ホーム

MANHATTAN DROP

葛西純 vs. サミ・キャラハン


4月10日 wXw @エースアリーナ ニュージャージー州ユニオンシティ

フリーダムズでは惜しくも叶わなかった葛西純対サミ・キャラハンのカードが、ドイツの団体wXwのアメリカツアーで実現した。二ヶ月も前のことなのだが、レビューを書いてみる。

IMG_3893IMG_3895IMG_3897

ゴングが鳴ると観客から「クレイジー!モンキー!」チャント。あっはっはーと半笑いで殴り合う両者。葛西は「ユア、クレイジー!」と叫んで引っかき攻撃。どっちがクレイジーかを競い合っている様子。

IMG_3900IMG_3901IMG_3902

ゴツンゴツンと鈍い音をさせながら両者頭突き合戦。ローキックから逆水平チョップの応酬がつづく。

IMG_3903IMG_3905IMG_3907

葛西はサミを場外へ放り投げる。サミを固いガードレールに叩きつけると、観客のペプシを口に含んでサミの顔面へ噴射。サミはたまらずリングに戻る。

IMG_3908IMG_3913IMG_3917

葛西は観客から靴を借りて、サミの顔面にぐりぐりと押し付けオドイーター攻撃。サミをコーナーに投げてから、サミの顔面に靴の底でポコポコヘッド攻撃。サミは靴を奪って葛西の顔面に押し付けて逆オドイーター攻撃。葛西は「オエー!」とえずきながら靴を観客席にぶん投げる。そして自分で借りときながら何故か観客に中指を立てる葛西。

IMG_3918IMG_3919IMG_3923

葛西はサミをブレーンバスター。カウントツーでキックアウト。また観客から「クレイジー!モンキー!」チャントが起きると、葛西はサミの袖なしGジャンを盗んで着はじめる。しかしサイズが合わずに「スモール!」と叫んで投げ捨てる。完璧なカタカナ発音に日韓レフェリーも苦笑い。葛西はサミにチョーク攻撃。サミは目潰し攻撃で葛西をはね返す。

IMG_3926IMG_3931IMG_3932

葛西はサミをコーナーに投げてエルボーを狙うが、見事にかわされてしまいハイキックを食らう。続けて葛西に顔面ウォッシュ。フォールに入るが葛西がツーでキックアウト。ねばる葛西を強引にバックドロップ。すると葛西は、「マサ・サイトー!」と叫んでヘソで投げるバックドロップ炸裂。さらに「ダイナマイト・キッド!」と叫んでから高速のブレーンバスター。そして「ハーリー・レイス!」と叫んでコーナートップからダイビング・ヘッドバット。レスラーの名前を叫んでから技を出しますよシリーズ完成!しかし調子にのってしまったのか「ウィーー!」と叫んでテキサスロングホーンばりのラリアットを狙うがかわされて失敗。

IMG_3933IMG_3937IMG_3939

葛西は急所攻撃からコーナーにフェイスバスターそしてラリアット。サミがカウントツーでキックアウト。葛西はリバース・タイガードライバーをきめるが、またツーでキックアウト。バズソーキックから二度目のリバース・タイガードライバーをきめるも、またまたツーでキックアウト。すると葛西はボディスラムで寝かしといて、サミの顔面に手鼻をかんでからコーナートップヘ。「シュワッチ!シェーー!」と叫んでパールハーバー・スプラシュを狙うが自爆。サミが強烈なランニングエルボーからフォールに入るがツーでキックアウト。と、そこでサミは何を思ったのか、葛西のゴーグルを手に取りコーナーポストに登ると、オキテ破りの逆パールハーバー・スプラシュ!しかしサミも自爆!自爆合戦!

