ホーム

MANHATTAN DROP

ジョン・モクスリー vs. オースティン・エリーズ


4月19日 EVOLVE 7  @BBキング・ブルース・クラブ・アンド・グリル ニューヨーク州マンハッタン

IMG_5192IMG_5195IMG_5199

ゴング前からヒートアップする両者。序盤はエリーズが持ち前のスピードでモクスリーを徐々に追い込んでいく。エリーズはセントーン、パワードライブ・エルボーと続けて決めるが、モクスリーはツーでキックアウト。エリーズはジェネレーションネクストの頃のキレが戻ってきている。

IMG_5201IMG_5205IMG_5207

場外戦でもエリーズの優勢が続く。リングに戻るとエリーズはモクスリーの足と首を固めて関節技。モクスリーはエリーズをブレーンバスターで場外へ。

IMG_5208IMG_5210IMG_5212

リングに戻ると、モクスリーがエリーズをブレーンバスターに決める。エリーズはツーでキックアウト。するとお返しに今度はエリーズがモクスリーに垂直落下式のブレーンバスター。しかしモクスリーが同じくツーでキックアウト。

IMG_5213IMG_5216IMG_5217

モクスリーはコーナトップから雪崩式ブレーンバスター。エリーズがツーでキックアウト。続けてモクスリーがエリーズにパイルドライバーを連発。しかしエリーがツーでキックアウト。信じられないといった表情のモクスリー。エリーズが驚異的なネバリを見せる。

IMG_5220IMG_5221IMG_5222

するとモクスリーは場外からモンキーレンチを持ち込んでエリーズに襲いかかろうとする。がしかし思い止まるモクスリー。いつもはヒールとして凶器を使いまくるモクスリーだが、このEVOLVEのリングだけは一切凶器を使おうとしないモクスリー。エリーズを掴もうとするとエリーズがスモールパッケージホールドを決めるがモクスリーがキックアウト。エリーズの垂直落下式ブレーンバスターが決まる。モクスリーがツーでキックアウト。

IMG_5227IMG_5229IMG_5232

エリーズはがホーンズ・オブ・エリーズ(変形鎌固め)を決めるとモクスリーの腕がだらーんとなる。レフェリーがモクスリーの腕を、1回、2回とチェックすると3回目で腕がアップ!エリーズはモクスリーにローリングエルボーを2連発、バックドロップ、コーナーに釘付けにしてからのIED(ランニング・ドロップキック)と勝負に出る。更にエリーズは垂直落下式のブレーンバスター、450°スプラッシュと決めるが、なんとモクスリーがツーでキックアウト!

IMG_5234IMG_5236IMG_5237

一瞬のすきにモクスリーがスモールパッケージホールド。エリーズは慌ててツーでキックアウト。オースティンはコーナーにいるモクスリーの顔面にランニング・ドロップキックを連発。フラフラになったモクスリーをブレーンバスター。するとモクスリーはくるっと体勢を入れ替え、オースティンにローブロー!モクスリーがサンセット・フリップを狙おうとするがオースティンがこらえる。するとオースティンがそのまま腰をおろしカウントスリー。オースティン・エリーズの勝利。

IMG_5244IMG_5247IMG_5249

これがインディー最後の試合となってしまったモクスリー。今後はWWEでの活躍を期待されている。するとバックステージから、ARフォックス、リッチ・スワン、ザック・セイバーJr.、そしてビールを片手にサミ・キャラハンがリングイン。サミがマイクを取り、「お前はWWEで必ず成功する!」とエールを送る。最後にビールで乾杯すると、観客から「サンキュー!モクスリー!」チャントと、大きな拍手が送られる。

また一人、おもしろーい選手がインディー界からWWEへと巣立っていった。試合前に会ってあいさつすると必ず、「よー」と控えめな声で返してくれた。いま思うと、あれは大人しく控えめというかあまりプライベートを出さないようにしている節があった。しかし一度リングに上がると、人が変わったかのようなラフファイトっぷり。そして、プロモでの喋りと、リング上でのマイクがすこぶる上手い。なんとも掴みどころがないが大一番では頼りがいのある素晴らしい選手だった。正直これからが本格化しそうだったモクスリーの存在感。インディーから卒業なんて本当に残念だけど、メジャーに行っても大暴れして欲しいと思った。Good luck Mox!


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

怪獣ビッグバトル“When Danger Comes To Town”


Watch live video from ds106tv on Justin.tv

4月9日にBB Kingsで行われた怪獣ビッグバトル “When Danger Comes To Town” の模様がほぼフルで観ることが出来ます。右手が巨大で左手が小さいという謎の怪獣も登場。

画像はコチラ Kaiju Big Battel invaded B.B. Kings in NYC (pics & video) by Brooklyn Vegan


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

チカラプロから3選手が大阪プロレスに参戦決定


OsakaProLogo

チカラプロ所属のイカルス(F.I.S.T.)、オフィーディアン(The Osirian Portal)、トゥルサス(The BDK)の三名が、大阪プロレスに参戦することが発表された。日程は、5月15日~22日まで。

三名はルードスとテクニコスの混合編成で、背中のタトゥーが微妙で必見のイカルス(ルードス)、古代エジプトからやってきたオフィーディアン(テクニコス)、チカラプロ所属では一番の巨体のトゥルサス(ルードス)と、個性的なメンバーが揃った。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

F.I.S.T. vs. ザ・コロニー キング・オブ・トリオス2011決勝戦


4月17日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 (決勝戦)
@アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

