ホーム > タグ > Tyler Black

Tyler Black

ROH 8周年記念大会


2月13日 ROH @ニューヨーク州マンハッタン

p1040771p1040789p1040792

p1040796p1040810p1040815

p1040824p1040832p1040836

p1040838p1040842p1040854


マジソンスクエアガーデンの目と鼻の先にあるマンハッタンセンターでROHニューヨーク大会が開催された。小雨が降るなか入場口付近では会場前からファンが列を作っていた。会場となるグラウンドボールルームはかつてWWEのRAWでも使われているヴェニューで、立派なステージもあり多目的スペースとなっている。そのステージ上には当日券席が並べられていたが、試合開始10分前になっても三分の一ほどの客入り。フィラデルフィアでのテレビシューティング(HD Net)でも客入りが厳しいと聞いていたが、ドル箱のニューヨークでも苦戦しいるようだ。

試合の方は、第二試合にキングス・オブ・レスリング(クリス・ヒーロー&クロウディオ・キャスタニョーリ)対ブラバド・ブラザース(ランス&ハーレム・ブラバド)のタッグマッチ。デリリアスがコーチを努めるROHスクール出身というブラバド・ブラザース。まだ観ている方がハラハラするレベルの若手タッグ。一方のキングス・オブ・レスリングは来日時の購入したものと思われるお揃いの『ステーキハウスリベラ』スタジャンを着て入場。しかもセコンドのサラ・デル・レイまで同じでかなりお気に入りのようだ。勢いよく向かっていくブラバド・ブラザースだったが最後はキングス・オブ・レスリングの連携技にあっけなく沈んだ。実力差を見せつけるためのスカッシュマッチ。

第3試合に我らがネクロさん登場。がしかしいつもとどこか様子が違う。よく見るとあろうことか白い靴を履いていた。ネクロさん=裸足なイメージが…。これにはすこしがっかり。そしてネクロさんの後ろから間違って入ってきちゃった風のおじさんが一緒に入場。これまたよーく見たらなんとネクロさんが敬愛してやまないあのジプシー・ジョーさんだった。試合にもほんの少し介入したりと大活躍のジプシー・ジョーさん。それと反比例してジョーさんに対する客の反応があまりにも薄かったのが実に寂しい。試合の方はネクロさんが履いていた白い靴を片手に装着してエリック・スティーヴンスの頭をポコポコと殴りつける場面がピークの雑なハードコアマッチだった。最後はネクロさんがゴミ袋をジョーイ・ライアンの頭にかぶせて窒息させ、押し倒したところをトドメのチョーク攻撃でレフェリーストップ。片足だけ靴を履いたネクロさんの勝利。

第4試合は、デイヴィー・リチャーズ対エル・ジェネリコのリマッチ。試合中に野次を飛ばしていたファンにデイヴィーがキレて唾をはきかけ罵声を浴びせていた。体つきや気性の荒さ、そして殺伐とした雰囲気はかつてのダイナマイト・キッドを彷彿させる。良い意味でも悪い意味でも。試合はこの二人で盛り上がらないわけがなくメインにつぐ好勝負に。なによりジェネリコの受けの上手さが目についた。とにかく技を受けて受けて受けまくる。最後はキムラロックをがっちりと決めたデイヴィーの勝利。

ここでリングアナウンサーから5月8日のROHニューヨーク大会にモーターシティ・マシンガンズの参戦が発表され、観客からは大きな歓声があがった。

第5試合、ブリスコブラザーズ対ダークシティ・ファイトクラブのROHタッグタイトルマッチ。正直、やる前から結果が読めてしまうマッチメイク。無難な試合内容でブリスコブラザーズにはかつての勢いが見られない。最後はジェイドリラーを決めブリスコブラザーズの王座防衛。試合終了後にキングス・オブ・レスリングの二人が乱入してきて大乱闘に。ブリスコブラザーズを本気にさせるのはやはりキングス・オブ・レスリングしかいないのか。

