ホーム

MANHATTAN DROP

Chikarasaurus Rex: King of Sequel – Night 2


7月31日 Chikara ”Chikarasaurus Rex: King of Sequel″ @アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

1. 真琴 vs. 藤本つかさ

IMG_7778IMG_7782IMG_7786IMG_7788IMG_7790IMG_7795IMG_7801IMG_7805IMG_7809IMG_7810IMG_7813IMG_7816IMG_7821IMG_7822

ファンから大量の紙テープが投げ込まれ、場内はかなりの盛り上がり。昨夜よりもリラックスした表情の真琴と、満面の笑みで入場してきた藤本つかさ。アイスリボンのショーケースマッチと題されたこの試合、全米から駆けつけた”JOSHI”ファンの注目が集まった。真琴は一方的に攻め込まれる場面もあったが、自分の持ち味を十分に発揮できているように見えた。藤本は伸びのあるドロップキックや、場外へのダイブなどでファンから大きな歓声が上がっていた。

IMG_7827IMG_7834IMG_7842IMG_7843IMG_7844IMG_7848IMG_7850IMG_7851IMG_7855

最後は藤本つかさがビーナスシュート(コーナーからの三角飛び延髄斬り)をきめてスリーカウント勝利。試合後バックステージでの藤本つかさのコメント、「試合中はお客さんの歓声がはっきりと聞こえました。とにかく凄い盛り上がりで、アメリカで試合が出来て本当に嬉しかったです」。真琴のコメント、「WWEもこんなに盛り上がるんですか?」。

2. ダッシャー・ハットフィールド vs. アーチボルド・ペック

鼓笛隊という珍しいキャラクターのアーチボルド・ペック。美人女性マネージャーのベロニカは、バトンを振りまわし試合を妨害する。一風変わったヒールだ。コミック要素満載の試合は、アーチボルド・ペックが野球男爵ダッシャー・ハットフィールドにアンチェインド・メロディをきめて勝利。

3. 下田美馬 vs. デイジー・ヘイズ

IMG_7875IMG_7877IMG_7884IMG_7885IMG_7886IMG_7888IMG_7892IMG_7893IMG_7897IMG_7900IMG_7927

前日の六人タッグマッチでは、下田美馬がデイジーから豪快なスリーカウント勝利を奪っているが、この日のシングルマッチではデイジーがオコーナーズロールアップ(回転足折り固め)をきめて下田美馬に勝利。BDK結成時に比べて、痩せすぎな気がするデイジー。そのせいか技が軽く感じられてしまう。試合に勝ったものの、終始攻められる場面が多かった。一方の下田は、前日と同じく試合を優位にコントロール。技の一つ一つに説得力があった。全女スタイルてんこもり。役者の違いが際立っていた試合。

4. ウルトラマンティス・ブラック&ハロウウィキッド&フライトメア vs. スコット・パーカー&シェーン・マシューズ&エル・ジェネリコ

試合途中にBDKのティム・ドンストが乱入して、フライトメアを椅子で強襲する。そのすきにウルトラマンティス・ブラックがエル・ジェネリコにプレイング・マンティス・ボムをきめてスリーカウント。ウルトラマンティス・ブラック率いるザ・スペクトラル・エンボイの勝利。

5. アトランティス&レイ・ブカネロ vs. チャック・テイラー&ジョニー・ガルガーノ(F.I.S.T.)

