ホーム > タグ > ROH

ROH

ブライアン・ダニエルソン vs ナイジェル・マッギネス


9月26日 ROH@グラウンドボールルーム ニューヨーク州マンハッタン

The Final Countdown

先ずはナイジェル・マッギネスがいつものタレサンをかけてゆっくりと入場。ファンからは「Thank You Nigel !!」チャントが鳴りやまない。著作権の問題でオリジナルの「ファイナルカウントダウン」ではないエントランス曲が流れると、えんじ色のガウンを羽織ったブライアン・ダニエルソンが続いて入場。どこか寂しげな表情でリングの周りを一周してからリングイン。両者の名前がコールされると無数の紙テープがリングに投げ込まれる。

両者がっちりと握手をしたあとROHでは最後となるゴングが鳴らされる。するとファンから「Let’s Go Dragon !!」と「Let’s Go Nigel !!」チャントが交互に何度も何度も合唱される。こんな地響きするほどのチャント合戦はROHでも珍しい。しかし、ファンの思いとは裏腹に序盤はゆっくりとしたペースで試合は進んでいく。ねちっこい腕の取り合いから関節技の攻防へ。技の一つ一つにこれまでの思いが凝縮されているかのようだ。

p1040063p1040066p1040073p1040074

関節を極められたナイジェルがロープに逃げてもカウント4までその手を離さないダニエルソン。するとファンからいつもの「I have Till Five !!」チャントが飛ぶ。これが最後だから思う存分チャントしてくれと言わんばかりに何度もカウント4まで手を離さないダニエルソン。二人だけではなくファンと一緒にプロレスをしているかのようだ。

ナイジェルが場外へのタワー・オブ・ロンドンを決めた辺りから一気にラフファイトモードへと突入。ナイジェルを客席へ投げ込むと、ニューヨーク恒例トップロープからの客席へのダイブをダニエルソンが決行。ようやく立ち上がったナイジェルはダニエルソンを鉄柱へと叩きつけ流血させる。気が付くとヒールチャンプだった頃のナイジェルの表情が戻ってきていた。さよなら試合にこんな死闘されてもみたいな雰囲気が一瞬だけ会場を包み込む。

p1040076p1040078p1040084p1040088

リングに戻ると、いままで二人がROHのリング上で繰り広げてきた名場面を再現するかのように、持っている技を全て出し尽くしていく両者。一進一退の攻防が続く。ナイジェルがロンドン・ダンジョン(キャメルクラッチの退勢で腕を決める技)を仕掛けると、ダニエルソンがそれをキャトルミューティレーションで返し、それを抜け出したナイジェルが掟破りのエルボーパッドでダニエルソンを攻め込む。まるで技で会話をしているような二人だけの世界が繰り広げられていく。

キラーとなったダニエルソンは鬼気迫る形相でナイジェルに頭突きをぶち込む。ふらふらになりながらも自らロープに振ってぶつかり合う両者。再度キャトルミューティレーションでナイジェルを弱らせて、すかさず三角締めに移行するダニエルソン。ギブアップしないとみるや三角締めのままナイジェルの頭部めがけてエルボーバッドを何度も何度も打ち込んでくと、見かねたレフェリーのトッド・シンクレアがここでレフェリーストップ。ROHファイナルマッチはブライアン・ダニエルソンの勝利。

p1040093p1040095p1040100p1040101

試合後、スタッフはじめ選手全員がリングサイドに集結。はじめにナイジェルがマイクを取り「ROHそしてブライアン・ダニエルソンに感謝したい、これからもファンのみんなにはROHを応援していって欲しい!」と別れの言葉の言う。次にダニエルソンがマイクを取ると、「ジョン・シナの耳にナックルパンチをぶち込んでくれ!」というファンからの野次に、「よーし!あのサノバ●ッチに食らわせてやるぞー!」と拳をつくりながら応えるダニエルソン。すると会場は大爆笑。

