ホーム > タグ > Amazing Red

Amazing Red

クワック & ジグソー & 豊田 vs. アメージング・レッド& ザ・マキシモズ


4月15日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 (一回戦)
@アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

マイク・クワッケンブッシュ&ジグソー&豊田真奈美 vs. アメージング・レッド&ザ・マキシモズ

IMG_4036IMG_4037IMG_4039IMG_4041IMG_4045IMG_4047IMG_4053IMG_4057IMG_4058IMG_4059IMG_4064IMG_4065IMG_4066IMG_4068IMG_4069IMG_4070IMG_4072IMG_4074IMG_4076IMG_4077IMG_4079IMG_4081IMG_4082IMG_4084IMG_4088IMG_4090IMG_4094IMG_4099IMG_4100IMG_4101IMG_4102IMG_4103IMG_4104IMG_4105IMG_4106IMG_4107IMG_4111IMG_4113IMG_4115IMG_4121IMG_4122

キング・オブ・トリオスには初出場となる豊田真奈美は、マイク・クワッケンブッシュ&ジグソーの現タッグ王者と組んで、今大会の中でも最も優勝に近いトリオとなった。TNAスターのアメージング・レッドと組むザ・マキシモズはオリジナルメンバーではなく、去年リタイアしたホセに代わってウィル・マキシモが加入。

ジグソーがトペ・スイシーダ、豊田がコーナーからのミサイル・ドロップキックと、立ち上がりから空中戦の様相。クワックと豊田のツープラトン掌底が決まるなど、息のあった攻撃を見せる。しかし中盤からジグソーが捕まりローンバトルを強いられる。無駄な動きが一切無いアメージング・レッド。体調の良さをうかがわせた。ようやくジグソーからクワックにタッチ。クワックのスワントーンボム、豊田のムーンサルト・プレスと怒涛の攻め。

そして最後は、ジグソーが大親友だったという故ラリー・スウィーニーのダイビング・エルボー・ドロップを決めてスリーカウント。場内は「Sweet ‘n’ Sour」の大チャント。ラリー・スウィーニーに捧げる勝利となった。

マイク・クワッケンブッシュ&ジグソー&豊田真奈美が二回戦進出。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

月刊 ネクロ・ブッチャー vol.13


NecroRed.jpg

3月5日に開催されるPWSロングアイランド大会で、ネクロ・ブッチャー対アメージング・レッドという狂ったカードが決定。全くもってどういう試合内容になるのか想像がつかない。他にも、Xパック&ビリー・ガン&ロード・ドッグのDジェネレーションXや、ブルータス・ビーフケーキにオックス・ベイカーというオールドスクールな顔ぶれに加え、ロウキー対デイヴィー・リチャーズなんていう豪華なカードも発表されている。にしても何がしたいのか全く読めないのだが、とにかくスゴいことになっている。

ネクロさんは最近、ウエストバージニアの叔母の家からまた引っ越したそうで、いまは子供達と3人で暮らしているとのこと。しかし、自宅に電話もインターネットもなく、携帯電話も持っていないという現代の世捨て人みたいなことになっているので、緊急の時はどうしているのか、プロレスのブッキングはどうやって受け付けているのかなど疑問が多い。そういえば以前、インドの偉い行者が書いたというスピリチュアルな本を愛読していたネクロさんが、突然インドへ引越しなんてこともありえるかも。リアル・ザ・レスラーまっしぐらのネクロさんをこれからも応援しよう!


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

アメージング・レッド インタビュー


現在はTNAに籍を置くアメージング・レッド。但し昔からのアメリカインディーファンにとっては、初期TNA・XディビジョンやROHで超人的な技を繰り出していたレスラーというイメージが強いはず。ハイフライヤーの先駆けとして一躍アメリカインディー界で注目を浴びたのも束の間、2003年に全日本プロレスにスプリガンとして参戦した際に、右足前十字靭帯に大怪我を負ってしまう。その後復帰をしたものの、再び同じ箇所に怪我を負ってしまい長期欠場を余儀なくされた。その後2年以上のブランクを経て復帰してからは、TNAを中心に活躍。時々東部インディーにも参戦。そんなレッドにICWでの試合後に話を聞きました。

――2000年代前半のアメリカインディーというと、日本ではアメージング・レッドのプロレススタイルを思い浮かべる人が多いと思いますが。

本当?僕のスタイルが?“ショッパイ”レスラーの見本ってことじゃなくて?(笑)

――02年~03年あたりだと、450°や540°という技はごく限られた人しか使えず、特別な技でした。こういった技を初めて見た時には、凄い!と衝撃を受けたものですが、最近は誰でも使えると言っても過言ではありません。あなたはハイフライヤーのパイオニアですが、最近のこのような風潮についてはどう思いますか?

