ホーム > タグ > wXw

wXw

葛西純 vs. サミ・キャラハン


4月10日 wXw @エースアリーナ ニュージャージー州ユニオンシティ

フリーダムズでは惜しくも叶わなかった葛西純対サミ・キャラハンのカードが、ドイツの団体wXwのアメリカツアーで実現した。二ヶ月も前のことなのだが、レビューを書いてみる。

IMG_3893IMG_3895IMG_3897

ゴングが鳴ると観客から「クレイジー!モンキー!」チャント。あっはっはーと半笑いで殴り合う両者。葛西は「ユア、クレイジー!」と叫んで引っかき攻撃。どっちがクレイジーかを競い合っている様子。

IMG_3900IMG_3901IMG_3902

ゴツンゴツンと鈍い音をさせながら両者頭突き合戦。ローキックから逆水平チョップの応酬がつづく。

IMG_3903IMG_3905IMG_3907

葛西はサミを場外へ放り投げる。サミを固いガードレールに叩きつけると、観客のペプシを口に含んでサミの顔面へ噴射。サミはたまらずリングに戻る。

IMG_3908IMG_3913IMG_3917

葛西は観客から靴を借りて、サミの顔面にぐりぐりと押し付けオドイーター攻撃。サミをコーナーに投げてから、サミの顔面に靴の底でポコポコヘッド攻撃。サミは靴を奪って葛西の顔面に押し付けて逆オドイーター攻撃。葛西は「オエー!」とえずきながら靴を観客席にぶん投げる。そして自分で借りときながら何故か観客に中指を立てる葛西。

IMG_3918IMG_3919IMG_3923

葛西はサミをブレーンバスター。カウントツーでキックアウト。また観客から「クレイジー!モンキー!」チャントが起きると、葛西はサミの袖なしGジャンを盗んで着はじめる。しかしサイズが合わずに「スモール!」と叫んで投げ捨てる。完璧なカタカナ発音に日韓レフェリーも苦笑い。葛西はサミにチョーク攻撃。サミは目潰し攻撃で葛西をはね返す。

IMG_3926IMG_3931IMG_3932

葛西はサミをコーナーに投げてエルボーを狙うが、見事にかわされてしまいハイキックを食らう。続けて葛西に顔面ウォッシュ。フォールに入るが葛西がツーでキックアウト。ねばる葛西を強引にバックドロップ。すると葛西は、「マサ・サイトー!」と叫んでヘソで投げるバックドロップ炸裂。さらに「ダイナマイト・キッド!」と叫んでから高速のブレーンバスター。そして「ハーリー・レイス!」と叫んでコーナートップからダイビング・ヘッドバット。レスラーの名前を叫んでから技を出しますよシリーズ完成!しかし調子にのってしまったのか「ウィーー!」と叫んでテキサスロングホーンばりのラリアットを狙うがかわされて失敗。

IMG_3933IMG_3937IMG_3939

葛西は急所攻撃からコーナーにフェイスバスターそしてラリアット。サミがカウントツーでキックアウト。葛西はリバース・タイガードライバーをきめるが、またツーでキックアウト。バズソーキックから二度目のリバース・タイガードライバーをきめるも、またまたツーでキックアウト。すると葛西はボディスラムで寝かしといて、サミの顔面に手鼻をかんでからコーナートップヘ。「シュワッチ!シェーー!」と叫んでパールハーバー・スプラシュを狙うが自爆。サミが強烈なランニングエルボーからフォールに入るがツーでキックアウト。と、そこでサミは何を思ったのか、葛西のゴーグルを手に取りコーナーポストに登ると、オキテ破りの逆パールハーバー・スプラシュ!しかしサミも自爆!自爆合戦!

IMG_3942IMG_3944IMG_3946

すると葛西は三度目のリバース・タイガードライバーを狙いにいくが、それをサミが上手くかわしてストレッチマフラー。そのままグランドに持ち込む。葛西はロープにエスケープしようとするが耐えきれずタップアウト。サミ・キャラハンの勝利。

IMG_3947IMG_3948IMG_3951

勝ったことが信じられないサミ。ふらふらと葛西に近寄りゴーグルを返そうとすると、葛西が突然クレイジー同士の熱いキッス!ツバを吐いて嫌がっていたサミだが、まんざらでもない様子だった。

日米クレイジー対決は、サミ・キャラハンに軍配が上がった。ハードコアマッチでもデスマッチでもなかったが、両者の持ち味が十分に発揮できて、しかもクレイジーで笑えた試合だった。普段ゴツゴツとしてハードヒットな試合スタイルのサミ・キャラハンが、葛西のコミックな動きに対応していたのも興味深かった。サミもコミックいけるのかと思ったが、やはり次はもっとハイテンションで最狂な試合が観たみたい。そんなサミ・キャラハンの来日を願って止まないのだ。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

葛西純 vs. ドレイク・ヤンガー


4月9日 wXw @アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

<ノーロープ有刺鉄線ボブワイヤーボードデスマッチ> 葛西純 vs. ドレイク・ヤンガー

IMG_3529IMG_3537IMG_3544

先ずはドレイク・ヤンガーから入場。観客からは一斉にブーイング。続いて葛西純が入場すると、「ジューン!カサーイ!」チャント。葛西は気合十分。

IMG_3550IMG_3553IMG_3555

「クレイジー!モンキー!」チャントまで発生するほどの人気ぶり。葛西はコーナーに立てかけられたボブワイヤーボードを横目で見ながらニヤケ顔。ゴングが鳴ると両者組み合いオーソドックスな立ち上がり。

