ホーム > タグ > Kenny Omega

Kenny Omega

ケニー・オメガ vs オースティン・エリーズ

 

3月1日 ROH@フィラデルフィア大会

この試合の前日、ジェイ・リーサルに敗れたケニー・オメガはついにJAPWヘビー級タイトルを失ってしまった。明らかに試合前の表情には冴えがなかった。一方、今回の対戦相手は元ROHヘビー級チャンピオンのオースティン・エリーズ。「ゼア・ウィル・ビー・ブラット」のダニエル・デイ・ルイスみたいな鼻の下のヒゲがいやらしい。

p1010900.jpgp1010901.jpgp1010904.jpg

いままでストーリーには絡んでこなかったケニーだったが、ここでトップどころのオースティンとシングルマッチというのは、ステップアップのための最終審査なのか。これは大抜擢といっていいだろう。オースティンはヒールターンして日が浅く、それほどキャラクターが固まっていないという状況で、どうやってこの試合をコントロールしていくかという迷いが見て取れた。のらりくらりとアメリカンなヒールに徹してブーイングも多くもらっていた。

p1010910.jpgp1010912.jpgp1010914.jpg

序盤からハイペースで攻め込むケニー。打点の高いドロップキックを決める。コーナーを使った飛び技を見せるケニー。昨日の王者陥落というイメージを払拭したいのか、この日はいつも以上に勢いがあった。と同時に、いきなり大きな仕事を任されてしまった新入社員さんみたいな、どこかでやりづらそーな印象も受けた。

p1010916.jpgp1010917.jpgp1010918.jpg

中盤から徐々にオースティンのペース。得意技パワー・ドライブ・エルボーが「バシン!」とドンピシャのタイミングで決まる。それをケニーがツーでキックアウト。危ないタイミングだった。技が決まるときの「バチン!」という音が大きければ大きいほど客は沸く。アメリカ人の沸くポイントは「音」ではないかと感じるときがある。なのでバチバチスタイルもアメリカ人には受けるかもしれない。

p1010920.jpgp1010922.jpgp1010924.jpg

で、ケニーがソバットと延髄斬りのコンビネーションを見せ反撃。「ウガガー!」と雄叫びをあげてから跳び箱式のフェイスクラッシャー。ここで一気にラッシュをかける。

p1010925.jpgp1010927.jpgp1010928.jpgp1010929.jpg

首を掴んで膝蹴り。怯んだところを肩車してクロイツ・ラスを仕掛けようとするが目つぶし攻撃を食らい失敗。オースティンが息を吹き返す。ケニーを鉄柱に突っ込ませてグロッキー状態にすると、そこから一気にオースティンのペースにはまってしまう。最後はオースティン必殺の垂直落下式ブレーンバスターが決まりケニーをピン。オースティン・エリーズの勝利。

 

正直、ケニーの詰めが甘かった。あそこまで責めておいて勿体ない。跳び箱式フェイスクラッシャーまでは完璧にケニーペースだったのに。そしてケニー独特のコミカルなレスリングは意識的に使わないようにしていたのだろうか。今まで観たこと無いようなシリアスな試合内容だった。思えば波動拳も使わずじまい。表情には出さないものの、どこか迷いが見えた。これからもっと上のレスラーとあたる機会も増えるだろう。そしてストーリーにも絡んできたときに、自分の持ち味であるコミカルな部分をどう活かせるかが、今後の課題になりそうだ。

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ケニーのフィギュア

 

p1020026.jpgp1020027.jpg

ファンが作ってくれたというケニーのフィギュアを見せてくれた。目が点だし首の接合部分がすこし不気味。ショートタイツも本物そっくりにペイントされているらしく、心のこもったプレゼントを大事にスーツケースへしまう後ろ姿が、また子供っぽくてグッときた。

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ROH フィラデルフィア大会(3月1日)

 

3月1日 ROH@フィラデルフィア大会 TVテーピング2回目

クロウディオ・キャスタニョーリ VS ブレント・オーブライト
TVテーピングということで客の盛り上がりが普段の二倍強。酔っぱらい客多め。クロウディオへのブーイングが鳴りやまないまま試合開始のゴング。クロウディオが得意のヨーロピアンエルボーで仕掛けるとオーブライトが強烈な逆水平チョップで反撃。力と力の接戦は見応えあり。最後はロープを掴んだまま押さえ込んでクロウディオの勝利。

