ホーム > タグ > Munenori Sawa

Munenori Sawa

EVOLVE 4


7月23日 EVOLVE 4 @エースアリーナ ニュージャージー州ユニオンシティ

ブライアン・ダニエルソンが初参戦となるEVOLVE 4。150人も入ればいっぱいという工場の2階にある小さな会場で行われた。天井が低く、『ファイトクラブ』に出てきそうな怪しい雰囲気の会場には空調設備がなかった。しかし低温サウナのような蒸し暑さにもかかわらず会場は満員となった。ブッカーのゲーブ・サボルスキーが語っていたとおり、まるでミニECWアリーナのような雰囲気で、空調設備さえあればホームグラウンドとして使えそうな場所だ。

オープニングマッチはブロディ・リー対ジョン・モクスレーのヘビー級マッチ。両者とも味がある大型レスラーで、個人的に注目していたカードだったが、これが期待通りの素晴らしいオープニングマッチとなった。ゴングと同時にオーソドックスなラフ殺法の展開に。狭い場外へと流れこむとドスンドスンと殴りあう音が場内に響きわたる。単純だがこの逆水平チョップのみのパワー合戦だけでかなりお腹いっぱいになる。忘れていたプロレス初期衝動を再確認させてくれる好試合。最後は、両者がパイプ椅子をリングに持ち込んでノーコンテスト。モクスレーの表情(特にニタリ顔)が印象的だった。

予定されていた戸澤とのシングルマッチが急遽変更となったドレイク・ヤンガーは、リッチ・スワン、リコシェ、クリス・デッキンソンとの4ウェイマッチに。噂には聞いていたが、リッチ・スワンの飛び技が大変なことになっていた。まだカラダは細いが勢いがあって身のこなしは動物的。将来的には次世代ハイフライヤー界の有望株になりそうな末恐ろしいものを感じた。

クリス・デッキンソンとドレイク・ヤンガーが、顔面の張り合いからヒートアップして、感情むき出しのどつき合いへと展開。改めて思ったのが、デスマッチファイターの印象が強かったドレイク・ヤンガーだが、そのレスリングテクニックには荒削りながら目を引くものがあった。最後は、ドレイク・ヤンガーがリッチ・スワンからピン。ハイフライヤーの空中戦やゴツゴツしたりどつき合いなど、見所の多い試合となった。

第6試合のサミ・キャラハン対アリク・キャノンの試合がこれまた熱戦となった。入場と同時に「レッツゴーサーミー!レッツゴーキャーノン!」の観客によるチャント合戦が始まり、序盤は張り手とグーパンチの殴り合いから一進一退の攻防。場外乱闘に入っても両者一歩も引かない喧嘩マッチに。マットが敷かれていないコンクリートむき出しの入場ランプ付近で、サミがキャノンにブレーンバスターを決めると、お返しとばかりに今度はキャノンがサミにブレーンバスター。ドスンという鈍い音が狭い場内に響く。しかし最後はサブミッションでサミのタップアウト勝ち。爆竹のようにけたたましく痛さが伝わってくるような試合だった。サミはEVOLVEで2戦して負けなし。

第7試合、オシリアン・ポータルとアップ・イン・スモークのタッグ屋対決。なんども対戦経験のある2チームだけに、スピードとテンポが良く、息の合い方が尋常じゃない。EVOLVEのタッグチームロースターとして初めてエントリーするオシリアン・ポータルは、古代エジプト人ならではの魔術や飛び技を披露。惜しくもアップ・イン・スモークに負けてしまったが、オシリアン・ポータルの参戦により、これからのタッグチーム戦線がかなり楽しみになってきた。

セミファイナルのチャック・テイラー対ジミー・ジェイコブスの試合。これまで負けなし同士の対決は、予想以上の好試合となった。正直、ジミー・ジェイコブスのイメージは、ダークサイドに堕ちた陰鬱としたレスラーというあまり良い印象ではなかったが、この一戦で180度イメージが変わった。技を受けまくり、コミカルな動きも織りまぜながら感情を表にだしていく、そんなジミー・ジェイコブスなりの闘魂みたいなものを感じた。それに引っ張られるようにチャック・テイラーの動きもすこぶる良かった。最後はハイアングルパイルドライバーでチャック・テイラーがジミー・ジェイコブスを破り、3戦して未だ負けなしとなった。裏ベストバウトと言っていいほどの素晴らしい試合。

