ホーム > タグ > Ring of Honor

Ring of Honor

ブライアン・ダニエルソン インタビュー(Part 1)/Bryan Danielson Interview (Part 1)

 

8月2日、ROHニューヨーク大会、ハマースタイン・ボールルーム。アメリカン・ドラゴンことブライアン・ダニエルソンに会えるという喜びと、あまりにも好きすぎて何を喋っていいのやらというパニック寸前の不安とで、まるで「選ばれし者の恍惚と不安二つ我にあり」のような心境で、ブライアン・ダニエルソンがバックステージから出てくるのをジーッと待っていた。すでにほとんどの選手達が会場を後にしてるなかリングの撤去作業がつづく。すると、試合で痛めた首をさすりながら、「待たせてごめん」と言ってブライアン・ダニエルソンがこっちに歩いてきた。うわー本物だ。ま、当然ながら本物なんだけれども、その苦笑いをした普段の表情と、リング上のキラーな顔とが違いすぎて一瞬だけ戸惑った。これがあのアメリカン・ドラゴンなのかと。レスラーとしての彼と、そうでないときの彼の差っていうのも、これまたそこはかとなく魅力的だった。今回はプロレスラーとしてだけではなく、普段のブライアン・ダニエルソンてどんな人なのか、ということをちょっと探ってみようと思います。

 

――初めまして。あなたの大ファンなので、私生活からプロレスまで、出来る限り多くの質問をさせて頂こうと思っています。どうぞよろしくお願いします。

(ダニエルソン) こちらこそ、よろしく。

――まず最初の質問ですが、髪型やヒゲについてです。今は髪を伸ばしているみたいですが、坊主になったりヒゲを伸ばしたりと髪型には何かこだわりがあるのでしょうか?

(ダニエルソン) 特に意味はないんだ。その時の気分に合ったことをしているだけというか(笑)伸ばしたくなったから伸ばしてるだけなんだよね、実は。ええと、まず一番最初にヒゲを伸ばした理由なんだけど、カミソリを無くしたからなんだ(笑)まず2~3週間ヒゲを伸ばし続けて、そろそろ剃らないと、と思って剃ったら剃刀負けしちゃって、あー、もういいや、このまま伸ばしちゃえ!って(笑)

――では次に一日のスケジュールを教えてもらえますか?やはりトレーニングなどは朝にするのでしょうか?

(ダニエルソン) ウエイトはたいてい朝にやるんだ。えっと、ではまず毎日の僕のスケジュールね。まず起きる。で、次にカーディオ(有酸素運動)。まあ、走るか縄跳びが中心かな。その次に朝食。週に1~2回ジムに通う。その後ランチ。昼寝。読書。犬の散歩。その後に柔術かキックボクシングの練習。帰宅して、就寝。基本的には毎日このスケジュールだよ。

――柔術!それにキックボクシングの練習までしてるんですか。で、プロレスの練習はしないのですか?

(ダニエルソン) 僕はシアトルから2時間ほど南西に走った町に住んでいるんだけど、プロレス用のリングなんて無い所なんだ。だから試合の前に早く来て、リングで色々と練習をすることもあるけど、基本的にはカーディオを中心にやって、キックボクシングか柔術の練習をすることが、僕にとってのプロレスの練習と言えるかな。

――それはびっくりです。ところで犬の散歩という話もでましたが、犬もお好きなんですよね?myspaceにも写真が載っていますが、何匹飼っているのですか?

(ダニエルソン) 僕自身が飼っているのは一匹。でも、僕のお母さんが一匹飼っていて、その子は僕が高校生の頃からいるんだ。だから僕が飼っている犬となると一匹と答えるけど、僕の犬ということなら、この2匹ということになるかな。僕が試合で家を空ける時には、僕の犬はお母さんの家に預けるんだ。あと、空いている時間にはペットシェルターで過ごすことも多いよ。犬の里親捜しをしたりとか。とにかく犬が好きなんだ。いま、僕が情熱をかけていることといえば、これだね。

――それでは、あなたの尊敬する人は?

(ダニエルソン) 尊敬する人はたくさんいるよ。一人だけとなると、選ぶのは難しいけど…。僕のお母さんは全く教育も受けていなかったけど、今では心理学の修士の学位を持っているほどの努力家なんだ。プロレスで言えば、ショーン・マイケルズとウィリアム・リーガルが僕の師匠で彼らから本当に多くのことを教わった。多くの人を尊敬しているけど、一番と言われたら両親とショーン・マイケルズ、そしてウィリアム・リーガルの4人になるだろうね。

――あなたは化学を専攻していたそうですが、いつ頃まで勉強されていましたか?