IMG_7933IMG_7937IMG_7941IMG_7944IMG_7945IMG_7950IMG_7951IMG_7952IMG_7957

先にF.I.S.T.の二人が入場するが相手チームが一向に現れない。すると新ディレクターのウインク・バーバサーが登場。リング上でくじを引いて対戦相手を決めはじめる。最初に引いたのはカール・アンダーソン&ジャイアント・バーナード!しかし現在は日本でツアー中ということでリングには現れない。次に引いたのはCMLLのアトランティスとレイ・ブカネロ!まさか今度も現れるわけないと思われたその時、本当に本人たちが入場してきてしまいF.I.S.T.の二人は動揺を隠せない。

IMG_7959IMG_7976IMG_7980IMG_7981IMG_7995IMG_8002IMG_8006IMG_8007IMG_8011IMG_8015

CMLLの重鎮アトランティスとレイ・ブカネロの合体技は綺麗にきまったものの、レフェリー不在時にアトランティスから股間攻撃を受けたとガルガーノが嘘をついてF.I.S.T.の反則勝ち。アトランティスは反則などしていないとレフェリーに猛抗議するが聞き入れてくれない。これからというところで突然の反則判定。まだまだ本場のルチャが観たかった。CMLLの二人には再戦を願うばかりだ。

“12 Large: Summit” Tournament Match (Block B)
6. エディ・キングストン vs. ジグソー

エディ・キングストンがマサ斎藤ばりのバックドロップでジグソーからスリーカウント勝利。両者とも持っている技を全て使い果たして、後半は気力だけで戦っていた。やられてもやられても立ち上がる両者。チカラプロはルチャスタイルだけじゃないということを証明するかのような素晴らしい試合だった。

7. ジョニー・セイント&マイク・クワッケンブッシュ vs. コルト・カバーナ&ジョニー・キッド

IMG_8024IMG_8026IMG_8030IMG_8033IMG_8034IMG_8037IMG_8044IMG_8049IMG_8054IMG_8064IMG_8071IMG_8072IMG_8079IMG_8083IMG_8084IMG_8095

両チームとも終始リラックスムードで、25分を超えるキャッチ・アズ・キャッチ・キャンだらけの濃いー試合。最後はジョニー・セイントが回転逆エビ固めでジョニー・キッドから勝利。試合終了後ジョニー・セイントはマイクと取りフィラデルフィアの観客へ感謝の言葉を伝えた。

Chikara’s “JOSHIMANIA”

IMG_8105IMG_8106

メインイベント前に場内が暗転すると、プロジェクターにプロモが流れる。まず足元が映しだされそれが徐々に上半身へと。どこかで聞いたことのある声、見覚えのあるグローブ、それはアジャ・コングだった。アジャ、「おいチカラ!日本のプロレスラーがな豊田真奈美が最高だと思ってたら大間違いだぞ!それを12月、このアジャ・コング様がお前らにしっかり分からせてやるから楽しみに待っとけよ!!」

アジャ・コングの顔がアップになった瞬間、観客のどよめきが凄かった。今年12月、チカラプロの”JOSHIMANIA”に、アジャ・コング参戦決定!

“12 Large: Summit” Tournament Match (Block A)
8. サラ・デル・レイ vs. クロウディオ・キャスタニョーリ

IMG_8118IMG_8121IMG_8128IMG_8137IMG_8140IMG_8144IMG_8146IMG_8149IMG_8155IMG_8159IMG_8166IMG_8168IMG_8169IMG_8179IMG_8181IMG_8184IMG_8189IMG_8192IMG_8195

同じBDKというヒールユニットメンバー同士の対決。現在アメリカインディー界トップの女子レスラーと言っても過言ではないサラ・デル・レイは、クロウディオ・キャスタニョーリと一進一退の好勝負を繰り広げた。最後はサラが一瞬のすきをついたクリスフィックスホールドで見事勝利。スリーカウントが入った瞬間、観客は総立ちにでスタンディングオベーション。更に「サーラ!サーラ!」の大チャントも加わった。

負けたキャスタニョーリは、サラのセコンドだったデイジーに、サッカーボールキックとチョークスラムを食らわす。完璧な仲間割れムード。これでBDKは完全に分裂もしくは消滅してしまうのか。だとしたらチカラプロの勢力図がガラっと変わることになる。一方でウルトラマンティス・ブラックの不穏な行動が謎すぎる。それに加えて”12 Large: Summit”の行方も気になるところ。8月末にはヤングライオンズ・カップも控えているチカラプロ。今後も目が離せない。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

