ホーム

MANHATTAN DROP

PWS ニューヨーク大会


5月8日 PWS @ステピナック・ハイスクール体育館 ニューヨーク州ホワイトプレインズ

事前発表と当日のカードが毎回しれっと変わっていることでおなじみのプロレスリング・シンジケート(PWS)のレビューを今回は写真中心でお届けします。

p1060313p1060314

会場はニューヨーク郊外にあるハイスクールの体育館。昼間に選手達のサイン会が開かれ夜にプロレスという二部構成。およそ八割の入りでほとんどがファミリー客が中心。そしてなんと一般客としてチカラプロにも出場しているピンキー・サンチェスの姿もあった。いきなり前チャンピオンのバター・ビーンがリングイン。どこから首でどこからが肩なのか判断がつかないほどにまた一段と丸くなっていた。ビジュアル的にはかなりのインパクトがあって怪しさ満点。レスリングの内容としてはこれといって特筆すべきことは無し。

p1060323p1060325p1060329

レジェンドマッチと銘打たれたハクソー・ジム・ドゥガン対ドインク・ザ・イービル・クラウンことマット・オズボーンの試合が、入場の時点から何やら不穏な雰囲気を漂わせていた。ゴングが鳴らされても微動だにしない二人。ちょっと接触しただけでリングの外にエスケープするドインク。ものすごい形相で追っかけるジム・ドゥガン。観客は何のことか分からずにポカーン状態のまま試合は続く。するとドインクがストリートファイトをしようとジム・ドゥガンを場外へ誘って小競り合い。椅子で威嚇しながらジム・ドゥガンを迎え撃つドインクだったが、そのまま場外カウントが進んで両者リングアウト。完全にシュートマッチだった。後から聞いた話しによると二人はプライベートでとても仲が悪いとのこと。それを知ってわざとマッチメイクしたとしたらPWS恐るべしなのだがPWSかぎってそれはあり得ない、と思う。

p1060334p1060338

物販ブースにドッカリと腰をおろして試合を眺めるグレッグ・バレンタイン。分厚い胸板とたなびく金髪がなんともセクシーだった。元ROHのデズモンド・ウルフ(ナイジェル・マッギネス)はダン・マフを相手に卒のない試合を披露。インターミッション中に声をかけると「コンバンワ!」と甲高い声で挨拶してくれた。ROH最終戦で会ったとき以来のナイジェルは相変わらずいい人だった。

p1060339p1060344p1060349

新人レスラーのマネージャーとしてほぼ毎回出場しているオックス・ベイカー。肌の質感といい釣り上がった眉毛といいモンスターそのものだ。この日もムチを持ちながらリングの周りをゆっくりと歩くだけだったが、全出場選手の中でもその存在感はダントツで一番。ただし観るたびに顔色が悪くなっているのが気がかりでならない。ぶっちゃけオックス・ベイカーのためにPWSを観続けているようなものなので、なんとか体調を戻してまたムチくわえて子供達を追いかけていただきたい。TNAのベルベット・スカイもマネージャーとして登場。テレビで観るより化粧が濃くなかった。

p1060351p1060354p1060356

ダニー・デマントがバルコニーダイブして相手選手を病院送りにしてしまった。落ちた場所が胸部だったらしくピクリとも動かない。それを心配そうに見つめるバター・ビーン。岩みたいだ。

p1060357p1060362p1060371

インターミッション中には選手たちによるサイン会が開催され、バター・ビーンとAJスタイルズが並んでサインするという貴重なツーショット。やっぱり岩みたいだ。ネイチャーボーイ継承キャラのAJスタイルズはポール・バーチルと対戦。ものすごいブーイングと罵声を受けながらもJAスタイルズが勝利。アメージング・レッドはジェネレーション・ミー(元ヤングバックス)と対戦。ちょっと体重が増えたようにも見えたが華麗な空中技は健在だった。

p1060373p1060378p1060380

容姿が変わりすぎて誰だか分からなかったバンピーロと、メタル大好きジェリー・リンとの対戦。バンピーロがほとんど動けていなかった。ジェリー・リンの動きが良かっただけに非常に残念。長時間興行で客はダレダレだし特に盛り上がりもなくジェリー・リンが勝利。色んな意味で目が覚めた試合だった。


