ホーム > タグ > Kenny Omega

Kenny Omega

ケニー・オメガvsグリム・リーファー/Kenny Omega vs Grim Reefer

 

一度見たら忘れられないケニー・オメガの波動拳。パンチでもないチョップでもない得体の知れないファンタジックなパワーで対戦相手を吹き飛ばす必殺技。ROHのカナダ公演に出場が決まっているケニー・オメガは、CMパンクやマット・サイダルやサモア・ジョーも輩出してきたレスリングのできるイメージのROHのリングで、果たして本当に波動拳を使ってしまうのか。ま、もうこの際、使ってしまってもいい。むしろそれを見たファンのリアクションが気になる。ブーなのかホーリーシットなのか。それくらいの技だと思う。

で、先日その波動拳を見たさに、JAPWというニュージャージーを拠点に活動しているインディー団体へ行ってきた。10年以上も続いているだけあって固定ファンも少なくないが、近所にプロレスが来るから子供連れて来てみました的な親子連れの客が半数を占めていた。なので基本的に会場の雰囲気はぬるい。もう気を抜いたら寝てしまいそうなほどぬるい。たとえばROHなどでレスラーが技を失敗しようものなら、待ってましたとばかりにファンからの「ユー・ファックド・アップ!」という野次が飛びまくるが、ここJAPWではほとんど無い。

そういったドヨーンとした状況のなか、現JAPWチャンピオンのケニー・オメガがメインイベントに登場。JAPWヘビー級のタイトルマッチで、対戦相手は先日レスラー自らこのマンハッタンドロップにインタビュー要請をしてきたグリム・リーファー。入場時から異常な人気(ケニー・オメガは怪我を負った前チャンピオンのロウキーを奇襲して半ば強引にチャンピオンになっているという経緯があるので、流れとしてはヒールチャンピオンのケニー・オメガ対ベビーのグリム・リーファーという構図)で、対するケニー・オメガへはブーイングやら中指立てたファンもいたりして険悪なムード。

ゴングが鳴るといきなり逆水平チョップでオメガを攻めたてるリーファー。オメガは同じ技で対抗しようとするが全てかわされ、また逆水平チョップを食らってしまう。何を思ったのかホーガンのマッチョポーズをとるオメガ。またまたチョップを食らってしまう。さらにバックの取り合いへと展開していき、オメガが場外へ投げ出される。そこへリーファーの不格好なドロップキック。流れは完全にリーファー。すると、フレアーばりに参った参った助けてくれーと膝をつきながらお願いポーズをするオメガ。一瞬のすきにリーファーを仰向けに倒し、その場ムーンサルトを決め、そのまま流れるようにSTFに固める。

しかし、というか残念なのが、この時点でもうリーファーのスタミナが切れてしまって肩で息している状態。そんなリーファーへ気合いを入れるかのように張り手合戦へと持ち込もうとするオメガ。まだまだオメガのスタミナは十分にある。張り手合戦にも負けてしまったリーファーは、オメガをブレーンバスターで場外へ投げるという極道ファイトにでる。さらにコーナーポストから場外で倒れているオメガめがけてトペ。そのまま客席へと雪崩れ込み、オメガを応援していた女性達がキャーキャー言いながら逃げまどう。

2008_06280005.jpg

リーファーを客席にダウンさせたオメガは、お返しとばかりに鉄柵越えのトペを敢行。オメガペースへと持ち込む。リーファーをリングへもどしてコーナーポーストからロケットキック。さらにバックを取って二段式のジャーマンスープレックスを決めるもツーでキックアウトするリーファー。スタミナがないわりにしぶとい。すかさずオメガの決め技のひとつ「ストップ!!」からの延髄斬りを狙うもあっさりとかわされてしまう。この「ストップ!!」からの延髄斬りという技もかなりファンタジーな技でして、攻めてこようとする相手に片手を広げて「ストップ!!」と叫び、相手が怯んだすきに延髄斬りを食らわすという、まさにワーオな技。