Chikarasaurus Rex: King of Sequel – Night 1


7月30日 Chikara ”Chikarasaurus Rex: King of Sequel″ @グッドウィル・ベネフィシャル・アソシエイション ペンシルバニア州リーディング

“12 Large: Summit” Tournament Match (Block B)
1. グリーン・アント vs. ジグソー

IMG_7478IMG_7491IMG_7493IMG_7497

ファイヤー・アントが変形ショートアームシザースで勝利。ジグソーは怪我からの復帰戦を白星で飾ることができなかった。

2. グレゴリー・アイアン vs. ジェイコブ・ハンマーマイヤー

IMG_7509IMG_7512IMG_7514IMG_7518IMG_7521

いつものように自分で自分の入場コールするジェイコブ・ハンマーマイヤー。対戦相手は、AAWのリング上でCMパンクが絶賛したことで一躍時の人となったグレゴリー・アイアン。彼はハンディーキャップレスラーで右手が不自由なのだ。試合途中、ウルトラマンティス・ブラックの乱入によりハンマーマイヤーがノックアウトされてしまう。これによりグレゴリー・アイアンが勝利するものの、どうも煮え切らない結果となってしまった。試合後、ウルトラマンティス・ブラックはBDKのアレスとの対戦を要求。それが実現するまでBDKを一人ずつ襲っていくとマイクで叫ぶ。

3. エディ・キングストン vs. アダム・コール

IMG_7524IMG_7527IMG_7529IMG_7537

すっかりヒールが板についてきた感のあるアダム・コール。タレサンも似合っている。チカラプロでは絶大な人気を誇るエディ・キングストンが、バックフィスト・トゥ・ザ・フューチャー(裏拳)で勝利。

4. スコット・パーカー&シェーン・マシューズ&エル・ジェネリコ vs. イカルス&チャック・テイラー&ジョニー・ガルガーノ

IMG_7546IMG_7550IMG_7551IMG_7555IMG_7563IMG_7564IMG_7568IMG_7569IMG_7571IMG_7573IMG_7574

4月のキング・オブ・トリオスで結成された「チーム3.0le!」が、ヒールチームの「F.I.S.T.」をスウィート・テイスト・オブ・プロフェッショナリズム(相手のアゴに膝を立てる合体技)で勝利をおさめる。「チーム3.0le!」は、スコット・パーカーとシェーン・マシューズのクラシカルでコミカルな動きに、エル・ジェネリコのダイナミックな受けの良さと破天荒な空中技がプラスされて、息のあった面白いチームに仕上がっている。それと、イカルスのタトゥー(未完成)はいつ見てもハイセンスすぎて面白い。

5. ジョニー・セイント vs. ジョニー・キッド

IMG_7587IMG_7590IMG_7591IMG_7598IMG_7602IMG_7610

イギリスを代表する伝説のレスラー、聖なる魔術師ことジョニー・セイントとジョニー・キッドの試合は、5分6ラウンドのラウンド制で行われ、4ラウンド1分41秒ニーリング・フロッグ・プレスでジョニー・キッドの勝利。派手な技はないものの、きめられた首をするっと抜けだし、足や腕の多彩な切り返しを見せてくれた。キャッチ・アズ・キャッチ・キャン・レスリングの真髄ここにあり。