第6試合には、ケニー・キング、ラッシュ・ブラウン、デリリアス、スティーブ・コリノの4人によるフォーコーナーサバイバルマッチ。コリノのタイツがいくぶん大きめなのが気になった。試合はすこしコミカルでオールドスクールな内容。デリリアスのコンディションがすこぶる良く見えた。技の仕掛けからコミカルな動きまで全てにおいてキレキレ。最後はラッシュ・ブラウンにフロッグスプラッシュを決めてデリリアスの勝利。

メインイベントは王者オースティン・エリーズ対タイラー・ブラックのROH世界タイトルマッチ。前回の60分ドローを踏まえて、今回はジム・コルネット、ケニー・キング、ロドリック・ストロングの三人がジャッジ(完全決着)をするためにリングサイドに座っている。ゴングと同時に観客からは『レッツゴータイラー!』や『オースティン サックス!』などのチャント発生。序盤はブラックが試合を優位にすすめていく。ニアフォールの応酬からブラックを場外へ投げおとすオースティン。オースティンの450スプラッシュを膝を立てて阻止するブラック。一進一退の攻防がつづく。終盤、リングサイドにいたケニー・キングが介入しようとするとロドリックがそれを阻止。するとブラックは介入を阻止してくれたロドリックにスーパーキックをぶちこむ。つづいてジム・コルネットまでもスーパーキックで場外へと吹き飛ばすと会場は大盛り上がり。最後はファイヤーバードスプラッシュでブラックの勝利。これによりタイラー・ブラックがROH新チャンピオンとなった。

この大会のなかで間違いなくベストバウトだったメイン戦。これはなぜ去年のファイナルバトルでやらなかったのかが疑問に残った。ここまで引っ張る意味がわからない。勢いやタイミングなどを考えれば、いっそジェリー・リンがチャンピオンになる前にタイラー・ブラックでも良かったのではないか。と、いろいろと考えさせられる今回のROHニューヨーク大会だったが、去年のファイナルバトルに比べて興行時間がかなり短くコンパクトになったのが好材料だった。つぎはロドリック・ストロングが王座に挑戦すると宣言したということで、また新しいROHのチャンピオン争いに期待したい。というか期待させて下さいお願いします。


【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

オースティン・エリーズ vs タイラー・ブラック


12月19日 ROHファイナルバトル @グラウンドボールルーム ニューヨーク州マンハッタン

一年を締めくくるファイナルバトルは今年もニューヨークで開催された。メインイベントは挑戦者タイラー・ブラックと王者オースティン・エリーズのROH世界王座戦が行われ、60分フルタイムドローという結果に終わった。これによりオースティン・エリーズが王座防衛を果たした。

p1040354

試合開始から30分が経過したあたりで何となくフルタイム行くんじゃないかという雰囲気は確かにあった。それはエリーズが度重なる場外エスケープやチープな反則攻撃といった時間稼ぎとしかとれない試合運びから察することができた。問題なのは観客の反応だった。それは比較的遅い時間(23時頃)からメインイベントが始まったことに加え、エリーズのノラリクラリ戦法で観客の意識が「早くこの試合を終わらせてくれ」というネガティブな方へと傾いていたことだ。

次第に応援チャントが少なくなり、客のしゃべり声が目立ち始め、試合に集中できない状況になっていた。メインイベントだというのに試合途中で帰りはじめる客の姿も…。ここで一つ断言しておきたいのは今までのROHでは考えられない異常事態だということ。いくら試合がダレたとしても今までこんなことはなかった。恐らくこの一年でファン層がかなり変わってきているという証拠だろう。

p1040359

試合開始から45分が経過したころ、突然試合を放棄してバックステージへ帰ろうとするエリーズをブラックが追いかけまたエリーズが逃げるという鬼ごっこ的な展開に。すると観客から失笑と共に「ディス・イズ・ブルシット!」という前代未聞のチャントが発生。ストレスと怒りを通り越して、なんともいえない笑いの境地へと。