ユルい、長い、無駄に豪華、この三つがPWSの基本コンセプトだと思った。というかそれが一番しっくりくるしそれ以上のものは何もない。ただしオックス・ベイカーは飛び抜けて素晴らしいことになっているので、この際だからオックス・ベイカーをエースにすべき。ダメもとで。いや無理か。無理だよな。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Kaiju Big Battel – The Halls of Danger!


kbb


Live Monsters and Mayhem Live at The Trocadaro for Wizard World After-Party

Kaiju Big Battel brings their live monster mayhem to The Trocadero on Saturday June 12th for the official after party of Wizard World 2010! Get ready for action when the Heroic fighters of Kaiju take on the evil monsters of Dr. Cube’s posse!

Be there as Philly’s premiere music venue crumbles to the ground as Kaiju Big Battel Presents: The Halls of Danger! This award ceremony will highlight a night of space bug slams and city crushing in ring action!

Join Neo Teppen, Los Plantanos, Cycloptopuss, American Beetle, Super Wrong and the nefarious Dr. Cube as we celebrate the festivities of Wizard World Con 2010!


ALL AGES!
Doors at 6:30pm show at 8pm
1850 adult 11 children 14 & under tickets at
<http://www.ticketmaster.com> or <http://www.thetroc.com>



  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

獣神サンダーライガー vs. ホミサイド


5月22日 JAPW @ラーウェイ・レックセンター ニュージャージー州ラーウェイ

img_0193img_0202img_0204

img_0207img_0208img_0214

セミでネクロ・ブッチャーが大暴れしたあとのメインイベントは、TNA所属でJAPWのエース的存在でもあるホミサイドと獣神サンダーライガーが対戦。ライガーの入場曲『怒りの獣神』が流れると場内は割れんばかりの手拍子。個人的に気になっていたアメリカでのライガー人気はもの想像以上だった。しかも、「燃やせ燃やせー!」と曲に合わせて大声で歌うファンまでいたのにはびっくりした。昭和にワープしたかのようだ。対するホミサイドだが、ここ最近はカリスマ性も薄れてきたのか、一部の熱狂的なファン以外からは反応が薄くなってきた、ような…。

試合の方は終始ライガーのペースで進んでいった。まずは軽く握手してからガッチリとロックアップ。そしてグラウンドの攻防へと持ち込みライガー早くも有利。観客からは「レッツゴー・ライガー!」チャントが発生。場外へと逃れたホミサイドにライガーがトペと見せかけフェイント。怯んだところにスライディングキック。すると場外のホミサイドめがけてライガーがエプロンから助走をつけてプランチャ。ライガーの全体重がもろに乗っかってしまったホミサイドはその場でもんどり打つ。正攻法では無理と判断したのかホミサイドがパイプ椅子をリングに投げ入れる。するとライガーはそのパイプ椅子をあっさりと場外に投げ返す。正々堂々と勝負しろという仕草でアピールするライガー。観客から拍手が起きる。

じゃあしょうがねえみたいな顔でリングインするホミサイド。するとライガーはストレッチ系の技でホミサイドを一方的に攻めこんでいく。ホミサイドが起き上がり小法師式ブレーンバスターを決めカバーに入るがツーでキックアウト。そしてロックアップからライガーが脇固め。ホミサイドがたまらずロープにエスケープ。すぐにホミサイドがSFTで切り返すと今度はライガーがロープエスケープ。ホミサイドが必殺のコップキラーを狙いにいくがライガーがうまくかわして逆にライガーボム炸裂。しかしカウントはツー。たたみこむようにライガーは急角度のブレーンバスターを決めるがまたしてもカウントツー。ライガーがトップロープからダイブするが膝を出して防御。逆にホミサイドがトップロープからダイブするが同じく今度はライガーが膝剣山でブロック。そして最後はライガーがトップロープに登ろうとしたとことをホミサイドがエースカッター(RKOみたいな技)でしとめてスリーカウント。ホイサイドの勝利に終わった。