そして迎えたメインイベントは入場時から観客総立ちとなった。そしてお決まりの観客から大量のネクタイがリング上に投げ込まれる。静かな立ち上がりの両者はロックアップにはいかず、相手の出方をうかがうように軽くローキックを打ち合う。観客からは「レッツゴードラゴン!」チャントが鳴り止まない。

徐々にブライアンの右ローが効いてきたのかフィッシュの顔がみるみると歪んでいく。振り抜くようなローキックをフィッシュの左腿にヒットさせるブライアン。すでにキラーブライアンの形相に変わっていた。フィッシュをコーナに押し込んで蹴りの雨あられ。腰をガクッと落としてダウンしたフィッシュに休むことなく蹴りまくるブライアン。まさに鬼のような攻め。チカラを振り絞るように立ち上がったフィッシュは、逆にブライアンをコーナーに押し込み蹴りの連打。場外に降りたブライアンめがけてトペ。

中盤からはグラウンドの攻防にうつる。ブライアンのブリッジを崩そうと、フィッシュが勢いよく全体重を乗せるがビクともしない。容赦ないブライアンのローキックで、フィッシュに左太ももが真っ赤に変色していく。

痛めているフィッシュの左足をホールドして関節技に持ち込むと、そのまま両者ともゴロゴロと場外へ転落してしまう。しばらく場外で動けなかった両者だが、リングに戻るとまたブライアンがミドルキックの連打。フィッシュを吊り天井に決めようとするが、そのまま裏太ももにフットスタンプ。左足のダメージがかなりあるフィッシュは簡単には立ち上がれなくなっていた。

ブライアンがバックを取ってジャーマンスープレックスホールドを決めるがカウントツー。すかさずタイガースープレックスを放つがこれもツーで返される。必殺のキャトルミューティレーションからフィッシュを起こして肩口にエルボーを20回ほど振り下ろすブライアン。息もつけない展開に観客からは悲鳴のような歓声が上がる。そして、会場全体に「THIS IS AWESOME !!」チャントがこだまする。ふらふらの両者が最後のチカラを振り絞るかのように張り手合戦。最後はブライアンのレッグロッグが完璧に決まりフィッシュがタップアウト。

試合後のインタビューでマイクを向けられたブライアンは、

“Just a second.”
「ちょっとみんな聞いてくれ!」(ブライアン!ブライアン!とコールが収まらないので)

“Who came to indy show for the first time? Huge thanks. Thank you very much. Please help supporting these indy prowrestling  and come to the shows.”
「今日はじめてインディーの試合を観に来た人は?」(何人か手を挙げる) 「どうもありがとう。こういったインディーがプロレスを支えているから、これからもどんどん足を運んで欲しい」

“Here is the thing. Now I’m looking forward EVOLVE 5. I have one challenge to make.”
「ところで、僕はEVOLVE 5に目を向けているんだけど、挑戦したい人が一人いる」

“SAWA! I WANT YOU!!”
「澤宗紀!お前と試合がしたい!!」(客がどよめく)


死闘を制したブライアン・ダニエルソンは、次回EVOLVE 5(9月11日)の対戦相手に、バトラーツ澤宗紀を指名した。観客から大歓声が上がるなか、ブライアンは再び「SAWA!」と同じ名前を叫んだ。アメリカンドラゴンとやりすぎくらいがちょうどイイのなんともミラクルな対決。果たしてこのマッチメイクは本当に実現するのだろうか。澤宗紀からの返答が待たれるところ。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

澤宗紀 vs TJP


1月16日 EVOLVE1 @ラーウェイ・レックセンター ニュージャージー州ラーウェイ

アメリカマット初上陸となる澤宗紀(格闘探偵団バトラーツ)の対戦相手はテクニシャンのTJパーキンスことTJP。

p1040413p1040414p1040417

先ずは不敵な笑みを浮かべながらTJPが入場。そして気合を入れるように自ら頬をはりながら澤宗紀が入場してくる。しかしいつもの『リボルバージャンキーズ』ではなくアブストラクトな音楽で。開始のゴングが鳴ると「SAWA! SAWA!」チャントが発生。いきなり張り手合戦から澤のジャマンスープレックスが炸裂する。ど頭からピリピリとした雰囲気。そしてロックアップせずに打撃の攻防がはじまる。TJPの打撃に対する対応力が高いこともあって一進一退の互角。

