ホーム > アーカイブ > 2009年4月のアーカイブ

2009年4月のアーカイブ

ケニー・オメガ インタビュー Vol.3/Kenny Omega Interview Vol.3

 

メキシコなどで発生した豚インフルエンザ(Swine Flu)が北米やヨーロッパそしてアジアにも広がりをみせているなか、ミスティコの来日キャンセルやメキシコではルチャリブレの大会中止が相次ぐなど、プロレス界にも徐々に影響が出てきている。と、そこで、近々来日を控えた現KO-Dタッグ王者のケニー・オメガに連絡を取ってみました。

 

――そちらカナダの状況はどうですか?
ケニー: メキシコでは厳しいみたいだけど、こっちはまだそれほど深刻な事態ではないんだよね。

――ということは、来日は問題ない?
ケニー: んー。最善はつくすよ。だって日本にいるボクのファンと大切なパートナーのイブシが待っているからね。

――無事来日できることを願ってますよ。ところで近況を教えてください。
ケニー: そうね、KO-Dのタッグ王者になってからはヘビー級の選手にも対応できるようにカラダを大きくするトレーニングを積んでいるんだ。

――プライベートでは?
ケニー: まあ基本ゲームだね。自由な時間はゲームばかりしてるよ。いまは”ストリートファイター4″にはまってる。ちなみにザンギエフ使いね。で、もっと沢山練習して、いつかゲームレジェンドのウメハラダイゴ(梅原大吾)やPoongkoに挑戦したいんだ。

――なるほどね(棒読みで)。ではプロレスの話しに戻しますが、DDTが6月に遊園地を貸し切ってプロレスの興行をひらくって知ってます?
ケニー: ワッツ?遊園地でプロレスとな?いいなあ。ものすごく出たい。できることならねえ…。

――それと、今回の来日ではKAIENTAI DOJOへの初参戦やハードヒットルールでHARASHIMAとの再戦も決まっていますよね。
ケニー: オーイエス!どれも全力で戦うよ。

――なかでも注目なのが、5月4日のKO-Dタッグ防衛戦であの男色ディーノ&ヨシヒコの挑戦を受けるわけですけど抱負などあったら。
ケニー: ヨシヒコはかなりクレバーな選手だからねえ。しかも時々、まるで死んだかのように動かなくなって対戦相手を惑わすからさあ。そこが一番デンジャラスなところだよね。動きが読めないっていうか。

――く、詳しいんですね。秘策なんかあったりして。
ケニー: もちろん。ヨシヒコがレスリング以外に何をしているのかとか、どんな練習をしてどこで寝たりどこで食事をしているのか、ボクは全てチェックしているから。

――いくらチェック済みでもヨシヒコはかなりの強敵ですよ。この前なんて毒霧吹きましたしね。
ケニー: 知ってるよー(キッパリと)。ヨシヒコは確かに強い。それは認める。だけどヨシヒコにはスピードが無いんだ。

――なるほど。ということは、勝利のカギは”スピード”ってことですね。
ケニー: オーイエス!イブシとの連携も使っていきたい。

――では最後に、日本のファンへメッセージを。
ケニー: 日本にいるファンのみなさん、いつも応援アリガトウゴザイマス。ボクのプライドにかけても今度のKO-Dタッグ選手権は必ず防衛します。そして最高の試合になると約束します。もちろんその他の試合も全力で戦いますので、是非会場まで足を運んでみて下さい!

 

入国することを前提に話しを聞きましたが、成田空港では28日からアメリカとカナダからの到着便について機内での検疫(すべての乗客に質問票を配ると同時にサーモカメラによる検査)が始められているということで、はたしてケニーは無事に入国できるのか。まずそこから注目してみたい。そして無事入国できたときには、きっともの凄い試合をしてくれることだろう。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

DDTスーパースター列伝 飯伏幸太編

 

ニューヨーク発ということでお伝えしている当サイトですが今回はすこし志向を変えて日本の同人誌の話題。

原田久仁彦画作、男色ディーノ原作による『DDTプロレススーパースター列伝』の第2弾が発売されます。今回の主人公はなんとゴールデンスター飯伏幸太。しかもケニー・オメガとの友情物語を描いた前編と、巻末にはゴールデンインタビューも掲載されているとのこと。