両者の力の差は一目瞭然。終始試合をコントロールしていたのはライガーの方だった。だから勝敗がついたときにあーまたかという思いでいっぱいになったのだが、試合内容としてはウオッ!となる場面もありつつやはりライガーの上手さが印象に残った。試合巧者というべきか貫禄ありすぎ。それに何といってもアメリカでの獣神サンダーライガーの人気は異常。もう今回はこれに尽きると思った。試合後、ホミサイドがマイクでバックステージの選手全員をリングサイドに呼びこんで、ライガーに賞賛の拍手をした場面は、同じ日本人として誇らしく思えた。もしまた次があるとしたら、負けてもいいからライガーにはイキのいい若手をぶつけて欲しい。団体として次につながるようなマッチメイクに期待したい。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

サミ・キャラハン インタビュー


ここ最近、観に行く試合のほとんどにブッキングされているサミ・キャラハン。とにかく今が旬の選手であることには間違いはない。が!ただの旬の選手ではなく、見るごとに試合内容がどんどん良くなっているまさに成長株の筆頭なのです。そんな良い選手をマンハッタン・ドロップが見逃すはずはない!というわけで、早速インタビュー開始。

――プロレス歴は何年になりますか?

2006年1月からトレーニングを開始して、その年の3月にデビューしたんだ。

――え?!そんなに短期間でデビューしたのですか?

幸運にも、と言っても良いのかわからないけど、すぐにデビューできるプログラムでトレーニングしたおかげで、早くデビューできたんだ。

p1060311

――誰に師事したのですか?

最初に教わったのはシャークボーイ。それからオハイオのハートランド・レスリング・アソシエーションでレス・サッチャーとコディ・ホークに習った。あとタッグパートナーでもあったジョン・モクスリーにも色々と教わったよ。ジョンとは、俺がプロレスを始めた時からの付き合いなんだ。

――しかしシャークボーイというのは意外です。なぜシャークボーイを選んだのですか?

シャークボーイは初心者向けのプロレスコースを開催してるんだ。週3回の2ヶ月コースで、とにかく基礎をみっちり教え込む。値段は$500だったかな。俺はまだ大学生だったんだけど、クラスメートにプロレス習いに行こうぜ、って誘われたんだ。それで週に3回、片道3時間かけてシンシナティまで車で通った。あの頃はとにかくトレーニングのためなら!って無我夢中だったね。

――ところであなたはCZWにも上がっていることから、デスマッチレスラーと思われる事も多いかと思いますが、本来はどのようなレスリングスタイルなのですか?

よくデスマッチファイターだと思われるんだけど、それは本当に大きな間違い。今までのキャリアの中で、多分15回しかデスマッチをやったことがないと思う。ところが一番最初にCZWに行った時に、その時はスポット参戦だったんだけど、こんなに注目されてる団体なら何でもやります!という気分になっちゃって、デスマッチをやることになったんだ。でも去年の12月のケージ・オブ・デスでダニー・ハボックとデスマッチをやった時に背中を怪我して(と言いながら、すごい傷跡を見せる)もう潮時かな、と。肘にもガラスが入ったままだしね。ただデスマッチも楽しかったよ。デスマッチに嫌な思い出は全くない。だけどもっとレスリングに専念した方が俺自身の良さが生かせると思えるんだ。例えば今はハイフライヤーで跳んだり跳ねたりっていうのが流行ってるけど、それは俺のスタイルじゃない。もっとハードヒットで、技の一発で相手にダメージを与えて、関節技でタップアウトを取ったりKOしたりする、そういうのが俺のスタイルなんだ。

――確かにあなたのスタイルは、デスマッチではなくストロングスタイルだと思います。ではどういうプロレスラーに影響を受けていますか?

スタン・ハンセンとベイダーだね。友達がホーガンと言ってる中で、断固ベイダー支持だったよ!大きなレスラーが容赦なく叩き潰すあのスタイルがたまらなく好きなんだ。彼らは技術的にすごい技を出すわけでもないけど、一発一発に破壊力があって、とにかく説得力があるよね?それにあの存在感は凄い。そんなベイダーとハンセンのように、存在しているだけで恐怖を与えるようなレスラーを目指してるんだ。相手のレスラーだけじゃなく、リングの下にいるセコンドもビビってるでしょ?試合が終わって控え室に戻る時も大暴れして、会場にいる全員を怯えさせるって凄いことだよ。リング上だけを見て、プロレスの技術だけに注目をしてレスラーを評価する人が多いと思うけど、リングを下りてもリング上と同じ存在感を出せるのは本当に凄いことだと思う。俺は控え室を出てからリングでプロレスをし、そしてまた控え室に戻るまでの全ての動きや行動に注目してるんだ。その全てを引っくるめてこそプロレスラーを評価できると思う。そういう意味でもハンセンは最高のレスラーだと思うんだ。

――なるほど。ところで変な質問かもしれませんが、日本の鶴見五郎というレスラーはご存知ですか?