そして、ついにでました必殺の波動拳がリーファーに炸裂。吹っ飛ぶリーファーだったが、なんとカウントツーでキックアウト。ありえない。ファンタジー崩しか‥。場の空気を読めない人なのか‥。すかさずオメガがパワーボムでフォールするもまたしてもやツーで返す。ねばるリーファー。しかし最後は足関節を取られたリーファーがタップアウト。オメガが王座防衛を果たした。

2008_06280007.jpg

一言でいうと、ものたらない。オメガが一人で頑張ったというか、メインイベントとしては盛り上がりに欠ける試合だった。正直ケニー・オメガは、ヒールチャンプとしてまだまだの感が否めない。どんな対戦相手であろうと、最後はきっちりとしめて、お客さんを納得させてこそチャンピオンだと思う。いつか、ぬるーい会場の雰囲気を熱狂の渦へと変えてくれることを信じて、これからもケニー・オメガを追っかけようと思った。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Kenny Omega



2008_06010038.jpg
【名前】ケニー・オメガ 【生年月日】1983年 【出身地】カナダ マニトバ州ウィニペグ 【身長】180 cm 【体重】90 kg 【得意技】波動拳、トニー・ジャー・ニーキック 【経歴、タイトル歴、エピソード等】 プロレスビデオなどを参考に独学でトレーニングを積む。2000年2月にプロデビュー。カナダのPWC(Premier Championship Wrestling)に定期参戦。2003年にPWCヘビー級チャンピオンになる。2006年からはWWE傘下だったころのDSW(Deep South Wrestling)に参戦。同年9月に自らの申し立てによりDSWを退団しPWCへ戻る。その後は東海岸エリアのインディー団体PWS(Pro Wrestling Syndicate)や、JAPW(Jersey All Pro Wrestling)にも参戦。2008年3月にロウキーをサブミッションで破りJAPWヘビー級チャンピオンになる。柔術の経験があり、テレビ番組『パワーレンジャー』が好きである。その他にも『SASUKE』の長野誠をマイヒーローと呼び大の日本好き。趣味はゲームで、『メタルギアソリッド』シリーズのなかでも『メタルギアソリッド3』が最高傑作であると主張して譲らないオタク気質な面も兼ね備えている。目標とする選手は飯伏幸太。   【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

 

Kenny Omega Highlight Video

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ケニー・オメガ インタビュー/Kenny Omega Interview

 

2008年5月31日 JAPWニュージャージー大会

試合を観る度に、気になる度がグングン上昇するケニー・オメガ。彼のことをもっと知りたい!気になって夜も眠れない!そんなわけでマンハッタン・ドロップ名物(?!)突撃インタビューです。まずは何も考えず、このインタビューを読むべし!

 

――初めまして。プロレスとは関係ない話で恐縮ですが、気になることがあるのでまず質問させてください。マイスペースによるとかなりのテレビゲームファンだそうですが?

(ケニー・オメガ) オー、イエス!!僕の人生にはどうしても外せない物が2つあるんだ。1つはもちろんレスリングで、もう一つはテレビゲーム(笑)例えば落ち込んだ時に良い試合を見れば気分が良くなるし、面白いゲームをすればハッピーになるんだよ。

――なるほど。ハードは何が好みですか?任天堂派?プレステ派?

(オメガ) 難しい質問だね(笑)でも強いてあげるならプレステかな。だって日本のゲームがいっぱい出てるからね。それに任天堂はどちらかと言えば子供向けのゲームが多いけど、プレステは完成度の高いゲームが多いと思うんだ。例えば、真女神転生なんて最高だよ。メガテン、アイシテルー!

――もしかして日本語話せますか?