6. 下田美馬&ポーシャ・ペレス&藤本つかさ vs. サラ・デル・レイ&デイジー・ヘイズ&真琴

IMG_7617IMG_7618IMG_7620IMG_7621IMG_7624IMG_7630IMG_7632IMG_7634IMG_7641IMG_7645IMG_7647IMG_7650IMG_7653IMG_7654IMG_7659

アイスリボンの真琴と藤本つかさが全米デビューとなる一戦は、下田美馬がデイジーにデスレイクドライブ(雪崩式のタイガースプレックス)をきめて勝利。ジョニー・セイントによるランカシャースタイルの後に、アイスリボン勢の試合というチカラプロらしいカード順。真琴は一方的に攻め込まれる場面もあったが、諦めることなく最後まで攻めの姿勢を見せていた。入場時から笑顔の藤本つかさは、アメリカでプロレスができる喜びをカラダ全体で表現しているようだった。カサドーラのキレ、しなやかで伸びのあるドロップキック、ロープを使った空中技、観客からはどれも大きな反応があった。

IMG_7665IMG_7669IMG_7677IMG_7686IMG_7687IMG_7688IMG_7692IMG_7695IMG_7699IMG_7702IMG_7703IMG_7705

百戦錬磨の下田美馬は完璧に試合をコントロールしていた。それに食って掛かったのはサラ・デル・レイ。両者の存在感は他を圧倒していた。ポーシャ・ペレスは試合途中に記憶が飛んでしまったらしく、本来のチカラを発揮できなかったようだ。全体的に観客の盛り上がりは素晴らしく、アイスリボン勢の全米進出初戦はまず成功と言っていいだろう。

7. グリーン・アント vs. トゥルサス

IMG_7708IMG_7710IMG_7711IMG_7721IMG_7722IMG_7724IMG_7728IMG_7730IMG_7734IMG_7736IMG_7737IMG_7738

アメリカンなニューコスチュームで登場したグリーン・アントだったが、途中ジェイコブ・ハンマーマイヤーの乱入があり、最後はトゥルサスがコーナーからのダイビング・ボディプレスをきめて勝利。The Flex Express(元ネタはレックス・ルガー)という一連のプロモがじわじわと面白いグリーン・アントだが、いざ試合となると関節技を使ったシュートでシリアスモードなのがまた素晴らしい。

“12 Large: Summit” Tournament Match (Block A)
8. マイク・クワッケンブッシュ vs. クロウディオ・キャスタニョーリ

IMG_7741IMG_7746IMG_7747IMG_7749IMG_7751IMG_7755IMG_7758IMG_7761IMG_7763

二年半ぶりのシングルマッチとなったチカラプロ両巨頭の試合は、マイク・クワッケンブッシュが必殺のチカラスペシャルでクロウディオ・キャスタニョーリからタップアウト勝利。パワーで押しまくるクロウディオに対し、スピードと巧みな返し技で試合を有利にすすめていくクワッケンブッシュ。ほとんど差が無いに等しいこの両者。決めてはクワッケンブッシュが一瞬のすきに放った伝家の宝刀のチカラスペシャルだった。これによりクワッケンブッシュは勝ち点4をゲット。一方、クロウディオは勝ち点2のまま。まだ始まったばかりの12 Large: Summit、今後の展開が楽しみだ。それにしてもこの両者の試合にはハズレがない。もっともっと観ていたい、そんな気分にさせられる素晴らしい試合だった。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

EVOLVE 9


7月26日 EVOLVE 9  @BBキング・ブルース・クラブ・アンド・グリル ニューヨーク州マンハッタン

ボビー・べバリー (0-0) vs. エリック・ライアン (0-0)

IMG_7070IMG_7073

試合途中にケビン・スティーンが乱入(PWGのTシャツ着用)。試合はノーコンテスト。スティーンがマイクを持つと、実況席のロブ・ネイラーとラリー・レナードに「オレが喋るからお前ら黙ってろ!」と罵倒。CMパンクのようにリング中央であぐらをかくと、「ROHは“Ring of Horseshit”だ!」、「ROHを牛耳っているジム・コルネットのケツの穴にラケットをぶち込んでやりたい」、「しかしジム・コルネットのケツには、EVOLVEを去ったデイヴィー・リチャーズが引っ付いて離れねーから無理!」と、強烈なROH批判を展開。