F.I.S.T. (イカルス&チャック・テイラー&ジョニー・ガルガーノ) vs. ザ・コロニー(ファイヤー・アント&グリーン・アント&ソルジャー・アント)

IMG_5016IMG_5024IMG_5025IMG_5027IMG_5030IMG_5032IMG_5034IMG_5038IMG_5040IMG_5042IMG_5043IMG_5044IMG_5045IMG_5047IMG_5048IMG_5052IMG_5054IMG_5056IMG_5057IMG_5060IMG_5062IMG_5064IMG_5066IMG_5067IMG_5068IMG_5069IMG_5072IMG_5073IMG_5074IMG_5076IMG_5078IMG_5080IMG_5082IMG_5083IMG_5086IMG_5087IMG_5089IMG_5091IMG_5095IMG_5099

二回戦で宿敵BDKを破り、準決勝ではオシリアン・ポータルから勝ちをもぎ取ったザ・コロニー。一方、二回戦でチーム・大阪プロレス、準決勝ではあのチーム・みちのくプロレスをズルすぎる勝利で決勝まで進んだF.I.S.T.。遂にこの両チームが決勝で対決するときが来た。

立ち上がりからグリーン・アントが捕まってしまう。F.I.S.T.は、去年ヤングライオンズカップの矢野啓太戦で骨折したグリーン・アントの左腕を集中攻撃。ファイヤー・アントは場外のチャック・テイラーにトペ・コンヒーロ。そしてマスクの上に迷彩ペイントをするほど気合の入ったソルジャー・アントは、場外のイカルスにトペ・スイシーダ。ザ・コロニーが反撃の狼煙を上げる。

ソルジャー・アントはリング中央のジョニー・ガルガーノにコーナーからのダイビングヘッドバット。ザ・コロニーがガルガーノにトリプルのドロップキック。ファイヤー・アントとグリーン・アントが、ソルジャー・アントを担ぎ上げ、そのままガルガーノにボディプレスで落とす合体技。アリ軍団の息がピッタリと合ってきた。

するとF.I.S.T.も合体技をきめる。イカルスに「プリーズ!リタイヤー!(お願いだからプロレス辞めていくれ!)」という非情なチャント発生。ソルジャー・アントはイカルスをコーナーポスト上で担ぎ上げようとするが失敗。テイラーはコーナーのソルジャー・アントを持ち上げ、場外にセットされたテーブルに投げようとする。しかしソルジャー・アントがそれをカット。

ソルジャー・アントはテイラーにチカラスペシャルをきめる。タップしそうになるテイラー。そこにイカルスが入ってくるとソルジャー・アントを担ぎ上げそのままコーナーに叩きつける。イカルスはグリーン・アントにペディグリー。いやな角度から落ちるグリーン・アント。続けてF.I.S.T.の合体技が綺麗に決まる。

F.I.S.T.は、準決勝のみちのくプロレス戦のように、白い粉を投げてズルしていたたき攻撃を狙うが誤爆。同士討ちを誘ってしまう。グリーン・アントとソルジャー・アントがイカルスの腕と脚をおさえると、そこへファイヤー・アントがボディプレス。するとファイヤー・アントとソルジャー・アントがコーナのセカンドロープに立ち、両方の肩をおさえてヤグラを組みはじめる。場内がざわめく中、巨大な蟻の山のようなやぐらの上から、グリーン・アントがスーパーフライングボディプレス!そのままカウントスリーが入りザ・コロニーの勝ち!

その瞬間、観客は総立ちになり大きな声でスリーカウントを叫んでいた。そして「CHIKARA! CHIKARA!」の大チャント。2011年のキング・オブ・トリオスは、ザ・コロニーの優勝で幕を閉じた。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

キング・オブ・トリオス2011ファンの集い


キング・オブ・トリオス恒例の『Fan Conclave』が、二日目の試合前に行われた。ま、簡単にいえばファンの集い。

IMG_4482IMG_4484IMG_4490

選手と一緒にポートレートが撮れるブース。マット・クラシックが終始無言でファンとの写真撮影に応じていた。

IMG_4486IMG_4487

スタン・ブッシュのライブ風景。キング・オブ・トリオスのテーマ曲を熱唱していた。これを観ていたザ・グレート・サスケが、同じバンドマンとしての血が騒いだらしく、拳を突き上げ「オーイェー!」とハイテンションだったのが印象的。むしろそっちの方がスゲェ~。ライブ後にスタン・ブッシュTシャツをゲットしたサスケは、マスク越しからでもはっきりと分かるニンマリ顔。キング・オブ・ロックンローラー。

IMG_4493IMG_4509

豊田真奈美の販売ブースの隣で、東北の英雄ザ・グレート・サスケもアメリカのメイニア達と写真撮影。テーブルには宇宙大戦争(THE ROCK WARS)のDVDも並べられていた。しかも売れていた。宇宙大戦争に国境の壁はない。大阪プロレスの販売ブースにも、沢山のファンが集まっていた。

IMG_4507

オリジナルみちのくプロレスのスリーショット。

IMG_4496IMG_4498IMG_4502

突然始まったダンスコンテスト。1-2-3キッドことショーン・ウォルトマンとオシリアン・ポータルが審査員。

IMG_4505IMG_4512IMG_4514

で、何故かイカルスが上半身裸でダンシング。負けじとシュガー・ダンカートンもブレイクダンス。飛び入りでブレイクダンスを披露する参加者もいたり異常なテンション。しかしヒップホップは門外漢なのかザ・グレート・サスケのノリはいまいちだった。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 9 of 79« First...78910112030...Last »

ホーム

検索
Calendar
« 2020 年 2月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る