ケニー・オメガ VS オースティン・エリーズ
垂直落下式ブレーンバスターでオースティン・エリーズの勝利。この試合は後日また詳しくレビューします。

p1010920.jpgp1010931.jpg

アーニー・オサイラス VS デリリアス
アーニー・オサイラスはROHレスリングスクールの出身でコスチュームがボロボロの乞食キャラ。客からは「臭せー!」というそのまんまの罵声が飛ぶ。以前よりカラダを絞ったデリリアス。TVテーピング用か。最後はシャドウズ・オーバー・ヘル(トップロープからのフライングボディーアタック)でデリリアスの勝利。

サラ・デル・レイ & ニヴェア VS デイジー・ヘイズ & サッシー・シュテフィ
サラのセコンドについたスウィーニーが目立ちすぎ(もちろん良い意味で)。最後はマインド・トリップでデイジー・ヘイズの勝利。

ジェリー・リン VS ブロディ・リー
ジェリー・リンと比べるとブロディ・リーの大きさがやけに目立つ。白のランニングにボロボロになったジーンズの後ろポケットからは紺のバンダナが見え隠れする。小粋なおしゃれ心か。序盤のスローな展開から徐々にペースアップ。試合巧者のジェリー・リンがスピード・技のキレ・髪の毛のサラサラ具合、全てにおいて圧倒していた。最後はスモール・パッケージでジェリー・リンの勝利。

p1010939.jpgp1010944.jpg

レット・タイタス & ケニー・キング VS チーチ & クラウディ
ROHレスリングスクール出身のレット・タイタスが良い動きを見せる。最後はブロックバスターとパワーボムの合体技でレット・タイタス&ケニー・キングの勝利。

エディ・キングストン VS サミ・カラハン
土地柄なのかエディ・キングストンの人気は異常。にしてもあのだらしないカラダはネクロさんとかなり良い勝負。最後はスピニング・バックフィストでエディ・キングストンの勝利。

p1010954.jpg

ボビー・デンプシー VS オレンジ・キャシディ
団体に一人はいるデブキャラ。ボビー・デンプシーの勝利。

ネクロ・ブッチャー VS ジミー・ジェイコブス
だらしないカラダに拍車がかかってTシャツの上からでもビール腹が目立つようになったネクロさん。意地でも練習はしない主義の成果が見て取れる。最後はジミー・ジェイコブスの反則によりネクロ・ブッチャーの勝利。この試合は後日また詳しくレビューします。

p1010975.jpg

ザ・ダークシティ・ファイトクラブ VS グリズリー・レッドウッド & アンディ・リッジ
パワーボムとネックブリーカーの合体技でザ・ダークシティ・ファイトクラブの勝利。

ナイジェル・マッギネス VS アレックス・ペイン
アレックス・ペインは中澤マイケルとも対戦したことのあるROHレスリングスクール出身の新人レスラー。受けて立つナイジェルは試合前にマイクを取って「オレのこの努力もかえりみず、お前らはまだ俺に対するリスペクトがないのか?」と客を煽り始める。ファンからは大ブーイング。続けて「だがなあ、お前らのリスペクトなんていらねえよ!」と更に煽る。またファンから大ブーイング発生。がむしゃらに向かっていくペインだったがとても歯が立つ相手ではなかった。最後はタワー・オブ・ロンドンでナイジェル・マッギネスの勝利。

p1010979.jpgp1010980.jpg

ケビン・スティーン & ジェイ・ブリスコ VS クリス・ヒーロー & エディ・エドワーズ
ROHタッグタイトルマッチ。ヒーローのショートタイツ姿が意外と似合う。ラリー・スウィーニーの介入によりバックステージからマーク・ブリスコが乱入。スウィートンサワーを蹴散らす。二日前のコネチカット大会よりも気迫が伝わってくる素晴らしい内容。最後はスティーンがエディをパッケージ・ドライバーでしとめてスティーン&ジェイの勝利。