(ダニエルソン) 大学に通っていたんだけど、ちょうどその頃ROHのレスリングスクールのコーチ要請があったんだ。で、その要請を受けたから、大学をオンラインコースに変更したんだ。でもオンラインだと授業内容が結構限られているんだよね。まあそれには2年制と4年制のコースがあるんだけど、僕はその2年のコースをほとんど終了して、あと残すのみは体育の授業なんだ。でもこの仕事をしてるから、今更体育の授業を取ってもね(笑)

――では、その化学の勉強はプロレスに役立っていますか?

(ダニエルソン) 全然!(笑)でも、化学って凄く面白いんだよ。どうしてそうなるのかって理解するのはすごく面白いよ。それにプロレスをやっていると、どうしてもプロレス以外のことには目を向けなくなりがちじゃない?そうなると、物事に対する視点がすごく狭くなって良くないと思うんだ。だからプロレス以外のことに興味を持つことは、とても良いことだと思うよ。

――それと同じような理由で、読書も好きなのですか?

(ダニエルソン) うん、そうだね。

――好きな作家は誰ですか?

(ダニエルソン) ジョン・アービングって知ってる?

――私の大好きな作家ですよ!

(ダニエルソン) 僕はジョン・アービングが凄く好きなんだ。あとは村上春樹も好き。それ以外では、レイモンド・カーヴァーのショートストーリーとかも。

――えーと、ひとつ変な質問をさせてもらっても良いでしょうか?試合を観ていると、あなたの筋肉はすごく柔軟性があり、かつ試合中にあまり汗をかかないことに気付きました。実はあのアントニオ猪木も筋肉が柔らかくて汗をかきにくい体質なのですが、この共通点についてどう思いますか?

(ダニエルソン) 多分、僕はイノキと同じようなトレーニングをしているんだと思うよ。マシーンでガンガン筋肉つけて、ジョン・シーナみたいな体を作っているわけではないし。もっと柔軟性をつけるトレーニングをしているんだ。もっとスムーズに、もっとフレキシブルにという目的を持ってトレーニングしているんだよ。

つづく

Part 2 はこちら

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Bryan Danielson

 

2008_05110001.jpg

【名前】ブライアン・ダニエルソン 【生年月日】1981年5月22日 【出身地】ワシントン州アバディーン 【身長】173㎝ 【体重】83㎏ 【得意技】キャトルミューティレーション、雪崩式バックドロップ、ダイビングヘッドバット、ドラゴンスープレックス、ロメロ・スペシャル 【経歴、タイトル歴、エピソード等】 アマチュア時代にバックヤード・チャンピオンシップ・レスリング(BCW)のヘビー級王者だったことがある。プロになるため、ショーン・マイケルズ主宰(当初、ディーン・マレンコのレスリングスクールへの入門を希望していたがスクール閉鎖により断念)のサンアントニオ・レスリング・アカデミーに入門。1999年にテキサス・レスリング・アカデミー(TWA)でプロデビュー。同年12月、FMWにマスクマンのアメリカン・ドラゴンとして同じアカデミーの練習生だったランス・ケイドと共に初来日。2000年スパンキーとのタッグでTWAタッグチームタイトルを獲得。テネシー州のメンフィス・チャンピオンシップ・レスリングでもスパンキーと組んでタッグチャンピオンに就く。その後、新日本プロレスのロス道場へ入門。2002年には新日本プロレスへ初参戦。2004年カレーマンとタッグを組み、IWGPジュニアタッグ王座を獲得。又、WWEとデベロップメンタル契約をむすび、ベロシティやヒートなどのテーピングマッチでジョバーも務めていた。

ROHには2000年2月22日の旗揚げから参戦。ロウ・キーとクリストファー・ダニエルズとのスリーウェイマッチはROH名勝負としていまでも語りぐさになっている。旗揚げ戦から数々の名勝負を量産してきたにもかかわらず、ベルト奪取には縁がなかったブライアン・ダニエルソンだったが、2005年9月17日のニューヨーク大会でジェームス・ギブソンを破り念願の第7代ROHヘビー級王者に就く。翌年の12月ホミサイドにタイトルを奪われるまで38回のタイトル防衛を果たし、サモア・ジョーの持つ防衛記録(29回)を抜く。2006年からバイソン・スミスやエディ・エドワーズと組みNOAHに参戦。2006年1月から11月までフル・インパクト・プロ(FIP)の世界ヘビー級王者に就く。翌年の3月にROHへ復帰。