もしかしたら59分あたりでブラックが奇跡的にサプライズ勝ちしまうのではないかと妄想してみたものの、結果はやはりフルタイムドローだった。やっぱり感というかどうしようもなく重苦しい雰囲気が会場を包んでいた。ガックリとうなだれたブラックには観客から拍手が送られていた。しかし本人は全く納得していない様子でリングをあとにした。

p1040364

ファイナルバトルのメインイベントということで期待値が高かっただけにこの試合内容の落胆ぶりはかなりのものだった。何故にこのタイミングで60分フルタイムドローなのか。ファイナルバトルがこれで本当に良いのだろうか。エリーズのこのキャラはこのまま続いてしまうのかなど、色んな意味で考えさせられる一戦となった。

ただ一つだけ言えることは、ROHにとって良くなる要素はまだ必ずあるはずだということ。ラリー・スウィーニーの復帰や、クリス・ヒーローとクラウディオ・キャスタニョーリのタッグ(キング・オブ・レスリング)の復活といった新しい展開にも注目していきたい。


【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

ROH フィラデルフィア大会(3月1日)

 

3月1日 ROH@フィラデルフィア大会 TVテーピング2回目

クロウディオ・キャスタニョーリ VS ブレント・オーブライト
TVテーピングということで客の盛り上がりが普段の二倍強。酔っぱらい客多め。クロウディオへのブーイングが鳴りやまないまま試合開始のゴング。クロウディオが得意のヨーロピアンエルボーで仕掛けるとオーブライトが強烈な逆水平チョップで反撃。力と力の接戦は見応えあり。最後はロープを掴んだまま押さえ込んでクロウディオの勝利。

ケニー・オメガ VS オースティン・エリーズ
垂直落下式ブレーンバスターでオースティン・エリーズの勝利。この試合は後日また詳しくレビューします。

p1010920.jpgp1010931.jpg

アーニー・オサイラス VS デリリアス
アーニー・オサイラスはROHレスリングスクールの出身でコスチュームがボロボロの乞食キャラ。客からは「臭せー!」というそのまんまの罵声が飛ぶ。以前よりカラダを絞ったデリリアス。TVテーピング用か。最後はシャドウズ・オーバー・ヘル(トップロープからのフライングボディーアタック)でデリリアスの勝利。

サラ・デル・レイ & ニヴェア VS デイジー・ヘイズ & サッシー・シュテフィ
サラのセコンドについたスウィーニーが目立ちすぎ(もちろん良い意味で)。最後はマインド・トリップでデイジー・ヘイズの勝利。

ジェリー・リン VS ブロディ・リー
ジェリー・リンと比べるとブロディ・リーの大きさがやけに目立つ。白のランニングにボロボロになったジーンズの後ろポケットからは紺のバンダナが見え隠れする。小粋なおしゃれ心か。序盤のスローな展開から徐々にペースアップ。試合巧者のジェリー・リンがスピード・技のキレ・髪の毛のサラサラ具合、全てにおいて圧倒していた。最後はスモール・パッケージでジェリー・リンの勝利。

p1010939.jpgp1010944.jpg

レット・タイタス & ケニー・キング VS チーチ & クラウディ
ROHレスリングスクール出身のレット・タイタスが良い動きを見せる。最後はブロックバスターとパワーボムの合体技でレット・タイタス&ケニー・キングの勝利。

エディ・キングストン VS サミ・カラハン
土地柄なのかエディ・キングストンの人気は異常。にしてもあのだらしないカラダはネクロさんとかなり良い勝負。最後はスピニング・バックフィストでエディ・キングストンの勝利。

p1010954.jpg

ボビー・デンプシー VS オレンジ・キャシディ
団体に一人はいるデブキャラ。ボビー・デンプシーの勝利。

ネクロ・ブッチャー VS ジミー・ジェイコブス
だらしないカラダに拍車がかかってTシャツの上からでもビール腹が目立つようになったネクロさん。意地でも練習はしない主義の成果が見て取れる。最後はジミー・ジェイコブスの反則によりネクロ・ブッチャーの勝利。この試合は後日また詳しくレビューします。

p1010975.jpg

ザ・ダークシティ・ファイトクラブ VS グリズリー・レッドウッド & アンディ・リッジ
パワーボムとネックブリーカーの合体技でザ・ダークシティ・ファイトクラブの勝利。

