものがあった。何よりもハートが強いように感じた。このままアメリカマットに定着して欲しい。そのセイバーの勢いを打ち消してしまうほどの「凄み」が、サミ・キャラハンにはあったように思う。ともあれ、この二人にしか出来ないような、荒削りで気迫のこもった素晴らしい試合だった。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

CZW Best of the Best X on April 9th!


YouTube Preview Image

CZW presents
Best of the Best X

April 9th 2011 @ 8PM
@ Asylum Arena • South Philadelphia
7 W. Ritner Street
Phila, PA 19148

Preceded by wXw’s Kreuzzug ZXI part 1
@ 2:30PM. Doors open @ 2:00.
Checkout wXw-Wrestling.com for more information.


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

狂豪外国人選手の正体とは


sami

12月25日開催の葛西純プロデュース興行新木場大会で、狂豪外国人選手とだけ発表されていた葛西純の対戦相手に、サミ・キャラハンが正式に決定した。

サミ・キャラハンは、シャークボーイ(元TNA)のトレーニングを受け2006年にデビュー。その後ハートランド・レスリング・アソシエイション(HWA)やIWAミッドサウスなどに参戦。2008年にはチカラプロ主催のヤングライオンズ・カップ、IWAミッドサウス主催のテッド・ペティ・インヴィテイショナル・トーナメント(TPI)にも出場。翌年のCZW主催ケージ・オブ・デス11ではダニー・ハボックと対戦。

2010年にEVOLVE参戦。12月にはFIP主催のジェフ・ピーターソン・メモリアル・カップで優勝を果たしている。主要タイトルは、CZWアイアンマン王座、JAPWタッグ王座、xWxタッグ王座など。

デスマッチファイターとしてはケージ・オブ・デス11でのダニー・ハボック戦が印象に強い。

YouTube Preview Image

現在はほとんどデスマッチを行っていないサミ・キャラハンだが、初来日となる試合が葛西純とのシングルマッチとあって気合の入れ様というか狂い様はMAXであることは間違いない。アメリカでもデスマッチ界のリヴィングレジェンドとして有名な葛西純と、狂豪外人サミ・キャラハンのデスマッチという枠を越えた狂人対決に期待が高まる。



  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 2 of 3123

ホーム > タグ > Sami Callihan

検索
Calendar
« 2019 年 10月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る