ホーム > タグ > Sami Callihan

Sami Callihan

Munenori Sawa vs. Sami Callihan set to EVOLVE 10!! /EVOLVE 10で澤宗紀 vs. サミ・キャラハン決定!!


IMG_9888sami

It’s Official! EVOLVE 10 : Callihan vs Sawa will take place on October 15th at Ace Arena in NJ. The main event will be Munenori Sawa’s United States retirement match as he battles Sami Callihan. More info on the show will be announced in this week’s Email News Express at EVOLVEwrestling.com. Also this show will be on live iPPV at WWNLive.com!

EVOLVEのレギュラー(過去にEVOLVE 1、EVOLVE 5に参戦)として、アメリカのファンから絶大な人気を得ている澤宗紀。その澤のアメリカでの引退試合が遂に決まった。メインイベントで、アメリカインディープロレス界若手のトップのであるサミ・キャリハンとの対戦。サミといえば未だに来日しておらず、日本人にとっては未知の強豪。但し前回のEVOLVE 9ではあのデイブ・フィンレー相手に素晴らしい試合を展開し、澤の相手に不足はない。またこの試合はライブiPPVとしてWWNLive.comで全世界に配信されることも決定。詳細は追って明らかになるとのことだが、10月15日(土)夜(日本時間10月16日朝)の予定は開けておいた方がいいかも?!


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

EVOLVE 9


7月26日 EVOLVE 9  @BBキング・ブルース・クラブ・アンド・グリル ニューヨーク州マンハッタン

ボビー・べバリー (0-0) vs. エリック・ライアン (0-0)

IMG_7070IMG_7073

試合途中にケビン・スティーンが乱入(PWGのTシャツ着用)。試合はノーコンテスト。スティーンがマイクを持つと、実況席のロブ・ネイラーとラリー・レナードに「オレが喋るからお前ら黙ってろ!」と罵倒。CMパンクのようにリング中央であぐらをかくと、「ROHは“Ring of Horseshit”だ!」、「ROHを牛耳っているジム・コルネットのケツの穴にラケットをぶち込んでやりたい」、「しかしジム・コルネットのケツには、EVOLVEを去ったデイヴィー・リチャーズが引っ付いて離れねーから無理!」と、強烈なROH批判を展開。

更に、「オレはEVOLVEを救うために来た」と言うと、しばらく考え直して「いやオレはEVOLVEをぶっ壊しに来たんだ!」と叫ぶ。 一体どっちなんだ。そして「オレはアンチ・キリストだしな、ジム・コルネットも嫌いだし、EVOLVEもプロレスだって嫌いなんだよ!」と怒りをぶちまける。するとそこにボビー・フィッシュがリングイン。フィッシュはマイクで「ここはEVOLVEにリングだからEVOLVEのルールに従ってもらう」と冷静な表情で言うと、ケビン・スティーンはバックステージへと去っていく。きわどい内容のマイクパフォーマンスを披露したスティーン、あんたぶっちゃけすぎ!

ファサード&ジェイソン・ゴリー (0-1) vs. スーパー・スマッシュ・ブラザーズ (0-1)

IMG_7075IMG_7077IMG_7103IMG_7104IMG_7105IMG_7110

スーパー・スマッシュー・ブラザーズがファサードをゴリースペシャルからのブロックバスターで勝利。プレイヤー・ドスはいつから素顔で試合するようになったのか。ま、素顔でもいいけど。

サイラス・ヤング  (2-1) vs. シュガー・ダンカートン  (0-0)

IMG_7112IMG_7118IMG_7125IMG_7126

ヤングは「お前がいつもバスケットボールを持っているのはレスリングが出来ないからだ」と野次る。ダンカートンがヤングの顔面にバスケットボールをぶつける。最後はヤングがスプリングボード・ムーンサルトをきめて勝利。ヤングがヒールっぽくなってきた。初参戦のシュガー・ダンカートンもコミカルムーブを押さえ気味にいいところを見せていた。試合後にジョニー・ガルガーノがリングイン。ガルガーノはヤングの飲酒トラブルについて話しはじめる(サイラス・ヤングは元リアルにアルコール中毒者)。ガルガーノが握手を求めるとヤングはそれを無視してバックステージへ帰ってしまう。なにやら抗争がはじまりそうな気配。