(オメガ) スコシ。最近日本語の勉強始めたばかりなんだ。ワタシハ、ガクセイデス。

――またマイスペースには、長野誠(サスケオールスターズ)がヒーローとも書いてありますけど、なぜ?(北米では、『サスケ』が『ニンジャ・ウォリアー』という名前で放送され、一部のマニアから熱狂的な支持を得ているのです)

(オメガ) 彼はとっても素晴らしいよ!!カナダでは、有名なアスリートと言えば、たいていアイスホッケーの選手なんだ。僕もホッケーをやっていたからわかるけど、ホッケー選手は総合的に見て完璧なアスリートではないと思う。でも、長野誠はどこからどう見ても完璧なアスリートなんだよ!もう人間ってレベルじゃないね。精巧なロボットだよ。サスケで完全制覇した時のスピーチがこれまた感動的でさー、えーっとね、確か「これまでの努力があるから、今ここに辿り着くことができた」って言ったんだ。僕にはその気持ちが良くわかるよ。だって、この言葉ってそっくりそのままプロレスに当てはまると思わない?ほとんどギャラも貰えない試合のためにも一生懸命練習をするし、僕なんてカナダに住んでるから、移動だけでも一日12時間とかになるんだ。で、試合をして、ギャラを貰って、またカナダに帰る。定職もないしお金も十分とは言えないけど、僕のことを応援してくれる人がいる限り精一杯努力しようと思ってるんだ。これもさ、今だけのためにやっているんじゃなくて、こうやって努力していけばいつかこの努力が報われると思ってるからこそなんだよ。別に僕は優等生でもなかったし、大学にも行かなかったけど、心の中にはいつだってレスリングがあるんだ。だから一生懸命努力をしていってファンが僕のことを認めてくれた時に、自分の選んだ道は正しかったって言えると思うんだ。

――なるほど。ではプロレス歴はどれくらいですか?

(オメガ) 8年だね。でも僕の地元のウィニペグでは、プロレスはあまり盛んじゃないんだ。だから成功するためには、こうやってアメリカまで来て試合をするしかないんだよ。でもアメリカではなかなか良い試合を組んでもらうことができて、本当にラッキーだと思ってる。ここアメリカでは、僕のスタイルを評価してもらえるからね。

――日本で試合はしてみたいですか?

(オメガ) もし日本で試合をすることができたら、レスリングを始めてからの目標を達成したことになるよ。僕がプロレスを始めた時に比べて、プロレスのスタイルはかなり変わったと思うんだ。今はもっとストーリー中心になっていて、ファイティングスピリットを感じさせるものではないでしょ?でも日本のプロレスは違う。もっと深いものなんだ。僕はそのスタイルをウィニペグに広めようとしたんだけど、誰も理解を示してくれなかった。でもここではそのスタイルが好まれる。例えばロウ・キーなんてジャパニーズスタイルだし、デイヴィー・リチャーズもジャパニーズスタイル。カナダではこのスタイルは好まれないんだ。でも僕はできる限りこのスタイルでやっていこうと考えてるよ。ファンが応援してくれる限りね。

――またマイスペースの話になりますが、美濃輪育久がヒーローとも書いてありました。パンクラスなども観るのですか?

(オメガ) いつだったかな?何の知識もなくUWFの試合を観たんだ。一番初めに見たのは高田の試合で、これはずごい、と。プロレスはショーだけど、リアルである必要があると咄嗟に感じたね。そこで、僕は柔術を習ったんだ。僕はカナダの柔術の大会で優勝もしてるんだよ。だから僕はプロレスラーであると同時に、柔術家でもあるんだ。良いプロレスラーであるためには、良いファイターである必要がある。僕はそう思ってるよ。

――プロとしてMMAの試合に出たことは?

