ホーム

MANHATTAN DROP

豊田真奈美 vs. マディソン・イーグルス


4月17日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 @アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

IMG_4949IMG_4950IMG_4952IMG_4954IMG_4955IMG_4956IMG_4957IMG_4958IMG_4959IMG_4961IMG_4962IMG_4963IMG_4964IMG_4966IMG_4968IMG_4969IMG_4971IMG_4973IMG_4975IMG_4979IMG_4984IMG_4985IMG_4986IMG_4987IMG_4988IMG_4990IMG_4991IMG_4992IMG_4994IMG_4997IMG_4998IMG_4999IMG_5000IMG_5001IMG_5002IMG_5003IMG_5004IMG_5005IMG_5007

前日の二回戦で惜しくも敗退してしまった豊田真奈美。三日目はシングルでマディソン・イーグルスと初対決。豊田は白のガウンで入場。ゴング後、いきなり豊田がイーグルスをロープに釘付けにして背中にドロップキック。豊田はリーバース・インディアン・デスロックからの鎌固めでイーグルスを締め上げる。イーグルスも同じ鎌固めで対抗。激しい立ち上がりとなった。

豊田はイーグルスの腕を取ってコーナートップに駆け上り、勢いをつけてアームホイップ。更にキャメルクラッチでイーグルスの髪の毛を掴んでオラオラといたぶる。豊田はイーグルスにコーナーポストからミサイルキック。イーグルスは高速のブレーンバスターで粘る。両者とも徐々にスタミナが消耗してきた中盤。豊田は十八番のローリングクレイドル!

フラフラになったイーグルスを豊田がジャーマン・スープレックス。そしてコーナーからのムーンサルト・プレス。豊田が怒涛の攻めを見せる。イーグルスは関節技や蹴りなどで反撃するが、スタミナ切れか当たりが弱い。勝負にでた豊田は、ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックスを狙うが、イーグルスがふんばって失敗。イーグルスは蹴りの連打とスープレックスで反撃。

厳しいシバキ合いで両者ノックダウン。起き上がると豊田がもう一度ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックスを放つ。今度は成功するが、なんとイーグルスがカウントツーでキックアウト。会場からは大歓声。トドメとばかりに豊田はイーグルスにクイーンビー・ボム!粘り強いイーグルスもこれは返せずスリーカウント。豊田の勝利。観客から「ト!ヨ!タ! ト!ヨ!タ!」の大チャント。負けはしたものの、豊田の技をすべて受けきったイーグルスの健闘が光る一戦となった。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

F.I.S.T. vs. チーム・大阪プロレス


4月16日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 (二回戦)
@アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

F.I.S.T. (イカルス&チャック・テイラー&ジョニー・ガルガーノ) vs. チーム・大阪プロレス(小峠篤司&原田大輔&アルティメット・スパイダーJr.)

IMG_4546IMG_4547IMG_4549IMG_4553IMG_4555IMG_4559IMG_4560IMG_4568IMG_4572IMG_4575IMG_4577IMG_4578IMG_4583IMG_4584IMG_4585IMG_4587IMG_4591IMG_4592IMG_4595IMG_4598IMG_4599IMG_4600IMG_4602IMG_4603IMG_4605IMG_4606IMG_4609

キング・オブ・トリオス2011の二日目。二回戦に進出したチーム・大阪プロレスは、すっかり観客からの支持を得ていた。入場時から大きな拍手が送られた。対するF.I.S.T.には大ブーイング。一回戦でザ・スローバックスとコミカルな試合で観客を魅了したチーム・大阪プロレスだが、この二回戦はややシリアス。スピードを活かした小峠と、確実でパワーのある原田の合体技が冴えていた。そして何と言ってもアルティメット・スパイダーJr.(USJ)の動きが素晴らしかった。USJはかなりアメリカ向きの選手だと思う。