ナイジェル・マッギネス VS アレックス・ペイン
アレックス・ペインは中澤マイケルとも対戦したことのあるROHレスリングスクール出身の新人レスラー。受けて立つナイジェルは試合前にマイクを取って「オレのこの努力もかえりみず、お前らはまだ俺に対するリスペクトがないのか?」と客を煽り始める。ファンからは大ブーイング。続けて「だがなあ、お前らのリスペクトなんていらねえよ!」と更に煽る。またファンから大ブーイング発生。がむしゃらに向かっていくペインだったがとても歯が立つ相手ではなかった。最後はタワー・オブ・ロンドンでナイジェル・マッギネスの勝利。

p1010979.jpgp1010980.jpg

ケビン・スティーン & ジェイ・ブリスコ VS クリス・ヒーロー & エディ・エドワーズ
ROHタッグタイトルマッチ。ヒーローのショートタイツ姿が意外と似合う。ラリー・スウィーニーの介入によりバックステージからマーク・ブリスコが乱入。スウィートンサワーを蹴散らす。二日前のコネチカット大会よりも気迫が伝わってくる素晴らしい内容。最後はスティーンがエディをパッケージ・ドライバーでしとめてスティーン&ジェイの勝利。

p1010984.jpgp1010985.jpg

ブライアン・ダニエルソン VS タイラー・ブラック
はじめに書いてしまうと新体制になって一番の試合だった。文句なし。かつてはこれほどの内容の試合を毎回のように連発していたかと思うと感慨深い。そしてついにブライアン・ダニエルソンの入場曲が「ファイナル・カウントダウン」ではなくなったことに驚いた。もちろんTVテーピングということで著作権が発生するための配慮だろうけれども、これはどうも味気なさすぎる。「エンター・サンドマン」で入場できなかったサンドマンのように肩すかしを食らった感じ。序盤は静かなスタート。五分五分だったが徐々にダニエルソンのペースに。ヨーロピアンエルボーがタイラー・ブラックのアゴ付近に炸裂。えげつない角度の吊り天井。ドラゴンスリーパーで締め上げる。タイラーも蹴りや飛び技で活路を見いだそうとするがなかなかダニエルソンのペースは崩れない。ダニエルソンが場外へのトペを決めて更に勢いづく。タイラーの足を取りトライアングルチョークを決めるがそこでゴング。20分時間切れ引き分け。客席からは「5分延長!」の大合唱が鳴りやまない。そこにマイクを持ったオースティン・エリーズが現れリング上の二人を罵る。するとブロディ・リーとジミー・ジェイコブスが乱入してきてダニエルソンとタイラーに襲いかかる。しかしなんとそこにネクロ・ブッチャーが駆けつけて3人を蹴散らす。場内は大ネクロコール。息を吹き返したダニエルソンとタイラーが場外にいたエイジ・オブ・フォールめがけてダブルトペ。場外にテーブルをセットしてブロディの寝かせると、ネクロが勢いよくセントーンを決める。また大ネクロコール。リング上でネクロとダニエルソン、タイラーが一緒に手を挙げて終了。

p1010987.jpgp1010995.jpgp1010997.jpg

p1010999.jpgp1020002.jpgp1020010.jpg

p1020011.jpgp1020014.jpgp1020009.jpg

p1020015.jpgp1020021.jpgp1020024.jpg

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

タイラー・ブラック インタビュー/Tyler Black Interview

 

『ハヤブサかな。17歳のときに彼を見てものすごく好きになったんだ。』

飯伏幸太がゴールデンスターなら、タイラー・ブラックは不気味に黒光りするブラックスターといったところか。いまやROHに欠かせない存在となったアメリカインディー界の超新星タイラー・ブラックが、9月のROH日本公演で遂に初来日を果たす。いままでインターネットなどの動画サイトでしか見ることのできなかったタイラー・ブラックの超絶技を目の当たりにできるとあって、一部のアメリカインディープロレスファンにとっては絶対に見逃せない機会となりそうだ。冒頭にもあるように、彼の口からハヤブサの名前がでてくるあたり、彼のプロレスルーツもまた日本にあるといえる。

 

――まずはプロレスのキャリアは何年になりますか?

