ホーム > タグ > King of Trios

King of Trios

キング・オブ・トリオス2010 参加選手(Part.3)


4月23日、24日、25日の三日間で開催されるチカラプロ主催のキング・オブ・トリオス2010。Part.1Part.2、に引き続いき、選手紹介Part.3はこの4チーム。


team9

“BRUDERSCHAFT DES KREUZES”からもう1チームがエントリー。リンス・ドラド、ティム・ドンスト、ピンキー・サンチェスの若手ルードストリオ。プエルトリコ出身のリンス・ドラド(黄金の山猫仮面)はメンバー唯一のKOT優勝経験者。ルードスに寝返ってしまったティム・ドンストは、若手の登竜門としても知られるチカラ・ヤングライオンズ・カップで優勝。ピンク・アントことピンキー・サンチェスは、去年10月のトルネオ・シベルネティコ(8人対8人のイリミネーションマッチ)にカーペンター・アントとして出場し、勝利をおさめている。この飛ぶ鳥を落とす勢いで今年のキング・オブ・トリオスも制してしまうのか。ピンキー・サンチェスの弾けっぷりに要注目。


team10

本場メキシコのルチャドールがキング・オブ・トリオスにやってくる。その名も、“TEAM MEXICO”。そのまんま捻り無し。なんと言っても芸術的な飛び技の持ち主で、チカラプロ初見参のバリエンテ(CMLL)が、このチームのカギとなることは間違いない。そして現在チカラプロのトレーナーも努めるホルヘ・“スカイダ”・リベラ先生の、変幻自在なジャベ(メキシカンストレッチ)も見どころの一つ。それに飛び技ではチカラのレスラーにも負けないターボの存在も忘れてはならない。


team11

“FIRST FAMILY”は、ライアン・クルスとダーリン・コービンのタッグチーム“ノース・スター・エクスプレス”に、IWA-MSやEVOLVEにも参戦しているアリック・キャノンが加わった常連トリオ。いずれもミネソタ州出身で今回が3度目のエントリーとなる。モヒカン頭がトレードマークのアリック・キャノンは、コミックな動きも難なくこなす隠れた実力派レスラー。ノース・スター・エクスプレスの二人は典型的なアメリカのバカ外人。しかしながら息のあった連携攻撃の破壊力は、参加トリオの中でトップクラス。ダーリン・コービンの愛すべきキャラクターはジワジワとくるものがある。バカ外人最高。


team12

エル・アレブリヘ、クイヘ、エル・オリエンタルの“TEAM PERROS DEL MAL”。ド派手なコスチュームに小太りのエル・アレブリヘ。相棒のクイヘは身長約109㎝体重32㎏という驚愕のミニレスラー。それにAAAやプロレスリング・ノアにも参戦経験のあるエル・オリエンタルが加わって見事な凸凹マスクマントリオが誕生。体格的にはかなり分が悪いが、驚異的な逃げ足の速さを持つクイヘならなんとかなるはず。逃げて逃げて逃げまくれ!


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

キング・オブ・トリオス2010にカレーマン参戦


curryman

ツイッター(chikarapro)のつぶやき情報によると、TEAM DELICIOSOで参戦予定だったカサンドロ姐さんが足の怪我により欠場、その代わりとしてカレーマンの出場が決定した模様。パッタリと消息を絶っていたホットでスパイシーなカレーマンが、アイスクリームコンビと電撃合体してしまうというアメージングな展開に。しかもオリエンタル、クイヘ&アリブリヘの、TEAM PERROS DEL MALとの対戦が決定済み。クイヘとカレーマンとの異色過ぎる絡みが楽しみなところ。ま、たしかにカレーライスの後にはアイスクリーム食べたくなるけれどもカレーマンの加入にはしてやられた。カレーセットか。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

キング・オブ・トリオス2010 参加選手(Part.2)