p1010984.jpgp1010985.jpg

ブライアン・ダニエルソン VS タイラー・ブラック
はじめに書いてしまうと新体制になって一番の試合だった。文句なし。かつてはこれほどの内容の試合を毎回のように連発していたかと思うと感慨深い。そしてついにブライアン・ダニエルソンの入場曲が「ファイナル・カウントダウン」ではなくなったことに驚いた。もちろんTVテーピングということで著作権が発生するための配慮だろうけれども、これはどうも味気なさすぎる。「エンター・サンドマン」で入場できなかったサンドマンのように肩すかしを食らった感じ。序盤は静かなスタート。五分五分だったが徐々にダニエルソンのペースに。ヨーロピアンエルボーがタイラー・ブラックのアゴ付近に炸裂。えげつない角度の吊り天井。ドラゴンスリーパーで締め上げる。タイラーも蹴りや飛び技で活路を見いだそうとするがなかなかダニエルソンのペースは崩れない。ダニエルソンが場外へのトペを決めて更に勢いづく。タイラーの足を取りトライアングルチョークを決めるがそこでゴング。20分時間切れ引き分け。客席からは「5分延長!」の大合唱が鳴りやまない。そこにマイクを持ったオースティン・エリーズが現れリング上の二人を罵る。するとブロディ・リーとジミー・ジェイコブスが乱入してきてダニエルソンとタイラーに襲いかかる。しかしなんとそこにネクロ・ブッチャーが駆けつけて3人を蹴散らす。場内は大ネクロコール。息を吹き返したダニエルソンとタイラーが場外にいたエイジ・オブ・フォールめがけてダブルトペ。場外にテーブルをセットしてブロディの寝かせると、ネクロが勢いよくセントーンを決める。また大ネクロコール。リング上でネクロとダニエルソン、タイラーが一緒に手を挙げて終了。

p1010987.jpgp1010995.jpgp1010997.jpg

p1010999.jpgp1020002.jpgp1020010.jpg

p1020011.jpgp1020014.jpgp1020009.jpg

p1020015.jpgp1020021.jpgp1020024.jpg

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Ibushi Kota & Kenny Omega (Jan.24) – DDT KO-D Tag Team Championship result & details

 

KOD Tag Championship : Harashima & Toru Ohwashi VS Kota Ibushi & Kenny Omega

Kenny Omega wrestles for DDT this month. Kota Ibushi chose Kenny for his partner to challenge KOD Tag championship. Here’s the details of the match:

Kenny vs HARASHIMA first. Lock up each other then try to take each other’s back, arms and legs – typical match-start moves. Then HARASHIMA headlock to Kenny and Kenny throws HARASHIMA to the ropes. Then HARASHIMA’s shoulderblock, Kenny’s spin-kick (but HARASHIMA dodged), HARASHIMA’s highkick (but Kenny dodged), and Kenny’s middlekick (but HARASHIMA dodged) and they posed.
Then Ibushi ring-in. Ibushi’s missile kick to HARASHIMA, then double leapfrog by Ibushi and Kenny.

kod1.jpgkod2.jpgkod3.jpg

Then Ibishi’s middlekick and Kenny’s Kotaro Face Crusher. Kenny’s FrankenSteiner to HARASHIMA. After HARASHIMA stood up, he shoulder-threw Kenny and Kenny fell off out of the ring. Ohwashi was waiting there and he threw Kenny and Ibishi to the audience. Then back to the ring, Ohwashi chop many times to Ibushi but Ibushi gave elbow to Ohwashi. HARASHIMA ring-in and bodyslam, camel-cratch to Ibishi. Kenny tried to help but HARASHIMA didn’t release Ibushi and Ibushi crawl to the rope and escaped. Ibushi dropkick to HARASHIMA and touched Kenny.

kod4.jpgkod5.jpgkod6.jpg

Kenny’s elbow, dropkick to HARASHIMA and covered but count 2. HARASHIMA stood up and punched Kenny to his stomach, then touched to Ohwashi. He delivered knee lift, chop, bodyslam and body press to Kenny and cover but it was count 2.