続いてダニエルソンは、「いま現在ROHで最高の選手をあげるとするなら、ジ・アメリカンウルヴス、ロドリック・ストロング、それにオースティン・エリーズだ」と言うと会場からは大きな拍手がわき起こり、「いままで日本をはじめ世界各地をプロレスで渡り歩いてきたけど、世界で最高のレフェリーはトッド・シンクレアだ」とリングサイドにいるシンクレア本人に向けて言うと、いつもは入場しただけで大ブーイングのシンクレアに対して、ファンから大きな拍手が送られる。涙をぬぐいながら何度も「サンキュー」と応えるシンクレア。

更に「社長のケアリー・シルキンがいなければ、いまのROHはなかっただろうと思う」と言うと、社長自ら手を振ってそれに応える。そして最後に、「ファンのみんなにはこれからもROHの応援して欲しい」と言うと場内にオリジナルバージョンのファイナルカウントダウンが流れ、ファンの「ファイナルカウントダーウン!」の大合唱と共に、ダニエルソンは天高く人差し指を突き上げた。

p1040105


ここまで殺伐とした試合になるとは正直想像していなかったが、最後の最後に両者のスタイルを出し切った試合内容だったので一ファンとして嬉しかった。らしいといえばらしい試合だった。もうROHでは観ることが出来ないと思うと実に寂しい。いままでROHを離脱していった数々のレスラー達も同様にさよなら興行をしてきたが、ここまでファン達の気持ちが一つになった興行は無かったように思う。それだけ両者はROHにとって特別だったと言えるだろう。適材適所という言葉があるが、二人が最も輝ける舞台はROHだと信じてきた自分にとって、WWE移籍は正直不安でしかない。もしかしたらアメドラさんがユージーンのようなギミックを与えられるかもしれない。ナイジェルがハリケーンのような全身タイツで試合をさせられるかもしれない。がしかし、たとえ彼らがどういう形になったとしても、広い気持ちでこれからも応援していきたい。それは彼らがインディーファンの夢だから。その夢に最後まで乗っかっていきたいと思う。


【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ブライアン・ダニエルソンがWWEと契約

 

ブライアン・ダニエルソン(以下アメドラさん)がWWEとの契約に合意したというニュースが入ってきた。ROHによると、9月のスケジュールに関しては全て出場するとのこと。予定通りに行けば、9月26日のニューヨーク大会(王者オースティン・エリーズとのROH世界ヘビー級タイトルマッチ)が最後となる。

アメドラさんで思い出すのが、2005年9月17日に行われたジェームズ・ギブソン(ジェイミー・ノーブル)とのROH世界ヘビー級タイトルマッチだ。当時まだチャンピオンに成ったばかりのジェームス・ギブソンが、4ヶ月ぶりに復帰したアメドラさんからまさかのタップアウト負け。劇的な王座移動となった。一昔前の新日本プロレスを観ているかのような濃厚なストロングスタイルの試合だったように記憶しているのだが、それよりもむしろ復帰したアメドラさんがいきなりチャンピオンになるという意外な展開に、これから何か凄いことが始まるんだという期待感でいっぱいになったことを覚えている。

そして去年ニューヨークでインタビューをしたときには、プライベートな質問に対してもじっくりと言葉を選んで受け答えをしてくれた。なんて真面目な人なんだろうと思った。リング上でのキラーぶりを(当然だが)まったく感じさせない笑顔で、真面目な中にもユーモアのある人をひきつけるスターオーラみたいなものを感じた。

  • ブライアン・ダニエルソン インタビュー (Part 1) (Part 2) (Part 3)

前々からWWEに行くという噂はあったし、ここ最近のROHに対するスタンスからもそろそろだなーというのは感じ取れていた。正直アメドラさんがROHから離れてしまうのはとても寂しい。寂しいがアメドラさんには心からおめでとう!と言いたい。「プロレスとは自由なり」と言ったインディー界トップのレスラーが、WWEというまた一つ大きな舞台でどれだけ活躍することができるのか、今後が非常に楽しみだ。果たして、WWEのリングに「自由」はあるのだろうか。

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ROH ニューヨーク大会(09年6月13日)

 