4月23日、24日、25日の三日間で開催されるチカラプロ主催のキング・オブ・トリオス2010。Part.1に引き続いき、選手紹介Part.2はこの4チーム。


team5

ジグソー、イクイノックス、ヘリオスの“THE FUTURE IS NOW”は、いまチカラプロの中でも一番脂の乗りきったテクニコストリオ。ここぞというときの爆発力は抜群のジグソー、理詰めで試合を作っていくテクニシャンのイクイノックス、狂った空中殺法が武器のヘリオス、この三人は素顔でもリングに上がっている。本来のチカラを発揮できれば決勝へとコマを進める可能性は十分にある。今大会のダークホース。


team6

アレス、トゥルサス、クロウディオ・キャスタニョーリからなる“BRUDERSCHAFT DES KREUZES”は、謎の新興ルードス軍団(BDK)のトップスリーにして今大会優勝候補の筆頭でもある。フィンランドに伝わる水の巨人がモチーフと思われるトゥルサスはチカラプロ一番の巨体。チカラプロの現タッグチャンピオンでもあるアレスとクロウディオの連携プレーで相手を痛めつけておいて、最後にトゥルサスが巨体をいかした圧殺攻撃でトドメを刺すというのが必殺パターン。この勢いを止められるのは一体誰なのか。


team7

“THE JACKSON 3”は、マット・ジャクソン&ニック・ジャクソンのヤングバックスに、一番下の弟のマラカイ・ジャクソンが加わったジャクソン3兄弟トリオ。ヤング・バックスの二人は、PWG、チカラプロ、ROH、ドラゴンゲートUSAなどで活躍(現PWGタッグチャンピオン)。現在はジェネレーション・ミーとしてTNAに在籍している。マラカイ・ジャクソンの実力派未知数だが、息のあった三兄弟の連携技が期待できる。


team8

“THE THROWBACKS”としてタッグを組んでいたダッシャー・ハットフィールド、シュガー・ダンカートンに加え、あのマット・クラシックが電撃加入してできたスーパー先祖返りトリオ。揃いも揃って卑怯なほど見た目が怪しすぎる。やはりなんといってもマット・クラシックがいにしえのレスリングテクニックで対戦相手をどのように料理するのかが見もの。胡散臭さに加えて実力も兼ね備えるトリオだけに、もしかしたらもしかする可能性も…。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

キング・オブ・トリオス2010 参加選手(Part.1)


毎年恒例となったチカラプロ主催のキング・オブ・トリオス(King of Trios)。今年は4月23日、24日、25日の三日間で開催される。キング・オブ・トリオスはトーナメント形式で行われ、6人タッグマッチの頂点を決めるチカラプロの一大イベント。そうきたか!と思わせる多彩で奇抜な参加選手のチョイスでも知られる。そこで、今回は参加トリオの簡単なプロフィールを紹介してみようと思います。先ずはこの4チームから。


team1

グラン・アクマ、チャック・テイラー、イカルス、からなるルードス(ヒール)トリオ“F.I.A.T.”は、去年のキング・オブ・トリオス2009決勝で、クロウディオ・キャス タニョーリ、デイヴ・テイラー、ブライアン・ダニエルソンという最強チームを破り初優勝を果たしている。このチームの要であるチャック・テイラーは、PWGやEVOLVEでもじわじわと評価を高めているいま注目のレスラー。調子に乗らせると怖いトリオ。


team2

ファイヤー・アント、ソルジャー・アント、グリーン・アントからなるテクニコス(ベビー)のTHE COLONY”。見ての通りアリ三人組。テクニコスの中では絶大な人気を誇る。ヤラれてもヤラれても這い上がるアリ魂には心打たれるものがある。謎の軍団BDK(Bruderschaft des Kreuzes)の勢いを、どこまで食い止めることが出来るのか。ずばり今年のキング・オブ・トリオスはアリ軍団の奮起がカギとなる。


team3

ハロウウィキッド、マイク・クワッケンブッシュ、フライトメアのテクニコストリオ “TEAM FRIGHTING”。大柄でいて器用なハロウウィキッドと、チカラプロの創設者であり愚乱・浪花 の大ファンでもあるマイク・クワッケンブッシュの安定感に加え、Wrestling Observer 2009 AwardsRookie of the Yearを 受賞した期待の新人フライトメアが入ることで、今大会屈指のチームバランスとなった。小柄ですばしっこく何が飛び出すか予想不可能なフライトメアの動きに注目。


team4

ヴィン・ジェラルド、スティグマ、コリン・デラニーからなる“THE UNSTABLE”は、掴みどころの無いダラダラファイトが特徴のルードス。こんな無気力なルードスがいてもいいじゃん的な振る舞いがファンのヒートを買っている。うだつの上がらない三人組にアントンなら「お前はそれでいいや」と言うはず。いや言わない。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

