ホーム > Pro Wrestling | Review > Chikarasaurus Rex: King of Sequel – Night 1

Chikarasaurus Rex: King of Sequel – Night 1


7月30日 Chikara ”Chikarasaurus Rex: King of Sequel″ @グッドウィル・ベネフィシャル・アソシエイション ペンシルバニア州リーディング

“12 Large: Summit” Tournament Match (Block B)
1. グリーン・アント vs. ジグソー

IMG_7478IMG_7491IMG_7493IMG_7497

ファイヤー・アントが変形ショートアームシザースで勝利。ジグソーは怪我からの復帰戦を白星で飾ることができなかった。

2. グレゴリー・アイアン vs. ジェイコブ・ハンマーマイヤー

IMG_7509IMG_7512IMG_7514IMG_7518IMG_7521

いつものように自分で自分の入場コールするジェイコブ・ハンマーマイヤー。対戦相手は、AAWのリング上でCMパンクが絶賛したことで一躍時の人となったグレゴリー・アイアン。彼はハンディーキャップレスラーで右手が不自由なのだ。試合途中、ウルトラマンティス・ブラックの乱入によりハンマーマイヤーがノックアウトされてしまう。これによりグレゴリー・アイアンが勝利するものの、どうも煮え切らない結果となってしまった。試合後、ウルトラマンティス・ブラックはBDKのアレスとの対戦を要求。それが実現するまでBDKを一人ずつ襲っていくとマイクで叫ぶ。

3. エディ・キングストン vs. アダム・コール

IMG_7524IMG_7527IMG_7529IMG_7537

すっかりヒールが板についてきた感のあるアダム・コール。タレサンも似合っている。チカラプロでは絶大な人気を誇るエディ・キングストンが、バックフィスト・トゥ・ザ・フューチャー(裏拳)で勝利。

4. スコット・パーカー&シェーン・マシューズ&エル・ジェネリコ vs. イカルス&チャック・テイラー&ジョニー・ガルガーノ

IMG_7546IMG_7550IMG_7551IMG_7555IMG_7563IMG_7564IMG_7568IMG_7569IMG_7571IMG_7573IMG_7574

4月のキング・オブ・トリオスで結成された「チーム3.0le!」が、ヒールチームの「F.I.S.T.」をスウィート・テイスト・オブ・プロフェッショナリズム(相手のアゴに膝を立てる合体技)で勝利をおさめる。「チーム3.0le!」は、スコット・パーカーとシェーン・マシューズのクラシカルでコミカルな動きに、エル・ジェネリコのダイナミックな受けの良さと破天荒な空中技がプラスされて、息のあった面白いチームに仕上がっている。それと、イカルスのタトゥー(未完成)はいつ見てもハイセンスすぎて面白い。

5. ジョニー・セイント vs. ジョニー・キッド

IMG_7587IMG_7590IMG_7591IMG_7598IMG_7602IMG_7610

イギリスを代表する伝説のレスラー、聖なる魔術師ことジョニー・セイントとジョニー・キッドの試合は、5分6ラウンドのラウンド制で行われ、4ラウンド1分41秒ニーリング・フロッグ・プレスでジョニー・キッドの勝利。派手な技はないものの、きめられた首をするっと抜けだし、足や腕の多彩な切り返しを見せてくれた。キャッチ・アズ・キャッチ・キャン・レスリングの真髄ここにあり。

6. 下田美馬&ポーシャ・ペレス&藤本つかさ vs. サラ・デル・レイ&デイジー・ヘイズ&真琴

IMG_7617IMG_7618IMG_7620IMG_7621IMG_7624IMG_7630IMG_7632IMG_7634IMG_7641IMG_7645IMG_7647IMG_7650IMG_7653IMG_7654IMG_7659

アイスリボンの真琴と藤本つかさが全米デビューとなる一戦は、下田美馬がデイジーにデスレイクドライブ(雪崩式のタイガースプレックス)をきめて勝利。ジョニー・セイントによるランカシャースタイルの後に、アイスリボン勢の試合というチカラプロらしいカード順。真琴は一方的に攻め込まれる場面もあったが、諦めることなく最後まで攻めの姿勢を見せていた。入場時から笑顔の藤本つかさは、アメリカでプロレスができる喜びをカラダ全体で表現しているようだった。カサドーラのキレ、しなやかで伸びのあるドロップキック、ロープを使った空中技、観客からはどれも大きな反応があった。

IMG_7665IMG_7669IMG_7677IMG_7686IMG_7687IMG_7688IMG_7692IMG_7695IMG_7699IMG_7702IMG_7703IMG_7705

百戦錬磨の下田美馬は完璧に試合をコントロールしていた。それに食って掛かったのはサラ・デル・レイ。両者の存在感は他を圧倒していた。ポーシャ・ペレスは試合途中に記憶が飛んでしまったらしく、本来のチカラを発揮できなかったようだ。全体的に観客の盛り上がりは素晴らしく、アイスリボン勢の全米進出初戦はまず成功と言っていいだろう。

7. グリーン・アント vs. トゥルサス

IMG_7708IMG_7710IMG_7711IMG_7721IMG_7722IMG_7724IMG_7728IMG_7730IMG_7734IMG_7736IMG_7737IMG_7738

アメリカンなニューコスチュームで登場したグリーン・アントだったが、途中ジェイコブ・ハンマーマイヤーの乱入があり、最後はトゥルサスがコーナーからのダイビング・ボディプレスをきめて勝利。The Flex Express(元ネタはレックス・ルガー)という一連のプロモがじわじわと面白いグリーン・アントだが、いざ試合となると関節技を使ったシュートでシリアスモードなのがまた素晴らしい。

“12 Large: Summit” Tournament Match (Block A)
8. マイク・クワッケンブッシュ vs. クロウディオ・キャスタニョーリ

IMG_7741IMG_7746IMG_7747IMG_7749IMG_7751IMG_7755IMG_7758IMG_7761IMG_7763

二年半ぶりのシングルマッチとなったチカラプロ両巨頭の試合は、マイク・クワッケンブッシュが必殺のチカラスペシャルでクロウディオ・キャスタニョーリからタップアウト勝利。パワーで押しまくるクロウディオに対し、スピードと巧みな返し技で試合を有利にすすめていくクワッケンブッシュ。ほとんど差が無いに等しいこの両者。決めてはクワッケンブッシュが一瞬のすきに放った伝家の宝刀のチカラスペシャルだった。これによりクワッケンブッシュは勝ち点4をゲット。一方、クロウディオは勝ち点2のまま。まだ始まったばかりの12 Large: Summit、今後の展開が楽しみだ。それにしてもこの両者の試合にはハズレがない。もっともっと観ていたい、そんな気分にさせられる素晴らしい試合だった。


  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • Add to favorites
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • Tumblr

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.m-drop.com/archives/9622/trackback
トラックバックの送信元リスト
Chikarasaurus Rex: King of Sequel – Night 1 - MANHATTAN DROP より

ホーム > Pro Wrestling | Review > Chikarasaurus Rex: King of Sequel – Night 1

検索
Calendar
« 2017 年 9月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る