ホーム > Koneta | Pro Wrestling > キング・オブ・トリオス2010 参加選手(Part.4)

キング・オブ・トリオス2010 参加選手(Part.4)


4月23日、24日、25日の三日間で開催されるチカラプロ主催のキング・オブ・トリオス2010。Part.1Part.2Part.3、に 引き続いき、選手紹介のラストはこの4チーム。


team13

大日本プロレスから、関本大介、星野勘九郎、岡林裕二らが“TEAM BIG JAPAN WRESTLING”としてKOT初エントリー。星野はチカラプロ初参戦、関本と岡林は2008年10月の“Chikara Global Gauntlet”以来2度目の参戦となる。大会屈指のパワー系トリオとあって、軽量級が中心のチカラプロ勢にとってはかなりの苦戦をしいられると予想。順当に行けば、決勝で“BRUDERSCHAFT DES KREUZES”(アレス、トゥルサス、ク ロウディオ)とのヘビー級のぶつかり合いが実現する。日本人離れした関本のぶっこ抜きジャーマンがいつ炸裂するのか。アメリカのインディーファンも注目している。


team14-4

アイスクリーム・ジュニア、カレー・マン、エル・イホ・デ・アイスクリームからなる“TEAM DELICIOSO”は、カサンドロの欠場によりしばらく行方不明だったカレー・マンが急遽加入してできたフード系マスクマントリオ。頭にアイスコーンが乗っているのがアイスクリーム・ジュニア、アイスコーンがアゴに引っ付いているのがエル・イホ・デ・アイスクーム。この二人はロス・アイスクリームスとして現在チカラプロで活躍中。そしてカレーライス(福神漬け付き)のマスクでお馴染みのカレー・マン。この反則とも言えるエッジ立ちすぎなキャラクターと、コアなファンも唸らせるほどの実力を兼ね備えたフード系トリオが、果たしてどのように対戦相手を料理するのか。美味しいとこ取り確実。


team15

“TEAM OSAKA PRO”は、小峠篤司、原田大輔、タダスケの急造トリオ。チカラプロには今回が初参戦。既に1回戦の対戦相手にルードストリオの“THE UNSTABLE”が決まっており、かなりの苦戦が予想される。アメリカでの知名度はゼロに近いが、大阪プロレスの看板を背負っているだけに負けられない。袂を分けたパートナー通しがアメリカ行きのためだけに結成した急造チームだけあって仲間割れが心配される。


Team16

EVOLVEに参戦中のジョニー・ガルガノ、同じくEVOLVEのタッグチームディヴィジョンにアエロフォームとして参戦中のフリップ・ケンドリックとルイス・リンドンで結成した“GARGANO + AEROFORM”。若さを武器にやりたい放題のジョニー・ガルガノと、新世代ハイフライヤーの中でもトップクラスのフリップ・ケンドリック、そしてエセ東洋人キャラなら全米一のルイス・リンドンという個性的すぎるトリオ。なかでもルイス・リンドンの胡散臭さは一見の価値はある。一度波に乗ったら手がつけられない爆発力を秘めているだけに大物食いの可能性も。


  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.m-drop.com/archives/2867/trackback
トラックバックの送信元リスト
キング・オブ・トリオス2010 参加選手(Part.4) - MANHATTAN DROP より

ホーム > Koneta | Pro Wrestling > キング・オブ・トリオス2010 参加選手(Part.4)

検索
Calendar
« 2019 年 8月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Video
Recent Entries
Categories
Archives
Tag cloud
Pro Wrestling
Proresu
Wrestling Fan Sites
Blogs
Music
Meta

ページの上部に戻る