ピンキー・サンチェス (0-0) vs. リンセ・ドラド (0-0)

IMG_7130IMG_7137IMG_7141IMG_7143IMG_7149IMG_7152

欠場したシーマ・ザイオンの代打はリンセ・ドラド。ここ最近チカラプロに出場していないリンセは、以前と変わらない良い動きを見せる。ピンキー・サンチェスが武藤敬司ムーブを多用しているのが気になった。最後はピンキーがドラドに四の字固めをきめてタップアウト勝利。試合後、抜群の胡散臭さを漂わせるラリー・ダラスが、ボディーガードを連れて登場。謎とされていたタッグチーム(The Scene)を自ら呼び込む。

ケイレブ・コンリー&スコット・リード vs. チーチ&クラウディ (4-0)

IMG_7157IMG_7161IMG_7165IMG_7174

ラリー・ダラスがマネージャーを務めるThe Sceneの二人が入場すると、観客から大ブーイング。チーチ&クラウディは息のあった連携技でThe Sceneを翻弄するが、最後はThe SceneがDDTとジャーマン・スープレックスのコンビネーションでクラウディからスリーカウント勝利。試合後、チーチ(坊主の方)がパートナーのクラウディをボコボコにしてしまう。観客からはブーイング。この仲間割れには驚いた。タッグ解消への布石か…。

ボビー・フィッシュ  (1-4) vs. ジョン・デイビス  (0-1) vs. ケビン・スティーン (0-0)

IMG_7180IMG_7184IMG_7196IMG_7205IMG_7220IMG_7223IMG_7226IMG_7230

試合が始まるとすぐにケビン・スティーンが乱入。マイクを取ったスティーンはボビー・フィッシュを挑発。フィッシュはスリーウェイを要求するがレフェリーはそれを認めない。すると蚊帳の外になってしまったジョン・デイビスは、突然レフェリーをクローズラインで失神させてしまう。場外で三人が大乱闘。リングに戻るとスティーンがフィッシュにシャープシューター。フィッシュも寝技でスティーンを攻めこんでいくが、最後はジョン・デイビスのシャットダウン・パワーボムがフィッシュにきまりスリーカウント。この試合からフィッシュとスティーンの抗争がスタート。

トニー・ニース (0-2) vs. ジョン・シルバー (0-0)

IMG_7236IMG_7256IMG_7261IMG_7269IMG_7270IMG_7279

途中休憩を挟んでのシングルマッチ。先日TNAに出場したトニー・ニース。そのニースとほぼ同じ体格のジョン・シルバーは、技のキレが驚くほどいい。休憩明けということもあって、序盤はぼんやりと観ていたが徐々に惹きつけられてしまった。この二人、特にジョン・シルバーはメイン辺りの選手との試合が観てみたい。最後はジョン・シルバーがバッククラッカーをきめて勝利。

サミ・キャラハン  (3-1) vs. デイブ・フィンレー  (0-0)

IMG_7282IMG_7285IMG_7290IMG_7292IMG_7299IMG_7300IMG_7302IMG_7312IMG_7313IMG_7321IMG_7334

アマレスをベースとしたヨーロピアンスタイルと、全く容赦のない打撃技で相手を叩きつぶしてきたフィンレーが、いまインディーシーンで絶大な人気を誇るサミ・キャラハンの挑戦を迎え撃つ。フィンレー入場と同時に大きな歓声があがる。ゴングが鳴るとサミが体当たり。しかしフィンレーはビクともしない。ロックアップからフィンレーがサミを投げ飛ばす。フィンレーのカラダの厚みが昭和のレスラーのそれ。フィンレーはヨーロピアンエルボーからヘッドロック。序盤はフィンレーがサミの動きを完璧に封じ込める。