キング・オブ・トリオス2009 (3日目)

 

3月29日 チカラプロ キング・オブ・トリオス2009@フィラデルフィア The (ECW) Arena

1.    キング・オブ・トリオス準決勝 : ジ・アンステイブル(ヴィン・ジェラルド、スティグマ、コリン・デカニー) 対 チーム・アッパーカット(クローディオ・キャスタニョーリ、デイヴ・テイラー、ブライアン・ダニエルソン)
完全にベビー対ヒールの戦い。Chikaraは基本的に極悪ヒールは存在しないため、ジ・アンステイブルはヒールとは言っても、ファンからいじられたりする程度のヒール。先にリングインしたクローディオにも弱虫!と言ってバカにされる始末。実力者揃いのチーム・アッパーカットにやられまくったジ・アンステイブルはここでトーナメント敗退。

p1020502.jpgp1020506.jpgp1020507.jpg

2.    キング・オブ・トリオス準決勝 : チームF.I.S.T.(グラン・アクマ、イカルス、チャック・テイラー) 対 ザ・フューチャー・イズ・ナウ(ジミー“イクイノックス”オルセン、リンス・ドラド、ヘリオス
いまいち盛り上がりの弱い試合。チャック・テイラーのタイツがズルズルずり落ちてきたり、リンス・ドラドのマスクの耳が昨日に続いてまたもや引きちぎられたりという余計な事ばかりが気になって仕方がない。但しルチャの動きを多く取り入れたヘリオスの動きが良く、客席からもヘリオスへの歓声は多い。コーナーから対角線側のコーナーへ助走を付けて走っていき、そのままコーナーを飛び越えて回転式のトペをしたり、孤軍奮闘といった感じ。最後はチャック・テイラーの変型パイルドライバーでチームF.I.S.T.が決勝進出。

p1020509.jpgp1020516.jpgp1020518.jpg

3.    アリク・キャノン 対 エル・ジェネリコ
ちょっとレベルが違い過ぎるのでは?という心配もあったけれども、ラフファイト気味のキャノンに合わせてジェネリコもグーパンチで応戦したり、思いっきり技を受けまくったりと、いつもと違ったジェネリコの試合運び。昨日の飯伏も含めた4ウェイとは全く違う試合展開。最後は予想を裏切ってキャノンをジェネリコからフォールを奪う。