うーん、知らないなあ。どうして?

――実は、あなたのそのタイツが鶴見五郎のタイツにそっくりなんです。その形のタイツは珍しいですよね?

ああ、このタイツ?俺がもう一人すごく影響を受けたレスラーはタズなんだ。タズに影響を受けてこのタイツを履いてるんだよ。タズも俺のように体はそんなに大きくないけど、当たりも強いし、大きなスープレックスで相手を翻弄するでしょ?今までにトランクスタイプのタイツを履いていたこともあったけど、皆が履いてるからやめたんだ。他の人と同じじゃ意味がない。

――確かに最近はショートタイツにレガースという格好をしている人が多いですよね。

そう。タイツじゃなけなくて、プロレスのスタイルもそうだよ。今流行の大技をどんどん出して行くスタイルも別に嫌いではないけど、でもそれは僕のスタイルじゃない。技を出しまくるわけじゃなく、一つ一つの技に説得力のあるレスラーが俺の目指すものなんだ。俺は本当にオールドスクールタイプのレスラーが好きでさ。一目見てサミ・キャラハンだとわかる特徴のあるレスラーになりたいんだ。俺には俺のスタイルがある。技の一つにしても誰かの真似をするのではなく、俺自身の技を使いたい。誰かの真似をしたギミックも使いたくない。俺はプロフェッショナルのレスラーだから他の人の真似や流行っていることをするのではなく、サミ・キャラハンというレスラーをもっと磨き上げていきたいと思っている。だからトレーニングをする時も、リング上でも常に100%の力を出して、100%のサミ・キャラハンを出そうと努力している。ベイダーや日本にいた時のスコット・ノートン、それにスタン・ハンセンみたいな存在感のあるレスラーになりたいんだ。スタン・ハンセンが客席を練り歩くと皆が逃げ回るでしょ?ロープを持って、椅子を蹴散らしながら歩き回るだけで、そこにいる全員が本気で逃げまわるんだよ?凄いと思わない?俺もああいう風に怖がってもらえたらと思うよ。サミが来た!ってだけで、そこにいる全員が震え上がって、観客の全員が俺に注目したら最高だと思う。

――ところであなたはベビーフェイスですか?それともヒール?

どちらでもない。俺はサミ・キャラハンであって、ベビーでもヒールでもない。サミ・キャラハンというレスラーとして全力で試合をしてるだけだよ。今はだいたいベビーかヒールに分かれちゃってるけど、どちらでもない存在がユニークな一面として、珍しく思われてるんじゃないかな?

――最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

5年後のサミ・キャラハンを見て欲しい。プロレスが俺の人生だから、毎日しっかりとトレーニングをしてプロレスのための生活をしている。こうやって努力をすれば、きっと実を結ぶと信じてるよ。それにいつかは日本へも行きたい。まだまだ力不足なのはわかってるけど、5年後にはきっと皆に評価してもらえる存在になっていることを約束するよ。


この翌日、インタビューのお礼にと言って鶴見五郎の試合映像を教えたところ、「ゴローの試合見たけど、最高だよ!」との返事が返ってきた。プロレスラーなんだからプロレスができて当たり前。それ以上のプロレスラーとしての存在感が必要なんだと熱く語るサミには、どうやら80年代の鶴見五郎のスタイルはドンピシャだったらしい。とにかくハートの熱い男で、常に努力をしている様子は、試合を見る毎に良くなっていることからも判断できる。5年後とは言わずに、2年後3年後にはトップに登りつめていくのでは?と思わせる説得力を持つ男。唯一無二のレスラーになれるように、ぜひ頑張ってもらいたい!