確かに最近は誰でもやるよね。理由は簡単で、やりたいからなんだ。一度始めると、どんどん飛び技を使い続けて、技自体もどんどん高度になっていく。そして他の人がさらに高度な技を出すのを見たら、自分も、と思ってしまう。今はダブルコークスクリューをやる人もいるでしょ?そういうのを見たら、「ワーすげえ!俺もやろう」って思っちゃうんだよね。でも僕の技やスタイルに影響を受けてそういう技を出してくれているのであれば、とても有り難いことだよ。

red1

――でもかつては、自分の専売特許だったスタイルを皆が始めたことで、焦りやジレンマはありませんでしたか?

正直言って、最初はかなりあった。でも次第に、これは僕のスタイルを認めてくれたからこそ、皆が真似をし始めたんだと思うようになって、光栄な事だと思えるようになったんだ。真似するべき技だと思うから、皆やってくれてるわけでしょ?それに、僕の技を真似したって、全く同じようには出来ないわけだし。だから、僕の技は僕だけの技であって、他の人の技は僕のとは違うその人の技なんだ。例えば誰かがブレインバスターを使ったとしても、橋本と同じようなブレインバスターではないよね?それと同じことだよ。

――なるほど。では、引退の危機に瀕するほどの大怪我をしましたが、その怪我はアメージング・レッドのプロレススタイルに影響を与えたでしょうか?

そうだね。僕は怪我をするまでは、何でもできた。どんな動きも問題なかったんだ。でも最初に怪我をして復帰をしてからは、膝をかばってヘビー級のレスラーみたいな技をよく出すようになった。でもその後にまた怪我をして、2年以上休んで復帰した後は、以前とほとんど同じ技が出せるようになった。まあ怪我をしてからは体重も増えてしまったから、とにかく減量に努めたおかげで、どんな技でも出せるようになったんだけどね。技に限ったことじゃないけど、今はもっと頭も使うようになったから、飛んだり跳ねたりする技ばかり出せば良いってわけじゃないこともわかったんだ。

――手術は全部で何回受けたのですか?

2003年の全日本プロレスに参戦した時に、3週間のツアーの初日に怪我をしてしまったんだ。でもそのままツアーは最終日までこなして、アメリカに帰ってきてから手術をした。半年位リハビリをしてから復帰をして、その後にTNAに行ったんだけど、また怪我をして手術をした。最初の怪我がきっかけで同じ箇所を何度も怪我をしてしまい、その結果何度も手術をすることになってしまった。この時は結局2年近くも休業することになったんだ。

red2

――2年近くものブランクを経て復帰することは簡単ではないと思いますが。

2回目の復帰は本当にきつかったよ。さっきも言ったけど体重も増えてしまって、190ポンド(86㎏)になってしまったんだ。当時、僕の奥さんが妊娠をしていて、つわりで食べられないことも多かったから、食べる機会も多くてさ…。それから今の140ポンド(63㎏)まで必死で落としたよ。

――それは大変でしたね…。ところであなたのプロレススタイルは、どうやって築き上げられていったのですか?影響を受けたレスラーは?

僕がプロレスを始めた時は、ハルク・ホーガンと123キッドが大好きだったんだ。その後日本のプロレスを見るようになって、まずは獣神サンダーライガーにハマった。それから三沢と小橋だね。彼らの試合はとにかく録画して、テープが擦り切れるまで見たよ。「これがプロレスなんだ!」とか友達に説明しながらね(笑)その後レスラーになって日本へ行く機会に恵まれた時に、とにかく全日本プロレスに行きたいって言ったんだ。当時の全日本と違うことはわかっていたけど、全日本プロレスというのが僕の憧れだったんだ。

――なんだか意外な答えですね。では最後に、日本のファンへメッセージをお願いします。

最後に後楽園ホールで試合をした時には、膝の具合が悪くて全然良い試合ができなかった。本当にショッパイ試合で、ごめんさない!!今は膝の具合も良くなって、皆の前で自信を持って試合をすることができるから、ぜひ日本へ行ってもう一度試合がしたい。場所も団体もどこでもいい。日本のファンに、がっかりさせたままでいたくないんだ。だからすぐにでも日本へ行って、本当のアメージング・レッドを見てもらいたい。その日が来るまで、ぜひ期待して待っていてね!