(タイラー・ブラック 以下タイラー) プロレスを始めて3年半になるんだ。もうすぐ4年だね。

――誰に師事していましたか?

(タイラー) トレーナーはダニー・ダニエルス。シカゴのトレーナーさ。

――プロレスを始めるきっかけは何ですか?

(タイラー) 実はROHレスリングアカデミーの第2期生としてトレーニングしたのが始まりなんだ。

――えー、それは知りませんでした。

(タイラー) で、まあ、お金も続かなくなって、とりあえず実家に戻ったんだ。僕は中西部出身なんだけど、シカゴでダニー・ダニエルスの道場があるってわかって、トレーニングを受けるために車で三時間かけてシカゴまで通ったんだ。週に何度もね。とにかく一心不乱にトレーニングを続けてさ、今の僕があるってわけ。

p1000315.jpg

――あなたの趣味(好きな本、好きなアーティスト、好きなバンド)を教えてください。

(タイラー) 本だと『ファイトクラブ』のチャック・パラニュークが好きだね。あと、音楽は…あー(たまたま私が着ていたディリンジャー・エスケイプ・プランのTシャツを指さしながら)ディリンジャー・エスケイプ・プランのようなハードコアなものを聴いたり、ゲームの「ギターヒーロー」が好きでよく遊ぶよ。あとはー、ゴルフとかチェスなんかも好きだね。おかしいでしょ?(笑)

――「タイラー・ブラック」というリングネームの由来を教えてください。

(タイラー) あはは、そうねー、まずはタイラーなんだけど、これは『ファイトクラブ』のタイラー(映画ではブラット・ピットが演じた)からで、ブラックは『ハリー・ポッター』に出てくるブラックという登場人物から。僕はシリアスなキャラクターが好きだから二つをくっつけちゃえってことで出来た名前なんだ。

――日本へ行くのは初めてですか?

(タイラー) そう。9月のROH日本公演で初めて日本へ行くよ。かなり興奮してるよ。だってさ、この業界にいる人なら誰でも日本に憧れるじゃない?少なからず誰でも日本のプロレスの影響は受けてるし、それに日本ではプロレスは人気でしょ?

--では子供の頃から日本のプロレスを観ていたのですか?

(タイラー) いや、子供の頃は観てないよ。当時はやっぱりWWFとかメジャーなものを観てたんだけど、自分の意志でプロレスを観るようになってからは日本のプロレスも観るようになったんだ。あと、ROHでレスリングをするようになって、日本のプロレスを意識するようになったね。

――日本へ行ったら何をしたいですか?

(タイラー) あー。日本食を沢山食べたいなー。寿司とかも好きだしね。何でも怖がらずに挑戦して食べるつもりだよ。

――日本のラーメンはお勧めですよ。ジャパニーズヌードルです。

(タイラー) おお。それは是非チャレンジしてみるよ。

――あなたの一番好きなレスラーは誰ですか?

(タイラー) 小さい頃はハルク・ホーガン。

――だいたいみんなそう言いますよね。

(タイラー) そうそう。そうなんだよね。みんな小さい頃のヒーローはハルク・ホーガンだよ。あとショーン・マイケルズも好きだった。

――あなたのレスリングスタイルは誰の影響が一番強いと思いますか?

(タイラー) AJスタイルズかな。彼は飛べるし、ハードヒッターでもあるし、結構オールラウンダーだよね。

--あなたもどちらかというとオールラウンダーではないですか?飛ぶし、ハードヒッターだし、グラウンドでの攻防も対応できるし。

(タイラー) そうであるように努力はしてるんだ。

――いままでの試合の中で一番危なかった経験、もしくは失敗談を教えてください。

(タイラー) 肩が外れたり、鼻を骨折したり、いろいろとあるけどアゴを骨折したのが一番最悪だった。治るまでに何ヶ月もかかるし。あれは痛いよー、マジで。まあそんなとこかな。でも鼻の骨折なんてこの仕事すれば誰でもやることだし。いまはもう治ってるから何ともないけどね。

――対戦してみたい日本人レスラーはいますか?そしてそれは誰ですか?