  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

月刊 ネクロ・ブッチャー vol.8


「ネクロ・ブッチャーを大統領に!」を合言葉にやっております月刊ネクロ・ブッチャー。今回は、JAPWで行われたハードコアマッチの模様をダイジェストでお送りします。

5月22日 JAPW @ラーウェイ・レックセンター ニュージャージー州ラーウェイ

img_0146img_0149img_0153

赤いバンダナに上半身裸で入場のネクロ・ブッチャー。右手首には「DANGER」と書かれた黄金のリストバンド装着済み。気持ち腹まわりがスッキリしたように見えるが、白くてだらしない体型は依然としてキープしている。キャラが被りぎみのブロディ・リーも入場時からハイテンション。いきなりダン・マフを客席に投げ込むと、ありえないほどスローな動きで自分も鉄柵を乗り越えるネクロ。すると観客は一斉にその場から避難しはじめハードコアマッチの準備完了。ブロディ・リーも加勢に入る。

img_0156img_0163img_0164

ダン・マフの頭をゴツンゴツンと何度も地面に叩きつけるネクロ。全くもって容赦ない。そのままひな壇の上までダン・マフを連れて行くと殴り合いがはじまる。ひな壇のベンチシートに座らせて最初は逆水平チョップ合戦から次第にグーパンチ合戦へと突入。ダン・マフのグーパンチが顔面にクリーンヒットしても何食わぬ顔で殴り返すネクロ。タフすぎる。グーパンチから今度は頭突き合戦へと移行。頭突きでも一枚上手のネクロは、ダン・マフが怯んだところを無理やり担ぎ上げベンチシートに叩きつける。シートがかるく歪む。

img_0167img_0170img_0172

パイプ椅子をダン・マフの背中に当てがってそのまま地面にボディスラム。グワシャーン!と底が抜けたような音がする。すると何を思ったのか、裏口近くに置いてあるパイプ椅子を収納するための巨大ハンガーに乗っかりはじめるネクロ。続いてダン・マフも乗っかり巨大ハンガーの上で殴り合いがはじまる。そのままエレクトリックパレードのように二人が乗っかったまま巨大ハンガーが会場を練り歩くという意味不明ムーブがつづく。

img_0173img_0175img_0179

再びひな壇の方向へと練り歩くネクロとダン・マフ。会場備え付けのゴミ箱をネクロの顔面へ次々と投げつける。ゴミ箱がかなりいい角度でネクロに直撃。ひな壇の周囲がゴミだらけになっても巨神兵のように立ち上がるネクロ。右腕に彫られたヨーダのタトゥーがダサカッコいい。

img_0181img_0186img_0187

戦場はエントランス周辺へと移動。蹴り倒されたネクロの顔面に長椅子を当てがって更に蹴りをぶち込むダン・マフ。ドンッ!と地味に痛そうな音があたりに響く。ダン・マフの容赦ない攻撃にネクロは少しグロッキー気味。するとブロディ・リーとやりあっていたチャーリー・ハースがネクロを攻撃しはじめる。鉄柵をネクロの顔面めがけぶん投げるチャーリー・ハース。実に大人気ない。そんな凶器攻撃の応酬のなか突然スモールパッケージホールドでスリーカウントを狙うネクロ。ある意味オールドスクールな流れ。しかしスモールパッケージホールドで観客は大盛り上がり。

img_0188img_0190img_0191

ブロディ・リーがネクロの救出に入りチャーリー・ハースに鉄柵攻撃。そしてレスラー全員がリング上に戻る。リング上にパイプ椅子を置き、そこに怪我をしているネクロの右足を落とすチャーリー・ハース。椅子が折れ曲がりネクロが右膝を抱えながらもんどりうってエスケープ。するとブロディ・リーからパイプ椅子を取り上げるが、なんと仲間のチャーリー・ハースを攻撃。ノックダウンしたチャーリー・ハースをブロディ・リーが押さえ込んでスリーカウント。ダン・マフとチャーリー・ハースの仲間割れによりブロディ・リーが棚ぼた勝利。


試合結果はこの際置いておくとして、何度かエグい角度で膝に鉄柵攻撃を食らっていたネクロ。膝の具合が心配だ。病院へ行くことは絶対にしないネクロのことだからプロテクターを付ける程度だろう。来月には葛西純との大勝負が控えているので、それまでにはなんとか万全な体調へ回復してほしい。しかし、どんな状態であれ我々ネクロ・ブッチャーのファンとしては、葛西純との一騎打ち、大いに期待したい。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ホーム

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る