6月13日 ROH@ニューヨーク州マンハッタン

ザ・ヤングバックス VS ケニー・キング & レット・タイタス
現PWG世界タッグ王者組のヤングバックス(マット&ニック・ジャクソン兄弟)が、息のあった連携技でケニー・キング&レット・タイタス組に勝利。

p1030217.jpgp1030220.jpgp1030225.jpg

ネクロ・ブッチャー VS ジミー・レイヴ
ジミー・レイヴがリングインすると同時に、観客からトイレットペーパーが投げ入れられる。「だから投げんじゃねーよ!」と叫ぶマネージャーのプリンス・ナナにも、ブーイングと大量のトイレットペーパーが投げつけられる。現在、ジミー・レイヴと抗争中のネクロさんは、いつものように腕をぐるぐる回して「ウガー!」と叫びながらドシドシと走って入場。観客からは割れんばかりの「ネクロ!ネクロ!」コールで迎えられる。

p1030229.jpgp1030241.jpgp1030242.jpg

いきなり場外乱闘が始まり、強引に引っこ抜いた客の椅子でジミー・レイヴを襲おうとするネクロさん。しかし、レイヴにその椅子を取られてしまい、ネクロさんの右膝にクリーンヒット。執拗に右膝を攻めまくるレイヴだったが、一瞬のすきにスモールパッケージホールドで丸め込み、ネクロさんの逆転勝ち。試合終了後、身動きが取れなくなったネクロさんにジ・エンバシーがストンピングの雨あられ。そこへコルト・カバーナが助けに入ってくる。足を引きずりながらバックステージへと帰って行くネクロさん。観客からは大拍手。

p1030244.jpgp1030253.jpgp1030263.jpg

ここでリック・フレアーが登場。リングサイドでメインのタイトル戦に立ち会う予定だったが、このスピーチを最後に会場を後にした。ちなみに試合開始前には同会場の地下でサイン会が開かれていた。

p1030264.jpgp1030270.jpg

ロドリック・ストロング VS サンジェイ・ダット
ロドリック・ストロングがギブソン・ドライバーでサンジェイ・ダットに勝利。ネクロさんとは違い、両者共にグッドシェイプされたカラダで、終始スピーディーな好試合。

p1030278.jpgp1030282.jpg

タイラー・ブラック VS ジミー・ジェイコブス
最初に流血した方が負けのファーストブラッドマッチ。ジミー・ジェイコブスがありえないほど長いドライバーでタイラー・ブラックの額に凶器攻撃。これであっさりとタイラー・ブラックは流血してしまい、ジミー・ジェイコブスの勝利。試合後、タイラー・ブラックは王者挑戦権を行使するとマイクで宣言。これでメインのROHタイトルマッチはタイラー・ブラック、ジェリー・リン、オースティン・エリーズのスリーウェイで行われることが決定した。

p1030293.jpgp1030300.jpg

ディーロ・ブラウン VS ブライアン・ダニエルソン VS クラウディオ・キャスタニョーリ VS コルト・カバーナ
コルト・カバーナがシカゴクラブ(ビリー・ゴーツ・カース)を決めてディーロ・ブラウンから勝利。

p1030302.jpgp1030305.jpgp1030308.jpg

p1030314.jpgp1030320.jpg

(C)ジ・アメリカン・ウルブス VS ケビン・スティーン & エル・ジェネリコ
因縁深い両タッグチームがROHタッグベルトをかけてサブミッションルール(最後はサブミッションで極めなければ勝てないルール)で激突。膝の怪我から復帰したばかりでいつもの動きに精彩を欠くエル・ジェネリコ。膝にはスティーブ・オースティンのようなプロテクターを装着している。その痛めている方の膝へ、リチャーズがチャンピオンベルトで容赦ない反則攻撃。最後はエドワーズがハーフ・ボストンクラブをジェネリコに決めタップアウト勝ち。スティーン&ジェネリコ組はあともう少しのところで惜しくもベルトを逃した。

p1030345.jpgp1030347.jpg

ジェイ・ブリスコ VS リトル・グイドー・マリタート
かつてUWFインターナショナルにも所属していたヌンジオことリトル・グイドー・マリタートにジェイ・ブリスコが必殺のジェイ・ドリラーを決め勝利。

p1030359.jpg

(C)ジェリー・リン VS オースティン・エリーズ VS タイラー・ブラック
オースティン・エリーズはリック・フレアーの入場曲でゆっくりと入場。立会人のリック・フレアーはリングサイドに来ることが出来なくなったとマイクで説明するオースティン。すると片手にレフェリーシャツを握ったままのナイジェル・マッギネスが登場。オレが立会人になってやると言ってレフェリーシャツに着替えリングサイドに陣取るマッギネス。試合は序盤、タイラー・ブラックへの脚攻めでオースティン有利の展開。