IMG_3558IMG_3565IMG_3567

ヤンガーは葛西をボブワイヤーボードに投げようとするが失敗。葛西を場外で流血させる。

IMG_3568IMG_3569IMG_3570

葛西は脚立を寝かせてヤンガーをボディースラム。「ガチン!」という鈍い音と同時に「ウガー!」という叫び声が響く。すぐに蘇生したヤンガーは、コーナーに立てかけられたボブワイヤーボードに葛西を投げつける。「バコーン!」という音でボードは真っ二つに。

IMG_3575IMG_3577IMG_3580

ヤンガーはリング下から椅子を取り出すと葛西をボディースラム。JCベイリーへの追悼の言葉を叫んでから、脚立から葛西へフットスタンプ。場内は「JCベイリー!」の大チャント。

IMG_3588IMG_3591IMG_3593

ヤンガーは葛西の股間を有刺鉄線に投げ落とす。

IMG_3595IMG_3598IMG_3600

こんどは三角コーンにお尻から落とす。股間への連続攻撃で目覚めたのか、葛西はヘラヘラと笑いながら立ち上がる。すかさずヤンガーが葛西をかつぎ上げて脚立の上にデスバレー。

IMG_3601IMG_3603IMG_3604

ヤンガーは椅子をリング上に寝かせ葛西をアタマから落とす。しかしツーでキックアウト。

IMG_3606IMG_3607IMG_3609

ボブワイヤーボードを下向きにセットしたヤンガーは脚立へ登る。葛西がエスケープするとヤンガーを追って脚立へ駆け上る。脚立の上で葛西のヘッドバット。「ゴツン!」という鈍い音。

IMG_3611IMG_3613IMG_3616

ヘッドバットでふらふらになったヤンガーを、ボブワイヤーボードめがけてスーパープレックス。つづけてボブワイヤーボードの上にみちのくドライバー。しかしヤンガーはキックアウト。ヤンガーの額から大量の出血。更に葛西がジェイ・ドライバーで投げるが、ヤンガーはツーでキックアウト。ゾンビか。驚異的な粘りを見せるヤンガー。

IMG_3624IMG_3627IMG_3629

ゴーグルを片手に脚立を登る葛西。しかしヤンガーが追いつきボブワイヤーボードめがけてスーパープレックス。

IMG_3630IMG_3633IMG_3639

しかし葛西はムクッと立ち上がり「ウガー!」と雄叫び。観客からは大歓声。ヤンガーのバックを取ってボブワイヤーボードにバックドロップ。すると葛西は脚立に駆け上り「シュワッチ!」と叫んでゴーグルを装着。「シェー!」と叫びながらパールハーバー・スプラッシュ。

IMG_3641IMG_3645IMG_3646

が、しかし、ヤンガーはそれをカウントワンでキックアウト!必至の表情でヤンガーを立ち上がらせる葛西。最後は変形のジェイ・ドリラーが決まりスリーカウント。葛西の勝利。

IMG_3649IMG_3654IMG_3663

三角コーンを被って勝ち名乗りを受ける葛西。観客からはスタンディングオベーションで大拍手が送られた。


試合前には緊張気味だったという葛西純。久しぶりとなるアメリカでの一試合目(今回は二日間で四試合)は、文字通り血みどろの死闘となった。想像していたとおり葛西とヤンガーは手が合う。葛西のキ●ガイファイトを真正面から受けまくったヤンガーは素晴らしいの一言だ。技を受けるだけではなく、あともう少しというところまで攻め込んだ試合巧者なところも評価したい。ヤンガーの真骨頂でもある驚異的な粘り強さが、良い相乗効果となって現れた試合だったように思う。この一戦だけで終わらせるのが勿体なさすぎる。別のデスマッチ形式でも観てみたいと思わせるこのカード、いつかまたどこかで実現してもらいたいものである。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

“The Crazy Monkey” Jun Kasai returns to US


YouTube Preview Image

Jun Kasai, a notable deathmatch fighter, is coming back to US to defend his UVU Championship title at CZW. He is one of the best deathmatch fighter, and known for his crazy fight style. He’ll be in 4 matches in 2 days – against Drake Younger at No Ropes Barbed Wire match, against Danny Havoc to defend his UVU Championship, against Sami Callihan at hardcore match, and lastly but not least, against Necro Butcher at ultraviolent rules! What will happen to each match?!

Don’t miss this opportunity to see this Japanese ‘Crazy Monkey” Jun Kasai live!!


wXw presents
April 9th 2011 @ 2:30PM
@ Asylum Arena • South Philadelphia
7 W. Ritner Street
Phila, PA 19148

No Ropes Barbed Wire Match
Drake Younger vs. Jun Kasai


CZW presents
April 9th 2011 @ 8PM
@ Asylum Arena • South Philadelphia

Ultraviolent Underground Championship Match
Danny Havok vs. Jun Kasai


CZW presents
April 10th 2011 @ 1:30PM
@ ACE Arena
725 Sip Street

Ultraviolent Rules
Necro Butcher vs. Jun Kasai


wXw presents
April 10th 2011 @ 5:30PM
@ ACE Arena
725 Sip Street

Hardcore Match
Sami Callihan vs. Jun Kasai


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 1 of 11

ホーム > タグ > wXw

検索
Calendar
« 2017 年 10月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る