IMG_3942IMG_3944IMG_3946

すると葛西は三度目のリバース・タイガードライバーを狙いにいくが、それをサミが上手くかわしてストレッチマフラー。そのままグランドに持ち込む。葛西はロープにエスケープしようとするが耐えきれずタップアウト。サミ・キャラハンの勝利。

IMG_3947IMG_3948IMG_3951

勝ったことが信じられないサミ。ふらふらと葛西に近寄りゴーグルを返そうとすると、葛西が突然クレイジー同士の熱いキッス!ツバを吐いて嫌がっていたサミだが、まんざらでもない様子だった。

日米クレイジー対決は、サミ・キャラハンに軍配が上がった。ハードコアマッチでもデスマッチでもなかったが、両者の持ち味が十分に発揮できて、しかもクレイジーで笑えた試合だった。普段ゴツゴツとしてハードヒットな試合スタイルのサミ・キャラハンが、葛西のコミックな動きに対応していたのも興味深かった。サミもコミックいけるのかと思ったが、やはり次はもっとハイテンションで最狂な試合が観たみたい。そんなサミ・キャラハンの来日を願って止まないのだ。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

怪獣ビッグバトル “Leveling Las Vegas!”


6月3日 Kaiju Big Battel “Leveling Las Vegas!” @プラザホテル&カジノ ネバダ州ラスベガス

ニューヨークから飛行機で約6時間かけてネバダ州ラスベガスへ。遂に怪獣ビッグバトルもラスベガスに進出かっ!と思いきや、単独興行ではなくバーレスクショーのオープニングアクトとして開催されたものだった。会場はラスベガス中心街から車で20分ほどのところにあるダウンタウンのホテル。改装中ということもあって場末感がぷんぷん。通常ならばお客さんがリングを囲むように観戦するのだが、今回は舞台の上にリングが設置されていて、一方向からでしか試合を観ることが出来ない。

さらに、試合前に予定されていた怪獣ビッグバトル紹介スライドショーが、会場にスクリーンが無いというトラブルで急遽中止になってしまった。このスライドショーの為に徹夜で眼を赤くしていた主催者のランド・ボーデン氏は、開場前から茫然自失。しかし、司会者であり怪獣ビッグバトルの中心的人物でもあるラウデン・ノックシャス(チカラプロではギャヴィン・ラウドスピーカー)がそれをうまくリカバリーしていた。その他にも細々とトラブルがあったりしてアウェー感たっぷりな中、ショー・マスト・ゴー・オンてことで試合開始となった。

リング上にはラスベガスの街並みが設置されていた。遠望デッキに絶叫マシーンがあることで有名なストラトスフィアタワーや、UFCを開催しているMGMグランドホテル、それにピラミッド型のルクソールホテルまである。笑えるくらいによく出来ていた。しかし怪獣グルーディンが入場すると、一瞬でストラトスフィアタワーをぶち壊してしまった。呆気無さすぎ。

ダスト・バニー対グルーディンの試合途中に、極悪科学者ドクター・キューブが手下の怪獣を従えてリングイン。ダスト・バニーをボコボコにしてしまう。ラスベガスでもブーイングを食らうドクター・キューブ。惚れ惚れするほどのヒールっぷりだった。ラスベガスといえば(婚姻手続きが簡単というなんともアメリカンな理由)でウエディングが有名ということで、一つ目のヘルモンキーがタキシード姿で登場すると、お客さんとこの場で結婚式をあげようとする。が、そんな馬鹿げたことは許さんとサンバスターが阻止。

ラスベガス限定?の賭博怪獣ギャンブリング・バグとヤースミンコ、そしてサイクロプトパスが登場。そしてこれまた新キャラの宇宙の流れ者フェイデンもリングイン。で、エルビス・プレスリーやランディ・サベージ風のレフェリーまで登場。フェイデンがギャンブリング・バグを押さえこんで勝ったものの、リング上はしっちゃかめっちゃか状態。あえて収集をつけずに、試合をノンストップで続けていくハプニングパフォーマンスみたいな斬新なスタイル。ある程度観続けているとこれがまた癖になる。

そして久々にスーパー・ロングが復帰してスチーム・パワード・テンタクル・ボウルダーと対戦。スーパー・ロングの入場曲が、はっぱ隊の「YATTA!」ってことをどれだけのお客さんが知っているのか。ツッコミどころ満載の対戦はテンタクル・ボールダーの勝利。続けて男前のウチュウチュウ(宇宙虫)とウニボウズが対戦。宇宙虫が圧勝するとマスカラスばりのピースサインで勝ち名乗りをあげた。