p1020522.jpgp1020523.jpgp1020525.jpg

4.    12タッグチーム勝ち抜き戦
タイトルの通り、12タッグチームによる勝ち抜き戦。入場順及び勝敗は下記の通り:
1)    インコーヒアレンス(ハロウウィキッド&フライトメア)対 チーム・エピック・ウォー(ライアン・ドラゴ&トニー・コジナ)(勝者)
2)    チーム・エピック・ウォー(ライアン・ドラゴ、トニー・コジナ)対 シー・ドンスターズ(ティム・ドンスト&ハイドラ)(勝者)
3)    シー・ドンスターズ(ティム・ドンスト&ハイドラ) 対 ジ・オーダー・オブ・ザ・ネオ・ソーラー・テンプル(ウルトラマンティス・ブラック&クロスボーンズ)(勝者)
4)    ジ・オーダー・オブ・ザ・ネオ・ソーラー・テンプル(ウルトラマンティス・ブラック&クロスボーンズ)(勝者) 対 アニマル・ハウス(ビーフ・ウェリントン&スティーヴン・ワイナー)
5)    ジ・オーダー・オブ・ザ・ネオ・ソーラー・テンプル(ウルトラマンティス・ブラック&クロスボーンズ)対 サタデーナイト・スラム・マスターズ(プレイヤー・ウノ&クリエイト・ア・レスラー)(勝者)
6)    サタデーナイト・スラム・マスターズ(プレイヤー・ウノ&クリエイト・ア・レスラー) 対 ミッチ・ライダー&ピンキー・サンチェス(勝者)
7)    ミッチ・ライダー&ピンキー・サンチェス 対 ダ・ソウル・タッチャズ(マーシ・ロケット&ウィリー・リチャードソン)(勝者)
8)    ダ・ソウル・タッチャズ(マーシ・ロケット&ウィリー・リチャードソン) 対 ヤング・バックス(マット&ニック・ジャクソン)(勝者)
9)    ヤング・バックス(マット&ニック・ジャクソン) 対 チーチ&クラウディ(勝者)*この勝ち抜き戦一番盛り上がった試合
10)    チーチ&クラウディ 対  ザ・ラフネックス(ブロディ・リー&グリズリー・レッドウッド)(勝者)
11)    ザ・ラフネックス(ブロディ・リー&グリズリー・レッドウッド) 対 ジグソー&マイク・クワッケンブッシュ(勝者)

p1020527.jpgp1020529.jpgp1020530.jpg

p1020537.jpgp1020540.jpgp1020547.jpgp1020549.jpg

p1020558.jpgp1020565.jpgp1020573.jpgp1020575.jpg

(休憩)

5.    オフィディアン、アマシス、KUDO、中澤マイケル 対 ファイアーアント、ソルジャーアント、ライアン・クルズ、ダリン・コルビン)
入場時からオイルを片手に不気味な笑みを見せる黒光りの男、中澤マイケル。ファンにアピールをしながらリング下を徘徊し、嫌がる観客に無理矢理オイルを渡して背中にかけてもらうと大満足の様子。そんなやる気満々の中澤をコーナーへと戻し、まずはオフィディアンが先発を買って出る。その後中澤にタッチをするとリング上にオイルを撒き散らし、まずはファイアーアントを滑らせることに成功!

アントが滑る→客がウケる→滑る→ウケる、と一通りウケたところでKUDOにタッチ。その後再び中澤にタッチすると、今度は口にオイルを含み、リング上に横たわるファイアーアントにオイルを吐き出す。これはあまり客にはウケず。というのも、やはりChikara Proはファミリー向けなので下品なことはあまり受け入れられないのです!!しかしそんな観客の雰囲気を察することもせず、フィニッシュ!と叫びオイルを手当たり次第に撒き散らしたあげく自爆の中澤。転んだ隙にファイアーアントにオイルを取られ、味方までもがオイルまみれになる始末。

その後肌の色が全く一緒であることが判明したオフィディアン(ちなみに黒人)と意気投合し連係プレーに勤しむ。その後オイルを取り返した中澤は相手チームの面々にオイルを掛けまくって攻撃。その隙にKUDOがコーナーに上り、ダブルニーから3カウントを奪い見事に勝利。

p1020578.jpgp1020584.jpgp1020590.jpgp1020595.jpg

p1020601.jpgp1020602.jpgp1020603.jpgp1020605.jpg

p1020613.jpgp1020615.jpgp1020616.jpg

6.    オースティン・エリーズ 対 エディ・キングストン
この日は完璧にヒールモードのオースティン。エディ・キングストンへの声援の方が遙かに多い。最近のオースティンのプロレススタイルである「のらりくらり戦法」が炸裂し、あまり噛み合わないままエディ・キングストンの勝利。

p1020618.jpgp1020619.jpgp1020620.jpg

7.    レイ・デ・ヴォラドレス決勝戦:飯伏幸太 対 プレイヤー・ドス
昨日行われた4ウェイ戦の勝者である飯伏とドスで行われる決勝戦。レイ・デ・ヴォラドレスというのは、“ベスト・オブ・ハイフライヤー”という意味らしい。