オースティンが鉄柱を使った変形足四の字固めをタイラーに決めるが、立会人の権限でナイジェルがカットに入る。と、ここでタイラーがリンをスモールパッケージに丸め込んでスリーカウント。チャンピオンだったリンがここで退場。突然の出来事に場内がざわめく中、ここからタイラーとオースティンの一騎打ちとなる。

この日、すでに一試合を消化しているタイラーは徐々に疲れが見えはじめ、オースティンのねちっこい攻撃に足が止まる場面も。最後は顔面への蹴りから垂直落下式ブレーンバスターをタイラーに決めて、オースティン・エリーズが史上初の二度目のROH世界ヘビー級王座を奪取。観客からは歓声と落胆の声とが入り乱れての大盛り上がり。

p1030362.jpgp1030364.jpgp1030365.jpgp1030367.jpg

p1030383.jpgp1030389.jpgp1030390.jpg

 

正直びっくりした。かつて(2005年~06年あたり)の盛り上がりが蘇ったかのような素晴らしい内容だった。どの試合もテンポが良く、興行全体をコンパクトに集中して見ることができた。定期的に開催されているTVテーピング(HDNet)でも、これくらいの盛り上がりを期待したいところだが、オースティン・エリーズの王者交代によって今後どういう展開を見せていくのか期待していきたい。

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ケニー・オメガ in ROH(09年5月30日)

 

5月30日 ROH@ペンシルベニア州フィラデルフィア

ジェリー・リン & ケニー・オメガ & エリック・スティーブンス VS オースティン・エリーズ & ケニー・キング & レット・タイタス

すっかりTVテーピングの常連になりつつあるケニー・オメガ。入場と同時に「オメガ!オメガ!」チャントが発生。対するオースティン・エリーズには強烈なブーイングが浴びせられる。試合が始まるとグラウンドの攻防を優位に進めていくオースティン。攻め込まれながらも機敏な動きを見せるケニー。コミック要素は控えめに大技を的確にヒットさせていく。体調は良さそう。

p1030009.jpgp1030012.jpgp1030013.jpg

今月13日にニューヨーク大会でタイトルマッチが控えている為か、オースティンとリンがお互いを牽制し合っている。観客からは、ヒールのオースティンへブーイング、ベビーのジェリー・リンにもブーイングが発生。依然として現王者への不満をぶつけるファンがいるようだ。見た目は派手でプレイボーイなのに実はチェリーボーイというキャラのレット・タイタスと、身体能力の高さを小出しに披露するケニー・キング。この若いヒールタッグが地味ながらに良い動きを見せていた。

p1030017.jpgp1030020.jpgp1030027.jpg

中盤になるとケニーが捕まりエリーズチームが一方的に攻めまくる展開に。小刻みなタッチワークでケニーがコーナーポストに釘付け状態。一瞬の隙にケニーのストップ延髄斬りが決まるとジェリー・リンへのタッチに成功。オースティンは逃げまくり、残ったレット・タイタスとケニー・キングがリンのハイスパートな攻撃でボコボコ状態に。ケニーは場外にいるレット・タイタスにムーンサルト。一気に攻守が逆転する。

p1030029.jpgp1030030.jpgp1030031.jpgp1030035.jpg

最後はエリック・スティーブンスが豪快なチョークスラムをレット・タイタスに決めてスリーカウント。ジェリー・リン&ケニー・オメガ&エリック・スティーブンス組の勝利。

 

日本でKO-Dタッグ王座からは陥落してしまったものの、持っているチカラを十分に発揮できるだけのコンディションは維持しているように見えた。この勢いなら、あのヨシヒコをまるでダッチワイフのように動けなくした究極のコンボ技、アルティメット・アトミック・バスターを生身?の人間に決めてくれる日も近いだろう。あとは胸毛とモヒカンだけだ。祖国のために!