サミも逆水平チョップなどで反撃を試みるが、フィンレーが直ぐにペースを掴み返してしまう。フィンレーは全体重を乗せた頭突きをサミにヒットさせる。フィンレーの額が血でにじむ。サミはフィンレーをコーナーに押し込むと、頭突きと逆水平チョップのコンボ。

IMG_7337IMG_7339IMG_7342IMG_7348IMG_7353IMG_7354IMG_7361IMG_7367IMG_7368IMG_7370IMG_7373IMG_7375IMG_7376IMG_7378IMG_7381IMG_7387IMG_7391IMG_7392IMG_7394IMG_7396IMG_7404IMG_7410

場外戦でサミは左足を攻められる。足を引きずりながら反撃をするサミ。フィンレーを担ぎ上げてスープレックス。コーナーに追い詰めてキックの連打。サミはフィンレーをバックドロップで投げると首をかっ切るポーズ。フィンレーを場外へ投げ落としたあと、トペ・スイシーダにいくが自爆。フェンスに脇腹を強打してしまう。両者リングに戻ると、フィンレーがサミを担いでケルティック・クロス(担いだ相手の頭をロックしてそのまま落とす)。しかしサミがツーでキックアウト。

フィンレーはトドメとばかりにツームストン・パイルドライバーをきめるが、サミがまたしてもキックアウト。サミの驚異的なネバリに、観客から驚きの歓声があがる。しかしフィンレーが再びツームストン・パイルドライバーをきめるとカウントスリーが入ってしまう。デイブ・フィンレーの勝利。にしても52歳のフィンレー強いわ。フィンレーのファイトスタイルが想像以上にEVOLVEにマッチしていたように思う。そして、この試合はEVOLVEの方向性を決定づける重要な名勝負となった。フィンレーには是非これからも継続参戦してもらいたい。というかまだまだフィンレー観たいですお願いします。

ジョニー・ガルガーノ  (6-2) vs. チャック・テイラー  (5-3)

IMG_7414IMG_7417IMG_7421IMG_7423IMG_7426IMG_7430IMG_7431IMG_7439IMG_7442IMG_7451IMG_7455IMG_7463IMG_7467

序盤の試合途中に、ラリー・ダラスが両者の試合を中止させようとリングにタオルを投げ込む。しかしジョニー・ガルガーノがそのタオルをお尻で吹いてダラスめがけて投げ返す。ラリー・ダラス抜きのクリーンファイトをはじめる両者。ガルガーノはテイラーの左腕を集中攻撃。エプロンで攻防のあと、テイラーは観客席の仕切りボードを足場にしてダイブを狙うが、足を滑らせて自爆。

チカラプロでは同じF.I.S.T.のメンバーだけに、手の内は知り尽くしている両者。技を透かしたり、裏をかくような攻防が目立つ。ガルガーノがコーナーに上がろうとするがそれをテイラーがカット。雪崩式のスープレックスをきめる。テイラーのカナディアン・メイプルリーフがきまると、ガルガーノがエスケープして逆にフェイスロックをきめ返す。ステージ上の観客席で乱闘したあとガルガーノがDDT。

両者リングに戻ると、テイラーがスモールパッケージホールドをしかけるがツーでキックアウト。ガルガーノがテイラーの必殺技オウフル・ワッフルをきめるがツーで返される。更にガルガーノはフェイスロック。テイラーは堪らずロープエスケープするが、ガルガーノがテイラーリング中央に引っ張り込む。ガルガーノがテイラーの頭にスーパーキック。しかし最後はテイラーがオウフル・ワッフルを完璧にきめてスリーカウント。チャック・テイラーの勝利。試合が終わると、両者は抱き合い健闘をたたえる。