【文:Shiori】


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

アメージング・レッド復帰戦

 

2008年12月13日 JAPWラーウェイ大会

約3年振りとなるアメージング・レッド復帰戦。今年に入ってから何度か復帰の噂があったものの全て実現には至らなかったので、今回も試合開始まで本当に出てくるのか不安でした。が、今回は本当に復帰!ここ数年、従兄弟であるS.A.T.の二人の太り具合を見ているだけに、復帰をするものの実はすごく太っているのではないかと心配していたのですが、とりあえず体型は問題無い様子。

p1010391.jpg

復帰戦はバトル・オブ・ライトヘビーウエイトという試合形式で、7人のレスラーでのエリミネーション戦。最初は相手の技をかわしてバックキックをする程度で大きな技は出さずに様子見といった感じ。

レッドの復帰を待ち望んでいた人にとっての最大の疑問点は、やはり「以前のように動けるのか?」と言うことだと思うのですが、正直な感想は「予想以上には動けているが、以前のようにかと聞かれればそうだとは言えない」になるのかなぁ。うーん、でももしかしたら以前のように動けているのかもしれない…。ご存じの通りレッド自身はハイフライング、ハイペースといったレスリングスタイルの先駆者で、活躍していた当時はそういうスタイルのレスラーの中では絶対的にトップの一人でした。但し現在はそういうスタイルはとても人気があり、他にも同じようなスタイルのレスラーが多く、ある意味誰もがハイフライヤーと言った状態。その中でブランクがあり、しかも7人でのエリミネーション戦という試合形式では、その動きはまだ判断できないというのが正直なところ。ただ全く動けないというわけではないし、期待外れということでは全然ないので、その点はご心配なく。動けるか否かという点では、十分に合格点、安心して良いと思います。

肝心の試合は、途中でトップロープを超えてのコークスクリュー式プランチャ(もしかしたらレッドの得意技インフレアードの変形?)を出した以外は特にこれと言ったハイフライは無し。ただ、技への入りは速いし、一つ一つの技に対する反応もとても良い。復帰戦としては全く悪くはないと思うのだけれど、以前のイメージが凄すぎただけに、そして彼のスタイルがある意味現時点での主流であるだけに、当時見ていたほどの衝撃が得られなかったのも事実。でも以前と変わらないレッドを見ることができ、ファンがとても喜んでいたのも確か。今後試合を重ねるにつれ勘も戻ってくるだろうし、しばらくは注目していこうと思っています。

【文・Shiori】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

ベロシティ・プロレスリング情報

 

vpwdec20front.jpg

ベロシティ・プロレスリング(VPW)とは、フィラデルフィアを拠点としたインディー団体で、先日ROHを退団したゲーブ・サポルスキーらと共にRFビデオ(プロレス専門のビデオ配給会社)を設立して2004年までROHのプロモーターを務めたことでも有名な、あのロブ・ファインスタインがブッカーなのです。そのベロシティ・プロレスリングが、12月20日にフィラデルフィアの旧ECWアリーナで興行をうつとのこと。今のところジェリー・リン対ケニー・オメガという楽しみなカードが発表になっている。そして、怪我でプロレスを半リタイア状態になっていたアメージング・レッドが、今後のVWPに参戦するのではという噂もあるという。ROHにも浅からぬ関係にあるロブ・ファインスタインの団体VWPと、新体制になったROHの行方を対比してみるというのも一つの見方ではあるが、実際の興行内容とは一体どういったものなのか、今後マンハッタンドロップでも注目してみたいと思います。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 1 of 212

ホーム > タグ > Amazing Red

検索
Calendar
« 2017 年 8月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る