(オメガ) 一回だけね。僕の本当の階級は170ポンド(77キロ)なんだ。でもプロレスでは、それだと小さすぎるんだよね。だからプロレス的に見栄えのする体で柔術をやろうとしたら難しいんだ。今の体重は200ポンド位(90キロ)なんだけど、この体重で柔術の試合に出るとしたら対戦相手はとてつもなく大きい人ばかりでしょ?そんな大男達と試合をするのは無理!(笑)だからプロレスか柔術かどっちを取るかを考えないといけないんだ。もちろん総合格闘家として生きるのも良いんだけど、今僕は最後の望みに賭けてこうやってアメリカにやってきてるんだ。プロレスラーとして成功するためにね。もちろん今でも柔術の練習をするのは楽しいし、トレーニングは続けてるよ。将来的には柔術に戻るかもしれないけど、今はとにかくプロレスさ!

――プロレスは誰に師事していましたか?

(オメガ) うーん…。実際のところ、ウィニペグには良いトレーナーはいないんだ。で、僕のしたことは、とにかくビデオを見た。そこから色々学んだんだ。だから独学って言えばいいのかな?何度もビデオを見て、「こうかな?いやちょっと大きすぎる」、でまた巻き戻して見て、「じゃあこうかな?なんか違うな」って何度も練習するんだ。そうやって何度も試行錯誤して練習してたこともあって、ここまで来るのに8年掛かったんだよね。

――ではレスリングスクールには全く行っていないのですか?

(オメガ) いや、行ったことは行ったんだよ。でも特に良いコーチがいるわけじゃない、ただの街のレスリングスクールで、何の経験もない人が教えるような所だよ。だから自分で色々と学んでいくしかなかったんだ。例えばアメリカで練習しようとしたら、今日も試合に出てるホミサイドとかジェイ・リーサルに教わることができるでしょ?でもウィニペグではそういった人に教わることはできないんだ。スターになるためには、スターに教わらないと。それが無理ならスターと多く対戦をして、彼らから色々と学ばないとね。僕の一番最初のビッグマッチは、ピーティー・ウィリアムスとのXディビジョン王座戦だったんだ。その次がクリス・セイビン。そういう人達からちょっとづつ何かを学んだり、盗んでいったりして色々と覚えていったんだよ。その次にはWWEと契約をして、そこでは本当に色んなことを教わった(ディープサウスレスリングで練習していた模様)。その後一旦プロレスを離れてMMAに行ったんだ。で、次にAJスタイルズと試合をした。AJと試合をするというのは本当に夢みたいなことだったんだ。AJと試合をしたことで、僕にとってレスリングはこんなにも重要なことだったんだ!って気がついて、こうやって今アメリカで試合をしているというわけさ!

――そういえば、今日の試合の最後にカメハメ波を出していましたよね?

(オメガ) あー、あれはカメハメ波じゃなくて、波動拳(笑)でも斬空波動拳かもしれないし、電刃波動拳かもしれない(笑)

――えっ?あれは波動拳なんだ?(笑)日本人レスラーの中には、カメハメ波を使う人がいるのは知っていますか?

(オメガ) 知ってるよ!でも僕のは波動拳(笑)

――日本のプロレスにも詳しそうですね。日本人レスラーの中では誰が好きですか?

(オメガ) そうだなー。今一番好きなのは…(しばし考える)コータ・イブシ!

――本当に?!飯伏選手は私達にとっても特別なレスラーなんですよ。4月にROHに出た時には密着取材をしたんです。

(オメガ) 本当?彼はインディー団体所属だよね?まだ若くて、すごく練習熱心で、格好も良くて、蹴りも鋭くて、とにかくグレートレスラーだと思う。小さな団体に所属しながらも、努力を続けて行って、その結果こうやってブレイクしてライジングスターになったでしょ?その環境が僕と似ているから、僕もコータを目標にして頑張ってるんだ。僕もコータになりたいよ!!是非彼とは試合をしてみたいなぁ。あとはね、石森も気に入ってる。彼は以前、セーラーボーイズで歌ってたでしょ。(突然歌いだす)君とFly Away~♪あれ良いよ!最高!またやってくれないかな…。でも今の彼はシリアスだから無理かな?

――いや、本当に詳しいですね(笑)では好きなゲームは?

