ホーム

MANHATTAN DROP

DDT勢の対戦相手が決定

 

tfin_ddt.jpg

今月27日から開催されるキング・オブ・トリオスのトーナメント一回戦対戦カードが発表された。日本から参戦のチームDDT(KUDO、中澤マイケル、飯伏幸太)は、リンス・ドラド、イクイノックス、ヘリオスからなるチーム『THE FUTURE IS NOW』に決定。

ということで『THE FUTURE IS NOW』の簡単な紹介。リンス・ドラドはエル・パンテーラに師事したプエルトリコ出身の若いルチャドール。マスクもエル・パンテーラにそっくり。大将格のイクイノックスは素顔のジミー・オルセンとしても活躍。チカラプロの若手の中で一番の安定感がある。要注意なのが無茶しすぎ野郎のヘリオス。素顔はIWA-MSやCZWでも活躍した知る人ぞ知るリコシェ。

と、いまチカラプロでいちばん活きのいい次世代ハイフライヤー三人衆が、飯伏&KUDOの立体殺法にどう立ち向かうのか。そして自称「ヌルヌルこそ最強」の中澤マイケルがアメリカの地でヌルヌルをヌルっと復活させてしまうのか。いきなり一回戦から見どころ満載の好カードとなった。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

怪獣ビッグバトルとニアミス

 

着ぐるみパフォーマンス集団の怪獣ビッグバトルが、4月3日ニューヨーク州ブルックリンで『Kaiju in 3-D』を開催します。現在までに決定しているカードは、Uchu ChuNeo Teppenの怪獣チャンピオンシップのみ。

そして、かねてから参戦を熱望しているDDTの飯伏幸太は、3月27~29日の予定でチカラプロ主催キング・オブ・トリオスに出場。フィラデルフィアとニューヨークという近さでしかもたった一週間のズレというニアミスっぷり。惜しい!果たして飯伏と怪獣との初遭遇は実現するのか。できるかぎり現地からレポートする予定ですので乞うご期待。

What is Kaiju Big Battel

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

月刊 ネクロ・ブッチャー vol.3

 

p1020025.jpg

アカデミー賞授賞式にちらっと出演した(『ザ・レスラー』のワンシーンが流れた)マンハッタンドロップの顧問ネクロ・ブッチャー(何度も書きますが本人はボンヤリと顧問であることを容認)がまた一段とだらしないカラダになってまいりました。3月1日のROHフィラデルフィア大会では巨大ホッチキスを片手に裸足で大暴れ。ビール腹なのに大人気です。

さてそのネクロさん、去年ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞した『ザ・レスラー』を自分が出演しているにも関わらず、ほとんど内容を知らない(というか映画自体を観てない)ありさま。まさかまだ…とおもい尋ねてみると…。

――おひさしぶりです。
ネクロ: (何故かピースサインで)ハーイ!

――なんかまた腹が出てきたような気がするんですが。
ネクロ: (腹をさすりながら)ガハハッ。全部ビールだよ。

――さすがムービースターは違いますねえ。貫禄が出てきたっていうか…。
ネクロ: やめてくれよムービースターだなんて。

――ところで、『ザ・レスラー』はまだ観てないんですか?
ネクロ: あー観た観た。DVDで観たよ。

――はあ?映画館じゃなくて?
ネクロ: ああ。友達がくれたDVDでね。映画だと金がかかるだろ。あとほらうちは田舎だからさ、映画館まで遠いんだ。

ということで今ごろ観たそうですが惜しくも感想は聞けずじまい。試合後だったので早くビールが飲みたいらしく急いでいたのが原因という…。どんだけビールが好きなのかと。ちなみに『ザ・レスラー』のDVD発売は4月21日予定です。

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ケニー・オメガ vs オースティン・エリーズ

 

3月1日 ROH@フィラデルフィア大会

この試合の前日、ジェイ・リーサルに敗れたケニー・オメガはついにJAPWヘビー級タイトルを失ってしまった。明らかに試合前の表情には冴えがなかった。一方、今回の対戦相手は元ROHヘビー級チャンピオンのオースティン・エリーズ。「ゼア・ウィル・ビー・ブラット」のダニエル・デイ・ルイスみたいな鼻の下のヒゲがいやらしい。

p1010900.jpgp1010901.jpgp1010904.jpg

いままでストーリーには絡んでこなかったケニーだったが、ここでトップどころのオースティンとシングルマッチというのは、ステップアップのための最終審査なのか。これは大抜擢といっていいだろう。オースティンはヒールターンして日が浅く、それほどキャラクターが固まっていないという状況で、どうやってこの試合をコントロールしていくかという迷いが見て取れた。のらりくらりとアメリカンなヒールに徹してブーイングも多くもらっていた。

p1010910.jpgp1010912.jpgp1010914.jpg

序盤からハイペースで攻め込むケニー。打点の高いドロップキックを決める。コーナーを使った飛び技を見せるケニー。昨日の王者陥落というイメージを払拭したいのか、この日はいつも以上に勢いがあった。と同時に、いきなり大きな仕事を任されてしまった新入社員さんみたいな、どこかでやりづらそーな印象も受けた。

p1010916.jpgp1010917.jpgp1010918.jpg

中盤から徐々にオースティンのペース。得意技パワー・ドライブ・エルボーが「バシン!」とドンピシャのタイミングで決まる。それをケニーがツーでキックアウト。危ないタイミングだった。技が決まるときの「バチン!」という音が大きければ大きいほど客は沸く。アメリカ人の沸くポイントは「音」ではないかと感じるときがある。なのでバチバチスタイルもアメリカ人には受けるかもしれない。

p1010920.jpgp1010922.jpgp1010924.jpg

で、ケニーがソバットと延髄斬りのコンビネーションを見せ反撃。「ウガガー!」と雄叫びをあげてから跳び箱式のフェイスクラッシャー。ここで一気にラッシュをかける。

p1010925.jpgp1010927.jpgp1010928.jpgp1010929.jpg

首を掴んで膝蹴り。怯んだところを肩車してクロイツ・ラスを仕掛けようとするが目つぶし攻撃を食らい失敗。オースティンが息を吹き返す。ケニーを鉄柱に突っ込ませてグロッキー状態にすると、そこから一気にオースティンのペースにはまってしまう。最後はオースティン必殺の垂直落下式ブレーンバスターが決まりケニーをピン。オースティン・エリーズの勝利。

 

正直、ケニーの詰めが甘かった。あそこまで責めておいて勿体ない。跳び箱式フェイスクラッシャーまでは完璧にケニーペースだったのに。そしてケニー独特のコミカルなレスリングは意識的に使わないようにしていたのだろうか。今まで観たこと無いようなシリアスな試合内容だった。思えば波動拳も使わずじまい。表情には出さないものの、どこか迷いが見えた。これからもっと上のレスラーとあたる機会も増えるだろう。そしてストーリーにも絡んできたときに、自分の持ち味であるコミカルな部分をどう活かせるかが、今後の課題になりそうだ。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Xはアメリカンドラゴン

 

kot_team11.jpg

チカラプロ主催のキング・オブ・トリオスにアメリカンドラゴンことブライアン・ダニエルソンの出場が決定しました。クラウディオ・キャスタニョーリとデイブ・テイラーのチーム『TEAM UPPERCUT』のXがブライアン・ダニエルソンであると判明。これでヨーロピアンすぎる強力なトリオが誕生しました。一体このチームが誰と対戦するのか。妄想は尽きません。

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ホーム

検索
Calendar
« 2019 年 12月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る