更に、「オレはEVOLVEを救うために来た」と言うと、しばらく考え直して「いやオレはEVOLVEをぶっ壊しに来たんだ!」と叫ぶ。 一体どっちなんだ。そして「オレはアンチ・キリストだしな、ジム・コルネットも嫌いだし、EVOLVEもプロレスだって嫌いなんだよ!」と怒りをぶちまける。するとそこにボビー・フィッシュがリングイン。フィッシュはマイクで「ここはEVOLVEにリングだからEVOLVEのルールに従ってもらう」と冷静な表情で言うと、ケビン・スティーンはバックステージへと去っていく。きわどい内容のマイクパフォーマンスを披露したスティーン、あんたぶっちゃけすぎ!

ファサード&ジェイソン・ゴリー (0-1) vs. スーパー・スマッシュ・ブラザーズ (0-1)

IMG_7075IMG_7077IMG_7103IMG_7104IMG_7105IMG_7110

スーパー・スマッシュー・ブラザーズがファサードをゴリースペシャルからのブロックバスターで勝利。プレイヤー・ドスはいつから素顔で試合するようになったのか。ま、素顔でもいいけど。

サイラス・ヤング  (2-1) vs. シュガー・ダンカートン  (0-0)

IMG_7112IMG_7118IMG_7125IMG_7126

ヤングは「お前がいつもバスケットボールを持っているのはレスリングが出来ないからだ」と野次る。ダンカートンがヤングの顔面にバスケットボールをぶつける。最後はヤングがスプリングボード・ムーンサルトをきめて勝利。ヤングがヒールっぽくなってきた。初参戦のシュガー・ダンカートンもコミカルムーブを押さえ気味にいいところを見せていた。試合後にジョニー・ガルガーノがリングイン。ガルガーノはヤングの飲酒トラブルについて話しはじめる(サイラス・ヤングは元リアルにアルコール中毒者)。ガルガーノが握手を求めるとヤングはそれを無視してバックステージへ帰ってしまう。なにやら抗争がはじまりそうな気配。

ピンキー・サンチェス (0-0) vs. リンセ・ドラド (0-0)

IMG_7130IMG_7137IMG_7141IMG_7143IMG_7149IMG_7152

欠場したシーマ・ザイオンの代打はリンセ・ドラド。ここ最近チカラプロに出場していないリンセは、以前と変わらない良い動きを見せる。ピンキー・サンチェスが武藤敬司ムーブを多用しているのが気になった。最後はピンキーがドラドに四の字固めをきめてタップアウト勝利。試合後、抜群の胡散臭さを漂わせるラリー・ダラスが、ボディーガードを連れて登場。謎とされていたタッグチーム(The Scene)を自ら呼び込む。

ケイレブ・コンリー&スコット・リード vs. チーチ&クラウディ (4-0)

IMG_7157IMG_7161IMG_7165IMG_7174

ラリー・ダラスがマネージャーを務めるThe Sceneの二人が入場すると、観客から大ブーイング。チーチ&クラウディは息のあった連携技でThe Sceneを翻弄するが、最後はThe SceneがDDTとジャーマン・スープレックスのコンビネーションでクラウディからスリーカウント勝利。試合後、チーチ(坊主の方)がパートナーのクラウディをボコボコにしてしまう。観客からはブーイング。この仲間割れには驚いた。タッグ解消への布石か…。

ボビー・フィッシュ  (1-4) vs. ジョン・デイビス  (0-1) vs. ケビン・スティーン (0-0)

IMG_7180IMG_7184IMG_7196IMG_7205IMG_7220IMG_7223IMG_7226IMG_7230

試合が始まるとすぐにケビン・スティーンが乱入。マイクを取ったスティーンはボビー・フィッシュを挑発。フィッシュはスリーウェイを要求するがレフェリーはそれを認めない。すると蚊帳の外になってしまったジョン・デイビスは、突然レフェリーをクローズラインで失神させてしまう。場外で三人が大乱闘。リングに戻るとスティーンがフィッシュにシャープシューター。フィッシュも寝技でスティーンを攻めこんでいくが、最後はジョン・デイビスのシャットダウン・パワーボムがフィッシュにきまりスリーカウント。この試合からフィッシュとスティーンの抗争がスタート。