澤のお卍固めがすっぽりと決まるとTJPがそれをタイミングよく腕ひしぎ十字固めへと切り返す。澤が膝十字を決めにかかるとTJPがクルッと回転して上になったり、また逆に澤が関節を取り返すといった目まぐるしいグラウンドの攻防が続く。そしてノーガードでの張り手合戦から両者ともノックダウン。ここで観客から「THIS IS AWESOME!!」チャントが発生。またも張り手合戦から一発TJPのイイのが入ると澤が気持ちよさそうに日本語で「いいねえ~!」。

p1040430p1040437p1040439

そしてグーパンチの連打や伊良部パンチまで繰り出すとシャイニングウィザードがTJPの顔面に炸裂。最後は澤のお卍固めがガッチリと決まりロープに逃げようとするがTJPがたまらずタップアウト。澤はEVOLVEで初勝利をもぎ取った。


先ず驚いたのはTJPがバチバチスタイルに対応できたことだった。打撃やグラウンドそして立ち振る舞いなども含め全てが無駄の無いキレのあるグッドコンデションだったように見えた。この二人ならもっとすごいバチバチが観られるのではと思えるほど。これからのTJPはかなり要チェック。そしてアメリカ初上陸の澤宗紀はコアなアメリカのファンの間でもあまり知られていないのが現状。その澤がバチバチスタイルを引っさげてアメリカに乗り込み観客から大きな拍手と歓声につつまれ勝利をおさめた。この一勝は澤にとって実に大きい。しかしランジェリー的な側面も持ち合わせる澤にとってまだまだこれは始まりに過ぎない。とんでもない引き出しがまだ隠されているはずなので、これからもっともっと澤のプロレスをアメリカのプヲタに見せつけて欲しいと思った。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】



  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

EVOLVE 1


ゲーブ・サポルスキーが手がける新団体EVOLVE(エボルブ)が1月16日に旗揚げ。その一部対戦カードが発表になりました。


Official Singles Division Match
ディヴィー・リチャーズ vs, 飯伏幸太

Official Tag Team Division Six Man Match
マイク・クワッケンブッシュ & ハローウィキット & フライトメア vs, グラン・アクマ & イカルス & ブロディ・リー

Official Singles Division Match
TJP vs, 澤宗紀

Official Singles Division Match
アリック・キャノン vs, リコシェ

Qualifying Match
チャック・テイラー vs, チーチ

<シングルディヴィジョン参加選手>
ブラッド・アレン
クリス・デッキンソン
ケン・ドーン
ボビー・フィッシュ
ジョニー・ガルガーノ
ジミー・ジェイコブス
カイル・オライリー
サイラス・ヤング

<タッグチームディビジョン参加選手>
ルイス・リンドン & フリップ・ケンドリック (Aeroform)
コリー・チェイビス & ジョン・デイビス (Dark City Fight Club)


注目はなんと言っても飯伏対デイヴィーのメイン戦。2008年のROHボストン大会で惜しくもデイヴィーに破れている飯伏は、果たしてその雪辱を果たすことができるのだろうか。一方、去年のファイナルバトルでROHタッグベルトをブリスコズに奪われてしまったジ・アメリカンウルヴスのデイヴィー。王者陥落してもなお評価がうなぎのぼりのデイヴィーにとって、飯伏との再戦は更なる進化を証明する格好のチャンスでもある。奇しくも丸腰になってしまったばかりの両者がどんな試合をみせてくれるのか期待したい。

そして、アメリカマット初上陸となる澤宗紀が、TJP相手にどこまでバチバチできるのか。「やり過ぎぐらいがちょうどいい」という澤家の家訓どおりはっちゃけた試合内容になりそうだ。そして初代タイガーマスクを敬愛してやまないTJパーキンスことTJPが、澤のバチバチスタイルにどこまで対応出来るのかも注目したい。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

澤宗紀がエボルブに参戦決定!


evolve00

エボルブ公式サイトによると、澤宗紀(格闘探偵団バトラーツ)のエボルブ参戦が決定した模様。現在のところ対戦相手はまだ発表されておらず、デイヴィー・リチャーズや飯伏幸太と同じシングルスディヴィジョンに名前が上がっている。

既にアメリカのプロレス系掲示板などでは、Sawaって一体誰?といった書き込みから、彼はバチバチスタイルの第一人者で素晴らしいレスラー、世界でたった一人しかいないランジェリーを付けた武藤敬司キャラの人といった紹介のされ方まであり、ファンの反応は様々のようだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 4 of 41234

ホーム > タグ > Munenori Sawa

検索
Calendar
« 2020 年 2月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る