(オメガ) うーん、難しい質問だなぁ。メガテンも好きだけど…。そうだな、メタルギアソリッド3!

――もうすぐ4出ますよね?

(オメガ) うん、でも4が出てもメタルギアの最高傑作は3だよ。僕にはわかる(笑)あ、ところでこれどうぞ(と言って、ポートレートを頂きました)

――(ポートレートに『頭文字Ω』の文字を発見して)おおー『頭文字D』(笑)日本のアニメも好きなのですか?

(オメガ) うん、大好き!『頭文字D』も好きだけど、一番好きなのは、『はじめの一歩』。知ってる?あれ最高だよ!!

――私達も長年プロレスを観ていますが、あなたは本当に素晴らしいレスラーだと思います。マンハッタンドロップでは総力を挙げて、あなたを応援しますよ!

(オメガ) ありがとう!そう言ってもらえて本当に嬉しいよ。こういった機会を与えてくれてドウモアリガトウ!

2008_06010037.jpg

いかがでしょうか?本人もインタビュー中に言っていますが、最近やっとチャンスを掴みかけて急上昇のレスラーです。近年稀に見るかなりの好青年、プロレスに掛ける情熱は半端じゃない、武道(柔術)の心得あり、練習はほとんど一人で、と本当に飯伏選手に似ています。ということで、カナダのトンパチ王子ことケニー・オメガ、これから絶対にブレイク必至ですのでぜひご注目を!もちろん今後の動向はマンハッタンドロップで追っていきますので、要チェックです。

【文・Shiori】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ケニー・オメガvsダニー・デマント / Kenny Omega vs Danny DeManto

 

2008年5月31日 JAPWニュージャージー大会

この日のセミファイナルJAPWヘビー級タイトル戦。現王者ケニー・オメガが宿敵ダニー・デマントを迎え撃つ。て書いてもほとんど誰も知らないと思いますが、ケニー・オメガはアタシ(須山浩継伯爵風)がいま注目しているレスラーの一人。カナダ出身で柔術の経験あり。しかも大の日本好きで尊敬知る人があの『SASUKE』の長野誠というからいろんな意味で注目せずにはおれない。対するダニー・デマントも東海岸エリアで活躍中の劣化版コルト・カバーナというかオーソドックスなスタイルからハードコアまでこなせる器用なレスラー。この二人はプロレスリング・シンジケートでも好勝負をしている。アタシ(須山浩継伯爵風)の中では、ROHやTNAにあがれる実力を持っていながら、チャンスに恵まれない二人という認識の二人で、いつか大化けするんでないかと小松政夫ばりに長ーい目で見ている。

ケニー・オメガがテクノな入場曲にのってロボットダンスをしながら入場。すでにリング上で待ちかまえるダニー・デマントをにらみつけゴングが鳴ると同時に何を思ったのかオメガがハルク・ホーガンのものまねを始める。そんな遊んでいる暇はないとデマントのショルダーアタックがオメガの肩口にいい角度で入る。腕の取り合い、アームホイップ、ねちっこい序盤戦。

2008_06010003.jpg

どこに隠して置いたのか、ダニー・デマントがケンドースティックでオメガの頭を狙おうとすると、すばやくかわしてケンドースティックを奪い取り、反撃するオメガ。場外乱闘が始まり、徐々にハードコアな試合へと展開していく。場外にパイプ椅子をセットするデマント。オメガを椅子に座らせてリング上からトペ炸裂。更にデマントがリング下からテーブルほどの木の板を持ち出し、リングエプロンとリングサイドの鉄柵の間に設置すると、客が総立ちになりヒートアップ。デマントがオメガをリングへ引き込むと、一瞬の隙に二段モーションのジャーマンスープレックスを決めるオメガ。すかさずコーナーポストからのドロップキックをデマントの顔面にぶちこみ反撃開始。