メインイベントは、怪獣チャンピオンシップベルト(飯伏が狙っているとかいないとか)をかけて、王者ナンバー13が挑戦者アメリカンピートルと対戦。観客席での乱闘でフラフラになったアメリカンビートルに、またしてもドクター・キューブが介入。しかしそこにカンフー・チキンヌードルが登場!ドクター・キューブ軍を一掃すると、アメリカンビートルがナンバー13から見事に勝利!タイトル移動でショーは終了した。

本来のスタイルとは微妙に違ったショーだったが、怪獣ビッグバトルの魅力は十分に伝わってきた。初めてショーを観たというお客さんから、「ブッ飛んでて楽しかったよ!いつもこんなことやってるの?」という声を聞いた。そうなんです、いつもこんなにブッ飛んでるのが怪獣ビッグバトルなんです。ともあれ、西海岸エリアのファン達にも楽しんでもらえたようで何よりだった。次回はいつどこでブッ飛んだことしてくれるのだろうか。

IMG_5930IMG_5951IMG_5955IMG_5959IMG_5960IMG_5970IMG_5972IMG_5976IMG_5979IMG_5982IMG_5987IMG_5992IMG_5995IMG_6001IMG_6006IMG_6015IMG_6019IMG_6024IMG_6038IMG_6040IMG_6043IMG_6044IMG_6052IMG_6054IMG_6065IMG_6066IMG_6069IMG_6071IMG_6073IMG_6086IMG_6089IMG_6093IMG_6096IMG_6100IMG_6104IMG_6107IMG_6108IMG_6120IMG_6129IMG_6134IMG_6143IMG_6146IMG_6151IMG_6154IMG_6160IMG_6164IMG_6167IMG_6171IMG_6174IMG_6176IMG_6182IMG_6187IMG_6197


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Kaiju Big Battel, Las Vegas


kaiju_lasvegas

Dixie’s Burlesque Show
Kaiju Big Battel, Burlesque Competition

Plaza Hotel & Casino
Las Vegas, NV

Fri, June 3, 2011
Doors: 8:00 pm / Show: 9:00 pm

Tickets On Sale Here.


The schedule of events for Leveling Las Vegas!:

- Super fun Kaiju slide-show

- Introductory Video Feature “What Is Kaiju?”

- Battel 1: “Dusto Bunny vs Grudyin”

- Battel 2: “Sun Buster vs Hell Monkey”

- Battel 3: “Yarsminko vs Cycloptopuss”

- Battel 4: “Pheyden vs Kyolulo”

- Battel 5: “Mystery Hero Re-Debut Battel: ??? vs ???”

- Battel 6: “Uchu Chu vs Unibouzu”

- Battel 7: Kaiju Championship Belt Contest: “American Beetle vs Number 13″


Who wants to play cards with kaiju?


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

Chikara “Aniversario & His Amazing Friends”


5月21日 Chikara “Aniversario & His Amazing Friends” @パルマーセンター ペンシルバニア州イーストン

IMG_5735IMG_5742IMG_5747IMG_5749IMG_5750

○ブロディ・リー vs. ヒーラコン×

IMG_5756IMG_5757IMG_5764IMG_5772IMG_5773IMG_5778

○アーチボルド・ペック vs. フライトメア×

IMG_5788IMG_5792IMG_5794

○オバリヨン&コダマ vs. ダッシャー・ハットフィールド&シュガー・ダンカートン×

IMG_5800IMG_5802IMG_5807IMG_5809IMG_5811IMG_5812IMG_5813

○ウルトラマンティス・ブラック vs. チャック・テイラー×

IMG_5822IMG_5823IMG_5827IMG_5831

○エディ・キングストン vs. シン・ボディ×

IMG_5834IMG_5836IMG_5838IMG_5842IMG_5854IMG_5856IMG_5857IMG_5861IMG_5862IMG_5866IMG_5869IMG_5871

○アレス&ピンキー・サンチェス&デイジー・ヘイズ&ジェイコブ vs. ファイアー・アント&ソルジャー・アント&グリーン・アント×

IMG_5878IMG_5879IMG_5881IMG_5885IMG_5888

○ハロウウキィッド vs. マイク・クワッケンブッシュ×

IMG_5895IMG_5897IMG_5901IMG_5902IMG_5904IMG_5908IMG_5912IMG_5918IMG_5919

○ジェイン・マシューズ&スコット・パーカー(3.0) vs. スティグマ&ヴィン・ジェラルド×(アンステイブル)