デイブ・フィンレーとケビン・スティーンの初参戦、チーチ&クラウディの仲間割れの行方、ジョニー・ガルガーノとラリー・ダラスとの確執など、新たな展開をみせた今回のEVOLVE 9。遂にリーダー争いのトップに躍り出たチャック・テイラーの今後も気になるところ。次回EVOLVE 10はどんな仕掛けが待っているのか、いまから楽しみである。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

Sami Callihan Says He’ll Punch Former WWE Superstar Fit Finlay In The Face At EVOLVE



EVOLVE 9: Gargano vs. Taylor
July 26th, 2011
BB King Blues Club & Grill
237 W. 42nd Street (in Times Square)
Manhattan, NY, 10036
EVOLVE Belltime: 8pm
NYWC Pre-Show: 7pm
Doors: 6pm


Bonus Main Event
Sami Callihan (3-1) vs. Dave Finlay (0-0)
2011 Breakout Star vs. Respected Hard-Hitting Veteran. First-Time-Ever. Does anything else need to be said?


-Tickets now on sale in the EVOLVEwrestling.com Shop, by calling 267-519-9744 or Ticketmaster outlets.

-Doors open at 6pm so you can come enjoy dinner and drinks at BB King Blues Club & Grill!!!

-Dave “Fit” Finlay Will Be Available For Autographs!!!

-This event will air worldwide at www.WWNLive.com on live iPPV at 8pm EST. You can pre-order it now. You can also join the www.WWNLive.com affiliate program and make a commission on this event. Go to the affiliate section for more info and start making money now. This is open to everyone.


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

EVOLVE 9 対戦カード発表


evolve9poster


7月26日にニューヨーク州マンハッタンで開催される、EVOLVE 9の全カードが発表された。

EVOLVE 9: Gargano vs. Taylor

The Main Event
ジョニー・ガルガーノ (6-2) vs. チャック・テイラー (5-3)

Bonus Main Event
サミ・キャラハン (3-1) vs. デイブ・フィンレー (0-0)

Undefeated Teams Collide
チーチ & クラウディ (4-0) vs. ジグソー & フライトメア (3-0)

In Need Of A Win
ボビー・フィッシュ (1-4) vs. ジョン・デイビス (0-1)

Tag Team Attraction
ファサード & ジェイソン・ゴリー (0-1) vs. ラリー・ダラスのミステリーチーム

Special Challenge Match #1
シーマ・ザイオン (1-0) vs. ピンキー・サンチェス (0-0)

Special Challenge Match #2
トニー・ニース (0-2) vs. ジョン・シルバー (0-0)

Special Challenge Match #3
サイラス・ヤング (2-1) vs. シュガー・ダンカートン (0-0)


やはり注目はデイブ・フィンレーのEVOLVE初参戦。しかも、アメリカインディー界で最も危ないレスラーとして人気急上昇中、今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのサミ・キャラハンが対戦相手という、予想の更に上をいくマッチメイクとなった。荒々しくストレートな攻撃が持ち味のサミ・キャラハンが、地味ながら自分のスタイルを決して変えることのないフィンレーの試合運びにどこまで食らいついていけるのか。

チカラプロでは同じThe F.I.S.Tのメンバーでもあるジョニー・ガルガーノとチャック・テイラーの二人。今回はメインイベントでシングルマッチが決定している。今この二人をメインイベントに持ってくるということは、それだけ期待されているということであり、これからのEVOLVEの指針となっていくはずだ。

そしてケビン・スティーンの来場が急遽決定。これはEVOLVEブッカーのゲーブ・サポルスキーとケビン・スティーンが、ツイッターをきっかけに始まった新たな展開で、スティーンがEOVLVEのリング上でどのような発言をするのかが注目されている。


尚、この大会の模様はiPPV(インターネットペイパービュー)で全世界生中継放送されることが決定。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

CZW “New Heights” (2/2)


7月9日 CZW “New Heights” @アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

コール・キャラウェイがリングイン
レインボーカラーのコスチュームに蝶の羽をつけて入場してきたコール・キャラウェイ。要はゲイレスラーである。あまりのゲイゲイしさに写真を撮るのを忘れてしまったので画像はコチラ

