ホーム > タグ > Sara Del Rey

Sara Del Rey

植松寿絵 vs. サラ・デル・レイ


3月13日 CHIKARA “Creatures From The Tar Swamp” @ザ・ワーソー ニューヨーク州ブルックリン

IMG_3309IMG_3310IMG_3313

勢いよく入場してきた植松寿絵は、コーナーに飛びのり水吹きパフォーマンス。ガウンを脱ぐと新作チカラプロTシャツを着ていた。「We love Chikara !!」と叫んでサラ・デル・レイを挑発する。

IMG_3315IMG_3319IMG_3322

植松が握手を求めてもヘラヘラと笑いながら無視するサラは、植松のチカラプロTシャツを奪い取る。号泣する植松。

IMG_3324IMG_3337IMG_3344

やっとTシャツを取り戻した植松は、それを丁寧におりたたむ。しかも正座しながら。もうすぐたたみ終わるというところで、サラがそれを妨害する。そのまま植松の髪の毛をつかんで引っ張りまくる。前髪のツンツン部分をぐちゃぐちゃにされそうになって焦りまくる植松。そしてサラは植松をロープに振ってビッグブーツ。肩口にクリーンヒット。

IMG_3347IMG_3349IMG_3353

サラに突っかかっていこうとする植松だが、アタマを鷲掴みにされなかなか前に進めない。お返しとばかりに、サラの鼻を掴んでおもいっきり引っ張る植松。サラをコーナーに詰めて顔面ウォッシュ連発。相手がヒール軍団BDKのサラということもあってか、観客からは植松寄りの声援が多く飛んでいた。

IMG_3363IMG_3367IMG_3376

植松がコーナーからドロップキック。動きが鈍ってきたサラのバックを取ろうとするが失敗。体格差をスピードでカバーする植松だったが、パワーボム一発でで動きが止まってしまう。

IMG_3381IMG_3383

最後はロイヤル・バタフライを決めたサラがスリーカウント勝利。

IMG_3396IMG_3398

試合後、植松はマイクを取り、カンニングペーパーを見ながら英語で挨拶をすると、観客から「アーリーガートー!」の大チャントが鳴り止まない。そして、「いま日本は地震で大変なことになっています。チカラプロの協力で募金箱を作りました。どうかみなさん募金をよろしくお願いします!」とスピーチ。深々と一礼してリングをあとにする植松に、会場から大きな拍手が送られた。

前日のマジソン・イーグルス戦に勝利したものの、サラ・デル・レイには惜しくも負けてしまった植松。正直なところ植松にしかできないプロレスというものを、もっと観てみたかった。きっと他のファン達も同じ考えだと思う。それと、経験の差かもしれないが、個性的なチカラプロのレスラーと比べても、植松の試合運びの上手さや観客の目をリングに釘付けにするテクニックは、いやもうピカイチだった。顔の表情だけ観ていても楽しさが伝わってくる。さすが誰もが認めるテクニシャンレスラーである。もっと観たいと思わせる植松のレスリング。アメリカのファンにも良い印象を残せたに違いない。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

豊田真奈美&マイク・クワッケンブッシュ vs. サラ・デル・レイ&クロウディオ・キャスタニョーリ


9月19日 CHIKARA “Through Savage Progress Cuts the Jungle Line ” @ザ・ワーソー ニューヨーク州ブルックリン

場内にメインイベントのアナウンスが流れると、観客から一斉に「トヨタ!トヨタ!トヨタ!」の大チャントが発生。先ずクロウディオ・キャスタニョーリとサラ・デル・レイが入場。次にマイク・クワッケンブッシュ。そして最後に豊田真奈美が全女時代の曲『Mystic Eyes』で入場。観客は総立ち。

異常な雰囲気のなかゴングが鳴らされる。先発はマイクとクロウディオ。マイクから豊田へタッチするとまた「トヨタ!トヨタ!」チャント。日本で一度だけ対戦経験があるというサラ・デル・レイ。体格的には五分と五分。

顔面への鋭い蹴りが豊田にヒット。今度は豊田がインディアンデスロックからの鎌固めがガッチリときまる。

豊田がサラをキャメルクラッチで動けなくすると、鼻の穴に指を突っ込んで羞恥プレイ。クロウディオが堪らずカットに入る。

場外のクロウディオ&サラへ豊田がフライングボディプレス。

コーナーから豊田のミサイルキック。サラの喉元にヒット。

ヒール軍団BDKの2人は息のあったチームプレーが目立つ。技のキレと重さでは豊田に引けを取らないサラ。いつも以上に気迫がこもっている。

サラのパワーボムを食らった豊田はノックダウン状態。するとクロウディオが十八番のジャイアントスイング。回すたびに観客が「1! 2! 3! 4! ……」と数えはじめる。

ツーで返した豊田はお返しに十八番のローリングクレイドル!クロウディオの大きなカラダがぐるぐると回転する。カウントツーでサラがカットに入る。観客から「マナミ!マナミ!」チャント。

サラが急角度のパイルドライバーをきめる。クロウディオが再度ジャイアントスイング。回される豊田へサラのミサイルキック。

マイクがクロウディオにチカラスペシャルをきめる。

グロッキー状態のサラにムーンサルトプレス。

豊田がサラを担ぎ上げると、コーナーからマイクが掌底をヒットさせ、その勢いのままジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス。続けざまにジャパニーズ・オーシャン・クインビー・ボム。

そのままフォールにはいかず、チカラプロの象徴とも言える必殺技チカラスペシャルをきめる豊田。サラが堪らずタップ。

o 豊田真奈美 & マイク・クワッケンブッシュ (23:02 ~ チカラスペシャル) クロウディオ・キャスタニョーリ & サラ・デル・レイ x

試合終了後、「トヨタ!トヨタ!」そして「チカラ!チカラ!」の大チャントが発生。場内は歓声で地響きがするほどの盛り上がり。会場のキャパオーバーで入場規制がかかるほどの盛況ぶりだったチカラプロのニューヨーク初進出は、大成功に終わった。


今年のベストバウトに選出されてもおかしくないほどの素晴らしい試合だった。ニューヨーカーのクレイジーな声援とリアクション。そして23分があっという間に感じられたマッチオブジイヤー級の試合内容。こんなにパッピーエンドな大会は久しぶりだったように思う。ミックスドマッチにありがちなお笑い要素が殆ど無く、むしろほとんどの技がブルータルで男子顔負けの内容だったのが印象的だった。それとマイク・クワッケンブッシュの上手さが光っていた。そしてやはり今回は豊田真奈美に対するファンのリスペクトっぷりが想像を遥かに超えていた。まさにリビングレジェンドである。試合後のコメントで「試合がすごく楽しかった」と語っているように、豊田にとって今回のアメリカマット初進出ツアーは満足のいく内容だったに違いない。なにより豊田に対する会場全体を包みこむようなあの大声援が全てだったと思う。ともあれこのニューヨーク大会でチカラプロは新たなステップを踏み出した。次はどんな面白いことをやってくれるのか、いまから楽しみである。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 1 of 11

ホーム > タグ > Sara Del Rey

検索
Calendar
« 2017 年 2月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る