 

 【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ROH エジソン大会(09年5月9日)

 

5月9日 ROH@ニュージャージー州エジソン

リッキー・レイス VS エディ・キングストン
NJ近辺で人気の高いエディ・キングストンが裏拳からの体固めでリッキー・レイスに勝利。試合後、クリス・ヒーローが現れて「おまえはここにいる資格なんてねえんだよ!」とエディに罵倒する。典型的なオープニングマッチ。

スーパー・スマッシュ・ブラザーズ VS ブレント・オーブライト & エリック・スティーブンス
何故か素顔で試合をするプレイヤー・ドス。チカラプロから参戦してきたスマブラは連携技を多用。「UNO! UNO! UNO!」チャント発生。ブレント・オーブライトのハーフネルソンスープレックスが高角度でプレイヤー・ウノに決まりスリーカウント。ブレント・オーブライト&エリック・スティーブンス組の勝利。試合後に会場からスマブラの二人に「Please Come Back!」チャント。

p1020804.jpg

クリス・ヒーロー VS サンジェイ・ダット
クリス・ヒーローがエルボーパッドを装着した足でサンジェイ・ダットの顔にビッグブーツを決めスリーカウント。クリス・ヒーローの勝利。むかしの船木的なアレなのかサンジェイ・ダットの背中のぶつぶつが気になる。

p1020807.jpgp1020808.jpgp1020811.jpg

ネクロ・ブッチャー & デリリアス VS ジミー・レイヴ & クロウディオ・キャスタニョーリ(w/プリンス・ナナ)
緑色のバンダナで登場するネクロ・ブッチャー。会場内からは一斉に「NECRO! NECRO! NECRO!」チャント。いつもは使わないアームホイップをクロウディオに決めると、グーパンチ、キック、またグーパンチの連打。

そして何を思ったのかコーナーポストにクロウディオを持ち上げ雪崩式フランケンシュタイナー(完成度25パーセント)を決行。この日のネクロさんは一味違った。すかさず逃げ回るジミー・レイヴをペタペタと足音を立てながら追いかけ始める。ペース配分を考えないやさぐれファイトが裏目に出てしまい早くも息が切れてクタクタになるネクロさん。

最後は王族マネージャーのプリンスナナから手渡された椅子でジミー・レイヴがネクロさんの頭を殴るが全くきかず、怯んだすきにデリリアスがレイヴを背後から丸め込んでスリーカウント。ネクロ・ブッチャー&デリリアスの勝利。いつの間にかレイヴ入場時のトイレットペーパーぶん投げ大会が復活していた。

p1020813.jpgp1020820.jpgp1020822.jpg

p1020824.jpgp1020827.jpgp1020832.jpg

休憩

グリズリー・レッドウッド & アレックス・ペイン VS ケニー・キング & レット・タイタス
ブロックバスターとパワーボムの合体技を決めてケニー・キング&レット・タイタス組の勝利。アレックス・ペインの動き(受け身)がぎこちなく心配になる。

p1020833.jpg

コルト・カバーナ VS ジョーイ・ライアン(w/プリンス・ナナ)
入場してきた時点でローション塗りたくりのジョーイ・ライアン。タレサンに下品な口ひげ、花柄のスカーフに花柄のタイツ、ローションでねとねとになった胸毛とヘソ下の毛、全てがまんべんなく濃い。今まで映像(WSX,PWG)で目にしてはいたものの実際に本人を目の当たりにするとその捨て身っぷりには清々しささえ感じる。この人は必見(ただし生で)。で、試合はレフェリーまで巻き込んだコミック風の内容。最後はサブミッションを決めてコルト・カバーナの勝利。ちなみにジョーイ・ライアンのタイツの下はTバック。