2008_06010010.jpg

客からは「レッツゴーダニー!」と「レッツゴーオメガ!」が交互にコールされる。するとオメガがさきほどの木の板めがけてデマントをエプロンから場外バックドロップ。木の板ぐっちゃぐちゃ。客からは「ホーリーシット!ホーリーシット!」の大合唱。そしてまた何を思ったのかオメガが「フーフー!」とか言いながらロウキーの物まねをしはじめる。絶好のチャンスなのにこの無駄ムーブがたまらなくツボだった。あんな真似をする暇があるなら攻撃しろと思いながら、あーこれもアリかなと思えてくるからオメガワールドすごい。

2008_06010009.jpg

で、息を吹き返したデマントがオメガの顔面を張る。負けじとオメガもデマントの顔面を張りかえす。バチバチスタイルのような顔面張り合戦開始。体重のあるデマントの張り手は強烈でオメガがぐらついた隙にバックブリーカーを決める。サマーソルトドロップで勝負をしかけるデマントだったがカウント2でオメガがキックアウト。デマントをコーナーポストにのせ雪崩式のタイガースープレックスを決めるオメガだったがこれをカウント2でかえすデマント。観客の拍手が会場内に響きわたって客総立ち状態。この日一番の盛り上がり。

デマントが最後の力を振りしぼってオメガをコーナーにフェイスバスター。倒れたオメガにフィニッシャーのダイビングボディープレスを炸裂させるが、これまたカウント2でキックアウト。観客が足バタバタ状態。最後はなんとオメガの波動拳でカウントスリーが入る。えっ。波動拳て。ファンタジー劇場かっ。こんなにガチガチなィイ内容の試合で最後がファンタジー。いろんな意味で衝撃だった。

2008_06010046.jpg

試合後、ケニー・オメガにインタビューを決行(本人からオートグラフをいただく)。どことなく飯伏幸太とおなじ匂いがした。こっち側の人間だなと思った。これからのケニー・オメガに注目するとともに、また楽しみが一つ増えたという喜びで気持ちよく帰宅することができた。とにかくオメガ要注目です。尚、近日中にインタビューをアップします。乞うご期待。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

PRO WRESTLING SYNDICATE @Yonkers, NY (03/22/08)

 

2007年6月に旗揚げをしたプロレスリング・シンジケートの4回目の興行です。今までの3回はニュージャージー州で行われていたのですが、今回は ニューヨーク州に場所を移しての開催となりました。このPWS、旗揚げ戦から一貫して言えるのですが、出場しているレスラーのレベルに非常にばらつきがあ るとても不思議な団体です。サブゥー、サモア・ジョー、ジェリー・リン、アビス、スティーブ・ウィリアムス等が試合をする一方、お尻にパットを入れている 練習生レベルのレスラーも出ています。またスペシャルゲストとしてキャプテン・ルー・アルバノ、ブルータス・ビーフケーキなどが会場に姿を見せるとても謎 の多い団体なのです。また事前に告知をしていたレスラーが出ないことも多く、今回はサブゥー、そしてゲストのオックス・ベイカーの来場がありませんでし た。そしてこの団体のコミッショナーがネクロ・ブッチャーなのですが、これらの情報からこの団体のカラーを想像頂けるかと思います。

今回はPWS初の王座を決める試合ということで、12人のレスラーによる王座戦トーナメントが開催されました。エントリーされたのは、テディ・ハー ト、ジャック・エヴァンス、トレント・アシッド、ラッカス、”M-Dogg20″マット・クロス、デヴォン・ムーア、ダニー・デマント、ジェリー・リン、 ケニー・オメガ、トミー・スエード、ケヴィン・マシューズそして当日発表の謎のレスラーの計12人のレスラー。試合形式ですが、まずはタッグ戦。その後勝 利したタッグチームのパートナー同士がシングル戦。その次には三つ巴戦で王座決定という仕組みです。

続きを読む

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 9 of 9« First...56789

ホーム > タグ > Kenny Omega

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る