『プロレススーパースター列伝』といえばブッチャーの「血のしたたる!!ステーキ!!」やザ・デストロイヤーの「ゲラーアウト!!」など、心に残る名台詞の数々が有名ですけれども、前作の『DDTスーパースター列伝 男色ディーノ前編』でも「み…見えるッ!!俺には透明人間が…!!」というなんともプロレス心をくすぐる名台詞が納められている。

また今回の主人公が飯伏ということで「カ…カテエ……!!」を超える名台詞が期待できるのではないか。この同人誌は5月4日のDDT後楽園ホール大会で発売開始。定価は1,000円で限定1,000部。震えて待て!

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

ROHに関する2つのトラブル

 

ブッカーが代わり、テレビ放送も始まって新体制となったROH。本来ならばその“変化”は良い結果を生み出すはずだったのだけれど、実際のところここ最近あまり良い評判を聞かない。とにかく「つまらなくなった」と言うのが古参ファンの意見。新しい王者も誕生したのに、今ひとつ盛り上がりに欠けるのはなんでだろう…と考えていたところ、何ともショッキングなニュースが立て続けに2つ入ってきた。

1) ラリー・スウィーニー
実はここ数週の間に、米インディープロレスファンの間では「度重なる奇行のため、スウィーニーがROHから出場停止を食らったらしい」「なんでもその奇行ってクスリのせいらしいよ」という噂が広まっていた。で、実際にスウィーニーは3月半ば以降、ROHの試合には出ていない。そのスウィーニーが、先週の木曜にこんなブログをアップした。
http://blogs.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendId=15887196&blogId=482140192

内容を簡単にまとめると、

  • 自分は18歳の頃から躁鬱病を患っている
  • 今年の2月から症状が悪化しているのは確かだか、会場に入った時には問題なく仕事を遂行できる状態を続けていた
  • だがROHの社長をはじめ、会社の者からはドラッグ中毒であるかのように吹聴され、そのように対応された
  • 自分は決してドラッグ中毒でもアルコール中毒でもない
  • 興業の直前に出場停止を言い渡されたにも関わらず、ギャラの補填もない
  • それ以前に初回のテレビ収録時のギャラが一部未払いである

と言った感じのもの。
これに対し、ROH側がコメントを出す前に、2番目の告発が…。

2) ドラゴンゲート
過去数年、WWEレッスルマニア直前に行われたROHの試合には、ドラゴンゲートから数名の選手が送り込まれることが定番となっていた。が、今年はドラゴンゲートの選手の参加はなし。多くのファンが「何で今年はドラゲー選手が参加しないの?」と不満を漏らしていたところ、CIMA自身がアメリカのファンへ、という名目でこんなブログを本日アップした。
http://blogs.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendId=52672769&blogId=482897351

内容を簡単にまとめると、

  • まずドラゴンゲートは今後一切ROHとは組みません!
  • 昨年のROH日本ツアーの際に、ROH選手のギャラや渡航費を折半するという話だったが、その金額も支払われていない
  • 信頼関係が崩れ、今後は信用することも不可能なので、ROHとはもう無理
  • ただROHのレスラーやファンのことは、今でもとても大切に思っているので、このような事が起きてしまったのは非常に残念だ

と言った感じのもの。

両者に共通するのは「未払い」。日本のプロレス界でもその話はよく耳にするけれど、正直言って、当事者でなければ本当のところを知るのは難しい話であるのも確か。一体どうなるのかと思っていたところ、ROHからこんな声明が。
http://www.pwinsider.com/ViewArticle.php?id=37947&p=1

内容を簡単にまとめると

(スウィーニーについて)

  • ギャラは契約通り全て支払われています
  • 病気に関しては、お大事になさってください

(ドラゴンゲートに関して)

