ホーム > Koneta | Pro Wrestling > EVOLVEの名付け親

EVOLVEの名付け親


1月16日の旗揚げをひかえたEVOLVEの要でありブッカーのゲーブ・サポルスキーが、EVOLVEへの意気込みや団体名の名付け親は誰なのか等、自身のマイスペースブログで綴った回想録的なエントリーを日本語に翻訳してみました。EVOLVEの名付け親は、あの人でした。

<ECW, ROH, EVOLVEの始まり、そしてジェフ・ピーターソンカップの感想>

EVOLVE旗揚げ戦を間近に控え、色々な感想をもらっている。楽しみにしている人もいれば、懐疑的な目で見ている人も、とりあえず様子を見ている人もいるようだ。実際のところ、私自身もどうなるのかわからない部分もある。ただ、ジェフ・ピーターソンカップを観た後では、以前のような不安感は全くなくなった。

EVOLVEのパートナーでもあるサル・ハモウイから、このトーナメントのブッキングを依頼されたので担当した。この時は、まだEVOLVEについての案が煮詰まっていない状態だった。新しいレスラー達を生で見ることで、彼らの力量や弱点などを観察するにはもってこいの機会だった。トーナメントの翌日、タンパの空港で日曜の日の出を13ヶ月ぶりに見ながら、以前にも同じような気持ちになったことを思い出していた。

ピーターソンカップは、EVOLVEの前身と言っても過言ではないだろう。つまり、若手の実力を把握するには絶好の機会だと言う事だ。ただし、EVOLVEがピーターソンカップと同じような試合を提供し、同じような雰囲気を持っているということではない。つまり16人の若く、意欲があり、才能あるレスラー達が一箇所に集まり、自分達の可能性を披露しようとしている部分が共通しているのだ。EVOLVEを観に来る人にはこのトーナメントをぜひ観てもらいたい。www.EVOLVEwrestling.com にて1月16日ニュージャージー州ラーウェイで行われるEVOLVE1の一列目及び二列目のチケットを買われた方には、特典としてピーターソンカップのDVDを配布します。

では先に述べた『同じような気持』について少し。最初は、1993年にECWのロッカールームにいた時だ。周りを見回しても知らないレスラーばかりだった。もしかしたら、どこかで試合を観たことがあるかもしれないが覚えていないレスラーか、今まで一度も観たことのないレスラーだった。彼らの名前は、タズ、トミー・ドリーマー、サンドマン、パブリック・エネミーといった。そして彼らにはあることが共通していた。彼らは若く、ハングリー精神があり、この新しい団体に対する意気込みがとても強かった。それから8ヶ月後、ポール・ヘイマンがそれまでバックステージでインタビューする時に使用していた“Eastern”と書かれたチープなバナー(看板)に、“Extreme”とスプレーで上書きするプロモをパブリック・エネミーに伝えたときのことだ。

「しっかりやれよ」と、ヘイマンはジョニー・グランジに言った。「本当に間違いなくEXTREMEと書けるんだろうな?」

「ちょっと待ってくれよ」グランジは笑いながらこう答えた。「もちろんスペルくらい知ってるさ!」

そこにいた人達は皆大笑いした。そしていよいよグランジがスプレーで書き出した時、最後の一文字まで間違うことなく書き終わるまで、皆で固唾を飲んで見守った。

その9年後、Ring of Honorという新しい団体のバックステージで以前と同じように、新しいレスラー達を囲んで座っていた。過去にどこかで観て、可能性を感じていたレスラー達だ。彼らはロウ・キー、アメリカン・ドラゴン、クリストファー・ダニエルズ、ジェイ&マーク・ブリスコ、ホミサイドそしてアメージング・レッドという名前だった。彼らにもまた共通点があった。彼らは若く、ハングリー精神があり、この新しい団体に対する意気込みがとても強かった。私は今でも、Ring of Honorという名前が誕生した時のことを覚えている。

当時、何週間もかけて「これだ!」というものを探していた。まずは何か良い単語を選ぼうという話になった。ある晩、ブロードストリートにある小さなワンベッドルームのアパートで、後に素晴らしい妻となる、その時はまだ彼女であった美しい女性と一緒にいた時に、当時のROHのオーナーであるロブ・ファインスタインから電話をもらった。

「Word Honorというのはどうだ?」すぐにその案を気に入り、電話を切ってから彼女に伝えたところ、「Circle of Honorはどう?」という返事が返ってきた。

「なかなかいいけど、Circleはちょっと違うな。」と私は答えた。「リングで戦うんだから、RING OF HONORだ!」

パズルの最後のピースがはまったようなこの感じ。同じようなことが数ヶ月前にもあった。ブライアン・ダニエルソンと私は、新しいプロジェクトについて話し合いを進めていた。このプロジェクトとは、2010年1月16日に旗揚げ戦を迎えることになるものだ。そう、WWEが断る理由もないオファーを出す以前、ブライアンは私のパートーナーだったのだ。私達は団体の名前やコンセプトについて、様々な案を練っていた。その時に、日本に行っていたブライアンから一通のメールをもらった。

「ちょっと気に入る名前を思いついたんだ。」ブライアンはこう書いてきた。「EVOLVEっていうのはどう?」

その瞬間、最後のピースがはまった。そしてその数ヶ月後、ジェフ・ピーターソン・メモリアルカップのロッカールームで、懐かしい気持ちになった。そこにいたレスラー達は、ECWやROHの最初のショウで見た時と同じような雰囲気を持っていた。彼らは若く、ハングリー精神があり、この試合にかける意気込みがとても強かった。彼らはまさにEVOLVEしようとしていた。

そして、これから新しい始まりを迎えようとしている。今では、EVOLVEのコンセプト、レスラーの質、ストーリーラインには強い自信を持っている。あとは、1月16日の旗揚げ戦を待つだけだ。ファンの人達からEVOLVEにチャンスをもらえるよう期待している。何が起こるか、素直な気持ちで見てもらえたら嬉しいと思う。今後何が起こるのか、www.EVOLVEwrestling.comや1月16日当日を楽しみにしてもらいたい。

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.m-drop.com/archives/1786/trackback
トラックバックの送信元リスト
EVOLVEの名付け親 - MANHATTAN DROP より

ホーム > Koneta | Pro Wrestling > EVOLVEの名付け親

検索
Calendar
« 2019 年 2月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る