ホーム > Pro Wrestling | Review > キング・オブ・トリオス2010 レビュー(Part.1)

キング・オブ・トリオス2010 レビュー(Part.1)


3月23・24・25日 チカラプロ キング・オブ・トリオス2010 @フィラデルフィア The (ECW) Arena

キング・オブ・トリオスはバラエティにとんだ人選と斬新なマッチメイクでも知られるチカラプロ主催の6人タッグトーナメントである。メキシコ、日本、古代エジプトといったワールドワイドなチカラプロきっての一大イベント。そして今年の注目選手といえば、いにしえのレスラーが現代に蘇ったマット・クラシック、ホット&スパイシーでおなじみのカレー・マン、そしてびっくりするほど小さいメキシコの英雄クイヘの3人が挙げられる。いずれもチカラプロ所属選手ではないが、年に一度のお祭りイベントには必要不可欠な選手たちばかり。

更に日本からは大日本プロレスと大阪プロレスが出場するとあって、チカラプロのみならずコアなインディーファンも注目するイベントとなっている。そこで今回は印象に残った選手を中心に会場の雰囲気なども含めレビューしてみたいと思う。

p1060072p1060073p1060076

p1060082p1060083

チーム先祖返りとして出場したマット・クラシックがオールドスクールてんこ盛りな動きで期待を裏切らなかった。入場するなりライオンプッシュアップとヒンズースクワット(しかも深く速く)でウォーミングアップしはじめるクラシック。肌つやが良すぎ。すっぽりとヘソを隠した長めのタイツがこれまた渋い。意外だったのが子供から大人まで幅広いファン層に大人気だったこと。どう考えてもマニア向けレスラーのはずなのに「クラシック!クラシック!」と割れんばかりの大合唱ていう異常なノリ。それを聞いてああキング・オブ・トリオスはお祭りなんだと実感した。

長めのタイツを引き上げながら相手との距離を詰めていくクラシック。技らしい技を一つも出していないのに観客からは大声援。得意のエアプレーンスピンが決まると完全にクラシックのペースに。勢い余ってコーナーのトップロープに上がるが途中で怖くなったのか一番下まで降りてそこからボディアタック。完璧な無駄ムーブ。観客からは「Holy Poo !!」の大合唱。ベアハッグ、相手をコーナにつめてヒッププッシュとゆるく攻め立てるが、最後はあっさりとイカルスにフォール負けしてしまう。このあっさり加減がまた堪らなくオールドスクールだった。勝ち負けを超越したマット・クラシックの一人舞台。また来年も出場して欲しい。

p1060084p1060089p1060092

p1060093p1060094p1060102

そしてチカラプロの常連外人となりつつある大日本プロレス勢が今年もエントリー。マイク・クワッケンブッシュ率いるチーム・フライトニング相手にパワー対スピード&テクニックの大熱戦に。関本大介がクワッケンブッシュとフライトメアを二人同時にバックドロップで投げる荒業を披露すると、観客からは「オーー!」とどよめきが起きる。恐らくチカラプロの観客にとって大日本プロレスはパワー系レスラーがいる団体という印象なのだろう。それに大日本のレスラーがとんでもない力技をみせてくれるという観客からの期待値が以前よりも高まっているようにも感じられた。

ルチャ主体のチカラプロには大日本のパワーに対向できる選手は数えるほどしかいない。ハロウウィキッドもその一人だがさすがに分が悪いようだった。フライトメアの奇抜な空中殺法も歯が立たず仕舞い。最後は岡林裕二がフライトメアを担ぎ上げ、アルゼンチンバックブリーカーで締め上げてタップアウト。完璧な勝利でチーム大日本が一回戦を突破した。

p1060105p1060111p1060115

p1060120p1060122

ホルヘ・リベラ率いるチーム・メキシコの不参加により急遽エントリーすることになったオシリアン・ポータル。何故か敵対しているサラ・デル・レイとトリオを組まされることに。古代エジプトから来たのにブレイクダンスを踊るのがアマシス。「シーシー!」と不気味な音を出しながらくねくねとリングインするコブラのマスクがオフィーディアン。見た目のインパクトと古代から来たエジプシャンキャラという一風変わったタッグ屋の彼らは、いまやチカラプロで絶大なる人気を誇っている。

対する“BRUDERSCHAFT DES KREUZES”は、チカラプロのタイトルを総ナメ中のルードストリオ。入場して来るなり観客からブーイングの雨あられ。リングインしてもブー!場外に下りてもブー!何をするにもブー!チカラプロの観客はそういう部分で徹底している。謎の巨漢マスクマンにぼこぼこにされながらも諦めずに立ち向かっていくアマシス。オフィーディアンも連携技で対抗していこうとするがサラ・デル・レイに邪魔されてしまう。クロウディオ・キャスタニョーリをあと一歩まで追い詰めながらも、最後はサラ・デル・レイの裏切りで負けてしまうオシリアン・ポータル。コミカルな動きだけでなく、気持ちを前面にだしたファイトもできる。そんな彼らはZERO1(5月5日と8日に初来日が決定している。生のオシリアン・ポータル、絶対に見逃せない。

つづく


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.m-drop.com/archives/3044/trackback
トラックバックの送信元リスト
キング・オブ・トリオス2010 レビュー(Part.1) - MANHATTAN DROP より

ホーム > Pro Wrestling | Review > キング・オブ・トリオス2010 レビュー(Part.1)

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る