p1020836.jpgp1020839.jpgp1020842.jpg

p1020841.jpgp1020844.jpgp1020845.jpgp1020846.jpg

ROHタッグチーム王座戦
(C)ジ・アメリカン・ウルブス VS ケヴィン・スティーン & ブライアン・ダニエルソン
場外乱闘から試合がスタート。エディ・エドワーズの強烈な逆水平チョップでブライアン・ダニエルソンの胸からじんわりと流血。吊り天井を仕掛けるブライアン・ダニエルソンを後ろからキャッチしてそのままバックドロップを決めるデイヴィー・リチャーズ。勢いに任せてラフファイトを続けるアメリカン・ウルブス。最後はハーフ・ボストンクラブを決めたエドワーズがブライアン・ダニエルソンからタップアウト勝ちをもぎり取る金星。技のキレ、思いっきりの良さ、息のあった連携技、どれも文句の付けようのないトップヒールタッグに成長したリチャーズとエドワーズ。この勢いを止めるのはなかなか難しそうだ。

p1020848.jpgp1020849.jpgp1020850.jpg

p1020852.jpgp1020853.jpg

ROH世界ヘビー級王座戦
(C)ジェリー・リン VS ジェイ・ブリスコ
ROH王者に就いてまだ1ヶ月のジェリー・リン。たまたまこの会場だけかもしれないが、客席からはヒールでもないのにブーイングが発生するほどになっていた。淡々と試合は進み、リンがクレイドル・パイルドライバーを決めるがジェイがツーでキックアウト。逆にジェイがジェイ・ドライバーを決めるがこれをツーでキックアウトするリン。

しかし盛り上がりそうで盛り上がらない何ともいえない空気を漂わせながら試合は続く。客からは「Awkward Silence! (気まずい沈黙)」や「It’s Too Quiet!」と試合を茶化すようなチャントまで発生した。最後は再度クレイドル・ドライバーをジェイに決めてスリーカウント。突然のフィニッシュだった。試合後、野次を叫び続けていた客に向けてジェリー・リンが「不満があるなら家に帰ってWWEでも見てろ!」とマイク。なんとも後味の悪い試合だった。

p1020854.jpgp1020856.jpgp1020858.jpg

 

約2ヶ月ぶりのROHは想像していたよりも十分に楽しめる内容だった。と書くと初めから期待していなかったかのようだが、ケーブルテレビのレギュラー放送(HD Net)を見る限りでは期待と不安が半々だったと言わざるを得ない。で、そのTV放送の出来についてはいろいろな意見があるだろうが、正直言ってしまうと、そりゃないだろうというくらい残念なことになっていた。というかTVテーピングよりもハウスショーの方が面白いって、それはいかがなものかと。

このインマン・スポーツクラブ(ニュージャージー州エジソン)という会場は、かつて椅子の山の下敷きになったネクロさんが巨神兵のようにムクっと立ち上がって無類の不死身っぷりを見せつけたチェアーライオットが起きた場所であり、飯伏幸太がクロウディオ・キャスタニューリを相手に好勝負を繰り広げて「プリーズ・カムバック!」チャントが発生するような、比較的ノリのいい場所だった。

しかし今は、あの頃の爆発力ある盛り上がりは期待できない。それは恐らく客層の変化が一番の原因だと思う。以前のように積極的に試合を楽しもうとするスタンス、例えば試合が膠着状態になった場面でリングサイドの鉄板を叩いて応援するといった熱のあるファン達は一体どこへ行ってしまったのだろうか。アメリカのプロレスファンは総じて自分も試合に参加しようとするポジティブな楽しみ方を持っている。が、いまは受け身のファンが増えてしまったように感じた。

昔話だけをしていても良くはならない。ならないが、このままだと昔からのファンは離れていくばかりだと思う。もちろんジェリー・リンは偉大なレスラーであることは誰しもが認めるところだが、団体を引っ張っていくチャンピオンの位置かというと、それは疑問を感じる。救世主的な新しいスターを作り上げることがこれからのカギだと思う。

で、このままの路線だと、超劣化版WWEのようなプロレスを目指すことであり、本来のROHがROHではなくなることを意味している。アメリカインディープロレスファンからすると非常に残念な選択だ。今回、リンへの野次が単なる騒ぎたいだけの野次ではないように感じられるのだが、どうだろう。今後の展開が気になるところだ。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 2 of 161234510...Last »

ホーム > タグ > ROH

検索
Calendar
« 2020 年 2月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る