(タイラー) んー困ったなあ。どの時代から選んでも良いというなら、ハヤブサかな。17歳のときに彼を見てものすごく好きになったんだ。そう、だから彼の得意だったフェニックススプラッシュをいま僕が試合で使ってるのも、彼の影響なんだ。

――エイジ・オブ・ザ・フォール(AOTF)というチームの説明をしてください。またはどんなチームなのですか?

(タイラー) AOTFというのは、自分の意志の通りに人生を生きろというモットーを掲げているんだ。言われたからしなきゃいけない、規則だからやらなくてはいけない、ではなくて、自分の気持ちに素直に従うことを目標としている。みんながやっているからという理由ではなくて、自分がやりたいからこそやることが大切なんだ。AOTFはそういうモットーを皆に伝えるために活動している。自分で人生を切り開いていくんだ、ってね。

--私生活のあなた自身もこういった考えに賛同しているのですか?

(タイラー) ああ、基本的にはそのように生きてるつもりだよ。だってさ、僕のやりたいことはプロレスなんだ。学校では成績も良くなかったし、大学へ行って卒業して会社勤めするなんてまっぴらだって思ってる。もしそんな道に進んでたら、絶対に後悔するに決まってるさ。僕はアイオワのすごく小さな町の出身なんだ。道路には街灯は一個もないし、コンビニは町に一軒あるだけ。そんな田舎出身だけど、目標を持ってやればできるっていうことも証明したかったんだ。

――ところで、背中にあるタトゥーは何て書いてあるんですか?

(タイラー) あー。これは武士道のことが書いてあるんだ。日本人にとっては支離滅裂なことが書いてあると思うから先に謝っておくよ。本当にごめん!で、これは映画の『ラストサムライ』から取ったんだ。映画の中の台詞がとっても気に入ってね。すごく良いことを言ってると思ったんだ。あの映画を観たとき僕は18歳で、ものすごく拗ねていた時期だったんけど、「自分の意志をしっかりと持ち、その目標に向かっていけば、必ずその目標に到達できる」というようなことを言ってたんだ。で、それを背中に入れてみたってわけ。

――日本のファンへメッセージをお願いします。

(タイラー) 日本の皆さん、はじめましてタイラー・ブラックです。今回初めて日本へ行きます。是非、会場へお越し下さい。僕たちが革命を起こします。

――そして最後に、あなたにとってプロレスとはなんですか?

(タイラー) うーん、いま現在で言えば、僕のライフスタイル。プロレスラーになるということは、生活の全てがプロレスに関連するってこと。辛い時もあるし、逆に楽しいこともある。だから一言で言うのは難しいね。だってたくさんの要素が含まれているからね。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

Tyler Black

 

p1000314.jpg

【名前】タイラー・ブラック 【生年月日】1983年3月28日 【出身地】アイオワ州バッファロー 【身長】185㎝ 【体重】95㎏ 【得意技】ゴッズ・ラスト・ギフト(スモールパッケージドライバー)、前方450°回転スプラッシュ、スタンディング・シューティングスター・プレス 【経歴、タイトル歴、エピソード等】2005年にプロデビュー。スコット・カウンティー・レスリング(SCW)でヘビー級王者に就く。2006年、レスリング・ソサエティー・エックス(WSX)に参戦。ジミー・ジェイコブスと”Do It For Her”(D.I.F.H.)を結成。2007年、IWAミッドサウスのライトヘビー級王者に就く。同年9月からROH 参戦。ジミー・ジェイコブスとタッグを組み、”The Age of the Fall”(AOTF)を結成。ROH Final Battle 2007でブリスコ兄弟からROH世界タッグ王座を奪取。2008年3月ROHフィラデルフィア大会でROHヘビー級王者ナイジェル・マッギネスとメインイベントで対戦。惜しくも負けてしまったものの好勝負を展開し注目を浴びる。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 1 of 11

ホーム > タグ > Tyler Black

検索
Calendar
« 2017 年 4月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る