ヒーラコンのマスクがグッズとして売られているアマシスのレプリカマスク(もしやヒーラコンのマスク忘れた?)だったり、ブロディ・リーとエディ・キングストンとの因縁が深まったり、アーチボルド・ペックの怪しい鼓笛隊キャラが気になったり、ウルトラマンティス・ブラックとチャック・テイラーのプチ路上プロレス(会場近くの公園ですべり台バトル)で子供たちが大喜びだったりと、見どころ満載の大会だった。なかでも、ザ・コロニー対BDKの試合は、ピンキー・サンチェスのやられっぷりと、アリ軍団ザ・コロニーの息のあったハイフライング殺法が印象的で、内容的にも素晴らしかった。そして、負けたらタッグ解散マッチとなったメインの3.0とアンステイブルの試合は、なんとスティグマが相棒のヴィン・ジェラルドを見捨てるという意外な行動(ベビーターン?)に出て、まさかのアンステイブル解散となった。これからどうなるヴィン・ジェラルド。タッグの再編成がこれからも続くのだろうか。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

EVOLVE 8 Style Battle


5月20日 EVOLVE 8: Style Battle @エースアリーナ ニュージャージー州ユニオンシティ

IMG_5594IMG_5601IMG_5602

スタイルバトル・トーナメント 一回戦
○ARフォックス(ハイ・フライング) vs. リッチ・スワン(リッチ・スワン・スタイル)×

IMG_5604IMG_5609IMG_5611

スタイルバトル・トーナメント 一回戦
○ジョン・デイビス(パワー) vs. トニー・ニース(スタンディング・コンバット)×

IMG_5620IMG_5625IMG_5639IMG_5646

スタイルバトル・トーナメント 一回戦
○サミ・キャラハン(ハードヒッティング) vs. ブロディ・リー(スーパーヘビー)×

IMG_5653IMG_5659IMG_5665IMG_5668IMG_5671

スタイルバトル・トーナメント 一回戦
○ボビー・フィッシュ(プロレス・ジュニア・ウエイト) vs. オースティン・エリーズ(ハイブリッド)×

IMG_5680IMG_5681IMG_5686

スタイルバトル・トーナメント 準決勝
○ARフォックス vs. ジョン・デイビス×

IMG_5689IMG_5691IMG_5692

スタイルバトル・トーナメント 準決勝
○サミ・キャラハン vs. ボビー・フィッシュ×

IMG_5699IMG_5704IMG_5707IMG_5714IMG_5716IMG_5717IMG_5719IMG_5720IMG_5721IMG_5731

スタイルバトル・トーナメント 決勝戦
○ARフォックス vs. サミ・キャラハン×

優勝 ARフォックス(ハイ・フライング)


レスラー独自のファイトスタイルをカテゴライズしてトーナメント戦を行うという、EVOLVE:スタイルバトル・トーナメント。初代優勝者は、ハイ・フライングを代表する若手のホープとして今後が期待されている、ARフォックスだった。一回戦ではオースティン・エリーズが、ボビー・フィッシュを相手にマッチョマンばりのダイビング・エルボー・ドロップを披露。観客からは「マッチョマン!」チャントが発生した。そして、決勝まで駒を進めたサミ・キャラハンの勢いも、まだまだ止まらない。ともあれリッチ・スワンがリッチ・スワン・スタイルだったり、トニー・ニースがスタンディング・コンバット?だったりと、どのレスラーがどんなカテゴライズされるのかという面白さも加わって、なかなか興味深い試みだったと思う。次回は是非とも、裸足代表かビールっ腹代表でネクロさんのエントリーを希望したい。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 7 of 79« First...567891020...Last »

ホーム

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る