kod7.jpgkod8.jpgkod9.jpg

Kenny punched several times in Ohwashi’s belly but Ohwashi gave one heavy kick to Kenny and touched to HARASHIMA. HARASHIMA stomping to Kenny at the corner, bodyslam and several kicks and cover but it was count 1. After various moves on both ends, HARASHIMA touched to Ohwashi, and he shouted “Finish!” and tried to deliver brainbuster but Kenny blocked and did brainbuster to Ohwashi. Ibushi ring-in and middle kick to both HARASHIMA and Ohwashi. After several moves, Ibushi & Kenny’s double Stop! Enzui-giri to double drop kick to Ohwashi.

kod10.jpgkod11.jpgkod12.jpg

Ibushi’s middlekick to Moonsalt Press but count 2. Ibushi then delivered Moonsalt again (from the corner post this time) and covered but it was count 2 again. After several moves, both touched to their partners. HARASHIMA’s swandive elbow to Kenny but this was count 2. Both delivered elbows, then HARASHIMA’s bigboots to highkick. Kenny dodged but HARASHIMA tried highkick again.

kod13.jpgkod14.jpgkod15.jpg

Ohwashi’s guillotine drop and HARASHIMA’s swandive press to Kenny. Ibushi interfered and it was not count 3. Ohwashi’s runnig chockslam to Kenny and then diving body press from the corner but it was count 2. Ohwashi tried to deliver powerbomb but Kenny reversed. Ohwashi touched to HARASHIMA and Yamaori to Kenny.

kod16.jpgkod17.jpgkod18.jpg

Owashi entered in the ring while HARASHIMA was still there, both delivered highkick to Kenny, then HARASHIMA’s buzz saw kick to Kenny. HARASHIMA tried to deliver Soumatou but Kenny delivered Hadouken and touched to Ibushi. Bother delivered middlekick, then bigboots. Kenny entered the ring and delivered Hadouken. HARASHIMA was blown away so Ibushi tried to catch him and launch German Suplex but HARASHIMA blocked. Then HARASHIMA’s reverse Frankensteiner to Ibushi.

kod19.jpgkod20.jpgkod21.jpg

HARASHIMA’s Soumatou to Ibushi, then Kenny tried to deliver Aoi Shoudou but HARASHIMA kicked in Kenny’s head. Then Kenny delivered Croyte’s Wrath.

kod22.jpgkod23.jpgkod24.jpg

Then Ibushi entered the ring and deliver dragon suplex to HARASHIMA. This was cut by Ohwashi. Then Ibushi and Kenny Hi-5 each other and climbed the corner post, delivered double 450 splash (called ‘Golden Shower’). Kenny covered HARASHIMA and take 3 count.

Kenny Omega Defeated HARASHIMA by Golden Shower at 23’13″

kod25.jpgkod26.jpgkod27.jpg

After the match, Ibushi and Kenny showed double Hadouken.

kod28.jpgkod29.jpgkod30.jpg

*This review is based on Extreme Party. Please visit this page to see more pictures.

【writer: Shiori】

 

HARASHIMA & Ohwashi Toru vs Ibushi Kota & Kenny Omega (Digest)

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ケニー・オメガvsドラゴンソルジャーLAWが遂に決定!

 

ついに決定してしまいました。ケニー・オメガ対ドラゴンソルジャーLAWのワンマッチ興行が開催される模様です。ことあるごとに「イナバウワー!」と叫び続けてきたケニー・オメガの熱き夢が太平洋を越え日本の地(板橋区九丁目)で実現しようとしています。ケニー本人のコメントによると「DSLの死に水はオレが取る!」と言ったとか言わないとか…。気になる人だけ震えて待て!

「高島平9丁目プロレス」

日時:2009年1月12日(月・祝) 試合開始:14:00
於:高島平九丁目集会所(東京都板橋区高島平9-3-1)
入場料:2000円(当日のみ)

試合:時間無制限1本勝負
ケニー・オメガ(カナダ) 対 ドラゴンソルジャーLAW(め組)

*会場は都営地下鉄三田線「西台」駅より徒歩5分
*極力防寒対策をされたうえ、動きやすい服装・お履物等でのご来場をお願いいたします。
*すべてのお問いあわせは090-2546-2439まで

 

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 2 of 912345...Last »

ホーム > タグ > Kenny Omega

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る