トニー・ニース (0-2) vs. ジョン・シルバー (0-0)

IMG_7236IMG_7256IMG_7261IMG_7269IMG_7270IMG_7279

途中休憩を挟んでのシングルマッチ。先日TNAに出場したトニー・ニース。そのニースとほぼ同じ体格のジョン・シルバーは、技のキレが驚くほどいい。休憩明けということもあって、序盤はぼんやりと観ていたが徐々に惹きつけられてしまった。この二人、特にジョン・シルバーはメイン辺りの選手との試合が観てみたい。最後はジョン・シルバーがバッククラッカーをきめて勝利。

サミ・キャラハン  (3-1) vs. デイブ・フィンレー  (0-0)

IMG_7282IMG_7285IMG_7290IMG_7292IMG_7299IMG_7300IMG_7302IMG_7312IMG_7313IMG_7321IMG_7334

アマレスをベースとしたヨーロピアンスタイルと、全く容赦のない打撃技で相手を叩きつぶしてきたフィンレーが、いまインディーシーンで絶大な人気を誇るサミ・キャラハンの挑戦を迎え撃つ。フィンレー入場と同時に大きな歓声があがる。ゴングが鳴るとサミが体当たり。しかしフィンレーはビクともしない。ロックアップからフィンレーがサミを投げ飛ばす。フィンレーのカラダの厚みが昭和のレスラーのそれ。フィンレーはヨーロピアンエルボーからヘッドロック。序盤はフィンレーがサミの動きを完璧に封じ込める。

サミも逆水平チョップなどで反撃を試みるが、フィンレーが直ぐにペースを掴み返してしまう。フィンレーは全体重を乗せた頭突きをサミにヒットさせる。フィンレーの額が血でにじむ。サミはフィンレーをコーナーに押し込むと、頭突きと逆水平チョップのコンボ。

IMG_7337IMG_7339IMG_7342IMG_7348IMG_7353IMG_7354IMG_7361IMG_7367IMG_7368IMG_7370IMG_7373IMG_7375IMG_7376IMG_7378IMG_7381IMG_7387IMG_7391IMG_7392IMG_7394IMG_7396IMG_7404IMG_7410

場外戦でサミは左足を攻められる。足を引きずりながら反撃をするサミ。フィンレーを担ぎ上げてスープレックス。コーナーに追い詰めてキックの連打。サミはフィンレーをバックドロップで投げると首をかっ切るポーズ。フィンレーを場外へ投げ落としたあと、トペ・スイシーダにいくが自爆。フェンスに脇腹を強打してしまう。両者リングに戻ると、フィンレーがサミを担いでケルティック・クロス(担いだ相手の頭をロックしてそのまま落とす)。しかしサミがツーでキックアウト。

フィンレーはトドメとばかりにツームストン・パイルドライバーをきめるが、サミがまたしてもキックアウト。サミの驚異的なネバリに、観客から驚きの歓声があがる。しかしフィンレーが再びツームストン・パイルドライバーをきめるとカウントスリーが入ってしまう。デイブ・フィンレーの勝利。にしても52歳のフィンレー強いわ。フィンレーのファイトスタイルが想像以上にEVOLVEにマッチしていたように思う。そして、この試合はEVOLVEの方向性を決定づける重要な名勝負となった。フィンレーには是非これからも継続参戦してもらいたい。というかまだまだフィンレー観たいですお願いします。

ジョニー・ガルガーノ  (6-2) vs. チャック・テイラー  (5-3)