最近ではBDKの勢いに押されがちのF.I.S.T.だが、このキング・オブ・トリオスでは三人の個性がうまく表現され機能していた。小憎らしいジョニー・ガルガーノ、ヒールが板についてきたチャック・テイラー。そして最近じわじわと駄目駄目な(良い意味での)味が出てきているイカルス。彼のノラリクラリしたヒールキャラクターは、チカラプロのファンからリアルに嫌われている節がある。

そんな両チームの試合は熱戦となった。小峠と原田のダブル延髄斬りや、USJのスワントーンボムで一気に攻めこむ場面もあったが、F.I.S.T.の連携技はその勢いを上回るものがあった。最後はテイラーがUSJをスクールボーイで丸め込んでスリーカウント。F.I.S.T.の勝利となった。フォールの時にタイツを引っ張ったと反則を主張するチーム・大阪プロレスだったが、レフェリーは認めず。最後の最後でヒールチームの本領が発揮された試合だった。

チーム・大阪プロレスは二回戦敗退。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

チーム・みちのくプロレス vs. クワック&ジグソー&豊田


4月16日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 (二回戦)
@アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

ザ・グレート・サスケ&ディック東郷&新崎人生 vs. マイク・クワッケンブッシュ&ジグソー&豊田真奈美

IMG_4629IMG_4631IMG_4637IMG_4638IMG_4642IMG_4643IMG_4645IMG_4647IMG_4648IMG_4649IMG_4652IMG_4653IMG_4654IMG_4655IMG_4656IMG_4657IMG_4664IMG_4668IMG_4671IMG_4673IMG_4674IMG_4675IMG_4677IMG_4678IMG_4679IMG_4682IMG_4684IMG_4692IMG_4694IMG_4697IMG_4700IMG_4703IMG_4704IMG_4705IMG_4706IMG_4711IMG_4714IMG_4718IMG_4721IMG_4722IMG_4724IMG_4725IMG_4726IMG_4728IMG_4731IMG_4733IMG_4735IMG_4737IMG_4744IMG_4745IMG_4748IMG_4749IMG_4754IMG_4763IMG_4767IMG_4771IMG_4773IMG_4777IMG_4778IMG_4780IMG_4784IMG_4789IMG_4794IMG_4797IMG_4798IMG_4799IMG_4801IMG_4803IMG_4805IMG_4812IMG_4815IMG_4818

この日のメインイベントとなるトーナメント二回戦。チーム・みちのくプロレスは新崎人生のテーマ曲で入場。対する豊田真奈美は赤いガウンでリングイン。リング上で対峙する両チーム、観客たちは早くもスタンディング状態。ゴングが鳴らされサスケとジグソーがロックアップ。サスケはジグソーをキャメルクラッチで締め上げる。両者タッチで、新崎とマイク・クワッケンブッシュ(クワック)が腕の取り合い。

ディック東郷と豊田が入る。睨み合う二人に観客から「ホーリー!プー!」の大チャント。東郷が強烈な逆水平チョップ。豊田も負けじとコーナーからミサイル・ドロップキック。「ト・ヨ・タ!ト・ヨ・タ!」の大チャント。新崎とジグソーが入る。新崎はジグソーの腕を取り、拝み渡りから手刀を落とす。

東郷とマイクが入る。東郷はロープに振ろうとするが、マイクがその場に座り込んで阻止。東郷、クワック、ジグソーが連携技を決めると、まさかの欽ちゃんジャンプ!そしてサスケを残して他全員が場外へ。サスケは場外へ逆トペ。続けざまに豊田がコーナーポストから場外へダイヴ。観客からは「CHIKARA!CHIKARA!」チャント。

ジグソーがチーム・みちのくプロレスに捕まってしまう。新崎がジグソーにボディープレスを決めると、今度はサスケがストンピングの雨あられ、東郷がシルバーブレットとやりたい放題。ジグソーは東郷を場外に落とすとトペ・スイシーダ。東郷のカラダがぐちゃりと仰け反る。クワックと豊田はサスケをコーナーに振り、「ショー!テー!」と叫んでダブルの掌底。豊田はサスケにローリングクレイドル!ぐわんぐわんと回りすぎ!カウントツーでサスケがキックアウト。