まずは両者ロックアップ。そして下段の蹴り合い。初めて二人が対戦することになって気がついたのだけど、もしかしてドスの憧れのレスラーって飯伏?って思うほど、ドスの使う技は飯伏と似ている物が多い。飯伏の蹴りを避ける際にはドスもマトリックスを使用。そして観客からはドス!ドス!のドスコール。

飯伏がトップロープからドロップキックを決めるも、ドスはカウント2で返す。その後ドスのDDTが飯伏に炸裂。そして飯伏をマットに寝かせたところでコーナーに上るも、起き上がった飯伏が側転→バック転からドスの頭部にバックキックを浴びせて場外に落とすと、トップロープからリング下のドスにムーンソルト。

その後リング上に戻った二人だが、二人とも最初から動きがなんだかおかしい。飯伏もドスも動きに精彩が掛けているし、危ない落ち方もしているし何でだろう?と思っていたら、どうやら2試合前のオイルがまだ残っている模様。マットやロープの質が日本とは違うからなのか、オイルの影響がもろに出ているようで明らかに滑りまくりで、ハイフライヤーにとっては危険きわまりない状態になっている…。隣にいたファンは“New Move!”なんて言って笑ってたけど、笑い事じゃないぞ、これは。

そんなことに気付いてしまっては、リング上の二人の動きに気が気でない私。飯伏のムーンソルト・ムーンソルトは、一度目のムーンソルトを避けたドスが「やった!」とアピールをした所に2発目のムーンソルトが炸裂。但しこれはカウント2。その後飯伏がムーンソルト、そして顔面に蹴りをお見舞いするが、ドスは回転式のマトリックスで蹴りを避ける。

飯伏を場外へ落としたドスが今度はコーナーへ上り、リング下の飯伏へムーンソルト・コークスクリュー530をお見舞いすると客席からはどよめきの声が!再び両者リング上に戻り、ドスのフェニックス→自爆、飯伏のフロッグスプラッシュ→ドス、膝を立てて回避、飯伏のパンチラッシュ→ドス、まだそんなのじゃ効かないとアピール、飯伏「フェニックス!」と叫びコーナーから完璧なフェニックス・スプラッシュを決めてドスからフォール勝ち。

この瞬間会場は大盛り上がり。まずはコータ!コータ!コールが炸裂。その後プレイヤー・ドス!プレイヤー・ドス!コール。レイ・デ・ヴォラドレス2009王者の飯伏は優勝の盾を授与され、ファンからは“Please come back!”“DDT!DDT!”と熱いコールを受けながらリングを後にしたのでした。

p1020626.jpgp1020629.jpgp1020632.jpgp1020634.jpg

p1020636.jpgp1020637.jpgp1020647.jpg

p1020648.jpgp1020656.jpgp1020657.jpg

8.    キング・オブ・トリオス決勝戦 : チーム・アッパーカット(クローディオ・キャスタニョーリ、デイヴ・テイラー、ブライアン・ダニエルソン) 対 チームF.I.S.T.(グラン・アクマ、イカルス、チャック・テイラー)
チーム・アッパーカットはアメドラさんの入場曲“ファイナル・カウントダウン”で入場。しかしその入場時にチームF.I.S.T.が奇襲を仕掛け、ファンからは大ブーイング。これでヒール対ベビーが完璧に出来上がり。

普段からこのチームで試合をしているF.I.S.T.の連携はさすがに素晴らしく、リング上でアメドラを捕らえてほとんど離さずに執拗に攻撃を続ける。一瞬の隙を見てクローディオにタッチし、クローディオがアクマへリコラボムをお見舞いするも、イカルスがレフェリーの邪魔をしてカウントを阻止。チーム力が上回ったF.I.S.T.が上手い連携を見せて、最後はチャック・テイラーがアメドラからシングル・レッグ・クラブでタップアウトを奪い勝利。

キング・オブ・トリオスの名前の通り、トリオの連携&チームワークで勝利したチームF.I.S.T.が見事に2009年度の王者に君臨。

p1020661.jpgp1020665.jpgp1020671.jpgp1020675.jpg

【文:Shiori】

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
Page 5 of 6« First...23456

ホーム > タグ > King of Trios

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る