ホーム > タグ > CZW

CZW

キング・オブ・トリオスに顧問が参戦

 

チカラプロ主催によるキング・オブ・トリオス(6人タッグマッチトーナメント)に、我らがマンハッタンドロップ顧問ネクロ・ブッチャーの参戦が決定しました。

しかも他のパートナーが凄い。ネクロ・ブッチャーとデスマッチ界最強のタッグチーム(タフ・クレイジー・バスターズ)を結成し、CZWタッグチャンピオンにも就いた“ミスター・インサニティ”ことトビー・クラインと、現CZWアイアンマンチャンピオンでウルトラバイオレンスでお馴染みCZWトーナメント・オブ・デスにも常連のブレイン・ダメージという最狂の人選。でまたトリオ名も“ザ・デスマッチ・キングス”とそのまんま。どう考えてもこの人選は狂ってる(もちろん良い意味で)。

ということは、もしかしたらですよ、このやさぐれ3人組が、イギリスの魔術師ジョニー・セイントのトリオと対戦するかもしれない。ネクロが60歳をこえたジョニー・セイントに、グーパンチをお見舞いするというザッツ・プロレスな光景というのもありえる。というか、あってはいけないことなんだけれども、もう想像するだけでお腹いっぱい夢いっぱいの闘いのワンダーランド状態。

ジョニー・セイント、スカイダ、ネクロ顧問、トビー・クラインにブレイン・ダメージて…。まだこれに日本勢も加わるとあってこのトーナメント、目が離せません。

 

まだ抗争していた頃のネクロとクラインの試合(PCモニターをぶん投げるシーンが素晴らしい)

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Briscoe Brothers

 

roh-03.jpg

【名前】ブリスコ兄弟 【生年月日】兄ジェイ:1984年1月25日、弟マーク:1985年1月18日 【出身地】デラウェア州ローレル 【身長】ジェイ:183㎝、マーク:183㎝ 【体重】ジェイ:93㎏、マーク:92㎏ 【得意技】ジェイ:ジェイ・ドリラー、マーク:カット・スロート・スープレックス(変形デスバレー) 【経歴、タイトル歴、エピソード等】 デビューは2000年5月。翌年の7月にはCZWタッグチャンピオンを奪取。JAPWや大日本プロレス、初期のROHにも戦いの場を広げ、2003年にROHタッグチャンピオンに輝く。その後、西海岸のPWGやフィラデルフィア地区のPWUなどにも参戦。2006年2月ROH4周年記念興行で再びROH戦線に復帰。タッグ屋としての実力が評価され、2007年1月にはGHCジュニアヘビー級チャンピオンになる。非常に似ているが二人は年子で双子ではない。兄のジェイは腹部に”strength”のタトゥーを入れており、シングルプレイヤーとしても評価が高い。弟のマークは時々「アチョー!」という奇声を発し、高いところからのダイブを得意とする。見分け方としては、兄の方がタトゥー多め、弟の方が前歯が抜けていていつも無茶をする。

 

NOAH: The Briscoe Brothers Vs. Marufuji & Ibushi – Part 1

NOAH: The Briscoe Brothers Vs. Marufuji & Ibushi – Part 2

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 5 of 512345

ホーム > タグ > CZW

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る