すると、サスケはまたしても場外から椅子を持みリング上にセットする。椅子の角に豊田を寝かせ、コーナーポストへ登るサスケ。勢いよくセントーン・アトミコを狙うが華麗に自爆。「あいたたたー!」と叫びながら悶絶。「オー!ノー!」という声と共に場内爆笑の渦。豊田はサスケにセントーンを決めるものの、東郷がカット。そこにジグソーが入り東郷と睨み合い。

ジグソーが東郷に急角度のブレーンバスター、トラースキックと攻め立てる。東郷はジグソーをクロスフェイスでがっちりと固めギブアップを狙いにいく。ジグソーは東郷をコーナーに吊るしミサイルキック。新崎とクワックがリングに入る。新崎はクワックに念仏ショルダータックル。念仏パワーボムを決めようとするが、豊田が入って阻止。新崎は豊田に曼陀羅捻り(逆回転式ドラゴンスクリュー)を決め、続けて念仏パワーボムを狙おうとするが、クワックが入って阻止。クワックはサスケにコーナー上段からハリケーンラナを決める。

クワックはサスケにコーナートップからスワントーンボムを狙うが自爆。サスケはクワックをボディスラムで寝かせ、コーナーに登ってセントーン・アトミコを狙うがまたまた自爆!見事なまでの自爆合戦。クワックはブラック・トルネード・スラムを狙うがサスケが持ちこたえて失敗。今度はみちのくドライバーを決めるが、サスケがツーでキックアウト。

クワックはサスケに必殺のチカラ・スペシャルを仕掛ける。すると新崎がカットに入りクワックに地獄突き。しかしクワックは鬼の形相で持ちこたえて見せる。しかし新崎はクワックの首に手をかけそのままチョークスラム。東郷がクワックにペディグリー。のびているクワックにサスケのセグウェイが決まる。新崎は、カットに入ろうとする豊田に極楽固め。東郷は、同じくカットに入ろうとしたジグソーをフェイスロックでがっちりと決めると、サスケがクワックにサンダーファイヤー・パワーボム。そのままスリーカウントが入りチーム・みちのくプロレスの勝利。

観客はスタンディングオベーション。「ミー!チー!ノー!クー!」の大きなチャントが止まらない。敗れたマイク・クワッケンブッシュ、ジグソー、豊田真奈美にも大きな拍手が送られた。

チーム・みちのくプロレスが準決勝進出。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

チーム・大阪プロレス vs. ザ・スローバックス


4月15日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 (一回戦)
@アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

チーム・大阪プロレス(小峠篤司&原田大輔&アルティメット・スパイダーJr.) vs. ザ・スローバックス(ダッシャー・ハットフィールド&シュガー・ダンカートン&マット・クラシック)

IMG_4186IMG_4192IMG_4203IMG_4205IMG_4209IMG_4214IMG_4216IMG_4218IMG_4220IMG_4221IMG_4223IMG_4224IMG_4225IMG_4226IMG_4227IMG_4230IMG_4232IMG_4234IMG_4235IMG_4242IMG_4246IMG_4250IMG_4259IMG_4260IMG_4275IMG_4276IMG_4279IMG_4280IMG_4282IMG_4284IMG_4285IMG_4286IMG_4287IMG_4289IMG_4290IMG_4291IMG_4294IMG_4295IMG_4296IMG_4298IMG_4301IMG_4304IMG_4307IMG_4308IMG_4309IMG_4311

マット・クラシックはリングインすると直ぐにブリッジをしはじめる。同じチームのシュガー・ダンカートンとダッシャー・ハットフィールドにも腕立て伏せをするように怒鳴りつける。ゴングが鳴るとダンカートンと小峠が先発。観客を煽ってばかりいてなかなか試合をしようとしないダンカートンに、「いいから早くレスリングしろよ!」と厳しいツッコミを入れるクラシック。