ROH復帰後も、森嶋猛、KENTA、ナイジェル・マッギネス、オースティン・エリーズなどと名勝負を繰り広げ、3月のプロレスリング・ゲリラ(PWG)ではCIMAと30分ドローの好勝負を展開。2008年にはWWEのダークマッチに出場。同門のランス・ケイドに勝利している。大の犬好き。入場曲はヨーロッパの『ザ・ファイナル・カウントダウン』

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ROH日本公演詳細・その5 / ROH Japan tour 2008#5

 

ROH日本公演・チケット情報

*チケットはどこで買えるのですか?という問い合わせがありましたので、下記をご参照下さい。

ローソンチケット
9/13(土) 【Lコード:36887】、9/14(日)【Lコード:36888】

チケットぴあ
9/13(土)、9/14(日)共に同じPコード 【Pコード=594-150】

e+(イープラス)
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002014003P0050001P006001P0030200

各日共にS席¥7,000、A席¥6,000、B席¥5,000

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ROH日本公演詳細・その4 / ROH Japan tour 2008#4

 

ROH日本へ再上陸
http://www.rohwrestling.com/news/article.aspx?id=2202

9月13日、14日にROHが再び日本へ上陸します。各日共にディファ有明にて開催。初日はドラゴンゲート所属選手、そして2日目はプロレスリング・ノア、健介オフィス、そしてDDT所属選手がゲストとして登場いたします。初日のカードは先週発表しましたが、2日のカードは下記の通りとなります。

 

ROH日本公演 於:ディファ有明
9月14日 16時試合開始

■ROH世界王座戦(王者が当日まで防衛していた場合)
ナイジェル・マクギネス(王者)対 ジミー・ジェイコブス(挑戦者)

■GHCジュニアヘビー級王座戦
金丸 義信 対 ブライアン・ダニエルソン

■ドリームタッグチームマッチ
丸藤 正道 & 中島 勝彦 対 KENTA & 飯伏 幸太

■健介オフィス 対 ROH
佐々木 健介 対 ロドリック・ストロング

■ROH遺恨マッチ
オースティン・エリーズ 対 タイラー・ブラック

■スペシャルタッグチームマッチ
ジェイ & マーク・ブリスコ 対 森嶋 猛 & デイヴィー・リチャーズ

■NOAH 対 ROH
石森 太二 対 エル・ジェネリコ

■ボーナスマッチ
エディ・エドワーズ 対 宮本 和志

今後もROHwrestling.comにて順次ニュースをアップしていきますので、お楽しみに!

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

ROH日本公演:ラリー・スウィーニー プロモ/ROH Japan tour Larry Sweeney Promo

 

アメリカンプロレスには欠かせない存在の“マネージャー”。かつてROHではジ・エンバシーを率いていたプリンス・ナナや、ジム・コルネットといった超絶マイクパフォーマンスを得意としたマネージャー達がいた。しかしいま、そのレジェンダリーなマネージャー達をも凌ぐマイクパフォーマンスと胡散臭いことこの上ないオーラを漂わせまくる悪徳マネージャーがいる。その名はラリー・スウィーニー。彼は2007年度のレスリング・オブザーバー・ニュースレター・アワードでノンレスラー部門のベスト・ノンレスラー賞に選ばれ、現在はROHで勢力を拡大し続けているスウィート&サワー・インクを率いている。

そのラリー・スウィーニーが9月に開催されるROH日本公演で初来日を果たすということで、胡散臭いものが大好きな我々マンハッタンドロップとしては決して外せない最重要人物ということでさっそく取材を敢行してみました。しかも彼の魅力は活字ではどうしても限界があるのではと、なんと今回は動画でのコメントをいただくことに。弾けてます。汗かきまくりです。時にはレスラーをも食ってしまう存在感は必見。どうぞご覧ください。

ROH日本公演:ラリー・スウィーニー プロモ/ROH Japan tour Larry Sweeney Promo

【文・ジュードーチョップ aka Yama-chan】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 4 of 12« First...2345610...Last »

ホーム > タグ > Ring of Honor

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る