  • ギャラや渡航費は折半との話は間違っています。選手達はギャラも渡航費も全て前払いで支払われています
  • CIMA選手とドラゴンゲートは、自分達こそが契約のどの部分を遂行しなかったかをもう一度見直すべきだと思います。それにより、なぜ私達があなた方と袂を分けたか理解できることでしょう。

やはりこういった未払い問題でよくありがちの「言った」「言わない」「こちらの方が正しい」、と言う水掛け論的な展開に…。私はもちろん当事者でもないので、どちらの言い分が正しいのか判断することは控えますが、なんかこういう話題が出てくる時って、結構団体の末期に多いよね…と暗い気持ちになってしまったのでした。もちろん何か新しい展開があれば、その都度報告させて頂きます。

【文:Shiori】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

Kaiju Big Battel ニューヨーク大会(09年4月3日)

 

4月3日 Kaiju Big Battel @Brooklyn, NY

「怪獣と戦いたい」と言ったのは飯伏ですが、飯伏の指すところの“怪獣”とは○○マンとかに出てくる一般的な怪獣を指しているのではなく、アメリカはボストンを拠点とするパフォーマンス軍団“怪獣ビッグバトル”のことなのですよー!って、皆さん、もう知ってました?今までにも何度か怪獣ビッグバトルのショーについては触れてきましたが、今回行われたショーはこんな感じです。まず、この団体、“怪獣ビッグバトル”ですからね。怪獣達の大戦闘なわけです。つまり出てくるのは基本的に怪獣オンリー。

カンフー・チキンヌードルが、この日がちょうど満一歳の誕生日のベイビー・スカイデビラーを子連れ狼さながらの乳母車に乗せて登場すると、観客が誕生日を盛大にお祝い。この団体にはコミッショナーがいて試合の査定もするのですが、現在コミッショナーは行方不明のため、この日はロボックスがコミッショナー代行。

そしてシニアレフェリーのジンギ(仁義)も同じく行方不明のため、ジュニアレフェリーのニクマンが本日のレフェリングを担当と発表される。但しニクマンは一試合目に失神してしまい、担架で運び出される羽目に…。そして観客からは“We Want Jingi!!”のジンギコールが。この辺非常にノリが良い。

p1020688.jpgp1020695.jpgp1020708.jpgp1020715.jpg

そんなこんなしてる内に、悪の親玉ドクター・キューブが登場。そして「コミッショナーは既に殺された」と衝撃の告白。会場からは「No~!!」と悲鳴にも 近い絶叫が。続いてキューブが「私は誰が殺したかも知っている」と言うと、ジンギの笛を取り出して観客に見せつける。え?ジンギが人殺し?だってジンギは 仁義の名前通り、正義の男だし。人殺しなんてするわけないよ!と思っていたら観客は「You Suck!! You Suck!!」とキューブにありとあらゆる罵倒の言葉を浴びせる。この辺、本当にノリが良い。皆の罵倒に耐えられなくなったキューブは逃げるように帰る。

と、ここで次の試合“ミーン13”の開始。コミッショナーのロボックスが搭載されているコンピューターで次々にレスラーをピックアップしていく、つまりはロイヤルランブル。そして13頭の怪獣の登場。

では怪獣ビッグバトルの特徴について説明しましょう。まず、この日は不在だけど、レフェリーのジンギは常に笛を口にくわえ、反則行為をした場合、また膠着 状態が続いた場合など、要所要所でかならず笛を吹く。なので何が起こっているのか見ている側としては非常にわかりやすい。

p1020720.jpgp1020727.jpgp1020740.jpgp1020741.jpg

次にアナウンサーのラウデン・ノクシャス。彼は試合の間、と言うかショーの間ずっと話しまくり。試合の最中は実況を行い、試合の合間にはショーの進行を行う。彼がいるから何が起こっているのかが完全に理解できると言っても過言ではない。

そして音楽。試合の最中、その場面に合った音楽がずっと流れている。効果音的な扱いと考えてもらえればわかりやすいかも。例えばヒールがベビーに攻撃している時にはスラッシュメタル、ベビーが試合に勝った時には陽気なポップス等が流れる。