IMG_7414IMG_7417IMG_7421IMG_7423IMG_7426IMG_7430IMG_7431IMG_7439IMG_7442IMG_7451IMG_7455IMG_7463IMG_7467

序盤の試合途中に、ラリー・ダラスが両者の試合を中止させようとリングにタオルを投げ込む。しかしジョニー・ガルガーノがそのタオルをお尻で吹いてダラスめがけて投げ返す。ラリー・ダラス抜きのクリーンファイトをはじめる両者。ガルガーノはテイラーの左腕を集中攻撃。エプロンで攻防のあと、テイラーは観客席の仕切りボードを足場にしてダイブを狙うが、足を滑らせて自爆。

チカラプロでは同じF.I.S.T.のメンバーだけに、手の内は知り尽くしている両者。技を透かしたり、裏をかくような攻防が目立つ。ガルガーノがコーナーに上がろうとするがそれをテイラーがカット。雪崩式のスープレックスをきめる。テイラーのカナディアン・メイプルリーフがきまると、ガルガーノがエスケープして逆にフェイスロックをきめ返す。ステージ上の観客席で乱闘したあとガルガーノがDDT。

両者リングに戻ると、テイラーがスモールパッケージホールドをしかけるがツーでキックアウト。ガルガーノがテイラーの必殺技オウフル・ワッフルをきめるがツーで返される。更にガルガーノはフェイスロック。テイラーは堪らずロープエスケープするが、ガルガーノがテイラーリング中央に引っ張り込む。ガルガーノがテイラーの頭にスーパーキック。しかし最後はテイラーがオウフル・ワッフルを完璧にきめてスリーカウント。チャック・テイラーの勝利。試合が終わると、両者は抱き合い健闘をたたえる。


デイブ・フィンレーとケビン・スティーンの初参戦、チーチ&クラウディの仲間割れの行方、ジョニー・ガルガーノとラリー・ダラスとの確執など、新たな展開をみせた今回のEVOLVE 9。遂にリーダー争いのトップに躍り出たチャック・テイラーの今後も気になるところ。次回EVOLVE 10はどんな仕掛けが待っているのか、いまから楽しみである。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

Chikarasaurus Rex: King of Sequel Linup


kingofsequel


July 30th, 2011
The Goodwill Beneficial Assoc. Hall
100 Madison Avenue in Reading, PA
Belltime = 7:00 PM : : Doors = 6:30 PM

Buy Tickets Now | Get Directions

chikara_1


July 31st, 2011
The Asylum Arena
7 West Ritner Street in South Philadelphia, PA
Belltime = 4:00 PM : : Doors = 3:30 PM

Buy Tickets Now | Get Directions

chikara_2


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

Sami Callihan Says He’ll Punch Former WWE Superstar Fit Finlay In The Face At EVOLVE



EVOLVE 9: Gargano vs. Taylor
July 26th, 2011
BB King Blues Club & Grill
237 W. 42nd Street (in Times Square)
Manhattan, NY, 10036
EVOLVE Belltime: 8pm
NYWC Pre-Show: 7pm
Doors: 6pm


Bonus Main Event
Sami Callihan (3-1) vs. Dave Finlay (0-0)
2011 Breakout Star vs. Respected Hard-Hitting Veteran. First-Time-Ever. Does anything else need to be said?


-Tickets now on sale in the EVOLVEwrestling.com Shop, by calling 267-519-9744 or Ticketmaster outlets.

-Doors open at 6pm so you can come enjoy dinner and drinks at BB King Blues Club & Grill!!!

-Dave “Fit” Finlay Will Be Available For Autographs!!!

-This event will air worldwide at www.WWNLive.com on live iPPV at 8pm EST. You can pre-order it now. You can also join the www.WWNLive.com affiliate program and make a commission on this event. Go to the affiliate section for more info and start making money now. This is open to everyone.


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 4 of 78« First...234561020...Last »

ホーム

検索
Calendar
« 2017 年 10月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る