キャラウェイは「あたしはCZWを休んでいる間に大日本プロレスのMEN’Sテイオーに師事していたの」と腰をくねくねさせながら語りはじめる。

「尊敬するMEN’Sテイオーから学んだことを、CZWでも受け継いていきたいの」と言うと、リングアナウンサーのラリー・レジェンドに「そこであたしは、メンズクラブUSAを立ち上げたいと思うの、あなたにはスポークスマンになってもらいたいわ!」と叫ぶ。

レジェンドは一瞬ためらうが、まんざらでもないといった表情で了承する。突然のメンズクラブUSA結成宣言に一部のファンだけ大喜び。果たしてMEN’Sテイオーはこの事実を知っているのだろうか。メンバーはこれから探していくという。あのメンズクラブがインターナショナルに!アッー!

ネクロ・ブッチャー vs. サミ・キャラハン

IMG_6805IMG_6820IMG_6825IMG_6827IMG_6831IMG_6833IMG_6835IMG_6838IMG_6844IMG_6846IMG_6849IMG_6854IMG_6860IMG_6872

右腕を負傷しているサミ・キャラハン。DJハイドが指名した対戦相手はビール大好きネクロ・ブッチャー。ゴングが鳴るといきなり場外乱闘。サミはネクロの頭にイスを投げつける。ネクロは頭頂部から流血。サミは流血したところにイス攻撃。

ネクロはホッチキスを手にして「ウガー!」と叫ぶ。ネクロはサミの頭にホッチキス攻撃。さらにサミの脇の下に「ガッチン!ガッチン!」とホッチキスを撃ちまくる。必死になってホッチキスの針を抜こうとするサミ。

サミはホッチキスを奪い取ると、ネクロの足の裏に「ガッチン!ガッチン!」。泣いた赤鬼みたいなネクロの顔。再び場外戦になるとネクロがホッチキス奪還に成功。負傷したサミの右腕にプロテクターの上からホッチキス攻撃。

ネクロはイスをリングに投げ入れる。ネクロはフィニッシュ!のポーズ。サミをバックブリーカーで落とそうとするがエスケープ。サミはネクロの口の中にホッチキスを押しこんで「ガッチン!ガッチン!」。さすがのネクロも口の中にホッチキスはたまらないのか必死で針を抜く。そのすきにサミがフォールに入ってスリーカウント。サミ・キャラハンの勝利。

試合後DJハイドがリングインすると、サミの負傷した腕を踏みまくる。しかしサミはDJハイドに急所攻撃。DJハイドは「次の対戦相手はBJホイットマーだ!」と叫んでバックステージに帰っていく。

デボン・ムーア vs. ジョーカー (CZW世界ヘビー級王座戦)
デボン・ムーアがジョーカーを僅差で破り王座防衛に成功。試合後にブラック・ジーズが乱入してデボン・ムーアを強襲。怒ったムーアは次の王座戦挑戦者にブラック・ジーズを指名する。コミッショナーのメイヴェン・ベントリーが仲裁に入り、8/13のタイトルマッチはムーア対ジーズに決定したと宣言。試合形式はファン参加型のランバージャック・ストラップマッチ。

ダニー・ハボック(c) vs. MASADA (CZWウルトラバイオレントアンダーグラウンド王座戦)

IMG_7051IMG_6878IMG_6885IMG_6886IMG_6898IMG_6899IMG_6917IMG_6930IMG_6931IMG_6933IMG_6936IMG_6941IMG_6942IMG_6947IMG_6954IMG_6956IMG_6960

葛西純との死闘を制しUVU王者になったダニー・ハボックが、今年のトーナメント・オブ・デス覇者MASADAの挑戦を受ける。デスマッチ形式は、カミソリのような荒く小さなトゲトゲが無数についた木の板を使用しただけの、いたってシンプルなもの。見た目はたいしたことない普通の板だが、これが後々になって血の惨劇を生むことに…。