ダンカートンがロープに振ると、小峠は高速ロープワークを披露。負けず嫌いのダンカートンは、ロープワークでどっちが速いか競争しようと提案する。結果、途中コケそうになりながらも小峠の圧勝。観客からは大歓声。懲りないダンカートンは、次はシュート対決だと提案する。すると手本を見せてやると何故かクラシックがシュート。オールドスクールな投げ方で見事シュートを成功させる。小峠もトライすると一発で成功。いやいやもう一度やってみろと再度シュートさせると、ボールはダンカートンの頭に直撃。観客はドリフばりに大爆笑。

アルティメット・スパイダーJr.(USJ)にタッチ。USJはダンカートンとハットフィールドをスパイダーネットで捕獲。二人を引き寄せ正面衝突させる。観客にはスパイダーネットが完全に見えている。USJはクラシックにもスパイダーネットを放つが効き目なし。お前は一体何をやってるのか?とクラシック。いにしえのプロレスラーにはスパイダーネットは通用しなかった。クラシックはUSJにベアハッグ。カットに入ってきた原田にアイアンクロー。がっちりと決まって抜け出せない。するとクラシックは原田をコーナーに追い込んでアンドレばりのヒッププッシュ連発。

クラシックは小峠と原田を一度にブレーンバスター。ダンカートンとハットフィールドがUSJにツープラトン攻撃。原田と小峠が場外へダイヴする間、クラシックは踏み台昇降。試合中もトレーニングを欠かさない。するとクラシックがコーナーポストに登りはじめる。場外へダイヴしようとするクラシックに観客から「危ないから止めてくれ!」とコール。足をがくがくさせながらトップロープからセカンドロープへと降りてくるクラシック。最後はエプロンから超スローのダイヴを決行。観客から「ホーリー!プー!」の大チャント発生。

リングに戻ってダンカートン、ハットフィールド、小峠、原田の逆水平チョップ合戦。ハットフィールドはUSJにジャックハマー。続けてクラシックがUSJにブレーンバスター。クラシックはコーナーからUSJにダイビングボディープレスを狙うが見事に失敗。フラフラになったクラシックをUSJが丸め込んでスリーカウント。チーム・大阪プロレスの勝利。

チーム・大阪プロレスは二回戦進出。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

チーム・ドラゴンゲート vs. ザ・スペクトル・エンヴォイ


4月15日 CHIKARA キング・オブ・トリオス 2011 (一回戦)
@アサイラムアリーナ ペンシルバニア州フィラデルフィア

チーム・ドラゴンゲート(スペル・シーサー&戸澤陽&KAGETORA) vs. ザ・スペクトル・エンヴォイ(ウルトラマンティス・ブラック&フライトメア&ハロウウィキッド)

IMG_4127IMG_4133IMG_4134IMG_4136IMG_4138IMG_4139IMG_4141IMG_4144IMG_4149IMG_4152IMG_4160IMG_4162IMG_4163IMG_4165IMG_4168IMG_4169IMG_4171IMG_4174IMG_4179IMG_4183

アメリカのファンに大人気の戸澤。入場するとコーナーポストで雄叫び。人気なら負けないウルトラマンティス・ブラックにも大声援が送られる。試合の方は、両チームとも終始スピーディーな攻防を見せた。最後はスペル・シーサーがフライトメアにヨシタニック(前方回転エビ固め)を決めてスリーカウント。チーム・ドラゴンゲートの勝利。負けてしまったウルトラマンティス・ブラック率いるザ・スペクトル・エンヴォイは、宿敵キザーニー&オバリヨン&コダマとの直接対決が消えてしまった。

チーム・ドラゴンゲートが二回戦進出。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr
Page 10 of 78« First...891011122030...Last »

ホーム

検索
Calendar
« 2017 年 5月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る