最後に通常のプロレスと一番異なる点は、リング上にビルなどの建築物(の模型)が所狭しと置かれているところ。怪獣達がプロレスをしている最中に、こういうビルを破壊していくのが、怪獣ビッグバトルの醍醐味であるとも言えます。

次の試合はフランス対USAチャレンジマッチ。フランスが勝った場合には、観客全員残りの試合の間ずっとベレー帽を被らないといけないとのこと。逆にアメリカが勝った場合には、何でも自由、Yes, We Can!!とここでも観客盛り上がる。何度も言いますけど、観客は非常にノリが良い。ちなみにフランス代表はワッフル・フレンチトースト。対するアメリカ代表はアメリカン・ビートル。繰り返しますが、彼らもまた怪獣です。レフェリー不在のため、観客全員でカウントを数えるのですが、観客は本当にノリが良い。試合はアメリカン・ビートルの勝利で観客からはお決まりのUSAコール。

p1020743.jpgp1020745.jpgp1020750.jpgp1020751.jpg

観客は、プロレスファンとは打って変わり、ちょいオシャレ系&サブカル系が多いのも特徴。

次にスクリーンに会場外の様子が映し出されると、ドクター・キューブがベイビー・スカイデビラーを誘拐している場面が映し出される。と、観客は大ブーイング。そう、ドクター・キューブは本当に悪いヤツなのです。コミッショナーの行方が知りたければ、その居場所を探し当ててみろ、ということで、秘密の地図を探し出すことに。

するとコーナーそれぞれに“古代エジプトの墓”“古代アマゾンの石碑”“古代ギリシャの遺跡”“古代中国の塔”が設置され、どこかに隠させている地図を探す“地図探しマッチ”が急遽開始。D.W.サイクロプトパスIIIが古代エジプトの墓から地図を見つけ、地図を持ち逃げする。

p1020756.jpgp1020757.jpgp1020760.jpgp1020767.jpg

さて本日のメインイベント。ネオ・テッペンの持つ怪獣王座にウチュウチュウ(宇宙虫)が挑戦。ネオ・テッペンの入場時、様子がおかしいと思ったら、どうやらドクター・キューブに毒のついた吹き矢で攻撃されていた模様。退場したテッペンの代わりにリングインしてきたのは、カンフー・チキンヌードル!我が子(?)を誘拐されたチキンヌードルはなんとか取り戻そうと必死に頑張る。観客はチキンヌードルに大声援。何度も言いますが、客は本当にノリが良い。

p1020768.jpgp1020769.jpgp1020772.jpg

ピンチを迎えたドクター・キューブが笛を吹くと、総勢13人もの偽者キューブが登場!すると正義の味方、パワー・ランジュルちゃんが登場して、偽者達をあっという間に片付けると観客は拍手喝采!そして復活してきたネオ・テッペンがウチュウチュウからカウント3を奪取し、見事王座防衛。

p1020776.jpgp1020778.jpg

但し行方不明のコミッショナー及びジンギの居場所は未だ不明のまま。次のフィラデルフィア大会に続く!とのこと。

p1020781.jpgp1020784.jpgp1020785.jpg

1時間40分の間、ずっと音楽が鳴りっぱなし、ラウデンが実況しっぱなし、総勢40頭弱の怪獣(プラス13人の偽キューブ)が入れ替わり立ち替わり出っぱなし、ビルが壊されっぱなし、とかなりハチャメチャなのが怪獣ビッグバトルの特徴です。実際に生で見ないとこのハチャメチャ感は伝わりにくいかも?

p1020788.jpgp1020789.jpg

 

さてさて飯伏の熱烈ラブコールに対する怪獣側からの返答はまだ無いけれども、今後の展開に目が離せないことに間違いはないでしょう。何か続報をキャッチしだいすぐに報告したいと思います。乞うご期待!

【文:Shiori】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

柴犬と飯伏

 

p1020679.jpgp1020677.jpg

マンハッタンの路上で柴犬と戯れる飯伏幸太。

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 1 of 212

ホーム > アーカイブ > 2009年4月のアーカイブ

検索
カレンダー
« 2009 年 4月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る