MASADAが入場するとコーナートップに座りじっとリングを見つめて精神統一。不気味な静けさを漂わせる。ハボックはベルトを片手に余裕が伺える。

ゴングが鳴らされ両者逆水平チョップ合戦。MASADAはロープに設置された凶器ボードにハボックを投げようとするが失敗。逆にMASADAが凶器ボードの餌食に。MASADAの額から大量の血が流れ出す。凶器ボードに背中から投げられたハボックも血だらけ。両者場外乱闘へ。

MASADAがエプロンでブレーンバスターを狙うが失敗。セカンドロープと凶器ボードに挟まれてしまい悲鳴をあげる。さらにハボックがイスでメッタ打ち。MASADAは場外へエスケープ。その間にハボックがロープに設置された凶器ボードを剥がしてコーナーに立てかける。そこへMASADAを投げると「ベリッ!」と鈍い音。MASADAの肩甲骨あたりから大量の出血。

今度はMASADAがハボックを凶器ボードに投げつける。ハボックの腕を鋭利な部分にゴシゴシとなすりつける。ハボックの悲鳴が会場に響きわたる。コーナでうなだれるハボックにMASADAがビッグブーツ。さらにMASADAは、イスをセットして凶器ボードを斜めに立てかけ、そこへハボックを背中から投げ落とす。MASADAが殺人鬼(映画シャイニングのジャック)のような目に。

IMG_6965IMG_6971IMG_6974IMG_6975IMG_6976IMG_6983IMG_6985IMG_6991IMG_6998IMG_6999IMG_7003IMG_7008IMG_7011IMG_7014IMG_7018IMG_7022IMG_7033IMG_7041IMG_7045

凶器ボードをリングに寝かせ、その上にMASADAがハボックをパワーボム。ハボックがカウントツーでキックアウト。ハボックはお返しにMASADAを凶器ボードの上にバックドロップ。お互いフラフラになりながら、膝をついてエルボー合戦。凶器ボードの板を剥がして、バットのように振り回すハボック。しかしハボックが振りかぶったところを、MASADAがキャッチしてベリー・トゥー・ベリー。MASADAは凶器の板を奪い取ると、馬乗りになってハボックの額にゴシゴシ攻撃。

ハボックは奪い返したトゲトゲ付きに板をMASADAの左腕にフルスイング!するとMASADAの腕からあり得ない量の血が流れ出す。MASADAの腕にはBCGの注射跡みたいなデカい穴がぼっくりと…。これには観客も「オー!ノー!」という大きな悲鳴。さらにMASADAの頭をぐりぐりしてからシャイニングウィザード。MASADAがツーでキックアウト。観客から「マ!サ!ダッ!」チャント発生。

MASADAはハボックを強引に持ち上げ、凶器ボードの上にパワーボム。そのままテキサスクローバーホールドで絞り上げる。なかなか参ったしないハボックに、今度はSTFを仕掛ける。しばらく耐えたもののハボックが遂にタップアウト。血みどろの戦いを制してMASADAが新チャンピオンになった。観客からの大MASADAチャントが鳴り止まない。試合後、まるで殺人現場のようなリング上でMASADAは、「9月に伊東竜二と戦うことになった!オレはやるぜ!」と叫ぶと、ベルトを高々と突き上げアピールした。負傷した左手で見事なメロイックサインをきめていた。

序盤このデスマッチアイテム駄目だろという雰囲気だったが、MASADAの左腕から血が吹き出したあたりから会場の空気がガラっと変わった。通常の有刺鉄線ボードよりも明らかに血の量が多い。刺さるというより、肉をえぐるという感覚のようで、試合後にMASADAが「見た目は地味だけどこれはヤバい」と語っていたのが印象的。今年のTODを制覇し遂にUVU王者にもなったMASADAの勢いはまだまだ止まらない。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 1 of 3123

ホーム > タグ > Sami Callihan

検索
Calendar
« 2017 年 3月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る